ペット ショップ の 売れ残り の 犬 を 買い たい。 里親募集コーナー

里親募集コーナー

ペット ショップ の 売れ残り の 犬 を 買い たい

ペットショップでは売れ残りの動物たちはその後どうなるか気になりますよね。 ペットショップでは生後数ヶ月の子犬や子猫がガラスケースに入れられて売られています。 可愛い仕草を見ていると癒されるし、ずっと見ていたくなります。 子犬や子猫は月齢の低い子たちから売れる傾向があります。 そう言えば、生後6ヶ月くらいの犬や猫はあまり見かけません。 見かけても値段が下げられて売られていたりします。 すべての犬や猫が優しい飼い主の元へ売れていけば何も問題はありませんが、生まれてから半年以上経つ犬や猫は売れにくいなど、ペットショップには裏事情が色々とありそうです。 また、ガラスケースの中に動物たちが陳列されているということは、犬や猫にとって強いストレスになります。 早い時期から親や兄弟と離されていますので、愛情を知らずに育って明るさに欠ける性格になることもあるそうです。 ペットショップの中には衛生状態の悪い中で育てられ、購入してもすぐに死んでしまうというケースもあります。 そこで今回はペットショップの裏事情と売れ残りの動物たちの行く末をお伝えします。 ペットショップの看板犬になる ペットショップの売れ残りの動物は、ペットショップの看板犬などになってお店で飼うことがあります。 ドッグフードはメーカーからの業務用のサンプルなどがありますし、餌代がほぼ無料で手に入ります。 トリミングはトリマーがしてくれるので、維持費がそんなにかかりません。 お店の人がしつけをしてしっかり看板犬として育てます。 看板犬は、スタッフやお客さんから可愛がられるので良い性格に育つようです。 ペットショップの売れ残りとなるのは生後半年を過ぎた犬や猫が多いです。 値段を安くして売りに出す ペットショップの売れ残りの生後半年を過ぎた犬や猫は、価格を安くして売りに出すこともあります。 2〜3ヶ月の子犬だと10数万円していても、だいたい2〜3万円くらいに値段を下げます。 安くなれば、購入する人が決まることが多いです。 しかし、「私がこの子を引き取らなければ」という気持ちで飼う方が多いです。 ほとんどの方は価格が高くても生後2〜3ヶ月の子犬や子猫の状態から飼いたいという気持ちがあります。 ペットショップの売れ残りの動物たちにはいろいろな事情がありそうです。 里親を探す ペットショップでの売れ残りの動物は、無料で里親になってくれる人を探す場合もあります。 やはり生後半年を過ぎると、価格を安くしても子犬や子猫の行き先が決まらない時もあります。 そういう時はお店に来店した人や、お店のホームページでの募集をしたりします。 ペットショップの店員が知人に聞いて、里親がいないか探す場合もあります。 この段階でだいたい犬や猫は飼い主が決まってくるそうです。 繁殖犬になる ペットショップの売れ残りの動物は、繁殖犬になる場合もあります。 見た目の良い、健康で丈夫な犬や猫は繁殖用として使われることもあります。 メスは特に、ブリーダーの元に戻って子犬や子猫を産む為に使われます。 良いブリーダーならいいのですが、薄利多売主義のブリーダーだと、パピーミルとして繁殖のみで過ごすことになってしまいます。 メスは発情期の度に子犬を産み続け、オスもできる限り繁殖に使われる場合もあります。 ペットショップの売れ残りの犬・猫の悲しい運命ですね。 店員が引き取る ペットショップの売れ残りの犬や猫、その他ハムスターなどの小動物たちは、店員が家で引き取って育てることもあります。 ペットショップの店員は、動物が好きな人がほとんどですね。 ペットの専門学校やトリマーの専門学校を出た人も多いです。 動物の知識もあって、世話も十分できる人たちばかりなので安心ですね。 しかしペットショップの売れ残りが出る度に店員が引き取る訳にはいきません。 ペットを飼ってはいけないマンションに住んでいる人もいるでしょう。 他の店舗に持って行って動物を交換する ペットショップには複数の店舗がある場合があります。 ペットショップの売れ残りの動物は、他の店舗に持って行って動物を交換する場合があります。 そうすると売れ残りの犬や猫も売れる場合があります。 全国規模のチェーン店であるペットショップなら、犬や猫を他の店舗と交換すると飼い主が決まることがあります。 輸送が動物の体には負担になるかもしれませんが、飼い主が決まって幸せになるなら良いことでしょう。 保健所へ連れて行く ペットショップの売れ残りの犬や猫が保健所に行くのではないかと誰もが考えたことがあるでしょう。 一部の悪徳なペットショップでは店の名前を隠して、個人として保健所に持ち込む人も未だにいるようです。 以前はペットショップでも病気になった犬や売れ残りの犬は殺処分になることもありました。 今は保健所に持って行くようなことはないと言うペットショップの販売員もいます。 ペットショップの売れ残りの動物たちには、残酷な現実もあるかもしれないということを心に置いておきたいものです。 いかがでしたでしょうか。 ペットショップの裏事情と売れ残りの動物たちの行く末を書いてみました。 正直知りたくないような恐ろしい事情もあるようです。 他にも動物実験に使われるのではとか、薬殺や撲殺があるのではないかという疑念も残ります。 実際ペットショップで働いていた方は、そういうことはないとおっしゃる方もいます。 一部の悪質な業者のイメージが拭いきれないようですね。 それとペットショップの業界自体の不透明さもあって、わかりにくい部分もあるでしょう。 ガラスケースに入れられて、可愛い子犬や子猫が無邪気に遊んでいますが、こういう裏事情も忘れないで下さい。 また動物を飼うことになったら、最期まできちんと面倒を見ることが大切です。 一つの命なので、可愛いから飼いたいというだけの気持ちで飼うのは、少し考え直した方がいいでしょう。 責任を持って可愛がりながら、動物とともに生活できるといいですね。 まとめ ペットショップの裏事情と売れ残りの動物たちの行く末とは ・ペットショップの看板犬として、ペットショップで飼われることもあります ・生後半年を過ぎた犬や猫は、価格を安くして売りに出されることもあります ・無料で里親になってくれる人を探す場合もあります ・見た目の良い、健康な犬・猫は繁殖用になる場合もあります ・ペットショップの店員が引き取って、家で育てる場合もあります ・複数店舗がある場合は、他の店舗へ持って行き飼い主が決まる場合があります ・一部の悪徳なペットショップでは保健所へ持って行くこともあるかもしれません.

次の

ペットショップの裏事情、売れ残りの動物たちの行く末とは

ペット ショップ の 売れ残り の 犬 を 買い たい

そうだね。 それで、売れ残っていって旬を過ぎてしまって体が大きくなっていって、どんどん価格が安くなるんだね 実際に、私の知り合いの方もトイプードルを飼っていますが、そのトイプードルもペットショップで売れ残っていたようで1万円くらいの値段で売られていたようです。 ということで、ペットショップの売れ残りの子を引き取りたい・買いたい方は、その ペットショップのサイトにアクセスしてどんなワンちゃんが売れ残っているかチェックしてみるといいかと思います。 無料で引き取るというのは難しいかもしれませんが、かなり安く売られている子がいる可能性があります。 実際にペットショップで売れ残りになった犬を購入した人の話!値引きがすごかった? 実際に、ペットショップで売れ残りになった犬を買った人に話を聞くと、ペットショップの店員さんも 『どうぞ飼ってあげてください』という態度を見せてくれるようです。 場合によっては、さらに値引きするから購入してくれと 押し売り状態のような感じになってしまう店員さんもいるようですね。 あ、そっか。 売れ残っているワンちゃんは生後6ヶ月くらいのことが多いから、もうワクチンを打ち終えているのね まなか ということで、もしワクチンを打っていなくて売れ残っているワンちゃんであれば、かなり安い金額で売られているのかもしれません。 ペットショップで売れ残りになっているワンちゃんを飼う場合は、ワクチンが打たれているかどうかもチェックしてみてくださいね。 ペットショップで売れ残りになった犬を引き取る場合デメリットはあるの? では、ペットショップで売れ残りになったワンちゃんを買いたいと思って引き取る場合、デメリットはあるのでしょうか? 『売れ残りになっただけでもかわいそうなのに、デメリットなんて酷い!』という方もいるかもしれませんが、飼い始めてから後悔することがないようにやはり知っておいたほうがいいです。 こちらが、ペットショップで売れ残りになった犬を引き取った場合に考えられるデメリットです。

次の

ペットショップの裏事情、売れ残りの動物たちの行く末とは

ペット ショップ の 売れ残り の 犬 を 買い たい

『良いペットショップ』と『悪いペットショップ』とは? ショーケースの中に入れられた子犬たちを見て、とても驚く出来事がありました。 狭いショーケースの中は、おしっことうんちだらけ• 子犬のお尻にウンチがこびりついている• 子犬のカラダがおしっこでびしょ濡れになっている• 毛はボッサボサのまま• 目ヤニがたくさん付いている など、全くお手入れをされた様子がありませんでした。 「この子たちは大切にされていないのかしら…」そんな気持ちでとても切なくなりました。 店舗の外にあるドッグランには親犬たちがいたのですが、とても汚らしく、お手入れをされている様子がありませんでした。 これは、確実に『悪いペットショップ』の例なのではないでしょうか。 良いペットショップと悪いペットショップの見極め方とは? 実店舗を持つペットショップにとって、お客様とのトラブルは信用を失ってしまうことにもなりますし、直接ブリーダーから仕入れる場合も、競り市で仕入れる場合も、業者から仕入れる場合も、利益以上にブリーダー選びは重要なことです。 良いペットショップなのか、悪いペットショップなのか、見極めたい場合には、これからご紹介する「質問」をしてみてください。 質問1. 「この子犬はどこから来たのですか?」• 答えたくないのか、情報の共有ができていないのか、「アルバイトだから聞かされていません」では信頼できないお店だと判断して良いと思います。 質問2. 「どちらのブリーダーさんですか?」 ブリーダーさんから仕入れたという場合、そのブリーダーさんに関する情報を聞きます。 犬舎の住所や連絡先など、細かく聞いて、インターネットで調べてみましょう。 インターネットで調べることができない場合には、電話してみても良いと思います。 質問3. 「いつこのお店に来ましたか?」 生後49日以降に来た子犬であることが一般的なのですが、それ以前であれば「動物の愛護及び管理に関する法律」の違反になります。 質問4. 「抱っこしてみても良いですか?」 子犬を触らせてもらう場合や抱っこさせてもらう場合、お客様に手の消毒をお願いするペットショップは良いペットショップです。 また、抱っこした子がどんな性格で普段どのように過ごしているのか答えられるかどうかも確認してみてください。 答えられるお店は、普段から動物達の事をよく観察しているペットショップなのだと思います。 私が「良いペットショップだな」と感じたこと• とにかく清潔感がある• 販売している動物たちを大切にしている• いつでも相談に乗ってくれる• お誕生日に関するサービスがある 清潔感 お店の全てに清潔感があること、これはとても重要なポイントだと思います。 子犬たちの清潔や安全もしっかり守られているかどうかチェックしてみてください。 うちの愛犬のポメラニアンは長毛なため、子犬のときにも毛が汚れやすいのですが、お尻周りもしっかりとお手入れされていました。 販売している動物たちを大切にしている 犬・猫・鳥・うさぎ・ハムスター・魚・亀・スッポン・カメレオンなど、ペットショップにはたくさんの動物たちがいますが、全ての動物たちを大切にお世話しているお店はとても良いお店だなと思います。 犬が好きだから犬だけ可愛がる、そんな店員さんのいるペットショップに出会ってしまったことがあり、とても悲しくなりました。 いつでも相談に乗ってくれる これは、実際に子犬を購入した後のことなのですが、犬と暮らすことが初めての人や、何か困ったことや不安なことがあった場合、親身になって相談に乗ってくれるペットショップはとても良いお店だと思います。 売りっぱなしのお店は、ペットショップだけでなく、どんなお店でも悪いお店だなという印象を持ってしまいます。 お誕生日に関するサービスがある うちの愛犬のポメラニアンはペットショップから迎えましたが、毎年お誕生日にはお祝いのメッセージカードが届きます、もう6年目です。 何かをサービスしてくれることが嬉しいのではなく、今までに送り出してきた何百頭ものポメラニアンのうちの一頭であるうちの子を覚えていてくれることが嬉しいんです。 トリミングをお願いするわけでもなく、何か買い物をするわけでもなく、ただ「元気な姿を見てもらいたいな」という思いだけで会いに行くのですが、お誕生日のプレゼントまでいただき、店員さん皆さんに抱っこされ、可愛がっていただき、生まれた日の話をして下さる店員さんがいたりなど、とても大切にされていたこと、今も大切に思っていただけていることがとても良くわかります。 まとめ いかがでしたでしょうか。 良いペットショップと悪いペットショップの例を挙げてみたのですが、みなさんが実際にペットショップへ行ってみて、店員さんと接してみて、少しでも「嫌だな」という気持ちになってしまったのであれば、そのお店はやめておいた方が良いと思います。 子犬や親犬がどのような環境で飼育されているのか、どんなブリーダーさんや業者さんから仕入れたのか、犬や動物たちに対する姿勢や思いはどうなのか、みなさんが気になる点をしっかりチェックし、見極めましょう。 しつけの相談などアフターケアをして下さるペットショップはとても良いと思います。 今のキャバ犬をペットショップでした。 前は、近所に保健所に勤めておられた父の時からずっとシェルティでしたが、最初女の子だったから家で子供も出来ずっと30年以上。 でもその子供は弱かったので諦めましたが頑張って13年居ました。 次は、盗られました、8年間居ました。 今室内でいつも一緒だけど、買い行った時少し預かって欲しと言うとうちでその日買い物しないとダメといつも買っているのに生犬だけ売ればいい?まだそこのペットショップで今の子買って半年も経たない。 客の顔は覚えてなくても?それに買った時対応した店員?2度と行かない。 今は近くのホームセンター、連れて行ったらシートもくれる。 買ってないのに親切。 買えば終りとか、営利、それよりこの子に話掛けも覚えもいてくれてない?かなりショック!スーパーの店?2度と行くか!と近くにペットを扱っている店は何件かある。 買い物もホームセンターの横の店です今はそのルートもこの子気に行っている。

次の