除湿機 梅雨。 「衣類乾燥除湿機」はどれがいい? 家電のプロが選ぶべき「方式」と「最新モデル5選」を伝授

除湿機で梅雨の洗濯をもっと便利に

除湿機 梅雨

梅雨といえば、湿気が多く室内のカビも気になる季節。 洗濯物を部屋干しする日も増えますが、部屋干しは乾きにくく、部屋干し臭に悩んでいる人も多いはず。 また、エアコンなど家電内部の「見えない場所のカビ」が気になる人もいるでしょう。 そんな悩まされる梅雨の到来に向けて、パナソニックはプレス向けに「梅雨に向けた上手な家電の使い方・お手入れセミナー」をオンライン開催しました。 登場した家電は、5月下旬発売の「」、7月20日発売の「」、です。 ここでは、梅雨の季節で特に力を発揮する衣類乾燥除湿機を中心に紹介します。 5月下旬発売予定の衣類乾燥除湿機「F-YHTX90」。 パワフルながらコンパクトな本体サイズが特徴 梅雨だけじゃない、一年中強力除湿するハイブリッド除湿機 パナソニックによると、梅雨の困りごと第1位は「洗濯物が乾かない、乾きが悪い」ことだそう。 確かに、湿度が高い日の部屋干しはなかなか乾かず、その結果、部屋干し臭に悩まされることもあります。 そんな場合に力を発揮するのが除湿機です。 最近は部屋全体を除湿するだけでなく、部屋干し衣類の乾燥補助をする除湿機が増えており、「衣類乾燥除湿機」などと呼ばれています。 パナソニックが5月下旬に発売する「衣類乾燥除湿機 F-YHTX90」(以下、F-YHTX90)も、部屋の除湿と合わせて衣類乾燥にも対応した製品です。 5月下旬発売予定の「衣類乾燥除湿機 F-YHTX90」。 価格はオープンで、推定市場価格は55,000円前後(税別)です• 梅雨の困りごと第1位は「洗濯物が乾かない」。 納得する人も多いのではないでしょうか 6畳の空間で室内干ししたときの室内湿度の変化と、衣類の残水率の変化を調べたところ(パナソニック調べ)、自然乾燥や風を当てただけの場合は、室内湿度が10時間たっても80%以上だったそうです。 一般的に適切といわれる湿度は40~60%なので、80%はかなり湿度が高い状態。 こうなると、家具の裏や窓のまわりなどにカビの発生が心配です。 また、室内干しした衣類は、除湿機を使わないと4時間たっても湿度が50%以上あり、雑菌繁殖による部屋干し臭が気になる状態でした。 部屋干しにおける除湿機の有効性がよくわかる結果です。 室内干ししたときの室内湿度の変化と、衣類の残水率の推移をグラフにしたもの。 除湿機を使わないと、4時間たっても衣類が湿っている(50%以上)のがわかります 現在は多くのメーカーが衣類乾燥除湿機を発売していますが、F-YHTX90の特徴は2つ。 ひとつは、除湿方式がハイブリッド方式であること。 もうひとつは、コンパクトでシンプルな本体デザインです。 特に注目したいのが、ハイブリッド方式。 一般的な除湿機は、大きくわけてコンプレッサー方式とデシカント方式のどちらかを採用しています。 コンプレッサー方式は、空気中の水分をコンプレッサーで冷やして結露させ、「湿気」を「水」に変えてタンクに溜める除湿方法。 結露は温度差が大きいほど発生しやすいので、コンプレッサー方式は梅雨や夏などの暖かい時期に効率よく除湿できます。 一方、寒い冬は除湿性能が落ちるというデメリットがあります。 もうひとつのデシカント方式は、デシカント素子に空気中の湿気を吸着させる除湿方式。 吸着した水分をヒーターで蒸発させるので、コンプレッサー方式よりも消費電力が大きいというデメリットがあります。 パナソニックのハイブリッド式は、コンプレッサー方式とデシカント方式を融合したもの。 気温に左右されず一年中効率的に除湿でき、さらに電気代もデシカント方式ほどかかりません。 最近は花粉やpm2. 5、黄砂といった問題から、梅雨の時期以外でも洗濯物を部屋干しする人が増えています。 梅雨に限らず、常に衣類乾燥を助けてくれる製品は魅力的です。 気温が高い場合はコンプレッサー方式、低くなるとデシカント方式を組み合わせることで、除湿効率とランニングコストを改善しています パナソニックは、ハイブリッド方式の衣類乾燥除湿機をすでに2モデル発売していますが、今回のF-YHTX90との違いは本体サイズ。 たとえば、1回で約4. 新製品のF-YHTX90は、対応する洗濯物の量は1回約2. 高さを抑えたデザインなので、洗濯物の下に本体を置いて乾燥させられる点も特徴です。 F-YHTX90は高さが33. 5cmと低いので、今までの製品では難しかった「洗濯物の下に本体を設置」も可能。 部屋干し乾燥中、ジャマになりません• 右から、フラッグシップモデルのF-YHTX200、ミドルモデルのF-YHTX120、新製品のF-YHTX90。 大きさがかなり違います また、パナソニックらしい機能として、F-YHTX90は雑菌の抑制や除臭に効果を発揮するナノイーX機能を搭載。 頻繁には洗えない衣類の除菌や、花粉・ニオイケアとしても利用できるとしています。 衣類乾燥だけではなく、部屋全体を除湿する「除湿」モードや、ナノイーXによって衣類や寝具の除臭などができる「ケア」モードなどを備えています 洗濯機やエアコンはカビなどのメンテナンスがしやすい製品を 今回のセミナーでは衣類乾燥除湿機のほか、7月発売の縦型洗濯機 NA-FW120V3や、エアコン エオリアXシリーズについての説明もありました。 両製品で共通してアピールされたのは、梅雨時期で心配な「見えない位置に発生するカビ」のケアがしやすいという点です。 洗濯容量12kg、乾燥容量6kgの縦型洗濯乾燥機 NA-FW120V3。 7月20日発売で価格はオープン、推定市場価格は230,000円前後(税別)です• すでに発売済みのルームエアコンエオリア Xシリーズ。 価格はオープン、実勢価格は260,000円前後~410,000円前後(税別) たとえば、縦型洗濯機は目に見えない洗濯槽の裏側でカビが心配。 NA-FW120V3は、洗濯槽のお手入れが必要なタイミングになったとき、「槽洗浄サイン」が点灯して知らせてくれます。 また、面白い機能として「サッと槽すすぎ」コースがあり、強力かくはんと大水流シャワーで槽内を水ですすぐ機能です。 汚れた洗濯物を洗ったあと「ちょっと洗濯槽をキレイにしたい」といったタイミングで使うとよいですね。 「槽洗浄サイン」が点灯したら、槽洗浄コースでお手入れをするタイミング。 定期的なメンテナンスによって、洗濯槽の裏に発生するカビを抑えます 一方、エアコンは「熱交換器」に発生するカビについて。 パナソニックによると、一般的なエアコンは、汚れが付きにくいコーティングを施した金属を裁断して、熱交換器の形に並べます。 盲点は、裁断面はコーティングされていないこと。 エアコン内部でカビが発生しやすいのも、熱交換器の金属パーツ断面だそうです。 パナソニックのエオリアXシリーズは、裁断面までコーティングしているので、熱交換器が汚れにくいとしました。 金属板が数mm単位でびっしりと並んでいる「熱交換器」。 エアコンは、この金属の断面部分にカビが発生しやすいのです• コーティングあり(写真左側)となし(写真右側)の素材に赤い油を塗り、さらにホコリをくっつけた実験。 コーティングのあるエリアは、なにもしなくても油を弾いているのがわかります• 上記の素材に、じょうろで水をかけたところ。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

梅雨の湿気対策は換気が基本!簡単に湿度を下げる方法とは?

除湿機 梅雨

デシカント式の除湿機は音が静かなので音が気になる方や、就寝中に除湿機を使用される方におすすめです。 ヒーターを使ったパワフルな除湿で、衣類乾燥に最適! ハイブリッド式 コンプレッサー式とデシカント式の機能を持ち合わせ、周囲の環境に合わせて効果的な除湿方法を用います。 その反面、コンプレッサー式やデシカント式の除湿機に比べると、本体が大きく高価な点がデメリットです。 除湿能力とタンク容量をチェック 除湿能力が高ければ高いほど、部屋の除湿や部屋干しは短時間で終わります。 また、タンク容量が大きいほど、水捨ての頻度が少なくて済みます。 しかし、除湿能力やタンク容量が上がると、それだけ価格や電気代が上がったり、本体が大きくなります。 「急いで洗濯物を乾かすことが多い」「寝る前に干して朝乾いていればいい」などライフスタイルや考え方は人それぞれ。 室内干しの効率を高める4つのコツ 室内干しにも大活躍の除湿機!少しの工夫で除湿機はより効果的に使えるってご存知でしたか? 窓を閉めて使う 窓が開いていると湿気がドンドン流入してくるので除湿機の効果が半減してしまいます。 除湿機を使う時には 部屋の窓を閉めて使うとより早く洗濯物が乾きます。 小さな部屋で使う 空間が小さいほど除湿効率が高くなります。 広いリビングよりも、お風呂場などできるだけ小さな部屋で使った方が、洗濯物が乾きやすくなります。 干し方に工夫をする 洗濯物の間隔を開けて干したり、裏返して干したりするなど、干し方にも工夫をすると除湿の効率が良くなり、洗濯物が乾きやすくなります。 【洗濯物が乾きやすくなる干し方】 間隔を開けて干す 洗濯物同士が触れたり重なってしまうと乾きにくくなります。 できるだけ洗濯物と洗濯物の間を開けて干すようにしましょう。 衣類を裏返して干す 衣類の裏側は縫い目に厚みがあって乾きにくいので、裏返して縫い目を表側に出して干しましょう。 フード付きの衣類など厚手の物は逆さにして干す フード付きの衣類など厚手のものは逆さにして、フードや袖が重ならないようにすると乾きやすくなります。 タオル類は少しだけ掛ける タオル類は半分に折って掛けるのではなく、風が当たる面積を広くとると、乾きやすくなります。 太めのハンガーを使う 太めのハンガーに干すと、衣類の内側に空間ができるので乾きやすくなります。 サーキュレーターを使う サーキュレーターで洗濯物に風を当てると空気が流れて洗濯物をより早く乾かすことができます。 こんなにある!除湿機の活用方法 除湿機はお部屋の除湿や室内干し以外でも活躍するとても便利な家電です。 除湿機をいろいろな場面で活用して快適に暮らしましょう。 日当たりの悪い廊下や玄関での湿気取りに 日当たりが良くない廊下や玄関は湿気がこもりがちです。 特に カビの生えやすい下駄箱の湿気取りは重要。 下駄箱の扉を開けてその前に除湿機を置いて除湿しましょう。 お風呂場で 浴室に乾燥機がない場合に除湿機を使って除湿をすると カビが発生しにくくなります。 お風呂の湯気や濡れたバスタオルなどで湿気がこもりがちな脱衣所の除湿にも除湿機が活躍します。 押入れ・クローゼットの湿気取りに 湿気がこもりやすい押入れやクローゼットの除湿にも除湿機が使えます。 押入れやクローゼットの扉を開けて前に置いて除湿しましょう。 布団や衣類のダニ・カビ対策になります。 マットレスの湿気取りに マットレスは布団のように日干しすることができず、湿気がこもってカビが発生しやすくなります。 除湿機をベッドのそばに置くことで、マットレスにこもった湿気を取り除くことができます。

次の

除湿機を梅雨の洗濯物に タンク容量の目安とお手入れが簡単なのは?

除湿機 梅雨

梅雨の湿気対策に除湿機 梅雨の時期になると湿気の問題に頭を悩ます方も多いのではないでしょうか。 ジメジメするし洗濯物も乾かず生乾きの臭いも気になる、ダニやカビも心配・・・ そんな梅雨の時期の湿気対策には、除湿機とエアコンがありますが、ここでは除湿機を使った湿気対策について見ていきましょう。 除湿機はコンプレッサー式とデシカント(ゼオライト)式が一般的です。 除湿機のコンプレッサー式 エアコンの除湿機能と同じ方法で、空気を取り込んで冷やし、熱交換器で結露させ除湿する方式です。 特徴としては、以下になります。 電気代が安い• ヒーターを使わないため気温が上がりにくい• 重量が重い• 機種によっては多少うるさい、コンプレッサーの振動音がある 除湿機のデシカント(ゼオライト)式 湿った空気をゼオライト(乾燥剤)に吸着させて、ヒーターを使って水分を出し、熱交換器で滴下させ除湿する方式です。 特徴としては、以下になります。 電気代が高い• ヒーターを使うため気温が上がりやすい• 重量が軽い• 低温での機能低下が少なく冬でも除湿能力が下がりにくい 除湿機の選び方 除湿機の方式の違いがわかったところで、次は選び方について見てみましょう。 除湿機には主に デシカント式と コンプレッサー式がありますが、どちらを選ぶのが良いのでしょうか。 除湿機はデシカント式とコンプレッサー式のどっち? デシカント式とコンプレッサー式、それぞれメリットとデメリットがありますので、使い方に合ったものを選ぶのが良いでしょう。 冬はデシカント式の方がコンプレッサー式より暖かく、乾かすことに長けています。 なので、冬場はデシカント式の方が除湿、乾燥能力が高くなるのでデシカント式の方が良いでしょう。 ですが、デシカント式は消費電力が高くて稼働時のコストがかかる傾向があります。 夏場になると、エアコンを付けないと我慢できないため、除湿機とエアコンの電気代がかかるという意見もあります。 また、人によっては気になる臭いがあるようです。 この臭いは衣類にもつくため我慢できずデシカント式を手放したという意見もあります。 一方のコンプレッサー式は、とにかく稼働時のコストが安く、デシカントの3分の1くらいということです。 どちらを選ぶかは、どこをポイントとするかによります。 使う時期 使う時期を想定しているならば、その時期に適したものを選びましょう。 梅雨や夏に主に使うなら コンプレッサー式が良いでしょう。 冬も含めて1年中使うなら デシカント式が良いでしょう。 静かな方がいい場合 寝室や夜間に使用する場合は、 デシカント式の方が良いでしょう。 電気代を抑えたい場合 なるべく 電気代をかけたくないという場合は、 コンプレッサー式の方が良いでしょう。 移動しやすい方がいい場合 脱衣所など狭い場所で使うため 置きっぱなしにできない場合は、軽くてコンパクトな デシカント式の方が良いでしょう。 両方持つ? また、置くスペースがあるなら、 2台とも持って使い分けるというのも良いのではないでしょうか。 梅雨や夏ならコンプレッサー式、それ以外の涼しい時はデシカント式を使うというのもいいですね。 ハイブリッド方式では、この二つの方式の利点を組み合わせることで、常に高い除湿能力を保ちつつ、1年中快適に使えるというものになります。 特徴としては、以下になります。 1年中安定して除湿できる• 本体が大きく、重量が重い• ヒーター使用時は電気代が高い コンプレッサー式とデシカント式の 2台を置くスペースが無い場合はハイブリッド方式が良いかもしれません。 値段としては、コンプレッサー式とデシカント式の2台持ちよりも ハイブリッド方式の方が高い場合もありますので、値段とスペースのどちらを優先するかにもよるでしょう。 除湿された水分はタンクにたまりますが、結構あっという間にたまります。 タンクは満タンになってもそこで動作が止まるようになっているので、あふれることはありません。 しかし、止まってしまうと除湿してくれなくなるので、タンク容量は大事です。 1日中運転しておくつもりが、気が付いたら早々に停止していたなんてことになりかねません・・・ どのくらい連続運転するのかによって、タンクの容量を考えた方が良いでしょう。 但し、あまりタンクが大容量過ぎると、水を捨てるのが重くて大変になりそうですのでそれも要注意ですね。 いちいち水を捨てるのが面倒、と言う場合は、「 連続排水」という外部排水できる機種もありますので、そのような機種も検討してみてはいかがでしょうか。 ですが、これには決まりはありません。 梅雨など湿度の高い時期はもちろんですが、冬でも結露で窓ガラスがびっしょりになることもありますので、冬の結露防止と部屋干しに除湿機を使うケースもあるようです。 一般的に除湿機の需要は、 梅雨の時期と 冬の衣類乾燥用としてあります。 なので、シーズン終了は、梅雨の終わりと春先ということになります。 ですが、雨が続いたときや、秋口の台風シーズンなど、湿度が高いときに使う方も多いので、除湿器を使うタイミングとしては 湿度が高い時や湿気を避けたいときはいつでも、と言う感じになりますね。 除湿機の買い時は? また、除湿機はいつ買うのがお得なのかというのも気になるところですね。 大体、毎年4月に新製品が発売し、梅雨時期の5~6月は高くなり、7月下旬から安くなります。 そして、11月頃からまた冬場の衣類乾燥用の需要で値段が上がり、2月頃からまた下がるという傾向があるようです。 なので、 7月下旬頃と2月頃が買い時になりそうですので、チラシなどをチェックしておくと良いでしょう。 また、梅雨が明けるころに買おうかどうしようか迷うこともあると思いますが、梅雨明けしても湿度の高い日はありますし、かえって、梅雨明けの方が安くなるので買い時なのかもしれませんね。 まとめ 梅雨の湿気対策の除湿機の選び方についてご紹介しました。 除湿機はコンプレッサー式とデシカント(ゼオライト)式が一般的ですが、どちらにもメリットとデメリットがあります。 使い方や電気代などからご自分の要望に合うものを選ぶのが良いでしょう。 両方を持って使い分けるのも良いですし、1つにまとめたハイブリッド方式を選ぶのもアリだと思います。 また、梅雨の終わりや冬の終わりごろが安くなりそうなので、そのころに値段をチェックするのもいいですね。 ご自分に合った除湿機が見つかるといいですね。

次の