引越し 見積もり 注意。 引越し見積もりの注意点と値引き交渉のコツ

引っ越しの見積もり訪問での注意は?流れは?即決しないとだめ?

引越し 見積もり 注意

できれば炎天下のなかでの引っ越し作業は避けたいもの。 暑さが敬遠されるためか、一般に8月は引っ越し依頼が混み合う時期ではありません。 ところが、8月は、月半ばにお盆休みがあります。 このお盆休み期間中に引っ越ししたいと考える方も少なくありません。 引っ越し見積もり料金は、引っ越しの依頼が集中するほど高くなる傾向があります。 そのため、真夏だから安いだろうと思って見積もりを依頼すると、引っ越しする日時によっては、想像以上に高額な見積もりが返ってくることもあります。 見積もり料金相場を知らないことには、提示された値段が高いかどうかさえ分からないもの。 まずは8月の引っ越し見積もり料金相場を確認しておきましょう。 以下は、月別の引越し料金を、単身者・家族ごとに表にしたものです。 単身者の引っ越し見積もり料金は、荷物が少ない・多いに関わらず、8月が12カ月のうち2番目に安いです。 最も高い3月と比べると、荷物が少ない単身者で12,422円、荷物が多い単身者で29,196円も安くなります。 ところが、家族の引越しとなると、ずいぶん様子が違うようです。 8月の引っ越し見積もり料金は、 3人家族では1月に次ぐ2番目の安さとなっていますが、 2人家族では6番目に高く、4人家族では4番目に高くなっています。 8月の引っ越し見積もり料金は、単身者および3人家族では比較的安く、2人家族では標準的、4人家族になると高くなるという具合に、家族の人数によって複雑に変動しているわけです。 お盆休みを利用して引っ越しする方が多く、引っ越しの依頼が集中することで見積もり料金が高くなっていることが理由の一つとして考えられます。 8月というと、1年で最も暑い時期であり、お盆という特別な行事がある時期でもあります。 8月ならではの引越しの注意点について解説します。 エアコン設置にかかるオプション料金をお忘れなく 8月というと、夏真っ盛り。 新居では引越ししたその日からエアコンを利用したいと考えている方も多いはずです。 そんな8月の引越しで忘れがちなのが、エアコンの設置にかかる値段。 旧居で購入したエアコンを新居に輸送・設置する場合は、オプション料金がかかるのが一般的です。 エアコンの取り付けや取りはずしを依頼する場合、工事にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。 8月の引越しをお考えなら、見積もり提示額が思わぬ値段となって驚くことがないよう、設置費用の相場についても押さえておきたいところです。 例えば、アリさんマークの引越社に取りはずし、取り付けを依頼する場合、値段は9,720~11,880円です(北海道や営業エリア外を除く)。 エリアによって大きく変動するため、事前に確認しておくとよいでしょう。 ただし、これはあくまで基本的な工事作業の値段です。 部材の交換や配管の延長が必要な場合だけでなく、室外機の設置場所が床置き型でない場合、冷房能力が4. 1kW以上の場合など、別途料金が発生することがあります。 引越し後になって想定外の追加料金が発生することを避けるためにも、きちんと下調べしておくことが大切です。 また、場合によっては、新居に移ってからエアコンを買い替えたほうが安くなるケースもあります。 エアコンの購入時期やコンディションなども考えあわせて判断するのがおすすめです。 エアコンの取りはずし、取り付け工事だけを依頼 引越し作業とは別に、エアコンの取りはずし、取り付け工事だけを依頼することもできます。 この値段にはエアコンの運搬費が含まれていないため、エアコン本体は引越しの荷物と一緒に輸送する必要があります。 その場合、引越し作業に支障が出ないよう、スケジュールをきちんと管理しておきましょう。 また、エアコンの設置と引越し作業を異なる業者が行う場合、トラブルが起きても補償の対象外となることがあるので注意が必要です。 お盆の引越しは縁起が悪い? 8月半ばのお盆休みを使って引越しを考えている方も多いと思います。 ところが、お盆に引越しをするのは縁起がよくないと言われているのをご存じでしょうか。 祝いごとである引越しはお盆にふさわしくない ・お盆というと、亡くなったご先祖様たちをおむかえする時期ですから、祝いごとは避けるべきと考えられてきました。 引っ越しが祝い事という印象は薄いかもしれませんが、引越しには「よりよい場所へ移動する」という意味合いがあります。 そのため、祝いごととして捉える風習があり、お盆時期に行うのは不謹慎だと言われているのです。 夏土用は引越しに適さないとされる 7月末から8月初旬にかけては「夏土用」と呼ばれ、土の力が盛んになる時期とされます。 この時期に土を掘ったり、引越ししたりすると、土を司る神様である土公神(どくじん)の怒りを買うと言われています。 厳密に言うと、お盆は夏土用とは重なりません。 しかし、時期的に近いため、タブーと考えられるようになったようです。 とはいえ、こうした言い伝えにどのくらい従うかは人それぞれです。 お盆休みは8月のなかでは貴重な、まとまった休日です。 こういった話は参考までに、自分の判断で休日を活用してください。

次の

引越し一括見積もりは【要注意!】業者探しのコツとメリット&デメリット|100円引越しセンター

引越し 見積もり 注意

安くて評判の良い引越し業者を探したい。 誰しもそう思います。 しかしコマーシャル、電話帳、口コミ、評判などいろいろな情報が集まるほどどこが良いのかわからなくなります。 100%の人がオススメしている引っ越し業者というのはおそらく見つけることができません。 自分で見積もりを取って安い業者を探し、対応の良さそうな業者を選ばなければならないのです。 そこでオススメなのが引越し業者・一括見積もりサイトです。 同じ条件で見積もりを取ったのに引越し費用には大きな差が出ます。 それはスタッフの人件費などが会社によって違うからです。 あなたの引っ越ししたい条件で見積もりを取ってみるしかありません。 一括見積もりの利用料は無料ですし、お住いの地域以外の業者から連絡が来ることもありませんのでご安心ください。 他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。 複数の見積でさらに安くなる! 1つ1分。 最もお得にしよう!! 引越し達人 ・なんと最大55%安くなる! ・ 30秒のかんたん見積もり ・引越し手続きガイド プレゼント SUUMO引越し ・ 電話番号入力不要! 見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい ・クロネコヤマトの引越が人気 引越し業者の繁忙期と通常期 引越しには繁忙期があります。 繁忙期は3月です。 正確に言いますと2月の終わりから4月の頭までが繁忙期で、この時期は日本全国どこの引越し業者も大忙しです。 なぜなら4月の新学期に新生活を始めるための引越しが3月に行われるからです。 そしてこの数が実に多い・・・。 受験戦争を勝ち抜いた新大学生、就職活動を頑張った新社会人、転勤で異動になったサラリーマンとその家族。 日本では3月に移動する理由が多くなるのです。 これに通常の引越しもありますから、繁忙期はどうしても人手が足らずアルバイトを募集してスタッフを増やして頑張ります。 それでも日によっては断らざる得ないのが現状です。 こんな状況ですから、繁忙期の引越しは通常期に比べて高めに設定されています。 割引もあまり期待できない時期です。 可能であれば繁忙期を避けて引越ししてくださいね。 引越しのおおまかな手順 あらかじめ引越しの手順を知っておくと無駄な動きが少なくて、引越し作業がスムーズです。 まず引越し業者に見積もりを取るのは、新居が決まってからすぐというタイミングがオススメです。 新居の情報(階数やエレベーターの有無など)がなければ、正確な引越しにかかる金額を計算することができないからです。 かといってギリギリですと、安くてサービスの良い引越し業者は予約が取れなかったりします。 次に不用品ですが、できるだけ引越しする前に処分して荷物を減らしましょう。 荷物が多ければ多いほど引越し料金が高くなるので、ゴミカレンダーなどをしっかり見ながら計画的に処分してくださいね。 市外へ引越しする方は「転出届」を市町村役場に出します。 引越し2週間前から提出可能です。 ついでに国民健康保険や国民年金、児童手当など役所関係のものは、住所変更について必要なものがないか聞いておくと無駄がありませんね。 電気・ガス・水道は引越し日までは前の住所で使えるようにしてもらい、費用を日割りで精算してもらうように手配しましょう。 詳しいことは各会社で異なりますから、電話で確認してください。 同じ市内での引越しなら、引越し日から新居で使えるようにしてもらってくださいね。 郵便物が新居に届かなくなるのは困りますね。 最寄りの郵便局に行って引越し日からは新居に荷物を転送してもらう手配をしてください。 1年間は転送してくれるのでその間に引越しした新住所を知り合いに伝えておきましょう。 引越し当日は家具や家電の配置を引越し業者に指示します。 どこかに貼りだしておくと、自分も引越し業者のスタッフもお互いにストレスが減ります。 しかし貴重品・高級品・現金・通帳・印鑑・貴金属・時計・パソコン・データ類・下着・見られたくないものなどは自分で運んでくださいね。 引越し日から2週間以内に市内引越しなら「転居届」を、市外引越しなら「転入届」を提出してください。 これで選挙など役所からのお知らせが届きます。 運転免許証やパスポートなどの身分証明書になるものや、各種の保険・銀行カード・クレジットカードなどの住所変更手続きを。 これでだいたいの引越し作業が終わりです。 引越し業者のオプション 引越し料金は、交通費と人件費、それにオプション費との合計金額になります。 交通費と人件費はわかりますが、この「オプション費用」とはどんなもののことなのでしょうか? 引越し業者の行うオプションとは以下のようなものです。 エアコンがついていない賃貸物件の場合は自分でエアコンを購入して取り付ける人も多いですから、引越しの際には新居に持って行きたいと思うのは当然です。 通常の移設なら、引越し前に自分で電器屋に来てもらって取り外してもらい、新居でももう一度来てもらって取り付けてもらうという2回手配しないといけないので面倒ですね。 しかし引越し業者のオプションなら、1度申し込むだけなので手間がかからないのです。 最近人気にハウスクリーニング。 引越し日には旧居と新居、両方ともを大掃除する必要があります。 時間がない、妊婦である、小さい子がいる方などは、オプションのハウスクリーニングを依頼してみるのもいいかと思います。 車に運転が好きな方は車なんて自分で運べばいいと思われるかもしれませんね。 しかし長距離引っ越しの場合は、運ぶ時間がない、運転に自信がない、長距離を運転する体力がない方もいます。 そういう方に車の陸送がオススメです。 引越し料金を安くする方法 できれば引越し費用は安い方が嬉しいですね。 引越し業者一括見積もりをすれば、相場も分かりますし一番安い引越し業者を見つけることもできると言いました。 しかしもっと引越し費用を安くしたいのであれば、一括見積もりに申し込む前に引越し条件を見直ししてみませんか? 出来るものがあれば、もっと費用を安くすることができますよ。 引越し費用はいつ依頼しても同じ金額ではありません。 まず3月の引越しはできるだけ避けましょう。 なぜなら3月は引越し業者の繁忙期ですから、引越し費用を安くすることが出来ません。 そして土日祝日、月末月初め、大安なども人気があって多くの人が申し込みますので引越し費用があまり安くなりません。 狙い目は平日です。 もし平日の引越しができるのであれば、引越し費用が割引される可能性が高くなります。 また午前引越しと午後引越しなら、午後引越しの方が費用が安くなります。 みなさん1日が無駄にならないように朝から引越し作業を始めて、夜には落ち着きたいと思いますから午後からの引越しは人気がないのです。 それに午後引越しは予定よりも大幅に遅れることもあるので、時間と気持ちに余裕がないとできません。 その分、割引されるチャンスが高いので費用面で言うとオススメです。 引越し業者に時間をお任せという「フリー便」も費用が安くなるのでオススメです。 引越しとダンボール 引越しのときは大量のダンボールを使いますが、どうやって調達すればいいのでしょうか? 一番は引越し業者から貰うです。 引越し業者と契約をするとおそらくどこの業者もダンボールを大量にプレゼントしてくれます。 プレゼントされるダンボールの数は業者によって異なりますが、数十個単位なのでこれで足りれば何の問題もないわけです。 しかし本や洋服などの荷物の多いご家庭や、家族の人数が多いご家庭ですと、たとえ50個のダンボールでも足りないこともあり得ます。 また引越し業者に依頼しない人もいらっしゃると思いますので、どこかから調達することも考える必要があります。 ダンボールといえばスーパーにたくさん置いてあるからそこから取ってくればいい。 以前はそれができましたが、今はちょっと事情か変わってきました。 レジ袋の有料化です。 ダンボールがお客さんへの無料サービスとしてお店の中に置かれるようになったため「1人での大量の持ち帰り、お断り」という注意書きがあったりします。 もしスーパーで貰えない場合は、比較的規制の緩いドラックストアでも聞いてみましょう。 どうしても貰えなかった場合は、引越し業者に相談して有料で追加購入するか、ネットやホームセンターなどで買いましょう。

次の

引越しの見積もり、失敗しないための注意点と比較のやり方

引越し 見積もり 注意

引越し見積もりを申し込んだら、当日までただ待っているだけではいけません。 まずは以下の準備を進めましょう。 訪問見積もりの希望日時を決めて予約しておく 訪問見積もりは、自分が立ち会うのが基本。 スケジュールに余裕を持って申し込みたいものです。 土日や祝日はすぐに予約が埋まりがちなので、早めに連絡を。 仕事の都合でどうしても夜間しか時間がないという場合は、お願いすれば対応してもらえることもあるので、まずは相談してみましょう。 引越し業者に運んでもらう荷物を決める 引っ越しの見積もり価格は、運ぶ荷物の量や種類に影響されます。 そのため、見積もりの日までにどれを運んでもらうのか決めておく必要があります。 見積もりの算出に必要な項目は、「引越しで使うトラックの大きさ」「作業時間」「作業員の人数」など。 引越し業者は、訪問見積もりの際に荷物を把握し、「この荷物量ならトラック2台だな」「この荷物量なら作業員3人で2時間かな」と見積もりを算出していくわけです。 そのため、自分たちで運べる荷物は自分たちで運んだり、処分できるものは処分したりすることで、引越し業者が運ぶ荷物が少なくなり、結果的に見積もりを安く抑えることにもつながります。 ピアノや骨董品、動植物などの運送をお願いする際には、別料金がかかることも。 正確な見積もりを出してもらうためにも、訪問見積もり時にしっかり伝えるようにしましょう。 不用品の処分方法を決める 引越し業者に処分を依頼するのなら、見積もりのときに伝えましょう。 ただし、引越しにかかる費用を安くしたいなら自分たちで捨てるのがおすすめです。 引越し業者に依頼する作業範囲を決める 引越し作業は、荷物の運送だけではありません。 荷造りや荷ほどき、旧居と新居の掃除など、頼もうと思えばすべて引越し業者にお願いすることができます。 もちろん、その分のお金はかかるもの。 そのため、荷物の運送以外の作業は極力自分でやることで、見積もりを安く抑えられます。 引越しの予算を決める 意外に見落としがちなのが、引越しの予算を決めておくこと。 予算を決めておけば、訪問見積もりの際にスムーズに値段交渉ができたり、その場で即決したりすることができます。 予算を決めるために、一括見積もりサービスなどを使用して相場を把握しておきましょう。 次に、訪問見積もりの注意点をご紹介します。 ありがちなトラブルとその回避策もご紹介しますので、参考にしてください。 見積もり申込時の注意点 ひとつの業者につき見積もりは1回限り。 前回来てもらったときより荷物を減らしたのでまた見積もりを依頼、というのは基本ナシと思っておきましょう。 見積もりを申し込む前に、どの荷物を運ぶのか、作業をどこまでお願いするかをしっかり決めておいてください。 訪問見積もり当日の注意点 1. 見られたくないものはまとめておく 正確な見積もりを算出するため、引越し業者は依頼人の許可を得た上でクローゼットの中まで荷物を確認します。 見られたくないものは事前にダンボールにまとめて入れておくなど、工夫しておきましょう。 口約束はNG 訪問見積もりに来た人が引越し当日に作業をするわけではないため、口約束は厳禁。 必ず見積書に記載してもらうようにしましょう。 複数業者の訪問見積もりを同じ時間に行なわない 複数の業者の訪問見積もりを同じ時間に設定しないようにしましょう。 家の中をくまなく見るため、複数人が同時に動くことは難しいですし、値段交渉などもしにくくなってしまいます。 営業担当によっては、バッティングしてしまうのであれば別日に改めて訪問します、と切り出してくることもあります。 飲み物やお菓子は不要 訪問見積もりの際、特にお茶やお菓子を出す必要はありません。 出したからといって値段が安くなるということもないので、過度な気遣いは不要といえます。 時間は余裕をもって確保しておく 時間がないからといって料金だけ聞くのはNG。 正確な荷物量を把握してもらわない限り、見積もりを安く抑えることはできません。 しっかり荷物量を把握してもらい、見積もってもらいましょう。 検討中ならダンボールなどは受け取らない ダンボールなどの梱包資材は、契約後に無料でもらえることがほとんど。 検討中の段階でダンボールを受け取ると、後から返却する必要が出てくることもあります。 トラブルの元なので受け取らないようにしましょう。 粗品をもらっても契約しなければいけないわけじゃない 訪問見積もりの際、キャンペーンといって粗品を置いていく業者もあります。 なにかもらったからといって契約しないといけないわけではないので、考えすぎないようにしましょう。 ペットが動き回らないようにしておく 訪問見積もりに限らず来客時全般にいえることですが、ペットを飼っている人はクレートやケージに入れるなどして万が一のトラブルを防ぎましょう。 引越し申込時の注意点 契約の明細をよく確認しましょう。 日程、金額、サービス内容、支払い方法など、一度契約書として結んでしまうとあとから変更が難しい場合も。 「訪問見積もりのときに伝えたから大丈夫だろう」と思われるかもしれませんが、最終的には契約書の内容がすべてになるので、しっかり確認をしておきましょう。 当日言っても対応してもらえなかったり、思わぬ追加料金がかかったりすることもあります。 訪問見積もりでありがちなトラブルには、以下のようなものがあります。 訪問見積もり当日のトラブル トラブル ・本当は必要なかったのに、有料の梱包資材を受け取ってしまった ・見積もり時点で契約するつもりはなかったのに、対面なので断れなかった 回避・解決策 特に相見積もりをとる場合など、契約すると決めるまで有料・無料に関わらず梱包資材などは受け取らないようにしましょう。 また、見積書=契約書となっている場合も多いため、契約すると決めたわけではない状態でサインしないようにしてください。 「相見積もりをとっているため後日連絡します」と伝えるといいでしょう。 対面でハッキリと断るのが苦手な人は、家族や信頼できる友人に一緒にいてもらうと断りやすくなるかもしれません。 もしトラブルに巻き込まれてしまったら、警察に相談するか、消費者ホットラインに連絡を。 「標準引越運送約款」をよく読んでおくことで、トラブルを未然に防ぐこともできます。 申し込み後~引越し当日のトラブル 引越しを申し込んでから当日までにありがちなトラブルには、以下のようなものがあります。 トラブル ・見積もりが安く抑えられたものの、実は新居でのインターネット契約が条件に入っていた……など ・引越し当日、「これは特殊な荷物だから別料金」「見積もり時より荷物が増えているため追加料金がかかる」「道路渋滞で作業時間が大幅に延びた」など、やむを得ない追加料金がかかる 回避・解決策 一にも二にも、見積書は隅々までチェックしてからサインしましょう。 思った以上に安く済む場合、なにか条件がある可能性も。 営業担当の説明を聞き流してしまうと、重要なポイントに気づけないこともあります。 追加料金については、訪問見積もり前の事前準備をしっかりしておくことで発生する機会を少なくすることが可能。 別料金がかかりそうな特殊な荷物や作業は、訪問見積もり時にしっかり確認して見積書に反映されているかチェックしましょう。 また、当たり前ですが、「このくらいなら当日サッと積んでもらえるだろう」と思い込まず、すべての荷物を申告すること。 見積書に記載されていない荷物は、基本追加料金になると思って準備しておきましょう。 外にある自転車や犬小屋、物置にしまい込んでいたスキー板など、忘れがちなので注意。 すべての業者に同じ条件で見積もりを出してもらい、自分の理想に近い業者を選ぶのがおすすめです。 見積もりをとにかく安く抑えたいのであれば、一番安い業者を。 多少高くてもサービスや対応の質を重視したいのであれば、訪問見積もりの際にその視点で見極めるのがいいでしょう。 まずはインターネットで、引越し一括見積サービスを使って価格を比較してみるのもおすすめです。 相見積もりをとる際のポイント ・まずはインターネットの一括見積もりサービスを使い相場を押さえておく ・訪問見積もりは早めに申し込んでスケジュールを押さえ、午前中・午後一・夕方などに分散して1日で済ませると楽 ・1日で済ませるなら、スケジュール的に3~4社がベター ・大手だけでなく、地域密着型業者などを入り交えてもOK 相見積もりをとるときはここをチェック! ・サービス内容(何をどこまで作業してくれるのか) ・料金(条件や追加料金の有無も) ・評判(口コミなど) ・梱包や家具設置などの付帯サービスがあるか ・荷物の破損など、トラブル時の保証があるか 一人暮らしの女性だと、家に男性の営業担当を上げたくないということもありますよね。 訪問見積もり申し込みの際、女性の担当がいるかどうか確認する手もありますが、スケジュールの都合で希望日時の対応が難しいこともあるでしょう。 なかには、すべてのスタッフが女性で構成されているサービスを展開している業者もあるので、希望される方は検討してみてはいかがでしょうか。 さらに、盗聴器発見サービスを提供しているところもあります。 女性の営業担当がいないなどの場合は、家族や知人に訪問見積もりに同席してもらうという方法もあります。 引越し見積もりの注意点を把握し、しっかり準備して訪問見積もりに臨みましょう。 訪問見積もりは引越し業者の方と対面で話すので、聞きたいことは事前に用意しておくと安心です。 画像:PIXTA.

次の