エクセル 複数条件 抽出 別シート。 Excel VBA 必要な項目列を指定した順番で別シートに抽出する

エクセル フィルターオプションの結果を別シートに抽出する方法

エクセル 複数条件 抽出 別シート

個人情報は既存の商品購入履歴や新規顧客獲得するために非常に重要な情報となります。 しかしシステムの規模が大きくなるにつれて業務を行う時間は変わらないのに情報が膨大になり必要な情報を取得するのに大量の時間を要することもあるでしょう。 そこで Excel関数を上手く用いて「 Excel(エクセル)でデータ抽出」を行う方法をご紹介したいと思います。 業務の効率化に利用して下さい。 Excelでデータ抽出する方法その1:「VLOOKUP関数」 顧客情報は管理する項目が多いため、1つのまとまった情報ではなく Excelデータ抽出すると別シートにて表記されるケースがあります。 一緒の情報として確認したいといった場合に利用したい関数が「 VLOOKUP関数」になります。 「 VLOOKUP関数」は各Excelデータに共通項目があれば突き合わせをして1つのシート上にまとめられる機能となります。 1-1.「関数の挿入」を選択します。 (今回は最終購入日まで合わせます) 1-5.取得したい「最終購入日」は4列目なので列番号に「4」を入力します 1-6.最終購入日が挿入されました。 Excelでデータ抽出する方法その2:「IF関数」 「 IF関数」を用いることで条件指定の結果を Excel上にデータ抽出することが出来ます。 今回は購入金額によってランクの表記を表したいと思います。 以下のサンプルを用いて「 IF関数」でランキングを設定していきたいと思います。 2-1.「関数の挿入」を選択します。 2-2.関数分類を「すべて表示」に変更し、「IF関数」を選択します。 別の指定方法でも作成出来ます。 「VLOOKUP関数」同様に件数が増えれば下にコピーしていくだけで同じ関数の指定を引き継いで表示することが出来ます。 Excelでデータ抽出する方法その3:「COUNTIFS関数」 IF関数で条件付けが出来るようになるとそれぞれの件数が何件あるのかを集計したくなります。 例えば先ほどの利用ステージもそれぞれのステージに何人の顧客がいるのかを把握することで分析や営業戦略に活かすことにもつなげることが出来ます。 今回はステージが複数存在するので「 COUNTIFS関数」を利用します。 この関数を用いてステージ毎に何人の顧客数がいるのかを集計していきたいと思います。 3-1.集計したいセルにカーソルを移動し、「関数の挿入」を選択します。 3-2.関数の分類を「すべて表示」に変更し「COUNTIFS関数」を選択します。 3-3.関数の分類を「すべて表示」に変更し「COUNTIF関数」を選択します。 ブロンズの条件は「10,000円以内」なので以下の指定となります。 他の関数同様に件数が増えても「検索範囲」を広げることで追加出来ます。 最後に 今回は比較的簡単で汎用性に特化した関数を紹介しました。 利用する人が複雑で利用出来なければ後々廃れていってしまう機能になってしまいます。 単純且つ利便性の良い仕組みの構築を目指して頂いてそのきっかけになれれば嬉しいです。 件数が膨大になっても Excelで簡単にデータ抽出出来るのが今回紹介しました関数のメリットになるので、まだ件数が少ない内から採用を検討頂ければと思います。

次の

エクセル フィルタでデータを抽出する

エクセル 複数条件 抽出 別シート

例えばシート1に条件に合うものだけを表示させるとしてA1セルには検索製番、A2セルには検索客先名とでも入力し検索したい製番や検索客先名をB1セルやB2セルに入力するとします。 どちらかの検索とすることで2つのセルに同jに検索のデータを入れることはしないものとします。 そこで検索するシートですが例えばシート2からシート5までとしたらシート名は必ずしもSheet2、Sheet3でなくても構いませんがシート1とは別のシートを選択したのちにそれらのシート名をCtrlキーを押しながらシート見出しでクリックしていきます。 そのことで同じ作業グループが設定されます。 そこで表示されているシートでは次の操作をします。 作業列としてF2セルには次の式を入力して下方にドラッグコピーします。 元の作業グループはそれによって解除されます。 シート1ではさらに次の操作をします。 E1セルから右方向にはシート名をSheet2、Sheet3のように入力します。 実際のシート名を入力します。 D2セルには0を入力してからE2セルには次の式を入力して右横方向にドラッグコピーします。 F:F" 次のお望みの表ですが例えばA4セルから右方向に製番、客先名、シリアルNoと項目名を入力します。 A5セルには次の式を入力してC5セルまでドラッグコピーしたのちに下方にもドラッグコピーします。 F:F" ,0 ,COLUMN A1 これでB1セルやB2セルのどちらかに検索したい文字列などを入力すればすべての他のシートのデータで条件に合ったものだけが一覧表示されますね。

次の

36 エクセルで特定の行だけ別シートに抽出

エクセル 複数条件 抽出 別シート

別シートに抽出する場合の注意点 フィルターオプションの結果を別シートに抽出する場合、手順があります。 手順を間違えると、別シートに抽出できません。 1つの条件で別シートに結果を抽出 商品名で「リンゴ」を、抽出してみましょう。 Sheet1の「G1:G2」が検索条件です。 Sheet2の、A1セルを選択します。 必ず、抽出する先のシートのセルを選択します。 1.データ内のセルを選択して、「詳細設定」をクリックします。 2.「フィルターオプションの設定」ダイアログボックスが開きます。 「フィルターオプションの設定」で、次のように設定しましょう。 「フィルターオプションの設定」の設定 抽出先 : 指定した範囲 リスト範囲 : Sheet1! 3.「OK」ボタンをクリックすると、「リンゴ」が、Sheet2に抽出されました! AND(かつ)の複数条件で抽出 商品名が「イチゴ」で、個数が「20」のデータを、別シートに抽出します。 条件を横方向に同じ行に入力すると、AND(かつ)の条件になります。 1.Sheet2の、A1セルを選択して、「詳細設定」をクリックしましょう。 2.「フィルターオプションの設定」ダイアログボックスで、表のように設定しましょう。 3.「OK」ボタンをクリックすると、商品名が「イチゴ」かつ、個数が「20」のデータが、Sheet2に抽出されました! OR(または)の複数条件で抽出 商品名が「イチゴ」または「オレンジ」のデータを抽出します。 検索条件を縦方向に、同じ列に入力すると、OR(または)の条件になります。 1.Sheet2の、A1セルを選択して、「詳細設定」をクリックしましょう。 2.「フィルターオプションの設定」ダイアログボックスで、表のように設定します。 3.「OK」ボタンをクリックすると、「イチゴ」または「オレンジ」のデータが、Sheet2に抽出されました! ANDとORの複合条件で同じ項目での抽出 フィルターオプションでは、ANDとORが複合した、複数の条件での抽出もできます。 売上金額が「20,000より大きい」、かつ「30,000以下」、または「10,000以下」のデータを抽出します。 1.Sheet2の、A1セルを選択して、「詳細設定」をクリックしましょう。 2.「フィルターオプションの設定」ダイアログボックスで、表のように設定します。 3.「OK」ボタンをクリックすると、売上金額が「20,000より大きい」、かつ「30,000以下」、または「10,000以下」のデータが、Sheet2に抽出されました! ANDとORの複合条件で項目が違う項目での抽出 フィルターオプションでは、ANDとORが複合した、複数の条件での抽出もできます。 商品名が「リンゴ」かつ、売上金額が「20,000以上」、または商品名が「オレンジ」のデータを抽出してみましょう。 1.Sheet2の、A1セルを選択して、「詳細設定」をクリックしましょう。 2.「フィルターオプションの設定」ダイアログボックスで、表のように設定します。 3.「OK」ボタンをクリックすると、商品名が「リンゴ」かつ、売上金額が「20,000以上」、または商品名が「オレンジ」のデータが、Sheet2に抽出されました! 重複していないデータを別シートに抽出 重複していないデータを抽出する場合、メッセージがでますが、そのまま「OK」ボタンを押すと「フィルターオプションの設定」ダイアログボックスが開きます。 1.元データが入力されているシートを、Sheet1とします。 2.重複していないデータを、抽出する先のシートを、Sheet2とします。 3.「詳細設定」をクリックすると、メッセージがでます。 「OK」ボタンを押します。 4.「OK」ボタンを押すと、「フィルターオプションの設定」ダイアログボックスが開きます。 1列だけが重複していないデータを別シートに抽出 重複していないデータを、抽出してみましょう。 重複していない「商品名」のデータを、「Sheet2」に抽出します。 1.「Sheet2」の「A1:B1」を選択してから、「詳細設定」をクリックしましょう。 「Sheet2」の「A1:B1」を選択することがポイントになります。 手順を間違えると、抽出できません。 2.「フィルターオプションの設定」に、次のように設定しましょう。 抽出先 : 指定した範囲 O リスト範囲 L : Sheet1! 3.「OK」ボタンをクリックすると、重複していない「商品名」が、「Sheet2」に抽出されました! 複数列で重複していないデータを別シートに抽出 「商品名」かつ「入荷日」が、重複していないデータを「Sheet2」に抽出します。 1.「Sheet2」の「A1:B1」を選択してから、「詳細設定」をクリックしましょう。 2.「フィルターオプションの設定」に、次のように設定します。 抽出先 : 指定した範囲 O リスト範囲 L : Sheet1! 3.「OK」ボタンをクリックすると、「商品名」かつ「入荷日」が、重複していないデータが「Sheet2」に抽出されました! フィルターオプションで同シートへデータを抽出する フィルターオプションでは、同シート、別シートへ結果を抽出したり、重複していないデータを抽出することができます。 フィルターオプションで、同じシートにデータを抽出する場合、別シートとは手順が違います。 ちょっとした違いで、抽出できないことがあります。 同シートへの抽出法もマスターしましょう。 こちらの記事もご覧ください。

次の