競馬予想サイト 作り方。 競馬予想サイトは誰でも作れる

reraceブログ|競馬予想ソフトの作り方

競馬予想サイト 作り方

指数をエクセルを使って算出するには まず競馬には、多くのデータがあることは皆さん知っていると思います。 その中で、重要になるには、データをどこで入手するのか?という問題でしょう。 そこで使えるのが、JRAの公式ページです。 過去のデータを参照するには、JRAの公式ホームページで検索が可能になっており、データを無料でみることができます。 過去のレースはもちろん、馬のデータなども参照できる上に、調教師や生産者も閲覧できるようになっています。 このデータを用いて、エクセルに転記して計算することは可能になりますので、指数計算を自分で行うことは可能です。 しかし、データ数は膨大にありますので、時間が掛かるのは避けて通ることはできません。 その点を考えると、自分の必要だと思う要素を全て取り込んで、オリジナルの指数計算はできますが、その計算システムをエクセルで作成する時間や労力がちゃんと返ってくるのかが重要な要素になるでしょう。 その点を考慮して考えると、自作より指数を提供している競馬予想サイトを利用するのも一つの手だと思います。 それでは、自分で指数計算をつくる時の重要な部分をご説明します。 過去の全成績を確認して情報解析する エクセルで分析を行う際には、まず情報を集めなくてはいけません。 また、その情報を集める(ルール)は一定にして、どんな時でも条件を変えてはいけませんので、しっかりした初期設定をしましょう。 万が一、計算をする時に加えている条件が変わってしまうと正確な指数を出すことができなくなり、回収率も下がってしまいます。 最初に決めた時の基本軸が非常に重要になります。 まず分析する要素として、過去のレースを参照して馬のレース結果を収集することで出場する競走馬を分析できます。 その馬が予想するレースに出場する時には、出走する全ての馬を登録すれば、買う時に困りません。 まずは馬のデータの登録を繰り返して、エクセルの中に入力しておき、出走馬を選択できるようにしましょう。 タイムが過去レースより速くなる可能性を考える エクセルに出走する馬を登録したら、どんな情報を基準に分析をするのが速く走る馬を算出できるのか、可能性の高いの方法を考えます。 そこでオススメの分析方法は重回帰分析です。 重回帰分析とは、エクセルで作成したデータを統計化してデータ処理する分析のことで、目的変数と説明変数を設定して考えなくてはいけません。 目的変数の設定で一番多く取り入れられるのが、馬のレースタイムになります。 説明変数は馬場・頭数・前半3ハロンタイムと後半3ハロンタイムの4つです。 上記の内容を分析することで算出した数値は、エクセルで自己分析する時に使え統計上で予想するタイムが算出できます。 少し、難しい部分ではありますが、試してみて下さい。 JRA-VANを上手に活用してデータを集める 上記で説明したJRAの公式ページから検索できる馬や調教師の情報ですが、もっと良いツールで会員専用のJRA-VANというソフトが存在します。 このJRA-VANは、JRAの関連会社が提供しており、正確なデータを保管しているため安心して利用ができます。 また、膨大なデータを利用して自分で分析ができる有料コンテンツも揃っています。 スマホアプリ版もリリースされていますので、本気で自作の指数計算をエクセルで行う方以外で情報を集めたり、事前の準備が難しい方はこのソフトを使うのがオススメです。 では、JRA-VANの簡単な概要を説明します。 JRA-VANの無料体験と月額料金 JRA-VANは、200本以上ある競馬ソフトを使用して、自分専用のデータ分析ができる会員限定サービスです。 基本月額料金は1900円(税抜き)で利用ができますが、無料体験をすることも可能です。 無料版では、少し制限がありますが、初めての方なら参考になります。 実際に中身を確認してから、自分で全てを作るか、JRA-VANを利用するのか検討してみてください。 20年分以上のデータを収録 JRA-VANには過去の30年間分のデータが組みこまれており、自身のみでこのデータを集めようとしたら膨大な時間が掛かることが予想されます。 その点を考えると、JRA-VANを利用すれば、好きなようにデータベースから抜粋した情報をもとに自作の指数分析ツールを作ることができますので、非常に効率的です。 レースが開催されるときに、馬のデータを1から収集するのは非常に大変で、万が一その指数が算出できても、外れてしまった時には再度指数を出すのが嫌になってしまうでしょう。 そにため、少しでも楽をして細かい分析ができるオリジナル指数計算を作成するのが良いですね。 エクセルで指数計算をつくる方法 ここまで指数について説明してきましたが、自分で指数計算をするのは非常に難しいと思った方も多いと思います。 競馬の指数は、競馬予想会社が膨大な時間と人間を使って組み上げることが多く、競馬の素人で簡単に作成できるほど甘くありません。 経験が少ない方でも作成できない訳ではないですが、指数を分析するための要素が少なすぎて正確な指数が算出できない可能性があります。 また、指数は数値を用いた計算は統計学の要素が多く含まれるので、理数系の方でないと非常に難しい分野だと思います。 それでも自分専用の指数計算をエクセルで作りたいという方に向けて、計算方法を紹介いたします。 計算する前には、絶対変えてはいけない要素を個人で決めてからスタートしましょう。 簡易版スピード指数の算出方法 競馬で指数と聞くと、主に利用されるのがスピード指数になります。 スピード指数は、競馬馬の速度を基準に算出する方法で、細かい要素を含まない場合の計算方法もそこまで難しくないでしょう。 スピード指数を算出する時に、決められた公式はありませんが、世間でよく利用されている計算式を紹介します。 自分で作る時は複雑な数値を入れない 指数は様々な条件で正確な数値を算出できるようになります。 しかし、自分で作成する時に要素を多く加え、計算を複雑にしてしまうと計算ミスなども生まれ、正確な数値が算出されません。 また、指数には予期せぬ出来事で大きく変わってしまう恐ろしさがあります。 一つ目の要因は、競走馬が走る距離です。 競走馬が出走する時は、適正距離に応じて調教師が決めますが、2000mの時もあれば2500mの時もあります。 その距離に応じて、指数の計算も変わってくるでしょう。 また、当日の馬場状態です。 指数は原則、レースが決まった状態で行いますが、当日のイレギュラーの事態には対応ができません。 そのため、当日にいきなり大雨などが降ってしまうと、予想外の展開になってしまうので指数の信憑性は下がってしまうでしょう。 事前に指数を計算するときは、週間天気なども確認して馬場状態を考慮する必要がありますが、予測できない事態には対応ができないということです。 まとめ 今回は、競馬予想の指数をエクセルで計算する方法を説明しましたがいかがでしょうか。 実際に自分で全ての情報を集めて、エクセルに転記しながら指数計算を行うのは非常に難しいと言えるでしょう。 オススメとしては、データをエクセルに1から集めるのではなく、JRA-VANのデータベースを利用して自身でカスタマイズしながら専用の指数計算をするのが良いと思います。 でも時間があり、計算などをするのが好きな方は自分専用の指数をエクセルに作るのも面白いと思います。 目的としては、年間を通して回収率を上げることなので、第一目標としてぜひやってみてください。 予想のファクターを追求するには、凄く便利です。

次の

自分だけの予想理論!競馬の指数の作り方、数値化しやすい要素とは?

競馬予想サイト 作り方

今回は、競馬ソフトを作成するにあたり、全くプログラミング経験がない人にお伝えしたい情報です。 競馬ソフトを作成するためには、「データベース」が必要となります。 なぜなら、レースを予想する自分なりの理論があったとしても、その理論で分析する対象のデータがないと意味がないからです。 例えば、あるレースにおいて、オッズからリスクの少ない買い目を見出す理論があったとしても、そのオッズのデータがないと、その理論は使い道がないですよね。 なので、競馬ソフトを作るためには、まずデータベースを作るところから始めることになります。 たくさんあるデータベースソフト で、「データベース」という言葉は、もっと広い意味があるものです。 ですがIT業界では、もっと狭い意味の言葉となっており、「データベースを作成・管理できるソフトウェア」のことを示します。 そして、そのようなデータベースのソフトには、本当にたくさん種類があります。 例えば、そのようなデータベースのシェアを調査しているというサイトでは、そのランキングが確認できます。 このランキングから、トップ10を抜粋して引用しますと、次の通りです。 2016年12月時点のデータベースソフトのシェアランキングトップ10• Oracle• MySQL• Microsoft SQL Server• PostgreSQL• MongoDB• DB2• Cassandra• Microsoft Access• Redis• SQLite つまり、「競馬ソフトのためのデータベースを作ろう」と考えたとき、このようにたくさんあるデータベースソフトから、どれか1つを目的や予算に応じて選択する必要があるわけです。 で、これまで全くプログラミング経験がないと、「データベースを選べ!」と言われてもの違いがわからず困りますよね。 そこで、今回は、その選び方をご紹介したいというわけです。 手軽に使う目的に向いているもの まず、手軽に使う目的で向いているデータベースからご紹介すると、次のものがあります。 SQLite• Microsoft Access なぜこれらが手軽に扱いやすいかというと、データベースが1つのファイルとして作成されるからです。 なので、例えばコピーも簡単で、バックアップなどの管理も楽なんですね。 特に、SQLiteは、より手軽に使えるデータベースとなります。 なぜかというと、SQLiteを利用する分には、特別なソフトウェアのインストールが必要ないからです。 Accessの場合は、Officeのインストールが必要になります。 その点で、SQLiteよりは利用する手間があります。 ちなみに、ここではデータベースのソフトウェアを紹介しているので、ご紹介しませんでしたが、メモ帳で作る単純なテキストファイルも、データベースとして使おうと思えば使えます。 例えば、JRA-VANのから取得できるデータは、単純なテキストファイルとなっています。 それをデータベースソフトに取り込まず、そのままテキストファイルで利用する方法も、プログラムの作り方次第ではできます。 いずれにせよ、そのソフトウェアで作成されるデータベースが1つのファイルとして管理されるソフトが、手軽に利用できるものとなります。 ただ、このようなファイルで管理するデータベースは、不特定多数の人が同時に使う目的には向いていません。 なので、利用者が一人で使う前提の競馬ソフトを作るのに向いています。 将来的にWebサービスとして公開したい場合 一方、将来的にその競馬ソフトをネット上のWebサービスとして公開し「不特定多数の人に使ってもらいたい」と考えている場合。 そのような目的には、次のデータベースが向いています。 Oracle• MySQL• Microsoft SQL Server• PostgreSQL これらのソフトは、サーバー型のデータベースとなります。 そのため、不特定多数のユーザーから利用される前提で使われるデータベースとなっています。 ただ、OracleやMicrosoft SQL Serverは、基本、有償のソフトウェアです。 無償で使えるエディションもあるのですが、それらには、「商用利用できない」や「使えるメモリに上限がある」のような、制限がかけられています。 一方、MySQLやPostgreSQLは基本無償で利用できるため、その点では、利用しやすいです。 ただ、MySQLに関しては、現在Orale社の管理下にあり、商用利用に関してライセンスの条件が厳しくなることも考えられます。 そのような背景も知っておいた方が良いです。 MySQLとPostgreSQLの2択を考える場合。 私は、この記事を書いている現在では、MySQLをオススメします。 なぜかというと、MySQLの方がネット上の情報量が多いからです。 今、Googleでそれぞれを検索した結果の数は、次のようになっています。 結果数: 約 156,000,000 件• 結果数: 約 20,300,000 件 桁違いにMySQLの情報が多いことがわかります。 これからプログラミングを始める人は、ネット上で調べる機会が多くなります。 なので、この情報量の多さは重要です。 以上、競馬ソフト作りに欠かせないデータベースの選び方をご紹介しました。 大きく、一人が使うもの、不特定多数で使うもの、で使うデータベースが分かれるということですね。 次に読むべき記事:.

次の

競馬ブログのアフィリエイトで稼ぐなら絶対登録すべきASP3選

競馬予想サイト 作り方

私にも何度か聞かれたことのあるこの質問。 この質問について書いてみたいと思います。 あれはほとんどが競馬予想業者の自作自演ですからね。 つまり、あたかも一般人を装って、自分のサイトが良く当たりますよと回答することで、思慮の浅い人を誘導する罠です。 今回の話はそうではなくて、本当に面と向かって、聞いてしまう人のことです。 よく当たる競馬予想を無料で公開しているサイトはありますか? 答えは簡単です。 「よく当たるサイトはあります」 極端なことを言ったほうがわかりやすいのでそうしますが、 例えば1番人気ばかり予想していれば単勝で3割程度は当たります。 軸馬として公開予想するなら半分は当たる。 単純に考えても、何年も継続して同じ程度の確率が現れているような統計データを使えば、一定の確率で当たります。 継続して勝てる予想を無料で公開しているサイトはありますか? こうなってくると、答えは変わります。 「よく当たるサイトはあります。 しかし勝てるサイトはありません」 ま、良識のある方なら同じ回答にたどり着くはずです。 このブログでも何度も書いていますが、 馬券というゲームは、参加者同士がお金を奪いあうゲームです。 同じ馬券に票が集まると配当が下がるゲームです。 同じ馬券に票が集まったとしても、的中率には変化のないゲームです。 つまり、仮によく当たる予想を無料公開しているサイトがあったとして、 当たる予想を公開している時点で、その予想が当たるということが世間に知れてしまうと、回収率が下がってしまう。 つまり、継続して勝ち続ける予想を無料公開し続けることは常識的に考えて不可能です。 こんな愚かなことを期待してしまう人は、馬券を買うのをやめたほうが良い おそらく普段の生活では良識も判断力もあり、上に書いたようなことくらい冷静に判断可能な人なんでしょうが、このような質問をしてしまうのはなぜなのでしょうか? 何らかのデータを公開していて、予想の参考にしているサイトはありますか? ならまだ、聞きたい気持ちは分かるんですけどね・・ 私から言わせると、 このような質問をしているうちは馬券で勝てるようにならないから、馬券を買うのをやめたほうが良いです。 致命的なのは、勝てなくなった時の負け分が、全体の回収率を大きく下げてしまうことです。 「あれ?最近勝てなくなってるな」と思った時点で、すでに回収率は大きく下がっている。 この世の中には、特に一般人の私達に回ってくる話の中では、お金に纏わる美味しい話はありません。 特に賭場の世界では、ほとんどの人はお金を目当てに活動しているんですからね。 自分の予想が勝てることがわかっているなら、基本的には公開しません。 仮に公開するとしたら、有料です。 しかも、馬券を買うより 金額的に多くの利益を得られる場合、 もしくは、馬券を運用するために必要な時間よりも 短時間で利益を得られる時間的価値を重視した場合です。 つまり、無料で勝てる情報なんて転がってるなんて、 ありえないですね。 情報がほしいなら、有料のものしかありえません。 そして、このブログでも何度も言ってますが、勝ち続けたいなら、人の予想に頼ってはいけません。 良質の情報をベースにして自分で開発した手法でのみ、勝ち続けることは可能です。 勝つための努力(お金や時間の投資)を惜しまない人だけが勝ち組になれるのですから。

次の