織田 裕二 映画。 卒業旅行 ニホンから来ました

織田裕二と柳葉敏郎の共演NG、不仲になった理由は?和解は?

織田 裕二 映画

織田裕二 月9主演に不安の声…地上波初映画が不振で局内震撼 織田裕二(50)が10月期のフジテレビ系月9ドラマで、鈴木保奈美(51)と「東京ラブストーリー」以来27年ぶりに共演する。 6月12日に本誌が報じたが、織田にとって月9主演は10年ぶり。 その期待値は、局内でも分かれているという。 「2人が共演するドラマは、米国の人気ドラ『SUIT』をリメイクしたもの。 織田さんは手段を選ばず訴訟での勝利を至上とする敏腕弁護士役。 鈴木さんは、織田さんが働く法律事務所の所長役を演じる予定です。 上層部は『これで月9は復権だ!』と息巻いているようですが、 若い社員になればなるほど『完全な時代錯誤』と冷ややかな反応です」(フジテレビ関係者) 08年の月9ドラマ「太陽と海の教室」の平均視聴率は14. 8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 しかし先日、局内を震撼させる出来事があったというのだ。 「サッカー日本代表のW杯初戦であるコロンビア戦が行われた6月19日、 フジテレビでは織田さんの主演映画『ボクの妻と結婚してください。 』を地上波初放送しました。 しかし、その視聴率がわずか3. 6%だったというのです。 いくらW杯の裏番組だったとはいえ、ゴールデン帯の放送ですからね。 局内では『織田さんが主演で月9は大丈夫なのか?』と不安視する声が上がり始めています」(前出・フジテレビ関係者) 織田は、この声を払拭できるのだろうか。

次の

織田裕二、地上波初主演映画の視聴率が酷すぎる……: GOSSIP速報

織田 裕二 映画

・桃色学園都市宣言 河田工業高校電気科(1987年) ・プロゴルファー祈子(1987年) ・北の海峡(1988年) ・涙日記(1988年) ・風雲! 江戸の夜明け(1989年) ・十九歳(1989年) ・ママハハ・ブギ(1989年) ・邪魔してゴメン! (1989年) ・あいつがトラブル(1989年) ・卒業(1990年) ・予備校ブギ (1990年) ・世にも奇妙な物語 「ロッカー」(1990年) ・東京ラブストーリー(1991年) ・東京ラブストーリー特別編(1993年) ・初恋の殺人者(1991年) ・実録犯罪史シリーズ 新説・三億円事件 史上空前の現金強奪!! 少年A犯行の全真相…!? (1991年) ・あの日の僕をさがして(1992年) ・振り返れば奴がいる(1993年) ・振り返れば奴がいるスペシャル(1993年) ・素晴らしきかな人生(1993年) ・お金がない! (1994年) ・正義は勝つ(1995年) ・真昼の月(1996年) ・踊る大捜査線シリーズ ・踊る大捜査線(1997年) ・踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル(1997年) ・湾岸署婦警物語 初夏の交通安全スペシャル(1998年) ・踊る大捜査線 秋の犯罪撲滅スペシャル(1998年) ・踊る大捜査線 THE LAST TV サラリーマン刑事と最後の難事件(2012年) ・恋はあせらず(1998年) ・ロケット・ボーイ(2001年) ・真夜中の雨(2002年) ・ラストクリスマス(2004年) ・冗談じゃない! (2007年) ・太陽と海の教室(2008年) ・外交官 黒田康作(2011年) ・Oh,My Dad!! (2003年) ・踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! (2003年) ・県庁の星(2006年) ・椿三十郎(2007年) ・アマルフィ 女神の報酬(2009年) ・踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ! (2010年) ・映画 ボクの妻と結婚してください。 (2016年).

次の

卒業旅行 ニホンから来ました

織田 裕二 映画

87年、「湘南爆走族」の主演でデビューを飾り、シングル曲「BOOM BOOM BOOM」で歌手としてもデビューした。 翌年「北の海峡」でTVドラマに初出演し、91年放送された「東京ラブストーリー」でスターダムにのしあがる。 刑事ドラマ「踊る大捜査線」(97)で主人公・青島俊作を熱演し、自ら歌った主題歌「Love Somebody」もヒットした。 同シリーズは劇場版も第3弾まで製作されていずれも大ヒットを記録。 劇場版第2作は興行収入173. 5億円を記録し、実写邦画の興収歴代1位に君臨(11年現在)。 名実ともに同シリーズは織田の代表作となった。 09年の「アマルフィ 女神の報酬」は、その後TVドラマ「外交官 黒田康作」(11)として展開し、さらに続編映画「アンダルシア 女神の報復」(11)へとつながる。 その他の映画に「ホワイトアウト」(00)、「県庁の星」(06)、「椿三十郎」(07)などがある。 97年から世界陸上のメインキャスターを務めている。 関連作品(映画)• 6 2016年公開• 1 2012年公開• 2 2011年公開• 9 2010年公開• 1 2009年公開• 1 2007年公開 受賞歴.

次の