ヘラー 軍団。 限定配信 / ザ☆ウルトラマン 39 / ねらわれた巨大戦闘艦ウルトリア / 1979

ザ☆ウルトラマンとは (ザウルトラマンとは) [単語記事]

ヘラー 軍団

さ サイコアーマー ゴーバリアン• 他ナック作品やダイナミック作品と共演する。 絶対にマジンガーZ関連のキャラからその容姿を突っ込まれる。 最弱無敗の神装機竜• 敵味方が別世界に飛ばされる設定になる。 バハムートの燃費の悪さはそのまま活かされる。 サイバーボッツ• メカ豪鬼は隠し機体。 紙装甲と鬼火力を持つ。 サイボーグクロちゃん• 舞台が北海道という事で、獣神ライガーやトライゼノン辺りと絡める機会が多いか。 サイボーグ009• どのバージョンを参戦させるかで紛糾。 多分新ゼロ版かと。 ここは平ゼロでいきたい。 なぜか旧ゼロの『太平洋の亡霊』だけ参戦したりする。 戦闘に参加できるサイボーグが限られてくる。 たぶん2,4,5,6,9しか前線に出ない。 「ロボット」扱いされてマジでヘコむ。 サーティーンロボ・アトラス・魔神像・カブラカンが敵ユニットとして登場。 黒い幽霊団はあらゆる組織とのコネを持つことになる。 アマルガム、ロゴス、アマンダラ・コンツェルン等と仲良くなっている。 しまいには宇宙人にまで取り入ろうとする。 敵が主要人物に向けて放った銃弾を009がキャッチして「ケガは無いか?」というシーンが1回はある。 天使編はたぶん再現されない。 ぶっちゃけ、据え置きにウルトラシリーズがガチ参戦するとしたらこれが一番可能性が高いと思う。 ウルトラマンの変身システムに関しては『スーパー特撮大戦2001』に準拠。 ウルトラマンが地球人を殺戮してはまずいので、脱出装置の設定がつく。 ヘラー軍団は他の宇宙人とも結託する。 中盤以降はウルトリアが自軍の旗艦になる。 なぜか怪獣島の作画が原作より良い。 ザ・ウルトラマン ジャッカル 対 ウルトラマン• 声優はほとんど山寺宏一氏。 別世界という設定でULTRAMANと共演する。 テッカマン、メロス繋がりでレイズナーとも絡む。 THE NEXT GENERATION -パトレイバー-• アニメ版パトレイバーとは間接的ながらも地続きの世界観なので、出そうと思えば出せそう。 但し実写作品故に立ち絵をどうするかが最大の壁になる。 シゲさんを除いては。 アニメ版と同時参戦させると「泉野明」が二人出てきて攻略本で紛らわしい事になる。 「泉 野明」「泉野 明」としてスペースを入れて対応したとしても、どっかしらで誤植が出てきそう。 SAMURAI7• J9シリーズとのクロスオーバーもあり。 世界観に合うように出来るかが壁かもしれない。 サムライフラメンコ• フラメンロボットの登場するフラメンジャー編がメインだろうか• 生身ユニット扱いでも面白そうだが• フラメンコ星人戦の巨大化も良さそう• 正義とヒーローオタクキャラで交流がある サンダーバード• 海外の作品としては初参戦。 権利関係がややこしいことになっている。 おそらく武装なしのユニットが出てくる。 場合によってはステージが限定されているかもしれない。 し GR-GIANT ROBO-• 今川版の参戦が難しいと囁かれている今日こちらが参戦する可能性が高いか? G. ジョー• 米国版設定と日本版設定のどちらを使うで展開が若干変わる。 コブラ軍団が色々な所で暗躍する。 撃破されるとコブラコマンダーが撤収時のセリフを叫んで逃走。 案外ボトムズ辺りとクロスオーバーしても違和感はないかもしれない。 ジェネレイターガウル• 似た設定を持つテッカマンと絡む。 ガウルが未来人であるという設定がクロスオーバーで活かされる。 時空戦士ガンダーロボ• パワプロ・パワポケシリーズに登場する劇中作品。 デザインが似ている鉄人28号と絡む。 思春期美少女合体ロボ ジーマイン• 作中にネタとして登場するライディーン、マジンガーZと絡む。 シドニアの騎士• 他の外宇宙舞台の作品と同時参戦するんだろうか• 衛人同士で小隊を組むと掌位で移動力がアップする• 高コスト実験機乗り換えあたりから装甲も大幅に上がりそうだ• 最大火力が格闘になるか射撃になるがが悩みどころ• 会話シーンでつむぎが出る時はフェラリオよろしくあの音が出そう• 海苔夫は大抵使われない• 落合状態でのサブパイもスポット参戦になりそうだし…• BLAME! との繋がりも活かされるのか シムーン• いろんな意味で乳揺れどころじゃない騒ぎに。 ジャイアントロボ(戸田版)• ビッグ・ファイア様の声でもめることは確実。 ボスボロットに対抗してロボの武装に『九大天王』と『最強!十傑集』が入る。 ラスボスのライセは生身で戦うせいでスーパー系のダメージがとんでもないことになる。 と思ったら、ラスボスはビッグファイアになりそう。 最後の話が超投げっぱなしなんで、話の最後とかビッグファイアの武器とかは完璧に捏造される。 ジャスティーン• 俺妹に登場する作品。 オマージュ元と思われるガンダムと絡む。 ジャンボーグA• 原作通り途中で乗り換えあり。 変形前は攻撃できない。 ちなみに変形前は普通のセスナ機である。 悪ノリで「おい、そこのお前。 流石に悪乗り過ぎるかな。 シュヴァルツェスマーケン• 異世界に飛ばされての参戦となる。 他の鈴村健一が主演を務める作品とクロスオーバーする。 重力装甲メタルストーム• 原作通りストームガンナーが参戦する。 が、そのストームガンナーの色が日本のファミコン版に準じて真っ白なので、海外で「NES版は赤かったぞ!原作レイプをするんじゃねえ!」と叩かれる。 ちなみにNESは欧米版ファミコンの事ね。 重力を反転させる曲者キャラで、プレイヤーのあいだで好き嫌いがはっきり分かれる。 ステージのひとつに惑星ギガデスが登場。 以上、これらのネタは基本的に一部の都道府県民にしかわかりません 本作はファミコン末期に一部の都道府県のみでひっそり発売されたため。 消火ロボゼウレス -ファイアドラゴンをたおせ! 巨大ロボットが登場する防災アニメ。 マシンロボレスキューやファイバードと絡められるかも。 Steins;Gate• 岡部が『ギルティクラウン』勢と厨二病対決。 マシンロボレスキュー• 戦闘シーンが独自の空間で行われる。 「立入禁止」テープのバリケードは必須。 エルドランシリーズと共闘しそう。 ガラゴロはボスボロットのような扱いに・・・。 レスキューガラゴロの皆さんが味方ユニットとして登場し、ビバットは雑魚敵として登場。 ロム兄さんらマシンロボの先輩達との共闘に期待。 白銀の意思 アルジェヴォルン• アルジェヴォルンはユーリンクシステムによりトキムネ以外しか操作できない。 中盤~終盤に改良されたバージョンが参戦する。 武器も新型の銃と剣を使う。 一般兵にガンバスが登場。 精神コマンドに「ユーリンクシステム(白銀の意思)」が登場。 ジンキシリーズ• ストーリーは原作版がベースになる。 暴行関連の処理は絶対話題になる。 メルチセデックとメルJは親友になっている。 クロスオーバーの常として現太が死なないルートが存在する。 蒼旗も何らかの形で登場するだろう。 人造人間キカイダー• キカイダー01と同時に参戦。 笛のシステムはどう取り入れるべきか…• 他のロボにも影響を与えるとか、精神コマンド使用不可能とかにすればいいんじゃないか?• 名称の都合で参戦できない敵が1体いる。 たぶんアイツだろうけど、そんなにたくさん出せるかい。 せいぜいグレイサイキング・グリーンマンティス・オレンジアント・ゴールドウルフ(アニメ版ならゴールデンバット)・ギンガメ・カイメングリーン・クロガラス・赤地雷ガマ・白骨ムササビ、後シャドーから数体、以上の選択肢から4つ分くらいがオチだろ。 アニメ版の場合は武器にブラスター追加or01、00、ビジンダー生存の2択。 アニメ版イナズマンが特撮大戦2001の逆転チェストを引っ提げ、凶ユニットの一角に。 新造人間キャシャーン• 基本的に生身での戦闘でメインを張る。 フレンダーの各形態が味方ユニットとして登場。 す スーパーマリオシリーズ• 巨大マリオ登場。 巨大キノコ食べて巨大化した後に、ロボット化する。 クッパクラウンをロボット用に改造。 ファイアボールを出せたりビームを出せたりなどかなりフリーダム。 エルガンダー登場もあり得る。 バッテンダーロボ2種も登場。 スーパーピーチロボも登場。 水曜どうでしょう• onちゃんを5人乗りに改造。 パイロットは鈴井、大泉、藤村D、嬉野D、安田。 onちゃんが営業で使われているときは簡易onちゃん(パイロットは安田のみ)で出撃。 新作の撮影という名目で参戦。 勿論、大泉、安田両名は無理矢理拉致されて参戦。 シナリオの分岐点ではサイコロでルートを決める。 案の定ミスターが6を出してしまい、大泉からダメ人間呼ばわりされる。 以上、これらのネタは基本的に北海道民にしかわかりません。 ローカル番組ネタなんてどうしろと…• いやいや、今じゃ道民よりも内地の人のほうがこのネタに食いつく割合が大きいぞ。 流石にどうでしょうそのものが参戦することはないだろうが、会話にどうでしょうネタが盛り込まれる可能性はあるかも。 プーさん爆死とか、トラ騒動とか、シェフ大泉関連とか・・・。 いやいや。 冷静に考えろ。 艦船の料理長に大泉とか…w• ドームパスタのおかげで死亡フラグ回避・・・という事もあり得るかもしれん。 ゲーム中断時のイベントはもちろん平岸高台公園で行われる。 スカイガールズ• 必然的に南極が崩壊するので一部作品の参戦は望めそうにもない。 トップをねらえ!と同時参戦の場合ワームと宇宙怪獣の関連性について触れられそうではある。 巨大ロボではないし、デルタ・クアドラロックの扱いを考えるとソニックダイバー隊は3人 エリーゼ加入後は4人 で1ユニット扱いとなりそう。 最大の壁はサイズよりコナミか。 スクラップド・プリンセス• ARFFI M4竜機神 ドラグーン とM5戦天使 ヴァルキリィ• 再生、未来予知 見切り 等の能力を持ち、戦闘から補給まで何でもこなせる厨性能• しかし地上では能力制限、ドラグーンは敵ユニットのパイロットが人間だと攻撃不可能、ヴァルキリィはパイロット搭乗不可等の制限も多い• 戦天使は敵ユニットとして出てきそうだが• ヒーローズファンタジアには参戦済み。 涼宮ハルヒの憂鬱• 「射手座の日」メインであることは確実。 どのみち究極のデウス・エクス・マキナであるハルヒが存在すればどうとでもなる。 綾波レイ、ルリルリと長門が1つの部屋に押し込められ、台詞が「・・・」だけになってキョンが「何か喋れ!! 」と突っ込むというネタはやりそうだ。 神人が敵として登場する。 正直な話、今のスパクロを見ていると これが参戦しようが全く驚かない。 未来人・宇宙人・超能力者が自軍にいるのが前提。 異世界人はSOS団そのもの(スパロボによくある並行世界ネタ)。 スターシップ・オペレーターズ• 宇宙戦艦ヤマトと絡む。 戦艦の維持費が高い設定が活かされ、修理費が高くつく。 シノンの天才肌な一面が活かされる。 スタジオジブリ作品• 「風の谷のナウシカ」の巨神兵やハウルの動く城あたりを参戦させたい。 ハウルの動く城武装仕様・・・なんか怖いな。 途中で「巨神兵東京に現る」ルートに分岐する。 「天空の城ラピュタ」が参戦した場合某所でネタにされるのは確実。 見ろ、人がゴミのようだ!• 目が、目がぁー!• 最高のショーだとは思わんかね?• ムスカ大佐ファンが狂喜乱舞しそう。 ラピュタは中ボスクラスの飛行要塞として出せるな。 ムスカが乗ってて、こちらの味方ユニットを蹴散らしたり、ラピュタが大ダメージを受けると上の通りの反応。 増援ユニットとしてロボット兵を大量に吐くので放っておくと厄介な上、うかつに近づいて1ターン足を止めるとラピュタの雷(天の火)で撃たれる。 なぜか「もののけ姫」が参戦している。 「ゲド戦記」も参戦。 果たしてスタジオジブリは許可するのか?• MADのネタとして重宝される。 ストライクウィッチーズ• 歴史設定をどう処理するかが最大の問題。 タイムトラベルを使うか?• 地理に関しては日本列島が2つあるZのケースを踏まえ、アメリカ大陸だけリベリオンに差し替える事で解決。 扶桑が出てきた場合、おそらくリーンの翼の同時参戦が濃厚。 特攻絡みの設定はもちろん何とかする必要があるが。 場合によってはサコミズ王がハルカの双子の弟という設定になる。 確実に地上戦限定ユニットになってしまう。 この場合2期6話の再現シナリオが出てくるのはほぼ確実。 魔力の枯渇の為、途中で坂本少佐がロボットに乗り換える。 戦闘機繋がりでバルキリーに乗るのが濃厚?• パワードスーツ系の作品が参戦している場合そっちになりそう。 どちらにしろ飛行可能なものに乗り換えるのは確実。 ガリア解放戦でリアルロボット作品のキャラと共同戦線を張る。 ネウロイが他作品のロボットと融合してしまう。 各ウィッチの固有能力は近似する精神コマンドに置き換えられる。 芳佳:絆、サーニャ:偵察、エイラ:ひらめき、シャーリー:加速、ルッキーニ:必中…などと手堅いものが多いが、固有能力が物理的攻撃であるペリーヌとエーリカをどうするかが問題。 スーパータロム• タロムの武装は格闘と春の空。 ルビーはスーパーカーに乗って参戦、修理、補給装置付き。 ファイターはサブパイロット兼武装として登場。 カイザー様はドクターヘル当たりと結託しそう。 スーパーロボット大戦(小説版)• グレンダイザーと真ゲッターが参戦出来ない。 したとしても、 完全に敵• マジンカイザーも参戦できないか、ゴッドマジンガーがカイザーになる。 ゴッドマジンガーはマジンガーZの改造機だが、レプリカマジンガーZがいるから改造されてもマジンガーZは残って安心。 後書き限定の真・ジーグが登場、首から下もデザインされる。 スーパーロボット マッハバロン• レッドバロンと同時参戦。 しかし特撮なので…• むしろ投げっぱなしの最終回をどうするか不安かつ期待 スーパーロボット烈伝• ダイナミックサーガは間違いなくバランス崩壊レベル• 精神コマンドは 7人分。 おそらく破壊されると マジンガー、グレート、ダイザー、ゲッター、ジーグが脱出メカとして登場。 …もうどうしろと。 手数的に、ダイナミックサーガが破壊されてからの方が強そうな気がするのは禁句。 いっその事合体攻撃にしてしまうのはどうだろう?• 隕石獣は量産されまくる。 スーパーロボット レッドバロン• さすがにクーラーのCM同様のシーンはない。 レッドバロンが火炎攻撃を受けるが、主人公の紅健がクーラーをつけると…というCMが放送当時流れていました。 システムにバトルメックよろしく「熱量」が追加。 特殊装備に「クーラー」が追加。 しかしレッドバロンは機体の能力として「クーラー」を持っている。 ってところでどうだろうか。 いや、冷やすのは人であって機械じゃないんだけどね。 マッハバロンとの共演もありうる。 ひょっとしてアニメ版が参戦するかも… スパイダーマン(東映版)• 巨大ロボットのレオパルドンがなければ参加できないため、必然的に東映版になる。 ほとんど動かずに一撃必殺で敵を倒す、ある意味最強のユニットに。 やはり最大の障壁は「大人の事情」。 や以上にきついのでは。 は問題ないとして、果たしてマーベルは参加を認めるのだろうか。 他のアベンジャーズメンバーも出すという条件で認めるかもしれない。 東映版が本家マーベルコミックスに出演した今、障壁はかなり低くなったかもしれない。 スペースガンダムV• 決してではありませんので念のため。 「」同様、これも日本のロボットアニメファン(特にと)から大ブーイング。 アロハオエ号とハワヤンキーが参戦• 巨大化したQTもいいかもしれない…• ゴーゴル帝国の大河原ロボはやっぱり出落ちで自滅する• ジョニーもアレーでスポット参戦、BGMはもちろん「かんちがいロンリーナイト」 スマイルプリキュア!• ストーリーは第35話がベースになる。 どう考えても1話こっきりの友情出演扱いが関の山。 まずレギュラー化は無理だな。 歴代プリキュアの最強・最終必殺技をロボで再現する。 むしろハッピーロボにアムロ(リアルロボット編)or兜甲児(スーパーロボット編)が搭乗するようなイベントのほうが重要。 そうじゃないと参戦させる意味が無い。 歴代プリキュアの敵(特にラスボス)もロボと同じサイズで登場。 上もそうなんだけど、そもそも『スマイル』のみの前提なのになぜシリーズ全てが出てくるの? 必要なのは主要敵方組織とバッドエンド王国の関連付け。 せ 星方武侠アウトロースター• 伊東岳彦氏が下記のゼーガペインともども参戦の依頼を待っているという作品。 スペースオペラよりの作風がネック?• 星方天使エンジェルリンクスの設定も出てくるかも。 セイクリッドセブン• SPの行動原理にスパロボオリジナルの説明がつく。 絶対英雄チャントシター• おそ松さんの劇中作品。 本編通り、ちゃんとした6つ子の状態で参戦。 他作品のキャラたちがシェーのポーズをしているアイキャッチが登場する。 ゼノギアス• 塵閣下がさらに惨めになる。 チュチュどうするんだろう…。 それ以前にギアと世界観が…。 戦姫絶唱シンフォギア• クリスがフェルト・グレイスにやたらと絡む。 超ヒロイン戦記に参戦した。 とりあえずゼノマスとのクロスオーバー相性はかなり抜群だと思う。 適合者以外にもノイズに対抗する方法が存在する。 そ 蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT• 第2次Z破界篇のバーコフ小隊のエピソードのように、回想シーンのみでシナリオ再現。 「どうせ みんな いなくなる」は一枚絵。 蒼穹のファフナー EXODUS• SDPは強力な特殊技能にはなりそうではある• 旧シリーズのゴッドボイスほどでこそないが制限が付きそう• 隠しでゴウバイン3人が揃うことになりそう ゾイドシリーズ• ジェネシスやゲームオリジナル陣営も登場しそう。 ゾイドワイルドシリーズ• 地球を舞台としている。 同じく団を結成している鉄華団、グレン団などと絡む。 気力が一定数上がると本能開放する。 装甲悪鬼村正• 声優問題と残虐なセリフ問題が発生しそう。 全く違う歴史を歩んだ歴史SF作品と共演する。 ダイゼンガーともクロスオーバーしそう。 装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE• ボトムズのキリコのATを整備するシーンがある。 早い段階で戦争のトラウマを思い出してしまう。 奏光のストレイン• とにかく敵が少ない。 特にボス級は1人しかいない。 その分仲間は多いけど機体がアレだとことごとく2軍落ちしそう。 死人 途中離脱 も多い。 亜光速攻撃したらクリア後まで戻ってこれなかったり…。 ミミックの設定やエミリィなど、他作品に流用できそうな設定も一応ある。 全裸艦内一周 三周 事件は是非再現してほしいところ。 創勢のアクエリオンEVOL• 四足獣形態はZシリーズでの壱発逆転拳ポジになるのだろうか ZONE OF THE ENDERSシリーズ• 版権がでなければ・・・• ほとんどの舞台が火星なので地球絡みの作品とはやりづらい。 逆にいえば火星絡みの作品と同時進行になりそう。 ん?Dolores,iをディスってんですか?(軌道エレベータ繋がりでガンダム00との相性が良さそう)• アヌビスやジェフティがゼロシフトを使いまくるせいで回避率がやばい事に。 そらのおとしもの• イカロス参戦は確実。 パンツロボや巨大そはらも登場しそう。 エンジェロイド(敵陣営)が量産されまくる。 原作通りにやると後味が悪いため、ミーノースはボコられたあと改心する流れかな。 それいけ!アンパンマン• アンパンマン号が登場。 アンパンマン、しょくぱんまん、カレーパンマンが搭乗。 ばいきんまんはもちろんバイキンUFOに乗る。 Youtubeにうpされている「リアルアンパンマン」のような雰囲気になりそう…• 原作者はおそらく反対するだろう。 そもそも巨大ロボットが存在しな…手足付きのバイキンUFOがあった…でもパン工場側は?• だだんだん・・・。

次の

「激突!! ウルトラマン対ウルトラマン」

ヘラー 軍団

概要 の第8作に当たる作品。 放映期間は()から()(全話)。 は(現:)であるが、出身のも多く参加していることで知られる。 また同時期にで並行してされていた『』がになったために、終盤は『』のが合流し、(現:)も変名でに参加していたとされる。 以降途絶えていたを復活させる際にが「新機軸の」を検討した末、予算不足や当時のなどのにより、では初めて 作品としてされたのが本作である。 結果として、あまり知られていないものの本作は実は 前作『』を上回る均視聴率を記録した 地区11、地区1で、後述の『』よりも高い)。 しかし 「ではなくで新しいが見たい」といったのも少なからずあり、結果としてこうした本作品の成功や反が少なからず『』のに繋がったと言える。 とはいえ、の監修ということもありの描写には作品でありながらあえてを踏襲した、作品然とした動きも取り入れられていたり、を使ったOPなど、従来のも意識した作品となっている。 当時のとしてはな外部委託の作品ということもあり、非常に再評価に乏しい作品であった。 から4年にかけて存在したののからも除外されており、局ではに地区で何度かが行われていたものの、地区では本放送とが一度づつ行われたのみであり、放送(劇場)でにが行われるまでは、でありながらでは再視聴する機会にはほとんどていなかった。 再評価に乏しかったことなどから普及時には誤った噂や作品論も広まっていたが、近年では放送によるの事例も増え、新作においても他のと同列にとして紹介されていたり、『』に登場するタスが、本作の流れを組んだであるなどして注を集めつつある(は本作の放送周年にあたるため、そのであるともされる)。 また媒体はBOXがに発売され、BOXはに発売されている。 あらすじ のを守るためにやって来たは、警備隊の一郎隊員とする。 は警備隊として、そしてとして戦うことを決意するのだった・・・ ウルトラマンジョーニアス の・0出身の。 上では警備隊の隊員と一体化しており、彼が・を額に当てることによりする。 麓の極東基地に本部を持つ。 の「特捜隊」との「警備隊」を足して2で割ったような部隊名で、の隊員は警備隊を、を模したは特捜隊をそれぞれ彷彿とさせる。 隊員 一郎 20歳。 3から警備隊に転属となった。 3からへ向かう途中でと、一体化する。 となってからは一日も欠かさずに鍛練を積んでいる。 にしている間は必然的に姿を消すことになり、その事を他の隊員にられることも少なくない。 ヤマ男 歳。 警備隊結成時にに名された初代。 隊員選抜の委任との配備を条件にの座に就いた。 26話で参謀としてに転任した。 段階では10歳になるのマユミがとして登場する予定だったが、では登場しなかった。 ドウ 話から登場。 ヤマに替わり就任した二代で、ヤマとは対照的な快な性格をしている。 しかし冷静かつ的確な判断を持っており、としてのはヤマに劣らない。 当初は隊員達から反発されていたが、就任直後の事件で信頼を得た。 トベ博明 24歳。 新開発室から選抜された。 号の設計者で、操縦士を務める。 基地では開発や分析、破損したのを行う。 を演じるのは『』でも者のイデ隊員を演じた二瓶正也。 マルメ敬 歳。 元極東室付きの隊員。 自ら警備隊への入隊を志願した。 に面で活躍し、の操縦は論、重火器を用いた地上戦も行う。 警備隊ので、医療班からウトされた。 隊員達の中で一番若いが、の操縦や射撃などで隊員達に引けを取らない活躍を見せる。 ピグ に存在するの第機で、正式名称「・78」。 処理やの分析を担当しており、の操縦も可。 の言葉が理解でき、と会話したこともあった。 いつもである小のモンキを連れている。 口癖は「~なんだな」、「~やっぱし」。 その名前と外見から分かるように、『』に登場したがである。 ック トに配備されていたの内の一体。 非常に働き者だが、ピグからはからか呼ばわりされている。 劇中で活動していたのは機で、他にも同が多数存在したがそれらの描写はなかった。 地球防衛軍関係者 長官 極東の長官。 ヤマ、ドウ両の直接の上である。 宮井副官 極東の参謀。 長官のではあるが、少々回りぎみである。 悪い人ではないがピグからは嫌われている。 ちなみに一部の書籍では「警備隊の面々からはあまり好かれていない」と書かれている。 ・ の者で、生日系。 外れな肌で、警備隊の面々を振り回す(例として隊員達を名前で呼ばず、「運転手君(トベ)」や「若いの()」などと呼ぶ)。 などの他にについて調べていたこともあり、本人も自分が何の専門かはあまり考えていない様子。 コ 極東の喫で働くの。 南浮子の出身。 の反対を押し切り警備隊に入るためを飛び出したが、結局願いわず喫で働いている。 しかしある事件までは、警備隊に入隊したとのをに送っていた。 について詳しく、自室にはバリケーンやスのポが貼ってある。 5(中)、9. 5()、2()、1()、3(地上) 中・中・で活動できる大万。 設計・開発はトベによるもの。 や特殊熱線、など様々なを備えており、装置も存在する。 隊員達と数々の戦を乗り越えたが、話で大破してしまう。 終盤ではとなったが登場した。 後部に二連式の機を装備しており、に偵察に用いられる。 同様、終盤にはのミーが登場した。 にパに用いられる。 と線を装備している。 パッャー 33話で運用されたパッャー号の後継機。 まだ段階であるが、と小を装備している。 ト 人の祖先が0のに備えて、の地底に隠していた大。 発見時から年は補給や点検の必要がない状態だった。 大破以降の警備隊のとなる。 動は上では未発見ので、をえる艦体は下部のと両部のに分離する。 や反陽子など計門を装備している他、や艦載機の発進口なども有する。 また航法も可であり、長を短時間で移動することができる。 ー軍団に対抗する手段として0からアが探しに来たが、最終的に警備隊に託される。 その際ドウは、共にー軍団を倒す決意をっている。 U40 スの故郷である、今作における「の」。 からは200万離れている。 観が一新されているので、「の」や7とは関係がない。 地上にはが溢れており、一見してが発達しているようには見えない。 しかし地下には00ほどのが存在し、工場や物のどがここにある。 有事の際には地上に自動防衛やの発進口が出現する。 普段人々は人と変わらない姿(のを着ている)をしているが、精を集中して体の分子構造を変えることで、もがへとできる。 しかしして戦えるのは強いを持った人のみであり、最高のにはの「」が与えられる。 人と一体化するにはこのが必要となる。 劇中でできる者はスを含めわずか8人しかいない。 7人ののみの際にを使う描写があり、その際「」と叫んでいる。 10億年前に全に子孫を増やすための大が行われ、方々のに人が移住した。 もそのの一つで、人と人がしている。 ウルトラマインド 前述のの後、からしたバデル族のが始まり、に広まった人は次々と滅ぼされていった。 それを救ったのが、年前に作られた物質であり物質でない命の素「ド」である。 これにより人はヒューマノイドへとした。 の際には双胴機に乗り勇敢にへ向かう。 また、アッシャーという線技を持っている。 生手術のために0に連れてこられたに心を抱いており、その想いたるやを盗みへ向かうほどである。 スやア、とは友人である。 はウム。 エレクと行動を共にすることが多く、何度かに来たこともある。 はラ線。 大 0の最高導者。 最高の者にして者であり、で言えば王やといった存在である。 5大 ス、エレク、と並ぶ0の達。 を有する。 5人中3人は名前が「メ」、「」、「」であると分かっている。 に特徴がなく、5人とも同じ姿である。 ヘラー軍団 永遠の命をめた0の反逆者・ー率いる悪の大軍団。 で巨大なを築き、隙を突いて0を占領、ドを奪った。 0の支配が的であり、そのために邪魔なやトを狙い、さらにはも企ている。 ー 1万年前に永遠の命をめ、0に反旗を翻した人。 0人の同士を引き連れドを奪い、へのと引き替えに永遠の命を手に入れた。 ドを奪還された後にの果てに去り、その後長い間忘れ去られていた。 しかしその間に巨大なを築き、0へ舞い戻った。 ーの右腕。 のに建設された基地で揮を執っており、その任務は0の支配に邪魔なスをに釘付けにすることである。 キャスト• 一郎:• :武之(現:)• ヤマ男:也• ドウ:• トベ博明:二瓶正也• マルメ敬:兼本新• ピグ:• モンキ:• ック:里• 長官:介• 宮井副官:敏也• ア:久• エレク:• :宮村義人• : 関連動画 関連商品 関連リンク• 関連項目•

次の

樹想社

ヘラー 軍団

ここは無数の多次元宇宙<マルチバース>の中の一つにある星、ウルトラの星 <U40>。 今日この日、この星から一人の戦士が旅立とうとしていた…。 -<惑星U40>- -小高い丘の上- タイタス:『……』 その日、【ウルトラマンタイタス】は丘の上からU40の美しい自然と、美麗に 整った白亜の建造物を眺めていた。 見る者の心を洗うこの光景も、しばらくは 見納めとなってしまう。 タイタスは、当分故郷に戻ってはこないからだ。 ???:『いよいよ出発だな、タイタス。 』 そんな彼に、背後から声をかけた者がいた。 タイタス:『ジョーニアス…!!』 【ウルトラマンジョーニアス】。 U40において最強の力を持つ勇者だ。 かつて、 <科学警備隊>の【ヒカリ超一郎】隊員と同化して、地球とU40の為に戦った。 U40出身でありながら<ウルトラ人>達を裏切った<ヘラー軍団>を相手どり、 科学警備隊と共にヘラー軍団を壊滅させた。 ちなみに、タイタスはそのヘラー 軍団に属した者達の中に両親がいた。 <反逆者の息子>ではあるが高潔な魂を タイタスの中に見た最高指導者【大賢者】やジョーニアスを筆頭とする8人の 勇者達は彼を差別する事なく受け入れた。 U40の部隊に所属して数多の戦いを 経験して多くの仲間達の命を救ったタイタスは大賢者から9人目の『勇者』と 認められた。 そして、栄光の証である<スターシンボル>を授かったのである。 ジョーニアス:『タイタス、君は我らウルトラ人の誇りだ。 君のおかげで遍く 宇宙の多くの生命が救われた。 戦士の代表として、心から感謝している。 』 タイタス:『そんな…。 貴方には到底及びませんよ、ジョーニアス…』 ???:『謙遜する事はないぞ、タイタス。 』 ???:『君の実力は皆が認めている。 何しろ、9人目の勇者だからな。 』 タイタス:『エレク、ロト…!!』 8人の勇者の中の2人、【エレク】と【ロト】も、タイタスの旅立ちを見送りに 来てくれた。 感極まり、思わず泣いてしまいそうになるタイタス。 ジョーニアス:『【ウルトラマンタイガ】、【ウルトラマンフーマ】、年若く 経験は少ないが、見所がある戦士達だと私は思う。 良き友人達に巡り合えたな、 タイタス。 彼等と共に、宇宙の平和の為に戦ってくれ。 』 エレク:『確か、<惑星O-50>でチームを結成したんだったな。 』 ロト:『<トライスクワッド>、だったか?』 タイタス:『ええ、その通りです。 』 M78星雲にある<光の国>を故郷とする光の勇者、タイガ。 O-50を故郷に持つ 風の覇者、フーマ。 運命に導かれるように彼等と出会ったタイタス。 彼ら三人、 力を合わせて宇宙の平和の為に戦うと誓った。 O-50での戦いを契機に結成した スリーマンセルの特殊部隊、その名はトライスクワッド。 タイタス:『U40の外でタイガとフーマが待っています。 もう行きます…』 エレク:『そうか。 寂しくなるな…』 ロト:『気をつけて行けよ、タイタス。 旅の無事を祈っている。 』 ジョーニアス:『忘れるな。 どんなに離れていても、我らは君と共にある。 』 タイタス:『…はい!!』 こうして、タイタスはU40から旅立った。 払暁の空の彼方へ飛んで行った彼を 見送るジョーニアス達。 ジョーニアスの妹【アミア】と大賢者も、タイタスの 旅路を並んで見送ったのであった。

次の