阪急 定期 払い戻し コロナ。 定期券払い戻しの計算方法って?1日違うだけで1ヶ月分損するから要注意!

『新型コロナウイルス』の影響による休校に伴い『通学定期券』の払い戻しができるのでまとめました。公共交通機関はだいたいできそう

阪急 定期 払い戻し コロナ

神戸電鉄は3日、同日から神戸市の小中学校、高校、特別支援学校などが新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ目的の一斉休校に入ったのを受けて、定期券の払い戻しで特別な措置を実施すると発表した。 通常は定期券の利用者が払い戻しを申請した日を基準に払い戻すが、申し出れば2月28日以降の最終登校日を定期券の最終使用日とみなして払い戻し額を算出する。 (写真は神戸電鉄粟生線木幡駅=資料) 休校になった小中学校、高校および相当する学校(特別支援学校や専修学校の高等課程など)の通学定期券が対象だ。 定期券の払い戻しのために、定期券売り場まで急いで出向く必要がなくなる公算だ。 神戸電鉄では定期券の残りが1カ月以上あれば、月単位で払い戻しに応じている。 最終登校日から定期券の使用期限まで1カ月以上あれば、払い戻しに出向いた日に関わらず1カ月分の払い戻しに応じることになる。 払い戻しの際には健康保険証など、本人確認ができる公的証明と学生証などが必要だ。 ただ定期券売り場に向かうために定期券を使ってしまうと、最終登校日を最終使用日とは認めない。 電車に乗って定期券売り場に行く必要があれば、各駅の券売機で「定期券購入乗車証」を購入して乗車する。 大学生や通勤定期券などは通常通りの取り扱いになる。

次の

定期券|運賃・乗車券|阪神電車

阪急 定期 払い戻し コロナ

Contents• 【関東圏】 ・JR東日本 ・京成電鉄 ・西武鉄道 ・京急電鉄 ・小田急電鉄 ・東京メトロ ・京王電鉄 ・東武鉄道 ・東急電鉄 【関西圏】 ・JR西日本 ・近畿日本鉄道 ・南海電鉄 ・阪神電鉄 ・阪急鉄 ・京阪電鉄 ・大阪市営地下鉄 ・神戸電鉄 【九州圏】 ・JR九州 ・西日本鉄道株式会社 これ以外の鉄道も、随時発表していくと思われます。 払い戻しに関しては、通学用と通勤用で条件が変わります。 詳しくは以下をご覧ください。 ・1ヶ月以上期限が残っていること ・1月ごとの定期代を払い戻す(日割りはなし) 上記の2点が満たされていることを確認してください。 さらに、休校要請があったのが2月28日とすると、その日から4月10日までの間に、1か月以上、定期券を利用しなかったことが条件になります。 ちなみに、手数料は220円かかります。 直感的に理解するためには以下の図をご覧ください。 ・1ヶ月以上期限が残っていること ・1月ごとの定期代を払い戻す(日割りはなし) 上記の2点が満たされていることを確認してください。 (通学用と同じです。 ) さらにもう一つ条件があります。 通勤用の定期券の場合は、 4月8日から5月の10日まで、1ヶ月分利用しなかった場合は払い戻しが適用されます。 通勤用の定期券の払い戻しは、『休校要請』の影響は受けないため、 緊急事態宣言が発令されてから使用しなかったことが条件になるわけです。 ちなみに、手数料は220円かかります。 直感的に理解するためには以下の図をご覧ください。 定期券の払い戻しを希望する場合には有効期限がありますのでご注意ください. ・購入から1年間 ・緊急事態宣言の終了翌日から1年間 上記のどちらかを満たしている必要があります。 4月中に手続きをしなければいけないというわけでありませんので、急いで申し込む必要はありません。 とにかく今は、人との接触を極力避けるべき時期です。 混み合う時期は避けて、少し落ち着いてから行動をしたほうがいいかもしれませんね。 詳しくは、主な鉄道会社の公式サイトを掲載しますので、以下をご覧ください。 急ぐ必要はありませんので、折を見て冷静な行動を心がけるようにしましょう。

次の

新型コロナで定期券どうなる? 払い戻し方法 返金額 注意点は? 通勤通学で異なる特例(乗りものニュース)

阪急 定期 払い戻し コロナ

通学定期券の場合は最終登校日基準で払い戻し まず、2月28日に休校要請が発出され、3月2日より休校となったことで不要となった通学定期券(大学生等相当のものを除く)については、2月28日以降の最終登校日を最終使用日とみなし、1か月単位で計算した額を払い戻す特例措置を取っています。 払い戻しの対象は、2月28日以降の最終登校日より、残りの有効期間が1か月以上あるもの。 有効期間から使用した月分の1か月定期券運賃と手数料を引いた額が払い戻し額となります。 通学定期券の払い戻し例(画像:JR東日本) 残りの有効期間が1か月を切っている場合は、払い戻しの対象となりません。 また、最終登校日以降に対象の通学定期券を使用(Suica定期券の場合はチャージも含む)した場合にも、この特例措置は対象外となります。 通勤定期券や回数券でも特例措置 通勤定期券や、大学や短期大学、専門学校といった上記のもの以外の通学定期券については、2020年4月8日以降に定期券を使用していない場合に限り、4月7日に払い戻しを申し出たとみなし、上記通学定期券と同様、1か月単位で計算した額を払い戻す特例措置を取っています。 なお、当該定期券を使用(Suica定期券の場合はチャージも含む)した場合は、最終使用日を申し出日として取り扱います。 なお、有効開始日から7日が経過していない場合には、有効開始日から経過した日数分の往復運賃と手数料を定期券発売額から引いて払い戻す計算方法となります。 回数券では、緊急事態宣言発出によって払い戻す場合、当該回数券の有効期間を経過した場合でも、特例として4月7日に払い戻しの申し出を受けたとして取り扱います。 こちらも定期券同様、払い戻し時には所定の手数料が引かれることとなります。 この払い戻し措置の特例は、緊急事態措置最終日の翌日より1年間実施されます。 仮に2020年5月6日をもって緊急事態措置が終了した場合、2021年5月6日までの間、払い戻しが受けられることとなります。 なお、定期券や回数券払い戻しの特例措置は、払い戻し申し出日について便宜を図っているもので、払い戻し額の計算などについては、従来通りとなっています。 ここで注意したいのは、Suica定期券を使用している場合です。 Suica定期券の払い戻しの申し出前に新たな定期券を購入し、Suicaの情報を上書きしてしまった場合、払い戻し対象となっていた定期券の情報を参照することができず、払い戻しも不可能となってしまします。 終息後にいつも通り定期券を購入してしまいそうですが、忘れないようにしましょう。 首都圏のJR駅にも同様のポスターが掲出されています その他のきっぷは1年間無手数料で払い戻し このほかの乗車券類についても、JR東日本は特例措置を発表しています。 外出自粛によって旅行などを取り止めた場合でも、JRなどでは特例措置を取っています(イメージ) 普通乗車券、特急券、グリーン券、指定席券等、そしておトクなきっぷについては、「外務省による新型コロナウイルスに関する渡航中止勧告又は退避勧告の発出」「新型コロナウイルスの罹患」「新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的にイベント等が中止、延期または規模縮小等が決定」「新型コロナウイルスの感染防止」のいずれかを理由として旅行を見合わせる場合、2月27日午後以降の申し出に限り、無手数料での払い戻し措置を取っています。 また、緊急事態宣言の発出を踏まえ、「緊急事態宣言発出による外出自粛を事由とする払い戻し」「4月7日以前に購入した乗車券類」「『新型インフルエンザ等緊急事態措置』が実施される期間が乗車券類の有効期間に含まれている」の3件全てに該当する場合には、4月7日に払い戻しの申し出があったとして取り扱われます。 この払い戻し措置の特例は、定期券や回数券と同様、緊急事態措置最終日の翌日より1年間実施されます。 たとえば、2020年4月10日有効の新幹線のきっぷを4月1日に購入し、払い戻すこととなった場合、4月7日に払い戻しの申し出があったとみなし、緊急事態措置最終日の翌日より1年間、払い戻しが受けられます。 JR東日本以外での特例措置実施会社 通勤定期券と回数券については、JR東日本以外の各社でも、申し出日の便宜を図る特例措置を発表しています。 4月10日現在で、通勤定期券、大学生相当の通学定期券、回数券の払い戻し期間延長措置を発表しているのは、以下の各社です。 なお、こちらでは省略していますが、通学定期券の払い戻し特例措置については、ほとんどの事業者が2月末より実施しています。 【当面の間受付】 ・東京メトロ ・相模鉄道 ・近畿日本鉄道 ・四日市あすなろう鉄道 ・大阪メトロ ・泉北高速鉄道(定期特急急行券含む) ・大阪高速鉄道(大阪モノレール) ・神戸市交通局(定期券類のみ) ・福岡市交通局 【緊急事態措置最終日の翌日より1年後まで受付】 ・JR東日本 ・JR西日本 ・JR九州 ・東京都交通局 ・横浜市交通局 ・わたらせ渓谷鐵道 ・関東鉄道 ・首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス) ・流鉄 ・東葉高速鉄道 ・北総鉄道 ・新京成電鉄 ・千葉都市モノレール ・埼玉高速鉄道 ・埼玉新都市交通(ニューシャトル) ・東京臨海高速鉄道(りんかい線) ・多摩都市モノレール ・横浜高速鉄道(みなとみらい線) ・横浜シーサイドライン ・湘南モノレール ・伊豆箱根鉄道 ・しなの鉄道 ・水島臨海鉄道 【緊急事態措置最終日の翌日より2か月後まで受付】 ・アルピコ交通(上高地線のものに限る) 【緊急事態措置最終日の翌月末日まで受付】 ・阪急電鉄 ・能勢電鉄 ・神戸電鉄 ・山陽電気鉄道 ・神戸新交通 【2020年5月30日まで受付】 ・京都市交通局 ・北神急行電鉄 【2021年4月7日まで受付】 ・仙台市交通局(定期券のみ) ・京阪電気鉄道 ・叡山電鉄 同じく4月8日現在で、定期券・回数券を除く乗車券類の払い戻し期間特例措置を取っているのは、以下の各社です。 【緊急事態措置最終日の翌日より1年後まで受付】 ・JRグループ各社 ・東京メトロ ・わたらせ渓谷鐵道 ・しなの鉄道 ・近畿日本鉄道 【当面の間受付】 ・青い森鉄道(普通・団体乗車券、企画乗車券) ・野岩鉄道(普通・団体・貸切乗車券、特急券) ・北越急行(普通乗車券、ほくほくワンデーパス) ・伊勢鉄道(普通乗車券、企画乗車券、特急券、グリーン券、指定席券) 【2020年4月30日まで受付】 ・名古屋鉄道(普通・団体・特殊乗車券、特別車両券(ミューチケット)) 払い戻しはコロナ終息後に 東京メトロや福岡市交通局では、4月8日に定期券の払い戻しを一時中止したと発表しています。 これは各社の収入が落ち込む中で、現金による定期券の払い戻しが相次ぎ、駅の現金が不足したことによるもの。 ネット上では他社でも現金の不足による払い戻し中止の報告が相次いで見られます。 上記のように、緊急事態宣言の対象となっている地域の事業者では、多くが長期間の払い戻し期間を設定しています。 また、新型コロナウイルスがまん延する中、混雑する定期券発売所に並び払い戻しを受けることは、感染リスクを高めることにもつながります。 感染拡大防止のため、そして自身の身を守るためにも、定期券の払い戻しは落ち着いた頃に行いましょう。

次の