日本ハウス 坪単価。 日本ハウスホールディングスの評判は?【坪単価・口コミ・間取り】|注文住宅の教科書:FP監修の家づくりブログ

日本ハウスは坪単価は55万~

日本ハウス 坪単価

このページの目次 CLOSE• 大和ハウスの坪単価の相場はどのぐらい? 大手ハウスメーカーの一つである大和ハウス。 大和ハウスの家=天井が高い家といったイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。 72mが標準仕様となっており高い人気を誇っていますが、大手の大和ハウスで建てる場合の坪単価の相場が気になる方も多いと思います。 注文住宅の場合は定価はありませんし、オプションによって金額が左右されてきます。 例えば、壁や床材を標準仕様のものからオプションに変更するだけでも変わってきますし、玄関ドアやキッチン、お風呂、トイレなどなど、様々な箇所を標準からオプションに変更していると、そこそこの金額になってくるものです。 とはいっても予算の関係上、目安として坪単価が気になると思いますし、坪単価の相場を把握しておくと、おおよその価格帯もみえてきます。 そこで、大和ハウスで注文住宅を建てる場合の坪単価の相場についてまとめてみました。 まず、大和ハウスでは鉄骨造と木造軸組み工法の家があり、商品のラインナップも豊富に用意されており、商品によって若干坪単価は異なっています。 72mによって居住空間に開放感が感じられるだけでなく、耐震性の高さや外張り断熱など性能の高い家でもありますが、坪単価は高めで70万円前後〜が一つの目安となりそうです。 xevoシリーズのどれを選択するのかによっても坪単価だけではなく総建築費用も大きく異なってきますが、 大和ハウスで注文住宅を建てる方の坪単価としては、70万〜80万円台というケースが多いような印象を受けます。 ただし、坪単価はあくまで目安程度と考え、複数社で見積りを取り、総建築費用でも比較する必要があります。 また、大和ハウスでは木造住宅の取り扱いもありますが、富裕層をターゲットとした「プレミアムグランウッド」といった商品も販売されており、 高級木材にこだわっているため坪単価は100万円超えとなっているようです。 大和ハウスのジーヴォシグマの坪単価目安 大和ハウスの定番となるxevo(ジーヴォ)シリーズ。 最近、大和ハウスのCMといえば、天井高が2. 72mと広々としていたり、外張り断熱が施されており、1年を通して快適に過ごすことができる家でもあります。 無料!3分でかんたん資料請求。 そんなグランウッドシリーズの最上級の位置付けとして、2017年に「プレミアムグランウッド」が新たなラインナップとして加わりました。 プレミアムグランウッドでは、天井や床に関しては銘木にこだわっていたり、キッチンやバス、トイレに関しても国産ブランドだけではなく海外ブランドのものを採用していたり、徹底的にこだわった最高級な邸宅を提案されていますが、坪単価も気になるのではないでしょうか。 いや、プレミアムグランウッドは富裕層や高額所得者層をターゲットとされた商品なため、この商品で建築可能な方は坪単価や建築費用など、さほど気にされないと思いますが、参考までに坪単価を紹介しておきます。 鉄骨系の住宅を含め大和ハウスでラインナップされている商品の中でも、最上級の商品とされているだけあり、プレミアムグランウッドの坪単価は100万〜200万円、販売価格が1億〜2億円を想定されている商品のようです。 価格帯や坪単価は高いですが、一目見ただけで豪邸を感じるとても豪華な造りですし、徹底的に施主のこだわりを追求した家を建てることが可能となります。 大和ハウスのxevo03の坪単価 2階建てでは十分な居住スペースが確保できない場合は、3階建てや4階建て住宅という選択になると思います。 特に、地価の高い都心部や敷地が限られているような場所に建築されることが多い3階建て住宅ですが、限られた敷地の中で最適な間取りなども考えなければならないうえ、何かと制約がつきものです。 大和ハウスでは「xevo03(ジーヴォ・ゼロサン)」といった商品が3階建てに対応していますが、xevo03ではトシナカでも心地良い暮らしが実現できるように、トシナカに必要とされる知恵や工夫がつめ込まれた3階建てとなっています。 そして、3階建ての場合はより構造体自体の強さが求められますが、xevo03は独自の軽量鉄骨ブレース構造によって、耐震性能も耐風性能も国内トップクラスの強さを実現可能とされています。 3階建てをラインナップしている大手ハウスメーカーとしては、積水ハウスの「ビエナ」やセキスイハイムの「デシオ」、へーベルハウスの「FREX GENB」などがありますが、ハウスメーカーを選ぶ際に坪単価や建築費用も比較されると思います。 そこで、xevo03で建てる場合の坪単価を調べてみました。 実際にダイワハウスのxevo03で見積りを取られた方の情報によりますと、本体工事費用だけの坪単価で約83万円ぐらいだったようです。 ただ、これ以外に地盤改良費や外構費、解体費や諸経費などが加算されるため、全て含めた坪単価はこれよりも高くなります。 ちなみに、「スカイエ」といった商品も3階建てに対応した商品となります。 xevo03の場合は、狭小地で建築を希望される方をターゲットとされていますが、スカイエは最大で5階建てまで対応可能となっており、店舗併用や賃貸併用での建築も可能とされており、目的に合わせて自由に選択することができます。 無料!3分でかんたん資料請求。 xevoシリーズの坪単価ですが、70万〜80万円程度が一つの目安となっており、この坪単価だけみると大手ハウスメーカーにしてはわりとお手頃な印象を受けます。 そこで、口コミを中心に、実際に大和ハウスの鉄骨造で見積りを取られた方や建築された方々の建築費用をもとに坪単価を徹底調査しました。 「ジーヴォシグマで建てました。 オール電化仕様で、ソーラーは無し、34坪で消費税込みで2,900万円ぐらいでした。 」 いかがでしょうか。 また、口コミからも分かるように狭小地の場合は坪単価が高めなので、注意が必要です。 大和ハウスのスカイエの坪単価と特徴 3階建て住宅をお考えの方は、大和ハウスも候補の一つとしてあがるハウスメーカーではないかと思います。 以前から大和ハウスでは3階建て住宅の取り扱いがありましたが、2015年に新スカイエの販売が開始しました。 新スカイエでは、これまでのスカイエよりもより強度を高め、なおかつプランの自由度を高めるためにDRF構法といった新構法が採用されており、3階建てのみならず、4階建てや5階建て住宅にも対応した鉄骨住宅となっています。 特に都心部や住宅が密集しているような地域の場合は、何とか居住スペースを確保するために高さを活かした建築になりますが、スカイエでは二世帯での暮らしを実現させるために二世帯住宅にも対応されていますし、その他、賃貸併用住宅や店舗併用住宅など様々なニーズにも対応可能となっています。 大和ハウスの公式サイトで紹介されているスカイエの外観をみてみると、とても素敵なんですが、かなりお金がかかってそうで坪単価も高いんだろうなぁ、、と率直に思いましたが、 実際にスカイエで建てる場合の建築費用や坪単価はどれぐらいかかるものなんでしょうか? スカイエがリニューアルしたのは2015年ですが、その当時の販売価格をみてみますと、本体工事価格が3. 8万円〜(税込)と紹介されていました。 3階建てに対応した自由設計を大手ハウスメーカーで建てると、これぐらいはかかるのかもしれませんが、それにしても高く、大和ハウスの3階建て住宅で建築できる方は限られてしまいますね。 このスカイエの坪単価の目安としては、100万円台〜130万円が相場になっているようです。 また、大和ハウスの主力商品であるxevo(ジーヴォ)シリーズからも3階建て住宅の取り扱いがあり「xevo03(ジーヴォ・ゼロサン)」といった商品がラインナップされていますが、坪単価は90万円台〜が目安となっており、スカイエより若干坪単価が安く設定されています。 大和ハウスしか検討していない方は要注意 合わせて読みたい記事>> 大和ハウスの平屋の坪単価と特徴 一般的に平屋住宅=年配の方が住む家といったイメージがありますが、近年は若い世代の方々にも人気が高まっており、おしゃれな平屋住宅を提案するハウスメーカーが増えてきています。 平屋での暮らしは生活動線がフラットで、間取りなどに配慮すれば家事の効率もあがりますし、また小さなお子さんがおられるご家庭だと、子どもにも目が行き届きやすく安心です。 また、全ての生活がワンフロアで完結し、階段がないため転落などの事故を防ぐこともでき、最近では、子育てされている世代の方々があえて平屋での暮らしを選ばれるようです。 大和ハウスでもおしゃれな平屋住宅をいくつか提案されています。 一般的に、平屋と総2階建て住宅の坪単価を比較すると平屋の方が約10万円程度高くなると言われています。 その理由としては、当然平屋の方が屋根や基礎の面積が広くなり、同じ延べ床面積と想定すると、総2階建て住宅よりも平屋の方が、屋根や基礎の面積が2倍必要ということになり、どうしても坪単価は高くなってしまうからです。 その上、大手の大和ハウスを選ぶと平屋の建築費用が高くなるということは、ある程度予想できますが実際に平屋の価格帯を調べてみました。 「大和ハウスで50坪ほどの平屋、現時点で約4300万円となっています。 ちなみに、この価格に外構や地盤改良費は含まれていません。 」 いかがでしょうか。 一般的に大和ハウスで建てる場合の坪単価としては、70万円台〜80万円台が一つの目安となっていますが、 平屋住宅の場合だと坪単価が安くても80万円前後〜が相場と、やはり平屋仕様の場合はどうしても値が張ってしまうようですね。

次の

【2020年】ハウスメーカー坪単価ランキング!比較が危険な3つの理由

日本ハウス 坪単価

なるほど!坪単価の算出方法に定義が無いとは知りませんでした。 ということで、ここでは川口さんの見積書を細かく拝見させていただきながら、3つのパターンで一条工務店の坪単価を分析していくことにします。 どの坪単価もこれから一条工務店で家づくりをされる方にとって参考になるはずですので、ぜひ一つ一つの坪単価をじっくりと読んでみてください。 一条工務店の坪単価を徹底分析 川口さんが一条工務店でマイホームを手に入れるために払った総額は 33,724,334円 です。 ちなみに、 この金額に土地代は含まれていません。 詳細な内訳は以下で公開していきます。 そして、川口さん宅の建坪(施工面積)は 110. 6坪 となっています。 総支払額から算出した坪単価 まず、川口さんが一条工務店に支払った総額を建坪で割った坪単価を計算すると 1,003,700円/坪 となります。 なんとビックリ、土地代を除く総支払額をもとにした川口家の坪単価は、驚異の100万円オーバーとなりました。 いえいえ、川口さん。 この坪単価には 土地購入費以外のすべての費用が合算されているため、一条工務店クラスの家作りでは決して高い単価ではありません。 ふかわ 特に、川口家も採用している「夢発電」と呼ばれる太陽光発電システムは高額なオプションですし、それに加えて、お庭や駐車場といった外構費まで含めた費用を含んだ坪単価ですので、坪単価100万円オーバーは決して高すぎる値とは言えません。 事実、積水ハウスでマイホームを建てたわが家の坪単価も同じ基準の坪単価は100万円オーバーとなっています。 そこで、次の坪単価は、川口さんが支払った総額から太陽光発電システムに掛かった費用と外構費用を除いた金額をもとに計算していくことにします。 太陽光と外構費を除いた坪単価 2パターン目の坪単価を算出するにあたり、川口さんがマイホームを建てるために支払った総支払額(土地取得代を除く)約3400万円の内訳を拝見させていただきました。 この内訳を見ると分かるように、川口家は太陽光発電システム「夢発電」で、約10kWのパネルを購入されています。 ちなみに、10kW以上は家庭用では無く事業用の容量と、とても大型の設備になっています。 「夢発電」とは、一条工務店がフィリピンに持つ自社工場で製造した太陽光発電パネルを大量に屋根やカーポートに搭載させるシステムの呼び名で、一条工務店の営業マンはこの「夢発電」を強くアピールしてきます。 川口さんも太陽光発電ブームと魅力に魅せられた一人ですが、ここ最近では売電価格が急激に下落していることから、採用を見送る施工主も増えてきています。 川口宅の10kWという規模は事業規模の大きさとなっており、これから一条工務店で家作りをされる方にとってこの費用を含んだ坪単価はあまり参考にならないと考え、ここでは総支払額から差し引くことにしました。 また、外構工事については家以外の工事費用であるため、坪単価から除外して計算することにします。 ということで、総費用から太陽光発電システム及び外構工事に掛った費用を差し引いた金額を計算すると 26,148,934円 という金額になります。 そして、この金額を基準に坪単価を再び計算すると 778,242円/坪 となります。 こうして総支払額から太陽光発電費用及び外構費用を除いた金額をもとに算出された坪単価はグーっと下がり、約78万円/坪となりました。 この坪単価約78万円という金額は、これから一条工務店で家作りをされる方にとって参考にしていただきたい目安です。 ふかわ ただ家作りはオプション設備の内容によって大きく金額が上下しますので、次は川口さんの採用したオプション見積もりを見させていただくことにします。 特殊なオプションを除いた坪単価 家作りにおいて、その総額を左右する一番のポイントがオプション設備になります。 どのハウスメーカーも家作りの際は、できるだけオプション設備を施工主に採用してもらい、自社の利益を上げようと営業してきます。 一条工務店も様々なオプション設備を用意しているため、川口宅が採用したオプション内容と内訳は気になるところです。 ここでは無理を言って、川口宅のオプション見積書を公開させていただくことができました。 こちらが川口宅の採用したオプション(標準仕様外)工事見積書になります。 川口家は一条工務店のオプション(標準仕様外)工事に約273万円という金額を支払っていることが分かります。 見積書を拝見すると、川口家のオプションは大きく以下の2つの内容に分類することができます。 地盤補強費用• 標準仕様からのグレードUP費用 「 地盤補強」とは、その字のごとく家を支える地盤を補強する工事で、家を建てる地盤によってその費用は大きく異なります。 川口家の土地は幸運なことに強固な地盤だったため、地盤補強工事は最もお金が掛からない「ベタ基礎」という補強方法が採用されています。 また、もう一つの「 標準仕様からのグレードUP費用」は、素材や機能が優れた設備に格上げするために掛かった費用となっており、川口さん夫婦のこだわりが影響しています。 そうした川口家独自のオプション項目と費用をピックアップしてみたものが以下になります。 FP資格を持つふかわがIR情報や独自取材をもとに得たデータを分析した一条工務店の最新情報です。 ふかわ 受注商品ランキング1位獲得 各ハウスメーカーの商品別月間受注棟数ランキングでは、2017年と2018年の直近2年間で一条工務店の「i-smart」が首位となりました。 (2019年分データは、未公開のハウスメーカーがあり集計できていません) 各社の収支報告などからの推定値ですが、直近の月間受注棟数ランキング上位は以下のようになっています。 一条工務店の「i-smart」がダントツの首位であることが分かります。 夢発電や全館床暖房など他社とは異なった商品や販売戦略を採用し、差別化に成功してきた一条工務店ですが、ここ最近は空調にも力を入れ始めており、特に若い夫婦のニーズに応える形で売上げを伸ばしています。 平成の終わりごろから大躍進を遂げ、令和になってからもさらなる人気を呼び起こすであろう一条工務店ですが、どういった客層が一条工務店には訪れているのでしょうか。 一条工務店の平均的な坪単価 こちらのグラフは過去4年間分の一条工務店の戸建販売データ(新築価格の平均金額と床面積の平均値)を用いて、算出した坪単価の平均値推移になります。 ここ最近の客層を見ると、年々一条工務店で家を建てる総費用は上昇している一方で、建坪数は減少していることが見て取れます。 また、2018年度の1年間における一条工務店 「戸建販売価格帯」の分布状況を調べたところ、以下のようになっていました。 そして、2018年度1年間に一条工務店で家を建てた方のデータをもとに算出した一条工務店の 平均坪単価は約65万円と判明しました。 また、一条工務店というハウスメーカーは値引きをほとんどしない営業スタンスを確立しており、標準仕様でも十分に高品質の家であるということからオプション設備による販売価格のブレはほとんどないため、この坪単価は一条工務店を建てるうえではかなり信頼度の高い坪単価となっています。 これから一条工務店でマイホームを建てようと考える方は、ここで紹介した情報をもとにご自身の建築予算等を検討してみてください。 当サイト「坪単価のツボ」では、ここで紹介した一条工務店のように他社ハウスメーカーの坪単価も分析しています。 ふかわ 好評: 一条工務店の坪単価を他のハウスメーカーと比較することもできますので、ぜひ参考にしてみてください。 一条工務店の販売商品ごとの坪単価 続いて、一条工務店が販売する商品ごとの坪単価を、2018年1年間の平均新築価格と床面積から算出し、紹介することにします。 現在、一条工務店が販売する戸建て商品は以下の4種類になります。 商品名 特徴 セゾン 天然素材を使った洋風高性能住宅 百年 日本の伝統美を表現する和風住宅 i-smart シンプルかつ高級感のある高気密住宅 i-cube シンプルかつエコな高気密住宅 では、この4種類の戸建て商品1つ1つの坪単価はいくらになるのでしょうか。 i-smartの坪単価 i-smartは今の日本で最も売れている注文住宅商品となっています。 2018年1年間の「i」シリーズi-smart・i-cubeは合わせて10,247棟になり、一条工務店の商品シェア80. 7%を占めます。 そのi-smartの1年間に販売された平均本体価格・平均床面積・平均坪単価を紹介します。 商品名 i-smart 年間販売数 1080棟 平均価格 1950万円 平均床面積 106㎡ 坪単価 61万円 以上がi-smartの平均販売像になります。 i-cubeの坪単価 i-cubeはi-smartとほぼ同じ仕様となっており、違いは外壁や内容の雰囲気になります。 i-smartが「かっこいい」に対し、i-cubeは「かわいい」雰囲気の家が建ちます。 そのi-cubeの1年間に販売された平均本体価格・平均床面積・平均坪単価を紹介します。 商品名 i-cube 年間販売数 9360棟 平均価格 2190万円 平均床面積 115㎡ 坪単価 63万円 こちらがi-cubeの平均販売像になります。 年間の平均販売増をi-smartと比較すると、i-cubeの方が費用を抑えることができる傾向にありますが、採用するオプション次第ではi-smartよりも高額になるケースがあるので注意してください。 セゾンの坪単価 セゾンは一条工務店の定番住宅商品です。 「i」シリーズを販売する前から販売されており、一条工務店といえば「セゾン」の家が頭に浮かぶ方も多くいると思います。 レンガタイル張りの外観が特徴的で、一条工務店の長年に渡る英知が結集した木造住宅の洋風商品になっています。 商品名 セゾン 年間販売数 2379棟 平均価格 2100万円 平均床面積 122㎡ 坪単価 57万円 以上がセゾンの平均販売像になります。 百年の坪単価 百年は木造の和風住宅で、富裕層をターゲットにした商品になっています。 古き良き日本の住宅と最新の技術を融合した商品で、建てるためには大きめの土地となります。 商品名 百年 年間販売数 120棟 平均価格 2560万円 平均床面積 143㎡ 坪単価 59万円 百年を建てるにあたっては外構(庭)にこだわる方も多く、外構費用も含めるとかなり高額になる商品です。 平屋を建てるにはおすすめのハウスメーカー また、一条工務店は平屋住宅に強いハウスメーカーとして近年売上げを伸ばしています。 こちらが昨年度1年間における平屋住宅の販売戸数ですが、全ハウスメーカーの中でダントツ1位の戸数となっています。 一条工務店では住友林業や積水ハウスのように平屋住宅に特化した商品を用意しているわけではなく、i-smartやi-cubeといった商品において平屋住宅対応を行っています。 一条工務店がこれほど平屋に強く、平屋におすすめと口コミで広がっている要因は、やはり夢発電(太陽光発電)という強みがあるからです。 また、全室床暖房を標準仕様としている一条工務店において、平屋住宅が最もコスパが良い商品となっており、坪単価を抑え、かなりローコストでおしゃれな住宅をたてることができる点も平屋ニーズにつながっているようです。 2020年も一条工務店が注文住宅はもちろん、平屋市場をもけん引していくハウスメーカーであることは間違いありません。 一条工務店で後悔しないために 注文住宅を建てるひとつの指針となる「坪単価」に焦点を当て、一条工務店というハウスメーカーを紹介してきました。 ここで紹介した一条工務店の坪単価は、費用の把握が難しい注文住宅業界に一石を投じるため、長い時間を掛け、取材や調査によって作成したものになります。 2020年の最新かつ正確な情報を心掛けていますので、一条工務店での家づくりに役立てていただけたら幸いです。 さて、夢のマイホームを建て、賃貸では叶えられなかった暮らしを実現することで、家族との暮らしをさらに充実させることができた家族がいる一方で、マイホームを建てたことを後悔してしまっている家族も少なからずいます。 そうした家づくりを後悔している家族はどういったことに後悔しているかというと、その理由は大きく分けて2パターンあることが分かりました。 一つ目のパターンは、 ハウスメーカー選びに失敗してしまうケースです。 施工会社:住友林業 建物工事費:25,519,070円 値引額:-3,123,070円 値引率:12. 8% ここで公開した2つの見積書は、ハウスメーカーから 値引率12~15%を実現した お二人の施工主にお借りしたものです。 お二人とも、通常、家づくりの値引率が5~8%と言われている中、12~15%という社割(社員が自社商品を購入する際に適応される割引)とほぼ同程度の割引を受け、住宅を建てられています。 また、お二人ともハウスメーカー選びでも満足しています。 では、いったいどのようにしてお二人はこのような驚異的な割引をGETすることができたのでしょうか。 後悔しない家づくりを後押しする画期的なサービスが誕生 私はこれまで住宅情報誌ライターとして多くの施工主とお会いし、家づくりの「過程」や「その後」について生の声を取材してきました。 ここからはそうした生の声を取材することで知ることができた 後悔しない家づくりの秘訣と私自身も利用した 画期的なサービスについて紹介します。 後悔しない家づくりを行うことができた人が利用している画期的なサービス、それは town life(タウンライフ)というサービスです。 おすすめ: タウンライフでは、自分が叶えたい家づくりの要望を入力することで• 全国600社から要望に沿った見積書提案• 要望に沿った人気の間取り提案• さらに、ここで紹介するタウンライフ家づくりサービスは、 メールアドレスがあれば利用でき、登録したことで車の一括買取サービスのように一斉に各社の 営業から電話がかかってくるということはありません。 このサービスの何がおすすめなのかというと、 相見積りを貰える ということと 家づくりの選択肢を知る ことができるということです。 家づくりにおいて、大幅な値引きを引き出すには、他社の相見積りを提示することで 競合している他社の存在をちらつかせることが重要になります。 車にしても、家電にしても、相見積りを提示することで、販売業者はその金額以下に値引きをしてくれますよね。 それを「家」を買う場面でもやることが重要となります。 さらに、本来なら途方もなく時間を掛けることでようやく実現する 自分の家づくり要望を叶えてくれるハウスメーカーや工務店に簡単に出会うことができます。 このマッチングサービスだけでもやる価値はあるわけですが、ついでに見積書までGETできるわけですから、利用しない手はありません。

次の

日本ハウスホールディングスの費用・価格

日本ハウス 坪単価

以前は東日本ハウスという社名だったものの、2015年5月に日本ハウスホールディングスに社名変更されました。 日本ハウスホールディングスの標準仕様は比較的グレードが良いわりに、坪単価としては、55万〜65万円とかなり価格も良心的ですが、本当にこれぐらいの坪単価で建てることは可能なのでしょうか。 実際に日本ハウスホールディングスで検討中の方の情報だと、現時点での見積りで約49坪、本体価格が3500万円ぐらいということです。 日本ハウスホールディングスでは、「Jステージ・シリーズ」と「やまとシリーズ」がラインナップされており、どちらのシリーズでの見積りかは不明ですが、この坪単価は71万円台となっています。 檜を使った本格的な木造住宅に惹かれ、日本ハウスホールディングスを検討される方も多いようですが、無垢材の柱で建てるのであれば「やまとシリーズ」という選択になります。 このやまとシリーズにも何種類か用意されているのですが、やまとシリーズ「館」だと最上級の位置付けにあるため、坪単価もかなり高くなり、坪単価が80万円を超えるというケースも珍しくありません。 一方、Jステージ・シリーズの場合は無垢材ではなく集成材の柱となり、やまとシリーズよりも坪単価が安く設定されているため、日本ハウスホールディングスで建築される方の多くが、Jステージ・シリーズを選択されるようです。 ちなみにですが、先ほど日本ハウスホールディングスの標準仕様は比較的グレードの良い物が採用されていると紹介しましたが、住宅設備に関してはLIXILが標準となっているようです。 そのため、標準仕様のLIXILを中心に選ばれるのであればお得ですが、例えば、他のメーカーのキッチンなどに変更されると、割高になりますので、価格を優先される場合であれば、標準の中から選択されることをお勧めします。 日本ハウスHDしか検討していない方は要注意 合わせて読みたい記事>> 日本ハウスのやまとの坪単価と特徴 日本ハウスホールディングスの「やまとシリーズ」では檜の無垢材が使用されており、注目度の高い商品でもありますが、やまとシリーズで建てる場合の坪単価も気になるところです。 集成材の柱が使われている「Jステージ・シリーズ」よりも坪単価が高くなることは、ある程度予想できますが、やまとシリーズにもいくつかランクが用意されているため、予算に応じて自由に選択することも可能です。 まず、やまとシリーズの中で最もリーズナブルだとされているのが「輝」です。 やまとシリーズ「輝」では、もちろん檜は標準仕様とされていますが、太陽光発電システムに関してはオプション扱いとされているため、太陽光を導入しない分、坪単価も50万円台〜とかなりリーズナブルに設定されています。 続いて、やまとシリーズ「彩」では、太陽光発電システムは標準仕様とされており、その他の標準仕様のグレードも良い物が採用されているため、最低でも60万円〜が目安となりますが、場合によっては坪単価が70万円を超えることもあります。 やまとシリーズ「華」では、四寸のヒノキ柱で高い天井も可能とされていますし、外観やインテリアにもこだわった住まい造りを実現されていますが、坪単価としては最低でも65万円〜といったところで、場合によっては坪単価が80万円近くなることもあります。 やまとシリーズの中で最も坪単価が高く設定されているのは「館」で、外観や内観のほか、設備までにもこだわった住まい造りを実現されています。 やまとシリーズ「館」の坪単価としては、最低でも70万円はみておく必要がありますが、坪単価が軽く80万円を超えてしまうケースも珍しくないようです。 やまとシリーズの坪単価としては、60万〜80万円程度とランクによって坪単価が異なってきますが、「館」の場合だと坪単価はかなり高くなりますので、館を検討されているのであれば、大手ハウスメーカーでの建築も視野に入れて比較することもできます。 そして、暮らし方の提案として二世帯住宅や3階建て住宅をはじめ、平屋での暮らしも紹介されています。 平屋での暮らしは生活動線がフラットで、生活の全てがワンフロアで完結するため、シニア世帯の方々からの人気が高く、日本ハウスホールディングスの平屋プランでも、落ち着いた平屋住宅が紹介されています。 近年は、その暮らしやすさから20代や30代といった若い世帯の方々からの人気も高く、明らかに若い世帯をターゲットとした、おしゃれな外観や内装が特徴的な平屋プランも紹介されていますし、施行事例としてモダンな平屋も紹介されています。 そんな、日本ハウスホールディングスで平屋を検討されている場合、坪単価や建築費用も気になると思います。 日本ハウスホールディングスの坪単価としては、50万円台〜60万円台が相場となっているようですが、一般的に平屋での建築は割高だと認識されている方が多いはずです。 平屋の場合は、2階建て住宅で建てるよりも屋根の面積や基礎の面積が増えるため、建築費用はどうしても割高になってしまうようで、 日本ハウスホールディングスで平屋を建てる場合の坪単価としては、最低でも60万円はみておく必要がありそうですね。 平屋ということで要望やこだわりが強い部分もあり、標準仕様のままから選択するというわけにはいかず、その分価格が高くなるかもしれませんが、標準仕様の中から選択すると、ある程度価格を抑えることは可能だと思います。 日本ハウスHDしか検討していない方は要注意 合わせて読みたい記事>> 日本ハウスに値引きはあるの? 住宅を購入する場合、多くの方が契約前に値引き交渉をされると思います。 我が家の場合は、最初から某大手ハウスメーカーと決めて話を進めてきたので、担当者も比較しているライバル社がいないことを知っていましたし、注文住宅ということで、あえて値引き交渉をしなかった派です。 もちろん、家の購入は大きな買い物ですから、値引き額が大きいからといって簡単にハウスメーカーを選ぶというわけではありませんが、少しでも値引きを期待したいところですし、住宅ローンの負担を少なくしたいものです。 一般的にハウスメーカーでの値引き率は3〜8%程度が相場だと言われていますが、契約するタイミングや、どうしてもそのお客さんを逃したくない時には10%ほどの値引きが行われることもあるようです。 ただし、ハウスメーカーによっては一切値引きに応じないスタイルを貫いているメーカーもあるため、そのようなメーカーで値引き交渉を行うのはタブーです。 そこでここでは日本ハウスホールディングスの値引きについて調べてみました。 見積りを取られた方などの情報をもとに、日本ハウスホールディングスではどれぐらいの値引きが行われているのかを徹底調査しました。 そもそも、値引きが行われているのかも気になるところですが、実際に行われているようですね。 「日本ハウスホールディングスを含めた数社で見積りを取ったことがあります。 ここでは建坪54坪に対し、4000万円弱の見積りで、値引きとしては5%程度でした。 」 日本ハウスホールディングスの値引きに関してですが、ここでは標準仕様が比較的グレードの良い物が採用されているにも関わらず、坪単価が55万円〜とかなり頑張っているメーカーのようで、ほとんど値引きが行われていないという情報もあります。 値引きは契約するタイミングや担当者によっても左右されますが、実際は値引きを提案されることもあるようです。 特に他社でも見積りを取り比較されている場合などに、値引き額を引き出しやすいようですから、値引きを引き出すには他社との競合が必須条件となります。 「日本ハウスホールディングスで建築しましたが、結局のところ営業マンや設計士次第なところがあります。 当方は札幌ですが、ローンの知識も豊富な熱い営業マンで、かなりサポートして頂きました。 値段に関しては、少々高い印象を受けましたが、トータル的には満足かなぁ?といったところです。 」 いかがでしょうか。 結局、どのハウスメーカーを選んでも共通して言えることとしては、営業マンや設計士など、家造りに携わってくれる担当者次第なところがあり、そのあたりの満足度や不満も評価に繋がりますし、時には会社自体のイメージに繋がってしまうこともあるということです。 ただし、特に評判の中で気になったのはアフターサービスに関してです。 口コミをチェックしていると、『不具合の修理を頼んで半年ぐらい経ちますが、何度催促しても未だに対応してもらえません、、。 』『引き渡しをされ2年ぐらいになりますが、全くといっていいほどアフターがありません、、。 』といった内容の口コミもありました。 基本的にハウスメーカーでは、定期点検が行われており、その点検の時期が迫ってくると、事前にお知らせの案内がきて日程の調整後、後日アフターの担当者が来てくれますよね。 その時に不具合なども対応してもらえますし、相談などもすると『こうした方が良いですよ〜。 』などのアドバイスもしてくれますが、アフターの対応があまり良くないのはかなり印象が悪くなってしまいますね。 以上が評判と口コミになります。 参考にして下さい^^ 日本ハウスHDしか検討していない方は要注意 合わせて読みたい記事>> 日本ハウスのメリット 日本ハウスホールディングスを選んだ場合、どのようなメリットが得られるのか?について考えてみました。 メリット1:坪単価が安い! 日本ハウスホールディングスに社名が変更されてから、以前よりも坪単価が安くなったと話題になっています。 日本ハウスホールディングスは国産の檜にこだわった家づくりが行われていますし、標準仕様が充実していると評判が高く、徹底的に木材にこだわっていることなどを考慮すると相当坪単価が高いんだろうなぁ、、、というイメージが強くあります。 しかし、日本ハウスホールディングスの坪単価を調べてみると、55万〜65万円程度が目安とされており、非常にコストパフォーマンスに優れている印象を受けます。 大手ハウスメーカーで建てようとすると、最低でも坪単価70万円〜といったところですし、坪単価が80万円台、90万円台というケースも珍しくないため、日本ハウスホールディングスの坪単価が安いということは大きな強みとなります。 なぜ、高品質なものをコストを抑えて提供できるのか?という疑問が出てきますが、日本ハウスホールディングスでは施工を下請けに丸投げしておらず、準社員の職人に任せているため、品質にこだわりつつ坪単価を抑えることが可能とされています。 メリット2:デザイン性が高い! 日本ハウスホールディングスですが、グッドデザイン賞やキッズデザイン賞、ウッドデザイン賞など、東日本ハウス時代も含めるとデザインに関する賞を何度も受賞するほどの実績を誇っています。 特にグッドデザイン賞に関しては、2009年から9年連続で受賞するほどの実績で、優れたデザイン性が評価されており、デザイン性が高いということも大きなメリットとなります。 いかがでしょうか。 日本ハウスホールディングスは棟梁システムを採用されていることもあり、高品質な住宅を比較的坪単価を抑えて提供されています。 ちなみに、日本ハウスホールディングスは、檜を使用した「やまとシリーズ」をはじめ、よりコストパフォーマンスに優れた「Jステージ・シリーズ」も用意されているため、それぞれの予算に応じ自由に商品を選ぶことができるところも嬉しいポイントです。 日本ハウスのデメリット 日本ハウスホールディングスのデメリットに注目してみました。 デメリット1:アフターサービスの対応にはバラつきがみられる! 日本ハウスホールディングスの評判を調べてみて、特にアフターサービスの評判に関しては、大きく評価が分かれているような印象を受けます。 引き渡し後、感謝訪問(定期点検)がスムーズに行われており問題ないという声があがっている一方で、感謝訪問に関して不満の声も続出しています。 具体的にどのようなことで不満を感じてらっしゃるのか?ざっと口コミを紹介したいと思います。 「アフターは地域によっても多少異なるかもしれませんが、担当だった営業マンがやめてしまっていると、アフターサービスがいい加減になってしまうことはあります。 一度、状況の確認には来てくれますが、それ以来、何の連絡もなく何回か催促してやっと直すという感じです。 」 地域や担当者によってもアフターサービスの対応には差が生じるとは思いますが、口コミを見る限りでは、あまり期待できないような印象を受けますね、、、。 デメリット2:坪単価が高くなることもある! 日本ハウスホールディングスの坪単価を調べてみると、55万〜65万円程度が目安とされていますが、中には坪単価が高い商品も用意されているため注意が必要です。 最高級の檜を使った「やまとシリーズ」では、標準仕様でZEHに対応しているなど仕様が充実している反面、坪単価70万円台〜80万円台と高めに設定されていますので、場合によっては坪単価が高くなることもあります。 いかがでしょうか。 デメリットとして、アフターサービスの対応にはバラつきがみられることや、選ぶ商品によっては坪単価が高くなる場合があることをあげましたが、担当する営業マンや大工の経験や知識によって差が生じてしまうこともデメリットとしてあげられます。 これは、日本ハウスホールディングスに限らずどこのハウスメーカーでも言えることですが、経験や知識が豊富で頼りになる営業マンもいれば、経験不足で頼れない営業マンもいます。 そのため、営業担当をはじめ、設計士や大工による当たり外れが非常に大きく、家づくりの良し悪しを左右してしまいます。 ちなみに、デメリットというほどではありませんが、日本ハウスホールディングスでは仮契約の段階で100万円の申込み金が発生しますので、日本ハウスホールディングスでお考えの場合は、この費用も備えておく必要があります。

次の