ミズノ 920。 【ミズノ好き必見】ミズノ製アイアンのおすすめ人気ランキング10選

『ミズノプロ 920』アイアン登場 「ミズノなのに、やさしい」 原英莉花「いー球です」

ミズノ 920

ミズノプロ 920は、深くえぐれたバックフェースが特徴のモデル。 複雑な構造に見えるが、そこはミズノプロ。 当然の如く軟鉄鍛造一体成型だ 深くえぐれたポケットキャビティ、そして薄肉にコントロールされたフェース。 しかし、ミズノプロと冠するからには従来製法・構造のままでは商品化は難しい。 前モデルにあたるミズノプロ918をエースに戦う原英莉花は、ミズノプロ920に関してこう言っている。 「私はもともとミズノの打感が好きで、MP55とかMP15っていう小さくて難しいクラブを使っていたんですけど、こういう大型のアイアンなのに、しっかりとしたミズノアイアンの打感になっています」(原) ミズノプロ920について、真剣な表情で語る原英莉花 よくあるぶっ飛びアイアンのように、チタンやマレージングなどの超硬金属をフェース材に使うことなく、軟鉄の単一素材で同様のやさしさと飛びを生み出すことに成功した。 「やさしくて、打感が良くて、なによりも抜けがよかった」と原英莉花が語るミズノプロ920のやさしさは、ミズノの鍛鉄フィールをさらに広く知らしめる新しい一歩になりそうだ。 さらに操作性高く、感度を高く。 伝統名器の深化形!ミズノプロ120 もちろん、ミズノプロ最高の鍛造フィールと伝統の操作性を存分に感じたいなら、マッスルバックモデルのミズノプロ120がオススメである。 このモデルはみんなのゴルフダイジェストでも何度も紹介してきた、手嶋多一や武藤俊憲など多くのツアープレーヤーが極秘に使用してきたプロトタイプのいわば完成形だ。 その特徴を使用プロはこう語る。 手嶋らが使用したミズノプロ 120のプロトタイプ。 まだ「120」の刻印が入っていないが、性能はもちろん製品版と同じだ 「打感がいいのはミズノプロなので当然。 ミズノプロ120はさらにスピンがしっかり入ってコントロールしやすい。 構えた時のイメージと出球がマッチしているので安心できるんです」(武藤俊憲) ミズノプロ120は伝統のマッスルバック形状に見えるが、逆テーパーブレードというこれまでにないバックフェースデザインが採用されている。 これは基本的にはバックフェース中央から上部を従来モデルより厚肉化することでソリッド打感を向上させるためのものだが、トップライン(エッジ)を独自のクラフト技術によってグラインドし、厚みを感じさせないことでアドレスでは違和感なくスッと構えられるのだという。 コンパクトなヘッドサイズ、薄いブレード……顔の印象とは裏腹に、打ってみるとやさしさを感じられるのがミズノプロ120の特徴だ ロング・ミドルアイアンは低重心に。 ショートアイアンは高めの重心にしてコントロール性をアップ。 ベストセラー518がさらに進化!メインモデル「ミズノプロ520」 さて、ニューミズノプロアイアンには、忘れてはならない進化系モデルがもうひとつある。 それがミズノプロ520だ。 2018年のLPGAツアーの最多勝モデルであり、契約外選手の使用も多い大人気アイアンの後継だけにそのポテンシャルには注目が集まる。 ミズノプロアイアンに受け継がれる、伝統のクラフトマンシップとは? ミズノプロアイアンの聖地といえば、岐阜県の養老(ミズノテクニクス)だが、最後にここでの変わらぬ取り組みについて紹介しておこう。 コンピュータ上のシミュレーション、ロボットマシンでのテストでいくら結果が良くても、プレーヤーが構え、いいイメージでスウィングできなければ、それは単なるゴルフの新製品である。 何気なくクラブを置いてシャッターを切るだけで、なんともいえない曲線美が写し出される。 これはミズノプロだけにしかない魅力と言ってもいいだろう その端的な例が、見た目に大きな影響を与えるヘッドシェイプやトップラインのグラインド技術だ。 この一手間によって最新設計によってバックフェースデザインがどう変わろうとも、常に違和感なくアドレスに入れるため、プレーヤーは安心してニューモデル移行することができるのだ。 ミズノ養老のクラフトマンシップというと、グラインダーに向き合い火花を散らす熟練の研磨技術というイメージが強いが、本当のクラフトマンシップとはその「手」ではなく、アイアンを見つめる「眼」に宿っているような気がする。 削り、構え、また削り、またシャフトを挿して構える。 ミズノプロ。 それは上級者モデルに冠される称号ではない。 受け継がれるのは常に最高のゴルフ道具を生み出そうとする高い志だ。 最新技術と伝統技術を融合させて生み出された、まったく新しい鍛造アイアンの世界。 ミズノプロ120、ミズノプロ520、ミズノプロ920 あなたの琴線を震わせるベストモデルがきっとこの中にある。

次の

~NO.1フィッティングカンパニーへ向けて~ ゴルフ カスタムオーダー専用クラブ 「Mizuno Pro 920」「Mizuno Pro 520」「Mizuno Pro 120」発売

ミズノ 920

カスタム対応で一人一人にやさしい名器を 最高品質を追求した『ミズノプロ』はカスタム専用販売になっているが、実は2016年まで発売していた『MP』も養老でカスタムオーダーを行っていた。 しかし、決定的に違うのが『9シリーズ』だとゴルフ事業部の竹生は語る。 「MPの時代は最もヘッドが大きいタイプでも、現状の『520』くらいがマックスでしたので、今の『920』はミズノプロの軟鉄鍛造アイアンとしては考えられない大きさのヘッドサイズです」 では、なぜ『920』が誕生したのか? 「ミズノでは長年フィッティングをやっていて、シャフトフィッティング用に開発した『シャフトオプティマイザー3D』という装置があります。 これがすごく高性能でヘッドスピードやライ角だけでなく、アタックアングルやインパクトのフェースの向きまで、ゴルファーのD・N・Aのように診断できます。 それならシャフト用だけでなく、ヘッドも含めたカスタムフィッティングができるのではないかとなりました。 そうなったときに現状のラインナップでは中・上級者には対応できても、初心者やアベレージゴルファーまで対応するヘッドがなかった。 「ポケットキャビティ部分が深く削られているのがわかると思いますが、今回は約45グラムを削っていて、前作『918』の約2倍の重量を削ることで、フェース周辺にその重量を配置した。 それによって重心も深くなって、高い慣性モーメントでやさしく飛ばせるアイアンになっていると思います」 ただし、それはやさしいだけのアイアンではない。 プロダクト担当の青木に話を聞くと、 「一般的にやさしいアイアンは、ヘッドとボディを2ピースにして溶接したり、鋳造で大型ヘッドにすることで作られます。 しかし、それではお客様が期待する『ミズノならではの打感』を提供するのは難しい。 やさしさの指標の一つである慣性モーメントを大きくするには、ポケットを広く・深くする必要があります。 しかし、従来の手法ではポケットがソールを貫通してしまうなどの限界がありました。 それから試行錯誤の末に、2段加工にすることで、フェース側とソール側をギリギリまで削るダブルポケットキャビティの『920』が完成しました」 『ミズノプロ』という名称からも、カスタム専用という販売方式からも玄人向けの上級者モデルという印象を受けるかもしれない。 しかし、カスタム専用にしたのは、すべてのゴルファーに『ミズノプロ』の良さを体感してもらうためであり、そのための『920』でもある。 フィッティングによって選ばれた『ミズノプロ』は、一人一人にとって最もやさしい最高品質の名器になっているはずだ。 「数年前のMPでは5シリーズの顔が最大でした」.

次の

~NO.1フィッティングカンパニーへ向けて~ ゴルフ カスタムオーダー専用クラブ 「Mizuno Pro 920」「Mizuno Pro 520」「Mizuno Pro 120」発売

ミズノ 920

「いー球です」--。 そう絶賛するのは、ミズノが9月20日に発売する 『ミズノプロ 920』アイアンを試打した原英莉花プロだ。 同社は8月19日、神奈川県横浜市の練習場で記者発表会を開催、新商品『ミズノプロ 120』、『520』、『920』などをお披露目した。 2017年に「ミズノプロ」が再デビューした当初から、カスタムフィッティング専用モデルとして幅広い層に訴求してきたが、初中級者にも対応するポケットキャビティの『918』の販売構成比は19%と低い結果となっている。 それを受けて、今回のリニューアルを機に 「ミズノなのに、やさしい」をキャッチコピーに、 『920』を中心に初中級者からプロまで幅広いゴルファーまでカバーしていくという。 Contents• 「やさしさ&飛び」をキーワードに、『920』でやさしさを強調 新発売の『920』『520』『120』 発表会では、原英莉花、吉本ひかる、小鯛竜也などが試打するインプレッションPVでスタートした。 PVの最後を締めくくったのが原英莉花の「ミズノなのに、やさしい」という台詞。 そもそも、『ミズノプロ』は2017年9月発売当初、フィッティングを介してゴルフに真摯に取り組む初中級者から上級者まで全てのゴルファーへ向けたブランドとしてスタートした。 ところが同社の思惑とは少しズレ、『ミズノプロ』という往年のプロモデルと同じシリーズ名ということもあって、初中級者を始めベテランゴルファーにはアスリートモデルというイメージがいまでも強く根付いている。 それを払拭する一番手が『ミズノプロ 920』で、「飛び&やさしさ」を多くのゴルファーに訴求していく構えだ。 『920』はダブルポケットキャビティでシリーズ最大のスイートエリア 『920』はシリーズ最大のスイートエリア 前作『918』から『920』への改良点は、バックフェースのポケットキャビティが1段から2段に増えていることだろう。 写真を見て頂ければ分かる通り、バックフェースのポケットキャビティ部分が2段になっている。 これは鍛造後に機械加工している部分だが、1回の機械加工では幅広いポケットキャビティは加工できないのだとか。 そこで、2回に分けて機械加工を施すことで、幅広いポケットキャビティ構造を実現。 それによって、前作では24gだった余剰重量を、『920』では45gを確保。 大幅に増加した余剰重量を再配分することで、シリーズ最大のスイートエリアを実現。 さらに、重心もより深くなり、大型ヘッドで長い重心距離にも関わらず、ボールの捉まり具合、弾道の高さを向上させているという。 契約の原英莉花プロは、事前の試打インプレッションで「ミズノなのに、やさしいクラブだと思います」とやさしさを強調している。 2段になったポケットキャビティ 2018年最多勝利モデルの後継『520』は、ソール幅を改善 LPGA最多勝利アイアンの後継モデル シリーズで最も多くのゴルファーが購入しているのが『518』で、昨シーズンの日本女子ツアーで最多勝利を挙げている。 その後継機種が『520』で、改善点のひとつがソール幅。 グローバルイクイップメントプロダクト部の青木智明氏によると、 「『518』のロングアイアンはソール幅が狭く重心が浅いため、ボールが上がりにくいという評価がありました。 そこで、ソール幅を改善したのです」 ロングアイアン 5でソール幅をプラス0. 9㍉、ミドルアイアンの 7アイアンでプラス0. 6㍉、ショートアイアンは 9でマイナス0. 5㍉、ソール幅を改善することで、ロングアイアンではスイートスポットをより低く、重心深度をより深く、ショートアイアンではスイートスポットを高く設計して弾道の高さの適正化を図っている。 それがやさしさに繋がり、現在『518』を使用している吉本ひかるは、『520』について「出玉が思ったところに出やすく、振りやすいです。 『520』は前作よりも性能的にやさしくなっていると思います」と絶賛。 こちらも「ミズノプロ」のやさしさをPRしている。 「番手別」チタン+タングステン複合設計 また、キャビティ部のヘッド中央に比重の小さなチタンを内蔵し、トウ側には比重の大きなタングステンを配置( 4~7)することで、トウ・ヒール方向の慣性モーメントを拡大。 打点がややバラついても飛距離の低下を抑えつつ、安定した方向性を発揮しているという。 マッスルバックは逆テーパーで見た目と打感を両立した『120』 プロが好む打感と顔を実現した『120』 前作『118』同様、同社契約プロでも武藤俊憲や小鯛竜也などの使用を想定した『120』。 プロトタイプをツアープロが試打して開発へのフィードバックをするが、前出の青木氏によれば、プロが求める顔の良さはトップエッジの薄さが鍵となるという。 ヘッド中央を厚くしてトップブレードを薄くすると、見た目は良いが、それによってプロが求めるソリッドな打感は実現できないのだとか。 一方で、打感を優先すると、ヘッドの中央部を薄くするしかない。 そこで逆テーパーブレード形状を採用しながら、トップエッジ後方をカットしてシャープな顔つきとソリッドな打感を両立したという。 トップエッジ後方をカットしてシャープな顔つきとソリッドな打感を両立。 また、各番手ごとにブレードの厚みを変化させ、スイートスポットの高さの最適化を追求した番手別設計を採用。 ロングアイアンとミドルアイアンはスイートスポットを低く、ショートアイアンは高くすることで、各番手の打ちやすさとコントロール性能を向上しているという。 本当に『920』はやさしくなったのか? 前作と打ち比べ 果たして、本当に『920』はやさしくなったのか? 記者発表での原英莉花と吉本ひかるのデモンストレーションに加え、GEWの吉村記者も『920』と前作『918』を打ち比べて性能を動画で検証した。

次の