安全 データ シート sds。 一般社団法人日本試薬協会

化管法SDS制度 作成・提供方法(METI/経済産業省)

安全 データ シート sds

目的 [ ] 等を適正に使用、管理するには、その人体やへの有害性、危険性について認識し、適切な取り扱いをすることが必要であるが、そのためには情報が不可欠である。 化学物質を製造や輸入する業者は、中身が分かっていて情報を入手しやすいが、取引によって受け取り 、使用する業者や、保管する業者は情報を入手しづらい。 このため、有害性のおそれがある化学物質等については、自主管理に必要となる情報が確実に伝えられるようにすることを目的に、統一した様式で提供するようにで義務付けられている。 日本のSDS [ ] 日本では、導入当初は 化学物質等安全データシート かがくぶっしつとうあんぜんデータシート、: Material Safety Data Sheet、略称 MSDS と呼ばれていたが、4月に、 GHS で規定されている略称のSDSに統一された。 JIS Z 7250が改訂され、JIS Z 7253:2012 で標準化されている。 対象化学物質 [ ] 日本では、および施行令で指定されているや(、を参照。 媒体はの文書、によるものとし、受領者側の承諾があれば、、、Webページへの掲載で代替も可能である。 また、内容に変更が生じた場合も速やかに変更後の内容で提供するように努めるよう規定されている。 また、あわせて化学物質の容器にもGHSに対応したや注意喚起語、措置の概略が記載されたラベルの貼付が規定されている。 労働安全衛生法(第57条)に基づく名称公表化学物質等は、2014年12月26日現在で、通し番号で23830までが告示されており 、同省のWebサイトで検索ができる。 に基づく政令で定められている物質は、2014年末現在、第一種指定化学物質が462物質、第二種指定化学物質が100物質、合計562物質である。 この第一種と第二種は有害性ではなく、流通量の違いによっている。 扱い数量に関わらずSDSの提供が必要。 なお、上述の法でSDSの提供が義務付けられないケースは各法律で異なっており、注意が必要である。 例えば、PRTR法では次のような場合は対象とならない(施行令第5条、第6条参照)。 指定化学物質の含有率が指定の値より小さいもの。 固形物であり、使用時にも固形物以外の形状(粉体、顆粒や液体)とならない(管、板、組立部品など)• 密封された状態で使用されるもの(、など)• 一般消費者用の製品(家庭用、など)• 再生資源(空き缶、金属くずなど) 記載内容 [ ]• 化管法で、これに適合した記載を努めるように規定されている。 純物質については2012年6月1日から施行されているが、混合物については2015年4月1日まで施行の猶予がある。 製品及び会社情報 - 製品名称、SDSを提供する事業者の名称、住所及び連絡先• 危険有害性の要約 - GHS対応のや注意喚起語を使用• 組成、成分情報 - 含有する指定化学物質の名称、指定化学物質の種別、含有率(有効数字2桁)• 応急措置• 火災時の措置• 漏出時の措置• 取扱い及び保管上の注意• 暴露防止及び人に対する保護措置• 物理的及び化学的性質• 安定性及び反応性• 有害性情報• 環境影響情報• 廃棄上の注意• 輸送上の注意• 適用法令• その他の情報 12月からは、GHSに従って危険有害性が一目で分かる(包装ラベルに示すものと同じもの)を付ける事が求められるようになった(危険有害性の要約)。 なお、約3000物質については、GHSに基づく政府分類を、厚生労働省・環境省、独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)でも公開している。 欧州連合のSDS [ ] (EU)では欧州化学物質庁(ECHA)の規則でSDSを規定している。 米国のSDS [ ] では労働安全衛生標準の連邦規則CRF1920:1200 App D でSDSを規定している。 1-2010)「職場の危険有害化学品における危険有害性評価、安全性データシート及び安全ラベルの作成」を参照。 台湾のSDS [ ] では、従来『物質安全資料表(MSDS)』と称していたが、より改正『毒性化学物質標示及び安全資料表管理弁法』によって『安全資料表(SDS)』と改称された。 MSDSplus [ ] 日本のアーティクルマネジメント推進協議会(JAMP)が推奨する製品含有化学物質情報を伝達するための基本的な情報伝達シート。 製品中に含有される成分が規定を受ける「法規等の名称」、管理対象物質の「含有有無」、「物質名」、「」、「」などの情報に関して、SDSの作成規定から外れる微量含有物質の情報についても補足、伝達するための。 作成のためのソフトウェアが用意されている。 脚注 [ ]• 販売に限らず、無償譲渡、を移転しない提供、等も含まれる• 濃度が規定されていないものは0. 「厚生労働省告示第五百二号」『官報』号外第292号pp69-74、2014年12月26日、東京、国立印刷局• 厚生労働省・環境省 2014年10月22日. 独立行政法人製品評価技術基盤機構. 2015年1月20日閲覧。 アーティクルマネジメント推進協議会 2013年. アーティクルマネジメント推進協議会. 2015年1月20日閲覧。 関連項目 [ ]• (GHS)• ICSC 外部リンク [ ]• 名称公表化学物質等• (パンフレットより)• (パンフレット).

次の

SDS/カタログ検索ダウンロードサイト【セメダイン株式会社】

安全 データ シート sds

ガソリンエンジンオイル• ディーゼルエンジンオイル• ギヤオイル• 作動油• グリース• LLC• ブレーキフルード• FCC• フロンガス• レクサスカーケア商品• GRケミカル• スープラケミカル• ( Window Glass Repairは「Glass Activator, Stick」と「Window-Glass Adhesive, Cold, 1 Hour」をセットで使用願います )• タイヤパンク修理剤• タッチアップペイント• 用品関連 その他• キズナックス•

次の

職場のあんぜんサイト:SDS[安全衛生キーワード]

安全 データ シート sds

化管法SDS制度トップ• 取引先の事業者から化管法SDSの提供を受けることにより、事業者は自らが使用する化学品について必要な情報を入手し、化学品の適切な管理に役立てることをねらいとしています。 また、GHSに基づく情報伝達に関する共通プラットフォームとして整備した日本工業規格 JIS Z7253においても、「SDS」とされております。 背景 化学品を取扱う事業者には、本来、規制の有無に関わらず、人の健康や環境への悪影響をもたらさないよう化学品を適切に管理する社会的責任があります。 特に、化学品の適正管理を行うためには、有害性や適切な取扱方法などに関する情報が必須です。 そのため、我が国においては、平成11年7月に公布された「化学物質排出把握管理促進法」のもと、化学品の性状や取扱いに関する情報の提供を規定する制度(化管法SDS制度)が法制化され、平成13年1月から運用されています。 また、様々な化学品が世界各国で流通している近年、国際標準となる情報伝達方法の整備の必要性が高まっており、2003年には、化学品の分類・表示方法の国際標準として「化学品の分類および表示に関する世界調和システム(GHS)」が国連において採択されました。 GHSの導入は、欧米諸国やアジア各国においても進められてきていますが、我が国でも、化学物質排出把握管理促進法(化管法)に基づく情報伝達等において、その導入が進められており、2012年6月から、化管法に基づく情報伝達を行う際には、GHSに基づくJISに適合する化管法SDS及び化管法ラベルの提供に努めていただくこととなりました。 化管法SDS制度の仕組み 事業者が自ら取り扱う化学品の適切な管理を行うためには、取り扱う原材料や資材等の有害性や取扱い上の注意等について把握しておく必要があります。 このため、本法省令により、化学品を事業者間で取引する際、化学品の譲渡・提供事業者に対し、化管法SDSによる有害性や取扱いに関する情報の提供を義務付けるとともに、化管法ラベルによる表示を行うよう努めることとしています。 また、化学物質管理指針においては、指定化学物質等取扱事業者が取り扱う化管法指定化学物質以外の危険有害性を有する全ての化学物質についても、GHSに対応した適切な情報伝達を行うよう努めることとしています。 なお、本法とは別の観点から、労働安全衛生法及び毒物及び劇物取締法(ともに厚生労働省の所管)においてもSDS及びラベルの提供に係る規定があり、同様の制度が実施されています。 経済産業省では、化管法SDS制度の定着を図るため、相談や意見等を受け付ける窓口として「」を設置しております。 また、化管法に関するGHSの問い合わせ窓口として「」を設置しております。

次の