倉木麻衣 声 下手。 倉木麻衣の歌の魅力

倉木麻衣の負けないで下手でヤバいw放送事故レベルとネットの声も!|ちゃんとテキトー生活

倉木麻衣 声 下手

倉木麻衣の歌の魅力 倉木麻衣はホーミーか 倉木麻衣の魅力 倉木麻衣は、デビューしてまもなく売れに売れた。 音楽の論評としては、倉木麻衣の歌の評価は高くなく、それは容姿が原因だと言われたりしたが、いくらなんでも容姿だけでミリオンセラーになることは考えられない。 さらに中高年に人気があると報道されたが、それも違う。 中高年では、ある程度の音楽を聞いていなくてもくだらないものは聴くことができない。 聴いてはいられない。 ところがその中高年でもファンがいるということは、中高年でも聴くに耐えるということだ。 単に若くて容姿のいい歌手というだけではないことがわかる。 最強のファン いうまでもないが、デビュー直後から歌唱力について疑問点が出されたり「倉木は宇多田のパクリ」という誹謗中傷などが現れ、現在もその当時の記事が残っているサイトがある。 特に音楽の知識もなく、宇多田や倉木の歌をあまり聴いたことのない一般の間では信じ込まれていたりする。 無論これは倉木のデビュー曲のPVの雰囲気のことを言われているのであり、曲がパクリというものでもないし、歌い方がパクリというのであれば、R&Bというものはそんなに珍しくもないのだが、それは演歌歌手全部が相互にパクリだというに等しい言いがかりである。 こういうのは、マスコミの情報というものの危うさともいえる。 しかし、これにより多くのファンがファンであることから脱落してしまった。 さらに、自分の耳を確信し、自分の考えで判断できる者だけが倉木のファンとして存在できることになった。 倉木のファンの質がいいといわれるゆえんである。 ただ、倉木ファンはどこでも少数派であり、特に中高年ファンは隠れキリシタンのような生活を強いられることになる。 それにしても、倉木のファンは洋楽を聴き込んだり、雑音に惑わされず自信をもって音の判断ができる最強のファンであるといえる。 倉木がいわれのないパッシングを浴びたことは不幸であるが、最強のファンを手に入れたことは幸福なことである。 しかし、それゆえにファンからの要求は厳しくなり、常にいいものを要求されてしまうということになるし、質の悪い曲を作ると離れてしまうであろう厳しいファンでもある。 しかし、こうした環境は倉木麻衣の実力が伸びる要因のひとつである。 倉木麻衣は歌が下手? 倉木麻衣の歌について、批判があるとしたら、声量がないという点と、歌詞が聞き取りにくいという点であろう。 声量については、どうしてそのような批判がでるのか疑問である。 音楽の種類としては、細かい表現や静かに歌うということはありえるし、オペラや演歌のように大きく透りの良い声を出す事が技術の基本と考えるのはいかにも一方的価値観の押し付けとしか思えない。 ただ、声楽上の技術として、本当に正しい腹式呼吸による発声か正直疑問である。 技術的にはそのような技術を持ってもいいが、歌う曲しだいであろう。 「倉木には声量がない。 」という批判を聞くことがあるが、これは先述のとおり言いがかりであるし、ライブでは力強く延びのある豊かな声を披露している。 しかも、曲の繊細な歌いまわしが維持されているのだ。 本番のライブで、これくらい歌える歌手は、そうはいないし間違いなく日本のトップレベルであろう。 倉木麻衣はホーミーか 次に、倉木麻衣は歌詞で何を言っているのかわからないという批判もある。 しかし、音楽というのは歌詞だけでもメロディーだけでもないものだ。 たとえば、洋楽を中高生の段階から聴き始めた者にとって、果たして最初から歌詞をヒアリングして歌詞の意味を汲み取って好きになった者がいるであろうか? では、メロディーに魅かれて洋楽が好きになったと言えるであろうか。 確かに洋楽にはいいメロディーは多いが、メロディーだけでは、そんなには魅せられないであろう。。 それは、歌詞とメロディーが一緒になって、感情や情景など伝えたいものが伝わるからであろう。 例えばフルートという楽器のソロでも、悲しみも喜びも、渓流の爽やかさを伝えることができる。 歌の場合は歌詞という表現方法がさらに加わる。 歌詞でもなく、メロディーでもなく音楽なのだ。 その点に関して、モンゴルの伝統音楽であるホーミーの達人が日本での演奏に関して、「どうして、日本語の解説や歌詞カードをつけないのか。 」という質問をされたことがある。 そのホーミーの達人は「そのようなものがないと理解してもらえないなら私の音楽はまだまだだということだろう。 」と答えた。 洋楽を聴く人は、最初は歌詞の意味がわからなかったとしても、その伝えたいものは感じていたはずである。 あとで歌詞の意味がわかるとまた新たな感動があるのである。 もっとも、倉木麻衣の歌が聞き取りにくいということがあれば、それは英語部分であり、論者のヒアリング能力の問題であり、そういう意見は、曲のよさや歌唱とは関係ないのである。 しかし、それでも伝えたいものは伝わってくる。 そこが倉木の魅力でもあるのだ。 倉木麻衣の歌の価値とは 一般論だが、歌で感動するとはどういうことだろうか。 歌詞の内容と自分の経験を重ね合わせ、共感できるからだという見解がある。 確かに、自分の経験した悲しいこと感動したことがないと、歌を聴いても共感できないだろう。 他方、メロディーに感動するという見解もある。 しかし、それだけで人が泣くということはありえるだろうか? ここに、モンゴルにホーミーというものがある。 メロディーという点では、少なくとも日本人では理解しにくいだろう。 洋楽のように歌詞を入手ということも困難だ。 それでも、ホーミーを聴いて感動して泣いている場面を見ることがある。 歌詞でもメロディーでもなく、また、聴衆の経験と重ねるのでもなく、曲そのものから聴衆に心を伝えて感動させることができる。 私は、それまで歌で人が泣くことはありえないし、あるとすれば、その人の過去の経験と重なるからだと思っていた。 しかし、倉木麻衣との出会いによって、その間違いに気付く。 倉木麻衣は「曲そのもの」で人を感動させる力のある歌手であり 決して聴衆の経験と重なる共感というものは必要としていない。 私は倉木麻衣の価値は、 とても他の歌手では代替できない貴重なものと思っている。 倉木麻衣が上手いわけ。 私は、昨日、司法試験について後感を書いた。 私も最後に書いているが やっぱり試験は自分しだいなのだ。 倉木麻衣はライブごとに歌もライブパフォーマンスも上達している。 曲によってはCDなんか問題にならないくらい良くなっているものもある。 それは、倉木麻衣が頑張って練習しているからだが それは倉木麻衣が極度のあがり症だからだと思う。 倉木麻衣もステージに立つのは怖いと思う。 特に緊張しやすい人だとなおさらだ。 でもステージに立たなくてはならないし失敗はあまり許されない。 それでもライブ中心で活動する歌手としては どんなに緊張しても、あがっても、体調が悪くても 失敗しないくらいに練習するしかなかったのだと思う。 これは、倉木麻衣にかかわらずプロに共通することだろう。 一般のセールスマンでも、トップセールスと言われる人は 最初は人よりも話し下手だった人が多いと言う、 最初からトークが上手い人は、あまり努力しなくてもそこそこできてしまう。 しかし、話が下手で人と喋れない人は それを認識して人よりも意識して努力するからだという。 もちろん、最初からトークの上手い人が努力したら スタートラインが違うのでかなわないこともあるし、 トークが下手で、結局セールスマンになるの断念する人もいるので 結局自分しだいということなのだろう。 ただ、勝負から逃げないなら やはり、正面から向き合い戦うしかないのだ。

次の

「事故レベル!」倉木麻衣「負けないで」の披露でまたも上がった大酷評の嵐

倉木麻衣 声 下手

歌が下手? 倉木に関する2ちゃんねらーの中傷で目に付くものに「歌が下手」というものがある。 続いて,この件に関して考察を加えてみたい。 「歌が下手」という中傷を見ると面白いことに気が付く。 いわく,「声量がない」ということを言うものはあっても,「音程をはずす=音痴」という批判がほとんど見られないことだ。 つまり,彼らは言外に「倉木は音楽的センスはあるが,声が小さいので歌手としては二流である」という非難を浴びせているわけである。 この問題に対しては明らかな誤解があるので,反駁は意外と容易であろう。 「歌手」にはいろんなものがある。 「オペラ歌手」「民謡歌手」「演歌歌手」「ロック歌手」等々多くのジャンルがあり,それぞれに人々に愛されている。 しかし,これらの「歌手」ジャンルは大きく二つに大別することができる。 それは「電気的増幅を使用しない歌手」と「する歌手」である。 さまざまな例外は存在するものの,基本的に前者の代表は「クラッシックの声楽家」や「民謡歌手」などであり,その他のものは一般に後者に分類されるいわゆる「ポピュラー歌手」である。 この両者の基本的違いは何だろうか。 かつて(マイクロフォンとアンプが発明される前は)歌はすべて「ライブ」の存在であり,歌手は目の前の聴衆にのみ向かい歌いかけたものだ。 クラッシックの歌手が代表例であるが,声の大きさにはおのずから限界があるから,彼らが対象とするのはせいぜい小規模なホールに入るだけの聴衆である。 そこには電気的増幅装置は存在しないから,ホールの隅々に至るまで声を通すためには,特異に訓練された歌唱法が必要となる。 すなわち,腹式呼吸で,喉を大きく開け,朗々とした発声を行う。 そうしなければ遠い席の聴衆は歌手の歌を聴くことはできない。 すなわちオペラ歌手を代表とするクラッシックの声楽家は,最も優れた「ライブ・ミュージシャン」なのである。 NHKのアナウンサーの発声も同様で「声を通す」ことに主眼がおかれる。 それでは,ポピュラー歌手はどうであろうか?ポピュラー歌手の場合は基本的に「商業歌手」であるから,その歌唱はレコード,テープ,CD,映画などに録音され,大量に複製が作成され頒布されるということが前提となる。 もちろんライブであっても電気的な増幅が行われるからドーム球場でのコンサートが可能になる。 彼がなぜ「世界初のポピュラー歌手」と言われるかといえば,それは彼の歌唱法にあった。 彼はそれまでのクラッシック的発声法に替わり, ささやくような歌唱法を採ったのである。 それは1930年代において,彼の歌はフィルムに録音されミュージカル映画として世界中で上演されることが前提となっていたからだ。 もう20年位前になるがNHKのテレビ番組で面白いシーンを見たことがある。 それは,クラッシック歌手とポピュラー歌手の歌声をオシロスコープに掛け電気的に分析してみるという実験であった。 するとクラッシック歌手の声はきれいなサインカーブを描くのに対し,ポピュラー歌手(森進一であった! )のそれは,激しいギザギザ状態となる。 理由は明らかだ。 ライブで歌うことを宿命つけられたクラッシック歌手の声には「雑音」が混入しては困る。 ホールの隅々に届かなくなるからだ。 民謡歌手がろうそくの前で,炎を揺らすことなく歌唱できるのも同様の理由である。 しかし,そのためには犠牲にしなければならないことがあった。 それは「個性」である。 クラッシックの歌手がみんな同じ声をしているなどとは毛頭言うつもりはないが,やはり雑味を取り払った声はどうしても電気信号に近づき,似通ってくる。 ソプラノ歌手の声にもっとも顕著であるが,聴きなれないものにとっては声を聴いても,歌手が誰か分かりづらくもなる。 それに対しポピュラー歌手の声は雑音成分が多いという意味で「汚い」。 当然声は通りにくくなるので,ライブ・パフォーマンスにおいても電気的増幅は必須となる。 しかし,逆に「個性」を手に入れた。 しわがれ声であったりだみ声であったり,「汚い」のだが人々を魅了する声がある。 それこそが優れたポピュラー歌手というものだ。 前置きが長くなったが,それでは倉木の場合どうなのか。 一聴して分かることであるが,彼女の声は小さい。 いや,大きな声が出せないというのではなく,ファルセットを多用するせいもあり 「大きな声を出さない」のだ。 しかし,近年"歌姫"と呼ばれる日本人女性ポピュラー歌手の中にも,大声量で朗々と歌い上げるタイプの歌手がよく見受けられるようになった。 彼女たちの声はよく通る。 したがって「ライブで聴きやすい=歌がうまい」という評価を受けがちである。 しかしそれはあくまでも個性の範疇であるので,倉木が大きな声を「出さない」ことが「歌が下手」ということには全くつながらないのは明らかである。 彼女の歌(の言葉)は確かに聞き取りにくい。 歌詞をメロディの中に無理やり押し込み,言葉のセンテンスが音楽のフレーズを超えてあふれ出す("delicious way"などその代表例)楽曲が多いので,その傾向は一層顕著になり,ヘッドフォンで聴いて初めて歌詞が聞き取れるといったことも珍しくはない。 しかし,再度強調しておきたいのは,それは歌の上手・下手とは何の関係もない別次元の問題である。 ピカソの絵画とモーツァルトの交響曲のどちらが優れているかを論ずるようなものだ。 「優れた歌手」という概念は何を意味するか。 洋楽にたとえれば面白い例が存在する。 しかし,私は彼が「ボーカリスト」として評価されている論評をあまり見たことが無い。 「バッハ以来の天才的作曲家」「稀代のコンポーザー」という評価ばかりが目に付くのである。 それはなぜか。 この天才はほとんど全ての楽器をこなす。 作詞も作曲もする。 絵も描く。 そしてボーカリストとしては「七色の声」を持つ。 ご存知の方はなるほど!とお分かりだろうが,"Yesterday","Rocky Racoon","Oh! Darlin'","Why Don't We Do It In The Road"らを聴き比べてみれば,それはとても同じ人物が歌っているとは思えない多様さを持つ。 その曲その曲で雰囲気を変え,対象曲の主人公に「なりきる」のである。 ところがこの「器用さ」が逆にボーカリストとしての評価を下げてしまっている。 大体「天才ボーカリスト」としてどんな名前が思いつくか。 しかし,共通項がある。 彼らには器用さよりも,何があっても自分の世界を曲げないという頑固さがある。 そして,世間はそのような「歌手」を「優れたボーカリスト」として評価する傾向があるようだ。 一方振り返って「倉木麻衣」とはどのような「歌手」なのか?実は彼女は非常に器用である。 一聴して分かることであるが,"Love, Day After Tomorrow","The ROSE","不思議の国","イミテーション・ゴールド"を同じ人物が歌っているとはとても思えないのである。 彼女もまた「七色の声」を持つ。 そして,その多彩な表現力によって特にアルバムにおいては絢爛豪華な錦絵のごとき「Mai-K ワールド」を紡ぎだしている。 そして,その才能こそが多くの倉木ファンを魅了しているわけだ。 しかし,どうも批判者にとってはこの点が気に入らないらしい。 不思議なことである。 下手どころか,倉木は天才的な歌唱を身につけている。 大野愛果のつむぎだす複雑なメロディを,若い頃からファルセットを多用しながらいとも簡単に歌いこなし,独特の歌の世界を築き上げてきた。 近年ファルセットボイスを多用する「元ちとせ」が大きな話題となったが,倉木はもう数年前からそれを具現化してきている。 「歌が下手」という中傷はおのずから消滅するであろう。

次の

「事故レベル!」倉木麻衣「負けないで」の披露でまたも上がった大酷評の嵐

倉木麻衣 声 下手

CMを不快に感じる人が挙げてる理由 クレバリーホームのCMに違和感や嫌悪感を抱いてる方が指摘されてる主なポイントは、• 倉木麻衣さんの登場の仕方• 目線や表情• CMの放送頻度 についてです。 倉木麻衣さんが出てるクレバリーホームのCMめっちゃ苦手なんだけど 笑 笑 — えすかるご、 syokuyoudesu クレバリーホームのCM。 あれ、一体どうしたらああなって倉木麻衣なんだろ。 今さら倉木かよ感もすごいが、最後の視線と手の動きが昭和の演歌歌手みたいでなんかゾワゾワする。 あの目線の外し方と手の感じ。 住宅メーカーのCMがどこも女性シンガーの歌を使ってるけど、一番マシなのは元NMB48の山本彩さん。 むしろ、他2社は割とヒドい。 — じゅん UWuSFIWraoJu3Lg 倉木麻衣のCM気持ち悪い。 — レイン村正 muramasanico クレバリーホームのCMの倉木麻衣(のダサさ)すごくないですか?わけがわからないよ… — おにぎり飯 riceballmeshi 実際の意見はこんな感じ。 倉木麻衣さんの登場の仕方が不自然で意味不明• 表情や目線が怖い• なんか違和感を感じる と言った指摘が目立ちました。 曲や本人の美しさに相変わらずの定評あり 登場の仕方はやや不気味なものの、 ご本人の歌唱力や容姿に関する評判は相変わらず良いです。 歌声聞いて秒でCM見る私もすごいけど、結局何のCMだったのかわからなくさせる倉木麻衣さんもすごい。 本人登場は最高です、ありがとうごさいます。 歌が好き• CMが見れて嬉しい という意見の他に、ストレートに 『倉木麻衣さんが綺麗!』という指摘も多数! CMソングの楽曲情報 CMで倉木麻衣さんが歌唱してるのは、 『幸せの扉』です。 こちらの楽曲は、このたび『クレバリーホーム』のイメージキャラクターに就任した倉木麻衣さんが CMにために書き下ろた楽曲になります。 『幸せの扉』のリリースについては、CM放送開始時の2019年4月時点ではまだ未定とされてます。

次の