カットロトム 育成 論。 【サンムーン育成論】クサZカットロトム【単体考察】

カットロトム

カットロトム 育成 論

今作からめざめるパワーが廃止された事も相まって+の攻撃範囲はかなり貴重かつ優秀。 を半減以下にする・・に対して技が抜群で通る。 しかし技はふぶきのみで、命中率が低いので過信は禁物。 また耐性面は他のロトムに劣ってしまう。 第八世代では、同複合で両刀可能なステータス・優良なサブウェポン・準専用技を習得するが登場。 耐久面は向こうが勝るため、素早さと優秀な変化技によるサポート要員として差別化したい所。 性能安定。 雨とあわせて。 攻撃しつつ麻痺撒き。 ボルトチェンジ 電 70 105 100 自分交代 タイプ一致技。 攻撃しつつ撤退可能。 霰やダイアイスとあわせて。 氷技はこれのみ。 おにびやでんじはとあわせて。 スカーフなら怯みを狙える。 変化技 タイプ 命中 備考 でんじは 電 90 サポート用。 地面は呼びにくいが、電気や等に注意。 おにび 炎 85 物理アタッカー対策。 炎やに注意。 トリック 超 100 メガネやスカーフとあわせて。 リフレクター 超 - サポート用。 味方の物理耐久を強化。 ひかりのかべ 超 - サポート用。 味方の特殊耐久を強化。 わるだくみ 悪 - 火力を強化できるが、あまり積む余裕は作れないか。 ダイサンダー かみなり 140 210 エレキフィールド メインウェポン。 ロトム自身はフィールドの恩恵は受けられない。 10まんボルト 130 195 ボルトチェンジ 120 180 ダイアイス ふぶき 140 210 天候:霰 メインウェポン。 電気技との補完に優れ、ふぶきとの相性も抜群。 タスキ潰しもできる。 追加効果は微妙だがに抜群。 追加効果は優秀だがに等倍。 イカサマをダイアーク化した場合は通常の物理技と同じ扱いなので注意。 ダイウォール 変化技 - まもる状態 フェイントで解除されないが、ダメージは受ける 相手のダイマックスターン枯らしに。 一致電気+氷の優秀な範囲を活かして攻める。 電気受けをやに一任しているパーティに刺さる。 ダブルの場合、一致ふぶきが相手全体攻撃になるので強力。 持ちと組ませ、霰によるふぶき必中の恩恵を受けながら使っていきたい。 対フロストロトム 注意すべき点 他ロトム同様特攻が高く、電気+氷の範囲を持つため攻撃性能では随一。 耐性も独特で、電気タイプのメインの技範囲である「電気+氷」を両方半減に出来る為タイプに強め。 対策方法 フロストロトムの技範囲をしっかり抑えられるやが有効な対処手段。 他ロトムと同じくかたやぶり+じしんに弱い。 やで上から叩ける。 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技14 でんじは - 90 でんき 変化 20 技17 ひかりのかべ - - エスパー 変化 30 技18 リフレクター - - エスパー 変化 20 技21 ねむる - - エスパー 変化 10 技23 どろぼう 60 100 あく 物理 25 技24 いびき 50 100 ノーマル 特殊 15 技25 まもる - - ノーマル 変化 10 技33 あまごい - - みず 変化 5 技34 にほんばれ - - ほのお 変化 5 技38 おにび - 85 ほのお 変化 15 技39 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技40 スピードスター 60 - ノーマル 特殊 20 技41 てだすけ - - ノーマル 変化 20 技76 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技77 たたりめ 65 100 ゴースト 特殊 10 技80 ボルトチェンジ 70 100 でんき 特殊 20 技82 エレキネット 55 95 でんき 特殊 15 技90 エレキフィールド - - でんき 変化 10 技93 かいでんぱ - 100 でんき 変化 15 過去作技マシン No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技08 10まんボルト 90 100 でんき 特殊 15 技09 かみなり 110 70 でんき 特殊 10 技20 みがわり - - ノーマル 変化 10 技26 こらえる - - ノーマル 変化 10 技27 ねごと - - ノーマル 変化 10 技33 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15 技35 さわぐ 90 100 ノーマル 特殊 10 技38 トリック - 100 エスパー 変化 10 技42 ハイパーボイス 90 100 ノーマル 特殊 10 技58 あくのはどう 80 100 あく 特殊 15 技68 わるだくみ - - あく 変化 20 技80 エレキボール - 100 でんき 特殊 10 技81 イカサマ 95 100 あく 物理 15 技82 アシストパワー 20 100 エスパー 特殊 10 技83 サイドチェンジ - 100 エスパー 変化 15 その他.

次の

【ポケモン剣盾】陰キャポケモンをシバき刈る、受け崩しカットロトム

カットロトム 育成 論

はじめに 2回目の投稿となります。 くまきちと申します。 帯カバルドンの育成論ではたくさんの方の高評価&コメントありがとうございました。 今回はカットロトムについて、環境に適応させた型を紹介しようと思います。 カットロトムについて ロトムの草タイプフォルムチェンジ。 唯一無二の電気・草タイプで浮遊を持ちます。 種族値は、低いHPと、そこそこまとまった数値の火力・耐久、中速であります。 カットロトムに限らずロトム系列の型というと、• HPに振って耐久寄りにしたり(回復木の実型、チョッキ型)• 足りない火力を補う眼鏡型• 中途半端な素早さを補うスカーフ型 この3つに大別されるといっても過言ではありません。 現状技の撃ちわけが可能なカットロトムは環境にあまり存在せず、 打ち分けができるだけで相手の読みをずらすことが可能です。 そして最大の特徴であるリーフストーム。 威力130の高火力ながらCが2段階下がる。 諸刃の剣です。 リーフストームについて 非常に強力な草タイプ技です。 しかし、打った後にCが2段階ダウンしてしまう大きすぎるデメリットがあります。 これがどのような影響を及ぼすかというと、• 対面ポケモンをリフストで倒したが、後続から積み型エースが出てきて起点にされた。 交代される。 草タイプは受けが容易です。 苦しいサイクルになります。 脱出パックカットロトムの魅力 さて、今回考察させていただくのは脱出パックカットロトムです。 脱出パックとは今作から登場したアイテムで、自身の能力が下がったときに強制交換されるアイテムです。 コンセプトとしては、上記で述べたリーフストームの欠点をすべて解決したうえで有利対面を継続することにあります。 感覚としてはボルトチェンジの2倍近い火力を持ちながら、無効化されず(草食は勘弁してください)、対面操作が可能という万能技となります。 いくつか想定される場面を挙げましょう。 対水タイプ 現在の環境でよく見るのは、 ウォッシュロトム、ラプラス、ミロカロス このあたりでしょうか。 基本的にリフストで確定1を取れるため打っていきたい対面です。 ただ、相手の裏ポケモンが見えていない状況では、交代の危険性があります。 様子見でボルトチェンジもありでしょう。 しかし、交代されなかった場合ボルトチェンジでは火力が足りず、自分から有利対面を放棄することとなります。 さて、ここで脱出パック・リフストだとどうでしょう。 これらの 読みを一切放棄できることが分かるでしょうか。 リスクを負うことなく有利対面を継続or数的有利を取ることが分かります。 対地面タイプ カバルドンやヌオー、トリトドン このあたりでしょうか。 ここも基本的にリフストで確定1を取れるため打っていきたい対面です。 しかし、上であげたような悩ましい状況に加えて、電気無効のためボルトチェンジを打つことが非常に難しい場面となります。 そこで脱出パック・リフストだとどうでしょうか。 安定した行動となることがお分かりかと思います。 ダイマックスでも似たようなこと出来るよね? その通りです。 しかし、電気・草の範囲は竜で受けられてしまうことからダイマックスターンを枯らすことが容易です。 また、ダイマックスしたとして、全抜きを出来るようなスペックも、相手のダイマックス技を何度も受けきるような耐久もありません。 よって、貴重なダイマックス枠は他のポケモンに温存すべきかと考えます。 こだわり系および他のリフスト持ちとの差別化 スカーフ・眼鏡カットロトムとの差別化は言うまでもなくリフストを気軽に打てることにあります。 読みを通したうえでリフストを打たざるを得ないこだわり系。 差別化はこれで十分かと思います。 リフストを打てるポケモンというとルンパッパとロズレイドくらいです。 ルンパッパについてはタイプも異なり、 何よりすいすいでの継続的なアタッカーという強い役割があるため、 リフストとの親和性にそこまで優れておりません。 ロズレイドについては電気が打てるかという点で差別化可能です。 流行りの受けまわしへの回答 シーズン2終了現在で環境に蔓延している受けまわし構築が ドヒドイデ、ヌオー、アーマーガアを用いる構築でしょう。 電気をヌオーが吸って、草と地面をアーマーガア、クッション性の高いドヒドイデが毒を撒いてじわじわ削る・・・ さて、この3体に異様に強いのがカットロトムです。 全員に対して強力な打点を持ち、相手からの決定打はありません。 しかし、カットロトムの型の大半を占めるこだわりアイテム持ちでは崩しきれません。 ところがこの型ですと安定してこれらの並びを崩すことが可能となります。 奇襲性能という強み 環境にはこだわりか木の実型しかいないと考える相手に対し、 技を打ち分けてくる、リフストを打った後に起点に出来ない。 という相手の思考をずらす行動が最大の強みかもしれません。 相手が描いた勝利への道をズラすことは、ポケモンバトルで勝利するうえで重要なファクターです。 注意点 威嚇や岩石封じを受けると強制的に交代となります。 ウインディの威嚇は何ならおいしいですが、 ギャラドスの威嚇で交代してしまうのは少し残念です。 ダイアークなどでも交代してしまうため注意が必要です。 性格と努力値振り 火力を確保するためのひかえめ252振り。 Sのラインは最速アーマーガアを抜くための204振り。 220まで振ると準速トゲキッス、準速マンムーを抜けます。 お好みで。 残りをHとしています。 副産物ですが、ここまで振るとトゲキッスの特化ダイフェアリー位まで耐えてくれます。 技構成とダメージ計算 -確定 リーフストーム(威力195) HD特化カバルドン 乱数1(86. 5〜103. 2%) D特化カバルドンは物理環境の今ほとんどいないので基本的に確定1です。 この対面はリフストぶっぱでOKです。 欠伸ループされても脱出パックで抜け出せるため、後出しも積極的にできます。 H252ミロカロス 乱数1(86. 1〜101. 9%) 絶妙に落としきれません。 が、少しでもHを削っていれば分のいい勝負となります。 居座りもありな場面ではあります。 ちなみにラプラス、シャワーズはミロカロスより柔らかいので確定1です。 高耐久の2体を紹介しました。 抜群相手には基本確定1取れることが分かってもらえるかと存じます。 10万ボルト(威力135) 打つ相手は飛行タイプでしょうか。 ステロやスリップダメージが入るとギリギリ倒せる相手が多く、 放電より火力がでる10万ボルトを確定とします。 H252トゲキッス 確定2(68. 2〜81. 2%) ダイマックス後確定3となります。 硬いです。 弱点保険まで考えると対面不利です。 H4ギャラドス 確定1(170. 7〜203. 5) ダイマックスされると耐えられる可能性があります。 状況次第ではダイサンダーを切る必要がありますね。 H252アーマーガア 確定2(81. 9〜96. 5%) H252ドヒドイデ 確定2(70〜84%)• 選択技 放電(威力120) 火力はないですが麻痺が狙えるのは優秀です。 ボルトチェンジ(威力105) リーフストームで同じことが出来るため確定としませんでした。 もちろん優秀な技ですし、相手のパーティに電気無効がいなければリフストより打ちたい場面もあります。 お好みでどうぞ。 悪の波動(威力80) シャドーボール(威力80) イカサマ(威力95) このあたりはパーティと相談しつつ入れるか相談となります。 鬼火 物理環境の今、刺さります。 こだわり系やチョッキ型にはない強みです。 悪だくみ この型との親和性は低いかと。 回復木の実型などであれば有用ですが。 被ダメージ 耐久面はあまり信用できません。 メジャーどころだけ書きます。 A252珠ミミッキュ じゃれつく 確定2(56. 8〜68. 1%) A252ドリュウズ 地震 確定2(63. 6〜75%) このあたりのポケモンの非抜群技は一回くらいなら耐えてくれます。 C特化トゲキッス ダイフェアリー(マジカルシャイン) 確定2(82. 5〜98. 4%) 特殊面での目安としてください。 終わりに いかがだったでしょうか。 あまり考察が進んでいない型かと思います。 手前みそですが、カットロトムの残念だった点を補完しつつ強みが生かせる型になったと自負しております。 ここまで読んでいただきましてありがとうございました。 良いポケモンライフを! 何かお気づきの点、ご指摘ございましたらコメントくださいませ。 最速アーマーガア意識とのことですがそんなに多い型では無いですし仮に抜けずとも基本有利対面なのでほぼほぼ相手が引いてくるのであまり生きる機会がないのでは? 素早さについてですが、カットロトムは下から交代技を打つポケモンではないと考えるためある程度の素早さを確保することは有意義かと思います。 草技が通る相手と対面したとき、相手がこだわりアイテム読み&Cダウンのデメリットを嫌った電気技読み居座りに優位を取ることがこの育成論の始まりとなります。 本論からは漏れてしまいましたが準速やなどが例です。 その場合に上からリフストを叩き込めることには大きな価値があります。 ただ、1さんがおっしゃるように最速を意識というのはややピンポイントすぎたかもしれません。 220まで振って準速、を抜いてもいいですし、204で最速、準速、172で準速抜きでもいいかと思います。 この辺りはパーティレベルで重いポケモンをカットロトムで処理する必要性に応じてアレンジいただきたく存じます。 コメントありがとうございます。 ダイマックスを切られたらきついですが、切らせたことをアドととらえることもできます。 8だけ余分に振ってしまっていました。 訂正いたしました。 巨大ラプラスに抜群技は弱保険の関係で厳しいですしね・・・ 運用が難しくなることは間違いありません。 引き先を用意しておく必要がありますね。 実際に使っていただきありがとうございます。 相手の岩封は恐らくロトムが交代することを読んでの行動な気がします。 最大打点は地震ですし。 確かに、こういった状況になってしまった場合は脱出パックを持たないことが結果論で正解となります。 しかし、もし相手が上から地震を打ってきていた場合、下からリーフストームを入れ大きく削りながらも剣舞などの起点を回避しつつ後続を着地出来ていたわけでもあります。 これは脱出パックにしかできない動きです。 すべての状況をカバーできる型は存在しないため、ある程度のリスクは許容していただく必要があるかと存じます。 水、地面対面に非常に強くなるリターンと、お書きいただいたような状況のリスクとで、リスクを許容しがたかったというだけであり、パーティ単位では当然そういったこともあるかと思います。 ですので論自体を全否定というのはいささか行き過ぎであると感じます。 このときのHP実数値が130で偶数なのですが、129にしてBやDに振るか、耐久指数が下がるのでそのままにするかで悩んでいます。 ガオガエンの威嚇が撒かれる環境においては向かい風かと思ったものの、居なかった場合などにかなりの圧をかけられたり、それを逆手に取って有利ポケを無傷着地できたりと意外にも中々小回りが利いてかなりサイクル戦を展開しやすかったです。 個人的には上を取られると厳しい場面を多々あったので自分で仮想敵を定めて抜けるよう調整したりCS全振りでの運用もありかなと思いました。 良い育成論をありがとうございました。 参考になりました。

次の

【ポケモン剣盾】ウォッシュロトムの育成論と対策

カットロトム 育成 論

カットロトム育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」 カットロトムは第4世代から登場しているポケモンだ。 「ポケモン剣盾(ソードシールド)」での育成論について紹介していく。 防御・特攻・特防が高く、素早さもそこそこある。 高い特攻に加え、高威力技のリーフストームが撃てるので、撃ち逃げ性能が高い。 防御・特防が高いが、HPが低いのでそれほど耐久が高いわけではない。 炎・氷・毒・虫と弱点が多いため一撃で倒されることがないよう注意したい。 草タイプであり、厄介な「キノコのほうし」、「ねむりごな」、「やどりぎのタネ」を防げるのは長所。 また、水半減の電気タイプなので対水タイプ性能も高い。 電気タイプは4分の1ダメージに抑えられるので、電気タイプ対策としても強力。 ポケモン剣盾(ソードシールド)では強化されたギャラドス、新ポケモンのウオノラゴン・インテレオンなど強力な水アタッカーが多い。 カットロトムが役割を持てる機会が増えていると言える。 また、ダイマックスが追加されたことで、「リーフストーム」を「ダイソウゲン」として撃って居座るという 新たなる選択肢が生まれた。 スポンサーリンク カットロトムの特性 ふゆう (地面タイプの技を受けない。 ) 考察 地面技は等倍だが「ふゆう」で無効にすることができる。 ただし、「かたやぶり」には貫通されてしまうので注意が必要。 特性「ふゆう」で浮いてしまっており、各種フィールドの効果の恩恵は受けられないのは欠点。 一方で、「ねむる」を使う場合エレキフィールドやミストフィールド下でも発動できるのでメリットにもなりえる。 高い威力を持ち撃ち逃げに向く。 10まんボルト 電 90 100 麻痺10% タイプ一致技。 威力と命中が安定している。 「かみなり」の命中率が不安定なので雨を降らさないならこちらを選ぼう。 かみなり 電 110 70 麻痺30% タイプ一致技。 威力は高いが命中不安。 ほうでん 電 80 100 麻痺30% タイプ一致技。 威力は低いが命中が安定している。 耐久型で何度も撃って麻痺をまくといい。 ボルトチェンジ 電 70 100 自身が交代 タイプ一致技。 交代して撤退しつつ相手に負荷をかけていける。 あくのはどう 悪 80 100 ひるみ20% 威力は低いが命中が安定している。 ゴーストに刺さる他、「こだわりスカーフ」を持たせるなら怯み効果を活かしやすい。 環境に多いゴーストに刺さる。 たたりめ 霊 65・130 100 状態異常の相手に威力倍増 「おにび」「でんじは」など相手を状態異常にする方法は豊富なので使える機会があるかもしれない。 物理技 技名 タイプ 威力 命中 効果 備考 イカサマ 悪 95 100 相手の攻撃の値でダメージ計算する。 自身の攻撃が低くとも、関係ないので選択肢。 環境に多いゴーストの物理アタッカーには刺さる。 スポンサーリンク 補助技 技名 タイプ 命中 効果 備考 でんじは 電 90 相手を麻痺させる。 地面を呼びづらいので決まりやすい。 「ちくでん」「ひらいしん」には注意。 おにび 炎 85 相手を火傷させる。 命中が少し不安だが、物理アタッカーを機能停止できる。 トリック 超 100 自分と相手の持ち物を入れ替える。 こだわりメガネやこだわりスカーフを押し付けて相手の行動を制限しつつ、自身は自由に動けるようになる。 リフレクター 超 - 物理攻撃によるダメージを2分の1にする壁を張る。 先制でこの技を使うことで、並みレベルの物理耐久がさらに増す。 もちろん味方サポートとしても強力。 ひかりのかべ 超 - 特殊攻撃によるダメージを2分の1にする壁を張る。 先制でこの技を使うことで、並みレベルの特殊耐久がさらに増す。 もちろん味方サポートとしても強力。 火力を倍増できる積み技。 半減相手でも押し切れる可能性が生まれる。 ねむる 超 - HP全回復・状態異常回復。 2ターンの間眠る。 カゴの実やラムの実を組み合わせることで、1ターンで全回復してねむりから覚めることができる。 「リーフストーム」の撃ち逃げが基本となるので、持ち物は火力を上げられるものがおすすめ。 ダイマックスするつもりがないなら「こだわりメガネ」でもいいが、ダイマックスする可能性が高いなら「いのちのたま」を持たせたい。 特殊アタッカー相手に繰り出しやすくなる「とつげきチョッキ」も選択肢。 技は撃ち逃げ用の「リーフストーム」と電気技は確定。 残りの攻撃技の選択肢としては、 攻撃しつつ撤退できる「ボルトチェンジ」、ドラパルトに刺さる「イカサマ」OR「あくのはどう」OR「シャドーボール」のどれかを選ぶといい。 「いのちのたま」採用であれば「イカサマ」で攻撃252振り ドラパルトは一撃で倒せるのでおすすめ。 補助技も物理アタッカーに刺さる「おにび」、素早さ逆転が狙える「でんじは」、火力を倍増できる「わるだくみ」など有用で ボルトチェンジの代わりに入れてもいい。 草技を連射したい場面や居座りしたい場面ではダイマックスしてダイソウゲンを撃つという立ち回りが可能。 素早さに補正をかけて188振ることで最速 ドラパルトをぎりぎり抜くことができる。 撃ち逃げ用のリーフストームと、スカーフと相性がいいボルトチェンジは確定。 他の技は電気技と草技を半減する ドラパルトの弱点をつける「あくのはどう」、「シャドーボール」、「イカサマ」の優先度が高い。 個人的には怯み効果があり、本来勝てない相手も勝てる可能性がある「あくのはどう」を選ぶのがおすすめだ。 残りの技は自由枠となる。 交代せず攻撃できる電気技となる「10まんボルト」、 耐久型の相手にスカーフを押し付け機能停止できる「トリック」、物理アタッカーを先制で機能停止できる「おにび」などが選択肢となる。 スポンサーリンク カットロトムのパーティメンバー考察 カットロトムの弱点は炎・氷・毒・虫。 この4つのタイプを1体のポケモンで止めるのは無理。 水タイプや鋼タイプのポケモンをパーティに入れて、相手パーティにあわせてカットロトムの相棒を適切に選べるようにしておこう。 、 カットロトムの対策 注意点 ・火力・耐久・素早さがそこそこあり、カスタマイズ性が高い。 ・リーフストーム+火力アイテムによる火力が高い。 ・攻撃範囲がそこそこ広く、スカーフ型だと上から叩かれる。 対策方法 カットロトムは火力・耐久・素早さがどれもそこそこある。 与えたダメージや受けたダメージをみれば、努力値振りや道具を予想していこう。 ポケモン剣盾(ソードシールド)ではめざめるパワーが廃止されており、めざパ氷はない。 よって、草技と電気技を半減できるドラゴンタイプや草タイプであれば安定して受けられる。 スポンサーリンク ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。 から各メニューを選択!.

次の