進撃 の 巨人 実写 リヴァイ。 進撃の巨人がハリウッド映画で実写化www : 進撃の巨人ちゃんねる

「進撃の巨人」ハリウッド実写映画化! エレン役は?リヴァイ役は? Twitterでキャスティング予想が白熱

進撃 の 巨人 実写 リヴァイ

太田がハリウッドでの実写化のニュースを聞いた時、真っ先に浮かんだのは「ミカサ役ってどうなるの?日本人で適役って誰だろ?」という疑問でした。 ミカサは原作漫画で 「東洋人」という設定。 正確には、母親が純粋な東洋人で外国人と東洋人のハーフですが、外見は東洋人です。 つまり、原作どおりなら 海外の俳優ではなく、アジア系の俳優がキャストに選ばれるはずです。 バットマンVスーパーマンに出るTAOちゃんは悪役なんだー?? ちょっと残念だけどアクション場面があるといいな?? 日本人に適役がいなければ、 中国人が選ばれるかもしれませんね。 ヒストリアはロシア系みたいな美少女ならいいが」 「謎の韓国人俳優が主演」 「ミカサは日本人にしてほしいが妥当な役者が思いつかないな」 「壁の中にはミカサを除いて一つの人種しかいないという世界観が黒人入れたら狂っちゃうな。 2ch-ranking. html 「ミカサ役に黒木メイサとかいいんじゃない?」 「ハリウッド版進撃の巨人、キャストが気になりますが、ミカサは絶対東洋系でってことで、忽那汐里はどうだろう? デットプールの時のユキオ。 可愛かった。 日本版では、リヴァイの変わりにシキシマ(?)とかいう男性が登場していましたよね。 なので、ハリウッド版ではぜひとも格好良いリヴァイ兵長を見てみたいものです。 切実に。 じゃあ、リヴァイ役は誰になるのかという話ですが、太田は小柄で神経質っぽい、クールな海外人俳優が良いと思うんですよ(あくまで太田の希望ですが) 小柄じゃなくても、 リヴァイのクールで神経質なイメージを再現できる俳優がキャストなら嬉しいですね。 cinematoday. デイン・デハーン氏なら、髪型を変えれば、リヴァイっぽくなるんじゃないかなーと。 おまけに、役作りに対する情熱がすごい俳優なので、きっと素敵な演技を見せてくれるはずです。 それか、ハリウッド実写版の監督がアンディ・ムスキエティ氏なので、 ビル・スカルスガルド氏(映画『IT』のペニーワイズ役)とかどうでしょうか。 イヒヒヒもう見た? 『』感想投稿キャンペーン! 当アカウントをフォローして、 をつけて本作の感想をツイートしてください!抽選でペニーワイズ役ビル・スカルスガルド主演の海ドラ「ヘムロック・グローヴ」のDVDを抽選で1名様にプレゼント! ぜひご応募ください! — IT/イット それが見えたら、終わり。 あくまで実写版なので、イメージが合っていれば満足です。 ハリウッド実写版の口コミ スポンサードリンク 「リヴァイが長身の白人になるのは間違いない。 黒人かもしれんが。 ミカサは中国人だなユミルもアジア系」 「リバイもやたらでかい筋骨隆々で墨入りまくったアメリカンな白人になってるんだろな」 「ミカサがチャイニーズでリヴァイのチビ設定が無かったことになりそう」 「リヴァイの配役次第だな トム・クルーズしかいねえわ」 「ミカサもだけどリヴァイ役の配役は重要だよね。 2ch-ranking. この記事を読んでいる人の中には、「日本実写版やアニメ映画版も見てみようかな?」と思っている人もいるでしょう。 でも、個人的には実写版は「見ないほうがいい」と思っています。 見るなら アニメ映画の方がオススメです。 日本の実写映画の方は、原作の設定を無視していて、ミカサとエレンの関係性も違います。 なので、『進撃の巨人』の原作漫画をすでに読んでいる人や、原作ファンは見ないほうがいいですよ。 ミカサは別人。 リヴァイは登場すらしない。 そんな感じなので、太田はオススメしません。 見るなら、アニメ映画版をオススメします。 アニメ映画はイラストも綺麗で、原作ファンも楽しめる内容になっています。

次の

進撃の巨人がハリウッド映画で実写化www : 進撃の巨人ちゃんねる

進撃 の 巨人 実写 リヴァイ

実写版の出演者比較画像 進撃の巨人の実写版のメンバーがいろいろ面白いです。 出演者(キャスト)比較画像を載せてみました。 今回の実写版は新キャラが続々で、なんと リヴァイがいません。 兵長ファンとして結構ショックでしたが出演者の顔ぶれをみて、以外にこれはありかもと思いました。 イメージ通りかは個人の好みがあるので何とも言えませんが、管理人個人的には 結構面白いんじゃないかと思います。 まず、既存のキャラクターの紹介 エレン=三浦春馬(みうらはるま) こうやってアニメ画像と並べてみると、なんかすごく面白いんじゃないかという気がします。 エレンなんかイケメンすぎるかもしれませんが、 体系的にもエレンっぽい感じがします。 ミカサ=水原希子(みずはらきこ) ミカサは水原希子さんのクールな眼差しが結構似合いますね。 ムチャクチャ強そうです。 アルミン=本郷奏多(ほんごうかなた) アルミンも、なんか納得しました。 一見、弱そうに見えて実は精神的にしっかりしている感じがぴったりです。 髪型は黒髪のままのようで残念です。 ジャン=三浦貴大(みうらたかひろ) ジャンもいいんじゃないでしょうか?見た感じ似ている感じがします。 サシャ=桜庭ななみ(さくらばななみ) これは・・・可愛すぎやしませんかね? 是非、桜庭ななみさんが芋をほおばるシーンを見てみたいです。 ハンジ=石原さとみ(いしはらさとみ) ハンジさん・・・。 可愛すぎますね。 個人的に大好きキャラです。 できるだけイメージが湧きやすいように 石原さとみさんのメガネ画像を並べてみました。 しかしこのキャラをどう演じるのかすごく興味があります。 ハンジさんに似ているといえば、アンジェラ・アキさんが 浮かびました。 綺麗すぎですかね。 スポンサードサーチ 何故、リヴァイ兵長は出演しないの? 今回の実写版は、リヴァイ兵長はお休みですが、ネット上では、掃除で忙しいんじゃ、なんて囁かれています。 リヴァイ兵長の掃除姿は結構 萌えでしたもんね。 リヴァイ兵長に似てるのは松田翔太と羽生結弦選手かも? リヴァイ兵長のキャラクターは強烈なので 配役を決めるのにはいなかったのかもしれません。 目つき的には松田翔太さんあたりがいいかも、と思いましたが身長もリヴァイは160cmと小柄ですからね。 松田翔太さんは身長が181cm、羽生結弦選手は171cmありますのでちょっと高すぎなので違和感・・・。 俳優ではないですが、あのフィギュアスケートの中国大会で転倒した羽生結弦選手は、メンタル面でリアルにリヴァイ兵長に似ている気がします。 スポンサードサーチ シキシマって誰なのか知りたい 進撃の巨人でシキシマ役を演じるのは 長谷川博己 ハセガワヒロキ)さん 1977年生まれの37歳 代表作は 家政婦のミタ 熱愛の噂は、 鈴木京香さんとほぼ同棲中。 お二人共、仕事に忙しくどうなのかというところみたいですが結婚説が何度も浮上していることから、もうそろそろな感じがしますね。 人類最強の男シキシマが、人類最強の旦那様になるかもしれません。 長谷川博乙さんは、 「何故、シキシマ役に選ばれたかはわかりませんが一生懸命演じます。 」 と語っています。 このコメントは個人的にツボでした(w) しかし男前なので楽しみですね。 【追記】 長谷川博乙さんはNHKの『まんぷく』で大人気ですね。 立花萬平さんとシキシマは全然違う役柄なのでとても面白いです。 進撃の巨人はフールーで観れます。

次の

進撃の巨人がハリウッド映画で実写化www : 進撃の巨人ちゃんねる

進撃 の 巨人 実写 リヴァイ

進撃の巨人 無料の動画をお探しの方は 進撃の巨人は漫画単行本の累計発行部数が7000万冊を超えているので、アニメ好きだと知らないはずがない人気の漫画です。 その実写版ということで、リアルタイムに映画館で視聴された方も多いかもしれないですね。 このブログ管理人はいまだ実写版を見ていなかったので、先日休みの日に 前編・後編を一挙見しました。 あ、そうそう。 この映画の実写版は前編と後編の2部作品なんですよ。 前編は1時間38分• これは。 』 【関連記事】 進撃の巨人 実写 いきなり意外な意見かもしれないですが 「これは一体どういう事なんだ。 」 頑張って2部作みた私の率直な意見です。 今までの経験上、大人気コミック系を実写化すると、ネットや世間の評判や反応は、割とマイナス傾向に傾く場合が多い気がします。 近年、大ヒットしたアニメの実写版といえば『るろうに剣心』くらいな気もします。 「きっとこの作品は裏切らないだろう。 」という漠然とした期待感がありました。 しかし。 ある意味ツッコミどころが多くて凄い作品です。 今回この作品を見て 「何だこれは…」 と 思った部分は多々ありますが コミックやTVアニメ版の世界観では、絶対に感じれない、実写版ならではの世界観は大いにあります。 (ここにきて褒める でも進撃の世界観や、コミック版の キャラクターのイメージやリスナーの印象など、 実写版ではこの辺りが大幅に変更されており、良い意味で 裏切られた感じにはなります。 実際にこの映画を再生した時の話ですが 「あれ?見る映画間違えたかな? これはスピンオフ作品なのか?」 と正直感じました でもな〜映画タイトルは 『進撃の巨人』と書いてあるな〜と、違和感をもちながらスマホを手に取り、さらさらっとネットのレビューを見たんですよ… そしたら出るわ。 出るわ。 進撃の実写版の 酷評の嵐に 『もうなんじゃこりゃ。 』 もうこれが映画化されて数年経っているのですが、ここまで悪い評判を聞いていなかったので?!正直びっくりしました。 良かったら 🔍進撃の巨人 実写 評価 とかでググって見てください。 でも大人気の進撃の巨人がこれだけ叩かれているなんてある意味レアだとも思い 逆に興味が出てくるし、 世間が酷評する理由を知りたくなりました。 はたして、あの素晴らしい原作者『諌山(いさやま)さん』の想いを感じることができるのか? 【人気の記事】 進撃の巨人実写のあらすじ 『進撃に巨人』の大まかなあらすじです。 百年以上前、突如現れた巨人たちに人類の大半は喰われ、文明は崩壊した。 この巨人大戦を生き残った者たちは、巨大な壁を三重に築き、内側で生活圏を確保して平和を保っていた。 しかし、ある日突然現れた想定外の超大型巨人によって壁は破壊され、穿たれた穴から無数の巨人が壁の中へと侵入。 長年にわたる平和の代償は、惨劇によって支払われることとなった。 それから、二年。 活動領域の後退を余儀なくされた人類は、対巨人兵器、立体機動装置によって武装した調査団を結成。 奪われた土地を巨人から取り戻すべく、外壁の修復作戦に踏み切るが…。 サイト管理人は『進撃の巨人』のコミックを、まだ14巻までしか購入していないのですが、実写版映画のストーリーは 原作の冒頭部分のあらすじ ただ設定が色々違うので、多少話は変わっていきます。 進撃の巨人実写 ミカサの感想 私が視聴していて最初に驚いた部分。 『進撃の巨人』のストーリーの中でもひときわファンの多い黒髪の女性『ミカサ』ですが、このミカサが冒頭で死ぬ・・・?という展開に正直.. 「おい、どういうことだ。 俺のミカサを返してくれ、、」となります。 心の中で不穏な空気が漂いました。 「大丈夫か…これ?」みたいな。 ストーリーが多少変わっていようが、コミック版のように主人公の『エレン』や『ミカサ』が一緒になって 「心臓を捧げよ!!!」 と胸に手を当てて結束する姿や、ミカサが 「命をかけてでもエレンは守る!」というミカサの生きる理由や、戦闘でのエリートぶりを実写版でも見たかったんですが。 「ん、ミカサ死ぬの?」みたいな。 改めて結構ストーリーが違う• 舞台がドイツから日本に• アルミンが黒髪• 立体機動装置の臨場感が若干迷子• リヴァイがいない• シキシマって誰!! ここまでくると…内心少し困ったちゃんです。 でも流石に これはおかしすぎるぞ。 ただ実写化するだけなのに、なぜこんな設定になったのか?何か理由があるはずでは、、? あれだけ絶賛されていたストーリーを、こんなにも変更した意味は何か。 もしこの『進撃の巨人』を全く知らない人が見れば普通に面白いかもしれない。 劇中も映像やCGや背景の小道具、色々と頑張ってやっている感は伝わりますし普通に面白い部分も多い。 でもアニメ版など原作を見てしまっている僕のような人が見るから変なのか? だからなおさら。 なぜこうなったのかが知りたい(笑) ふと、SNSでも管理人と同じように感じた人いるのかな?と思いネットで調べて見ると、 いました! 進撃の巨人実写版、冒頭5分で断念した。 原作とはべつのエンターテイメントとして観れる様になるにはもう少し時間がかかるみたいです。 また少し興味が湧いてきました。 理由を探ってみよう。 進撃の設定が変わった理由を調べて見た まず根底にあるキャラ設定の変更とストーリーの設定が違う件について調査。 すると! これはどうやら原作の世界はドイツなのですが、実写化は日本を舞台に作ることした為、色々と変わらざるをえなかったことがあるのだそう。 日本人でも普通に金髪いるよ? というツッコミはここでは置いておいて。 それよりも 大変許しがたい。 超重要人物のリヴァイが いないことが意味不明なのだ。 これは進撃ファンが納得できる説明が欲しいです(鼻息荒め) これは… 『リヴァイ』という名前の代用を、日本人の名前で生み出すことができなかったという理由 らしい。 で、その代わりといってはなんですが、『リヴァイ』のように強い『シキシマ』というキャラが登場したのだそうだ。 まぁそんな名前程度の問題で超重要人物を省かないといけないなんて、この映画自体『進撃の巨人』である必要があったのか考えちゃいます。 ふと真面目にそう思ってしまいます(笑) でもその辺りは、今回映画を制作実現するにあたり原作者の気持ちが強かったみたい ふーん。 あ、そうそう。 忘れてはいけない。 これもかなり「あれ・・」って思ったのが 『エレン』と『ミカサ』の関係性。 なんか。 コミック版やTVアニメ版みたいに、ミカサのエレン命!な感じが無い。 どうやら調べると、これにも理由があるらしいのだが、コミック版ではミカサからすると『エレン』は運命共同体。 幼い頃『エレン』は『ミカサ』を助ける為に、ミカサを襲った人間を殺してしまうシーンがありました あの事件によって『ミカサ』は『エレン』に対しの忠誠心的な感情が強く、その後は自分を犠牲にしても、終始『エレン』を守り抜くという強い使命感がある。 普段からエレンは都度ミカサに助けられて、男としてのプライドをチクチク傷つけられるという関係性があります。 この実写化の話があった際に原作者の『諌山』さんの強い願いもあったそう 主人公の『エレン』はコミック版のように 巨人を恐れない強い人物ではなく、 村人と同じ巨人に対して、『恐怖』を感じる ごく普通の弱い人間にしたいと希望をだしたそうだ。 そうすると? この過去にミカサの為に殺人を犯した少年という設定が合わなくなってしまったらしい。 その為実写版では、この殺人を経験した設定を消去!! そうすると『ミカサ』が『エレン』を常に命がけで守るというキャラの設定の要素が弱くなってしまい 実写化の映画では『ミカサ』と『エレン』の絆が、コミック版の時よりも多少薄れているという感じなのだという。 。oO) でも一応、映画版でもエレンがミカサのことを好きという気持ちは残ってるけど、ミカサ側は巨人達に対しての恨みや怒りを優先している状態なんです。 少しネタバレ的にいうと、映画実写版の冒頭でミカサは一度死んだと思わせるような設定でしたが、後で『シキシマ』の元で強くなっていたという設定です。 地味にいろんなキャラも見所です まぁあまり内容を掘り下げすぎない程度に書きましたが、実写版は原作が好きな人向けでなないことは確か。 でも原作のことを意識しなければ、普通に面白い映画ですよ。

次の