杉原 千畝 名言。 杉原千畝とは?海外の反応やイスラエルとの関係、命のビザや名言について解説!

「杉原千畝 スギハラチウネ」 人のお世話にならぬよう、人のお世話をするよう、そして報いを求めぬよう: はらやんの映画徒然草

杉原 千畝 名言

海外では、「日本のシンドラー」などと呼ばれることがある。 語録 ・「私に頼ってくる人々を見捨てるわけにはいかない。 でなければ私は神に背く」 ・「世界は、大きな車輪のようなものですからね。 対立したり、あらそったりせずに、みんなで手をつなぎあって、まわっていかなければなりません・・・。 では、お元気で、幸運をいのります」 ・「私のしたことは外交官としては間違っていたかもしれない。 しかし、私には頼ってきた何千もの人を見殺しにすることはできなかった」 No. 001 私は大したことをしたわけではない。 当然の事をしただけです。 002 私のしたことは外交官としては間違っていたかもしれない。 しかし、私には頼ってきた何千もの人を見殺しにすることはできなかった。 003 世界は大きな車輪のようなものですからね。 対立したり、争ったりせずに、みんなで手をつなぎあって、まわっていかなければなりません。 004 恐らく百人が百人、東京の回訓通り、ビザ拒否の道を選んだだろう。 それは何よりも昇進停止、乃至、馘首が恐ろしいからである。 私も何をかくそう、回訓を受けた日、一晩中考えた。 公安配慮云々を盾にとって、ビザを拒否してもかまわないが、それが果たして、国益に叶うことだというのか。 苦慮、煩悶の揚句、私はついに、人道、博愛精神第一という結論を得た。 そして私は、何も恐るることなく、職を賭して忠実にこれを実行し了えたと、今も確信している。 005 私たちと同じ立場の人が仮に百人いたとしても、このユダヤ人たちを助けようとしないかもしれない。 でも僕たちはやろうか。

次の

杉原千畝とは?海外の反応やイスラエルとの関係、命のビザや名言について解説!

杉原 千畝 名言

杉原千畝(すぎはら ちうね、1900年(明治33年)1月1日 — 1986年(昭和61年)7月31日)は、日本の官僚、外交官。 第二次世界大戦中、リトアニアのカウナス領事館に赴任していた杉原は、ナチス・ドイツの迫害によりポーランド等欧州各地から逃れてきた難民たちの窮状に同情。 1940年7月から8月にかけて、外務省からの訓令に反して、大量のビザ(通過査証)を発給し、およそ6,000人にのぼる避難民を救ったことで知られる。 杉原千畝の名言・格言 世界は大きな車輪のようなものですからね。 対立したり、あらそったりせずに、 みんなで手をつなぎあって、 まわっていかなければなりません…。 私のしたことは外交官としては、 間違ったことだったかもしれない。 しかし 私には頼ってきた何千人もの人を 見殺しにすることはできなかった。 大したことをしたわけではない。 当然のことをしただけです。 wikipedia. chiunesugihara100. htm 投稿日: 作成者 カテゴリー , タグ , 投稿ナビゲーション.

次の

24歳の杉原千畝

杉原 千畝 名言

海外では、「日本のシンドラー」などと呼ばれることがある。 語録 ・「私に頼ってくる人々を見捨てるわけにはいかない。 でなければ私は神に背く」 ・「世界は、大きな車輪のようなものですからね。 対立したり、あらそったりせずに、みんなで手をつなぎあって、まわっていかなければなりません・・・。 では、お元気で、幸運をいのります」 ・「私のしたことは外交官としては間違っていたかもしれない。 しかし、私には頼ってきた何千もの人を見殺しにすることはできなかった」 No. 001 私は大したことをしたわけではない。 当然の事をしただけです。 002 私のしたことは外交官としては間違っていたかもしれない。 しかし、私には頼ってきた何千もの人を見殺しにすることはできなかった。 003 世界は大きな車輪のようなものですからね。 対立したり、争ったりせずに、みんなで手をつなぎあって、まわっていかなければなりません。 004 恐らく百人が百人、東京の回訓通り、ビザ拒否の道を選んだだろう。 それは何よりも昇進停止、乃至、馘首が恐ろしいからである。 私も何をかくそう、回訓を受けた日、一晩中考えた。 公安配慮云々を盾にとって、ビザを拒否してもかまわないが、それが果たして、国益に叶うことだというのか。 苦慮、煩悶の揚句、私はついに、人道、博愛精神第一という結論を得た。 そして私は、何も恐るることなく、職を賭して忠実にこれを実行し了えたと、今も確信している。 005 私たちと同じ立場の人が仮に百人いたとしても、このユダヤ人たちを助けようとしないかもしれない。 でも僕たちはやろうか。

次の