バッテリーが危険にさらされています。 バッテリーの膨張は非常に危険

知らないとヤバい!互換バッテリーの危険性~マキタバッテリー編

バッテリーが危険にさらされています

甲斐寿憲のキニナルモバイル: 今やITはビジネスにプライベートに不可欠なもの。 特にスマートフォンやタブレット、ノートPCといったモバイル関連は、現代人にとって必須アイテムになりつつある。 日常のニュースや何気ない雑談の中にも、モバイルの話題をすることも増えてきているはず。 本連載ではモバイルを中心とした気になる話題をライターの甲斐寿憲がメーカーや開発者、ユーザーに直撃取材をし「実際にどうなのか?」を検証を交えて紹介。 今話題の人気の製品、気になるメーカーの動向を分かりやすく紐解いていく。 ひょっとすると、そこに新たなビジネスチャンスのヒントが隠れているかもしれない。 ぜひ、大人のITスキルの一貫として役立てていただきたい。 気がつけば2016年も残りわずかということで、今年もまた年末年始がやってくる。 年末年始といえば仕事や家事が忙しくなる季節だが、それ以上に帰省など外出の機会が増える時期でもある。 「飲み会の途中でスマホのバッテリーが切れた」「帰省途中で充電ができる場所が見つからない」といった経験をした人も多いのでは。 この電池の蓄電容量は「mAh(ミリアンペアアワー)」で示される。 また、低価格のモバイルバッテリーには注意が必要だ。 安い商品=「旧製品」または「途上国で生産されて輸入された製品」と考えていいだろう。 特に注意が必要なのは、メーカー名のない激安モバイルバッテリーだ。 「激安モバイルバッテリーを分解したら、中身の半分以上は砂袋が詰まっていた」「実測してみると表記の半分以下の容量しか充電できなかった」といった粗悪品が、SNS上で話題になっていた。 さらに、モバイルバッテリーは蓄電するので「危険なモノ」でもあることも認識しておく必要がある。 最近ではスマホ「Galaxy Note 7」の発火事件によって、内蔵バッテリーの危険性が認知されつつあるが、モバイルバッテリーも同様にバッテリーを搭載した製品である。 メーカー名のない製品は注意が必要だ。 関連記事• 派手なファッションに身を包み、喜怒哀楽はあまり見せない。 アイドルであるにもかかわらず、ときに変顔をする。 そんな「きゃりーぱみゅぱみゅ」が、なぜ人気があるのだろう? と疑問を感じている人も多いのでは。 彼女がブレイクした理由を、キャズム理論で分析したところ……。 「PCを使ったことがない」という新社会人が増えてきている。 「若い人のほうがITスキルは高い」と思っている人が多いと思うが、なぜこうした現象が起きているのか。 理由を探っていくと……。 格安スマホ「FREETEL(フリーテル)」がよく売れている。 FREETELを製造・販売しているプラスワン・マーケティングは、いまの状況をどのように見ているのか。 同社の大仲常務に話を聞いた。 多くの人が「早く欲しい」「新しい機能を使ってみたい」と思っているだろうが、そもそもなぜ日本人はiPhoneが好きなのか。 世界に目を向けると……。 PC市場の縮小が止まらない。 米ガートナーなどの調べによると、この4年でPC出荷台数は1億台以上も減少、市場規模は約3分の2になってしまった。 このままこの市場は縮小の一途を辿るのだろうか……?• かつて「メアド教えて」と言われたら、教えるのはiモードに代表されるケータイメールだった。 しかし今や携帯電話メッセージの主役はLINEに取って代わられている。 2013年の1月、ある象徴的な出来事があったのだ。

次の

解説 モバイルバッテリーの危険性と選び方 (1/4)

バッテリーが危険にさらされています

ロードサービスを呼ぶ• JAFを呼ぶ• ロードサービスご利用時の確認事項• ロードサービスを知る• 入会・継続・各種手続き• 会員制度・入会費用について• 手続き一覧• 会員特典• 会員証について• JAFをもっと活用する• セーフティドライブ• お問い合わせ・サポート• 国際業務の取扱窓口• 特に悪条件が重なると、使い捨てライターはわずかな時間でケースに亀裂が入り、ガスが抜けていきます。 なお車内でもっとも温度が高くなる場所はダッシュボードです。 そこにスマートフォンを置き忘れたら、高温のため一時的ですが使用不能となるおそれがあります。 また今年は新型コロナ感染予防のため、クルマの中に消毒用アルコールボトルを置いている方も多いと思われます。 しかし炎天下で放置すると使い捨てライターと同様に、ボトル容器が破損しアルコールが漏れる危険性が高まります。 暑いシーズン、消毒用アルコールボトルや使い捨てライターなど可燃物やスマートフォンなど精密機械は、ぜったい車内に放置しないよう注意してください。 夏のトラブルでは、車内の温度上昇だけでなく、バッテリーのトラブルにも注意が必要です。 特に一度「バッテリー上がり」を起こしてしまったバッテリーは、本来の性能が失われてしまうため、バッテリー上がりが起きやくなります。 渋滞などに巻き込まれた際のエアコン使用はバッテリーに大きな負荷がかかってしまいます。 特に今年は、例年に比べて、帰省や外出のためにクルマを利用される方が少なかったため、バッテリーの劣化やトラブルに気づくのが遅くなる危険性があります。 実際、兵庫県内のゴールデンウィーク中の救援依頼の半数以上がバッテリー関連のトラブルでした。 他にも暑さによる劣化でタイヤがパンクするなど、気温の上昇によるトラブルはたくさんあります。 暑さでバテてしまうのは人間もクルマも同じです。 トラブルを未然に防ぐために、日常的にクルマの点検をおこないましょう。

次の

互換バッテリーを使うリスクと危険性

バッテリーが危険にさらされています

更新履歴 [ 全て表示 戻す ] 2017. 16: ウイルス感染が発生するタイプがある旨追記 2017. 01: 初出 インターネットを利用している時に突然、 マイクロソフトシステム警告 「お使いのコンピュータにウイルスが存在する可能性を検出しました。 」 「お使いのコンピュータが危険にさらされる可能性があります。 」 などという警告メッセージが表示されてしまった・・・・という場合の対処方法を紹介したページです。 警告メッセージ例 多くの場合、この警告は「有料ソフトを購入させるため」にユーザーの不安を煽っているだけの「オンライン詐欺」なので、無視すればOKです。 このページでは、「詐欺」なのか「ウイルス感染」なのかの見分け方と、詐欺だった場合の警告ダイアログを閉じる手順を紹介しています。 このページの内容• はじめに 注意事項です。 最近はオンライン詐欺の手口も巧妙になっており、ウイルス感染を伴う詐欺攻撃も確認されています。 以下で紹介している例に酷似している場合でも、ウイルスに感染しているケースがあると思われます。 警告ダイアログを消した後は必ずウイルスチェックを行ってください。 ご注意: Windowsセキュリティによってシステムが壊れていることが検出されました。 すべてのファイルシステムは、 XXX秒後に削除されます• 必須: 下の[更新]ボタンをクリックして、最新のソフトをインストールしてスキャンし、ファイルが保護されていることを確認してください。 警告: お使いのコンピュータが危険にさらされる可能性があります。 警告画面が出た時のチェックポイント• 最初のメッセージは、Windowsまたはブラウザ の「通常の警告ダイアログ」でメッセージが表示されている• 多くの場合、ユーザーの冷静さを奪うような仕掛けが施されている• 以下はその一例• 派手な警告音 ピー! という音 が鳴る• ウイルスに感染しているという警告が出る• XXX秒後にデータやファイルシステムなどが削除される、という警告が出る• 特定のシステムツール や セキュリティソフトの導入を勧めてくる• サイト内関連 警告画面のサンプルと特徴の紹介ここまで。 以下、この画面が出た場合の対処方法など。 チェックポイント 以下の条件を満たしている場合、 「ブラウザハイジャック」と呼ばれる 今どきのPCならばほぼ無害な 攻撃である可能性が高い。 ブラウザで Flash や JAVA javascriptではない は禁止にしてある• セキュリティツールは一切反応しなかった。 UAC アカウント制御 の警告は出なかった。 Smart Screenの警告は出なかった。 元ブラウザの方は操作不能になっている。 警告ダイアログを「X」を押して閉じようとすると、警告が何度も繰り返し表示される。 警告が繰り返し表示される際、以下のような変化が生じる。 これは古典的な攻撃方法で、PCに実害が発生する事は ほぼないかわりに、セキュリティソフトなども反応しない。 攻撃者は「セキュリティソフトが反応しない」事を逆手に取り、この手法でユーザーの不安を煽り、有料ソフトの購入を促したり、高額なサポート契約を結ぼうとしてくる。 逆に、UAC や Smart Screen、セキュリティツール が反応した時は深刻な攻撃を受けているので、このページの内容は当てはまらない。 すぐにウイルスチェックを行い、別の情報を探す。 警告ダイアログの消し方 手順1: 最初のダイアログが出た段階 まずはブラウザ上の通常のダイアログであるかを確認します。 補足情報• 補足1 このダイアログが出ている時は元のウインドウは操作不能になっています。 まずは以下の手順でダイアログを終了させます。 補足2 タスクマネージャーなどでブラウザを強制終了してもOKです。 手順2~3不要 手順2: 「X」ボタンでダイアログを消してみる。 手順3: ブラウザを終了させます。 以下の画面が出た後は、普通にブラウザを終了できます。 押してしまった場合、悪質なページに強制的にジャンプさせられるか、悪質なプログラムのダウンロードが開始されます。 ブラウザを閉じた後はどうすれば良いか 問題のページを閉じた後、特に必要な操作はありません。 操作手順は以上です。 ブラウザのキャッシュ削除と利用中のセキュリティソフトでウイルススキャンを行ってみます。 未知のウイルスに感染したかも・・・・という不安が消えない場合は、1~2日ほどインターネットの利用を中止 ネット回線を遮断 し、その後セキュリティソフトを最新版に更新してからもう一度ウイルススキャンを行ってみます。 このページには悪質な仕掛けなどは特になく、一般的なのダウンロードページでした。 ちなみにこの Uniblue はサイト・ツールともに セキュリティソフトでウイルス反応はありませんが かなり悪名の高いツールです。 もし、今回のケースも含め、似たような警告ダイアログが開いてしまった場合でも このようなツールは不要です。 この攻撃の感染経路 以下の3パターンが多くなっています。 更新停止したサイト 特に成人向けサイト にアクセスした• 攻撃者が普通の広告配信を利用し不正なURLを忍び込ませた• ドメイン失効したサイトにアクセスした 攻撃者が失効ドメインを取得し、攻撃サイトへのリダイレクトを設定した 一番多いのが「1. 」と「2. 」の組み合併せ技のようで、更新停止した 成人向けサイトの広告スペースに 攻撃サイトへのリダイレクトが仕込まれたケースを数多く観測しました。 広告を出稿している業者が更新停止サイトを狙っていると思われる 頻繁に、あらゆるサイトでこの警告画面が出る場合• フリーソフトをインストールする際、 抱き合わせのアドウェアをインストールしていないか?• hao123、PC Mechanic、secure PC Cleanerなど、評判の悪いソフトをインストールしていないか? 上記に身に覚えがないか、よく思い出してみる。 問題のソフトウェアを削除し、ブラウザのキャッシュ削除もしくは初期化を行ってみる。 あとがき 個人的なお話ですが、2011~2014年頃にブックマークした成人向けサイトを整理していたところ、約7割がサイトまたは該当ページが消滅。 そして残ったサイトのうち更新停止しているものの約7割で、今回の 「Windowsコンピューターが危険にさらされている可能性があります」の攻撃を確認できました。 やはり「更新停止した 成人向けサイト」の広告スペースを狙った攻撃が多いように感じます。 また、いずれのケースも単純なブラウザハイジャックであり、ウイルス感染の被害はありませんでした。 このページの情報は以上です。

次の