ダーク ネクロ デッキ。 【シャドバ】ダークアリスネクロのアンリミテッド最新デッキレシピ【シャドウバース】

新規「ウィジャ盤」2020デッキレシピの紹介!「死の宣告」などが加わり強化!闇のゲームへ誘う!

ダーク ネクロ デッキ

ダークネクロ+ゴーレムを使ったおすすめデッキ ゴーレムで受けつつ、ダークネクロがコウモリを生み出し続ける超パワーデッキ。 【ダークネクロ+ゴーレムを使ったおすすめ編成】 【ダークネクロ+ゴーレムデッキの各カードの役割】 このデッキのメインカード。 基本は防衛で盾ユニットの処理に、後半やエリクサーポンプがある場合はゴーレムの後ろに出す。 メイン盾ユニット。 インフェルノ系や小型複数ユニットに弱いので、エリクサーポンプを設置し、後半を待ってしっかりサポートしよう。 対空範囲攻撃アタッカー。 ゴブリンギャング、ガーゴイル系の処理に使用。 ゴーレムの後ろにつけて小型処理にも。 飛行ユニットや地上ユニットに対する防衛に。 ゴーレムの後衛としても非常に優秀。 手札交換要員。 相手の盾ユニットの削りやおとり、ゴーレムの後ろからアタッカーとしても使える。 プリンス、スケルトン部隊、ガーゴイル、ゴブリンギャングなど小型複数ユニットに使用。 ゴーレムに対して出されたインフェルノタワーに使用。 中型ユニットをまとめて処理できる。 序盤には相手のエリクサーポンプに使うのもあり。 高エリクサーユニットが多いため採用。 置いた直後はディガー、ゴブリンバレル対策のためにスケルトンを準備しておくこと。 ダークネクロ+ゴーレムデッキ使用時の攻撃方法 <攻撃時に主力となるカード>• 序盤はゴーレムなしで耐える ゴーレムはエリクサーポンプが2つ以上たっている状態か、エリクサー2倍タイムに突入するまでは基本的に出さないようにしよう。 相手のデッキにインフェルノタワーやインフェルノドラゴンが入っていた場合エリクサーアドバンテージを大きく奪われてしまいかねない。 とりあえずタワーを守り、エリクサーポンプを立てることに専念しよう。 新着 攻略記事• おすすめデッキ• 稼ぎ方・テクニック• 強敵対策• カードデータ• ユニットデータ• 建物データ• 呪文データ• 戦術・戦い方• 初心者ガイド・Tips• クラロワプレイ日記•

次の

新規「ウィジャ盤」2020デッキレシピの紹介!「死の宣告」などが加わり強化!闇のゲームへ誘う!

ダーク ネクロ デッキ

ユニット レア 詳細 メインアタッカー兼壁役ユニット。 基本はキングタワーの後ろから出そう。 ゴーレムの後ろに置き、コウモリとともに援護。 小型ユニット処理役。 ゴーレムの後ろに配置し、サポートしながら進軍させると良い。 攻守どちらでも使える。 ランバーが処理された後のレイジが強力。 ファイボ以下の呪文に強く攻撃力が高いので、防衛面で活躍。 タワーへのとどめに使える。 エリポンを持っているデッキにも、同コストで処理出来るので有効だ。 範囲が狭いので注意。 トルネードの使い方は多種多様。 攻めにも防衛にも幅広く使うことができる。 バトル前半はできるだけエリポンを建てることを意識しよう。 建てた際のカウンターに注意。 ゴーレムダークネクロデッキの攻め方 攻めで使える主なカード 前半はエリクサーポンプを建てる 初手にエリクサーポンプがある場合は、できるだけ建てていきたいところ。 他手札で防衛できるカードがあるなら建てよう。 前半は防衛をメインにして後半のエリクサー2倍タイムに備えよう。 ゴーレムの後ろにユニットを多くつけよう 後半のエリクサー2倍タイムに入ったら、キングタワー後方からゴーレムを展開し、後ろにベビドラ、ダークネクロなど後衛ユニットを加えていこう。 防衛施設はロケットで処理 ゴーレムに対して防衛施設で迎撃してくる場合、次の攻撃にはロケットを使えるようにエリクサーを調整しよう。 少しタイミングが難しいが、ダークネクロのコウモリをうまく防衛施設のタゲをとっても良い。 ゴーレムダークネクロデッキの防衛 防衛で使える主なカード 大型ユニットはダークネクロとメガゴ 防衛施設がないので、大型ユニットの処理がしづらい。 相手が大型ユニットを使ってくる場合は、ダークネクロとメガゴを手札に残しておこう。 防衛は最小限にする ゴーレムデッキはできるだけ攻めにユニットを使いたい。 ゴーレムデッキの場合、防衛に使うコストを最小限に抑えて、全力で攻めるほうが良い。 ゴーレムダークネクロデッキの対策 攻めの形を作らせない ゴーレムダークネクロデッキは、ユニットを多く付けられれば付けられるほど抑えることができなくなってしまう。 ゴーレムが出てきた場合、逆サイドを一気にカウンターすると良い。 エリポンを簡単に建てさせない ゴーレムダークネクロはエリクサーポンプを建てて、エリアドを取っていく先方が基本。 相手がエリポンを建てたら、呪文で攻撃するか、ユニットを一気に固めてタワーを狙いに行くと良い。 相手にエリポンを建てづらくさせることが重要だ。 その他ゴーレムダークネクロデッキ ゴーレムダークネクロ スケルトン編成 スケルトン編成で少しでもコスト削減! ゴブリンの代わりに1コストのスケルトンを編成するゴーレムダークネクロデッキ。 少しでもエリクサーコストを抑えて、攻撃の厚みを増やすことができる。 現状、スケルトンの出撃数が3体になったため、ゴブリンの方が活躍する機会は多い。 クラロワ他の攻略記事 デッキ一覧 アリーナ別デッキ一覧 カード一覧 タイプ別一覧 レア度別一覧.

次の

【デュエルリンクス】ダークネクロフィアデッキレシピ|悪魔送りで安定展開| 野良決闘者ブログ

ダーク ネクロ デッキ

くらくです。 デッキコンセプト コンセプトとしては、「 ネクロフィアを活躍させる」の一点です。 去年発売された「 パック レジェンド編 5」にて、ダークネクロフィアをはじめとした「 レベル8悪魔族」を強化するカードが収録されました。 それらのカードを軸に、以下の2つの問題を解決するための方針を考え、デッキを構築しました。 いかに墓地に悪魔族を貯めるか• どうやってネクロフィアにアクセスするか 悪魔族は種族間でをもつカードが多く、それゆえに有用なカードを集めることでデッキを完成させやすかったです。 初期段階では要素との共存を考えましたが、やはり難しく、ダークネクロフィアを主軸としてデッキ構築を行いました。 デッキレシピ デッキレシピは以下の通りになります。 Deck Makerにて作成 レベル8悪魔 このデッキの要となるレベル8悪魔は、• ダークネクロフィア2• カースネクロフィア2• ラヴァゴーレム1• トーチゴーレム1• 雙極の破械神1 の7枚です。 これらは《 ダーク・オカルティズム》でサーチが可能です。 トーチゴーレムをサーチできるためトーチ展開も狙えますが、このデッキではその展開はおまけに過ぎません。 気をつけなければならないのが、 この7枚のほとんどがモンスターである点。 つまり、 場に出力するための条件を満たしていない場合、手札にいても全く役に立たない札となってしまいます。 それだけでなく、そのまま墓地へ送っても蘇生制限を満たしておらず、墓地でもただ悪魔族というだけのカードになります。 しかし《 カース・ネクロフィア》は特殊で、「 カードの効果でのみできる」というテキストを持ちます。 これは「PSYフレームギア」などに代表されるテキストですね。 このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみできる。 このカードを手札からし、対象のモンスターをデッキに戻す。 このカードを墓地からする。 その後、自分フィールドの魔法・罠カードのカード名の種類の数まで相手フィールドのカードを選んで破壊できる。 そのためこのカードはそのまま墓地へ送っても蘇生が可能です。 《抹殺の邪悪霊》の蘇生対象として、《》等で送る場合はこいつを送ります。 しかし《 カース・ネクロフィア》は単体では自己蘇生できる28バニラとほぼ変わりはなく、基本的には《 ダーク・ネクロフィア》の召喚を目指します。 墓地を肥やす彼岸とそれを引っ張ってくるデスガイド ネクロフィア成立のために活躍するのが彼岸モンスターです。 デスガイドからの動きはやはり強く 、《 魔犬オクトロス》をしケルビーニのリンク召喚につなげることで、ダークネクロフィアをサーチしつつ召喚条件も満たせます。 オクトロスは通常召喚してアルミラージに変換することでもネクロフィアに触れることができるため非常に優秀なカードです。 スカラマリオンはデスガイドをサーチできるだけでなく、《 抹殺の邪悪霊》《 怨念の邪悪霊》もサーチできるのが嬉しい。 デーモンカード トリックデーモンかわいい 《 デーモンの呼び声》はレベル5以上の悪魔族モンスターを蘇生できるカードです。 永続罠でもあり、カースネクロフィアの破壊数を増やせます。 また、 《彼岸の悪鬼 ガトルホッグ》と《彼岸の旅人 ダンテ》でループが可能なので、手札コストも賄うことができます。 このカードの強いところとして《 トリック・デーモン》 でサーチできる点が挙げられます。 隙をみてトリデを落とし、 《 デーモンの呼び声》をサーチしつ構えます。 《 抹殺の邪悪霊》《 怨念の邪悪霊》と合わせて、3回蘇生できる体制を整えるのがこのデッキの目指すところ。 邪悪霊と違い効果を無効にしないため、《 雙極の破械神》の着地時効果も狙えます。 この効果はタイミングを逃さず、対象も取らないのが強いところ。 サーチの択として、エキセントリックデーモンも採用しています。 このカード大好きなので採用できて嬉しい。 注意点としては、 ケルビーニの効果はレベル3モンスターを落とすのが コストであるため、トリックデーモンの効果は誘発しないということです。 永続罠 このデッキは《 カース・ネクロフィア》の効果によって 永続魔法罠が場にあることがメリットとなるため、ある程度採用しています。 強さを求めるなら、 闇の誘惑を抜いて、スキドレ、勅命、魔封じを採用するのがベターですが、なので採用は見送り。 結果として《 大捕り物》を3枚採用しています。 《 覚めない悪夢》も採用していましたが、先行で引くとペンデュラムデッキを封殺できてしまうため抜きました。 また、このデッキのオシャレポイントとして、《 ダーク・》を採用しています。 アニメ版でバクラが使用したカードですね。 このカードは、初期構築の際に暗黒界カードを採用していたことから、《テラ・フォーミング》の択として採用されていました。 初期構築では《 暗黒界の門》によるパンプとドロー加速を組み込んでいましたが、彼岸色を強めた方が安定したため、暗黒界関連のカードは抜かれていきました。 その後一枚だけ残ったのがこのカードです。 《 》を採用していないため、このカードが何かのカードと強いを持つわけではなく、《 抹殺の邪悪霊》と少し噛み合う程度のカードでしかありません。 このカードの真骨頂は、 盛り上がる その一点に尽きます。 この理由として、まず をするという、現代ではほぼ見られない行為であること。 そして、両者拮抗した場面での「 攻撃が通れば勝ち、しかし通らなければ反射で負ける」という状況に至った際のの瞬間は、 筆舌に尽くしがたい興奮があります。 割られてしまえばそれで終わりですが、 このカードを割らせる、ということは他のカードが通りやすくなるということでもあり、メインギミックをより成立させやすくなります。 実際、残っていたら結構厄介なカードではありますしね。 防御の要「邪悪霊」 《 抹殺の邪悪霊》《 怨念の邪悪霊》はそれぞれの条件を満たした際、墓地のレベル8悪魔を蘇生するカードです。 このデッキの防御の要となります。 《 抹殺の邪悪霊》の方が奇襲性が高いため多めに採用。 レベル3、悪魔というステータスも良く、スカラマリオンでサーチ、マスマティで落とすこともできます。 回収効果も強く、蘇生したネクロフィアなどをリンク素材等で墓地へ送ったり、オカルティズムや呼び声のコストでレベル8悪魔を送った場合でも回収できます。 そのモンスターを効果を無効にしてし、攻撃対象をそのモンスターに移し替えてダメージ計算を行う。 このカードを手札に加える。 回収効果は「 自身以外のカードが〜された場合に発動できる」という発動条件であるため、 ダメステには発動できません。 ダークネクロフィアのコストでカードを除外することで、そのカードが《 カース・ネクロフィア》の召喚コストともなります。 一度正規召喚を行えば、あとは《 抹殺の邪悪霊》での蘇生がかなり厄介な壁として相手の攻め手を防いでくれます。 単純に棒立ちダークネクロフィアでは、簡単に突破されてしまうため、基本的にネクロフィアの効果を狙うためには邪悪霊の力を借りる必要があります。 ゆえに序盤では、トーチ展開からのアストラムを成立させ、その処理で相手のリソースを削らせることも視野に入れます。 抹殺とネクロフィアのループができるようになったら、リンクを駆使して盤面を取っていき、勝ちにいきます。 トロイメアリンクモンスターは悪魔族であり、ネクロフィアの召喚コストになる点も便利。 属性がばらけているため、詰めの場面での《 アクセスコード・トーカー》の効果発動コストにもなり得ます。 トーチ展開でリンクモンスターがたまりやすいこともあり、頼れる存在です。 強くするなら? このデッキはスキドレがとても相性が良いです。 基本的に墓地発動の効果ばかりのため、スキドレの影響を自分はほぼ受けません。 《 カース・ネクロフィア》は墓地発動ゆえに、スキドレ下でも蘇生を対象とらず割ることができ、スキドレ自体が破壊数のカサ増しとなります。 また上記の点から、手札誘発も相性が良いです。 うららと増Gは採用するのはありです。 また、《 ダーク・ネクロフィア》は対象をとる効果のため 対象耐性に弱く、現構築では、対象を取れず破壊耐性をもつカードに対する回答がスくらいしか存在しません。 それゆえに、を採用を採用するなど、対象耐性に強く出れるカードを採用するのはありかもしれません。 さいごに 割と好きなデッキなのですが、根本的に構築を考え直そうと思いまして、公開いたしました! 昔からすきだった《 ダーク・ネクロフィア》が実戦で使いやすくなったのがとても嬉しい!! とはいえ、このデッキは手札の補充が難しく、長期戦を見据えたデッキであるにも関わらず、ハンドが尽きやすいという致命的な欠陥を抱えています。

次の