千葉 雄大 伊藤 沙莉。 伊藤沙莉 千葉雄大がヤバイ!?

千葉雄大 X 伊藤沙莉

千葉 雄大 伊藤 沙莉

平安時代からの大ベストセラー『源氏物語』の主人公・光源氏が、令和の日本に!? そんな突拍子もない設定で展開されるドラマ『いいね!光源氏くん』。 光源氏役の千葉雄大さんと、光くんが居候することになる地味なOL・沙織役の伊藤沙莉さん。 取材現場に現れた時から、気のおけない賑やかな雰囲気のふたり。 伊藤:クランクインしたばかりの頃は、何を話しても「はい…」くらいで、めちゃくちゃ静かだったよね。 千葉:最初はさぐりさぐりでしたね…。 きっかけは覚えてないけど、ある時、急にこの人の前ではふざけても大丈夫だって思ったら、シャンパンのコルクが抜けて…。 伊藤:そのコルクが飛んだ瞬間は見た気がする。 でも、そのあたりから、現場の空気が一気に変わったんだよね。 千葉さんが盛り上げてくれるから、どんどん楽しい雰囲気になって。 千葉:みなさん「ウザい」って時もあったとは思うんですが…。 伊藤:ないない(笑)。 千葉:でもそれくらい現場が楽しかった。 これまで、笑っちゃってNGを出すみたいなことってあんまりなかったのに、周りが引くくらい笑いが止まらなくなったりして。 伊藤:千葉さんがはじけすぎて、その場の全員が笑っちゃったこともあったよね。 あと、待ち時間に急に千葉さんが踊りだす時があって。 千葉:俺、ヤバい奴みたいじゃん。 でも、平安の装束を身につけていると体の動きが制限されるんで、たまに解放されたくなる瞬間があって、その時にミュージカル調に…。 伊藤:即興の歌詞で歌いだす(笑)。 千葉:沙莉ちゃんも踊れる人だから、こっちのノリに合わせて、めちゃくちゃ即興で返してくる(笑)。 でもそうやって一緒にふざけながらも、真面目な話も一緒にしてくれて、そこに本当に助けられた日々でした。 おかげで作品に対して、できる限り嘘がなくできたなって思ってて。 伊藤:千葉さんのすごいのは、私が「ここのシーンがちょっとやりづらいな」って悩んでたりすると、それを雰囲気で察知して声をかけてくださるんですよね。 すごい周りを見ているし気遣いのできる方だなって。 千葉:僕が意外だなと思ったのは、沙莉ちゃん、クランクアップの時に涙を流したんですよ。 僕はそこに感動しちゃったんだけど、そういう繊細な部分もあったんだなって。 伊藤:あるわッ! 全然、人のこと見えてないじゃんっ! でもシンプルに毎日現場に行くのが楽しみで、ああ走りきったんだって思ったら…。 千葉:普段は明るくて、そういう部分を見せないから…。 伊藤:(噴き出して)…嘘? 千葉:嘘じゃないよ。 あと沙莉ちゃんが演じる沙織どのは、見てるとすごく応援したくなるんだよね。 伊藤:私は、知らないものに遭遇するたびにいちいち驚く光くんの表情がかわいいなって思ってた。 千葉:純粋に楽しめる作品だよね。 『いいね!光源氏くん』 地味なOLの沙織(伊藤)が自宅で寛いでいると、目の前に平安貴族の扮装をした光源氏(千葉)が現れる。 最初は驚く沙織だが、なりゆきから彼を部屋に住まわすことになる。 毎週土曜23時30分~NHK総合にて放送中。 宮城県出身。 モデルを経て2010年に俳優デビュー。 出演映画『子供はわかってあげない』は6月公開予定。 いとう・さいり 1994年5月4日生まれ。 千葉県出身。 子役時代からドラマ『女王の教室』などで活躍。 ドラマ『ひよっこ』や『獣になれない私たち』などの演技で注目される。 出演映画『劇場』など公開待機作も多数。 ワンピース¥84,000(THE KEIJI TEL:03・3499・7355) 中にはいたパンツ¥25,000(Room211 TEL:03・6416・9525) イヤリング¥16,000(Jouete TEL:0120・10・6616) この情報は変更される可能性があります。 写真・小笠原真紀 スタイリスト・寒河江 健(Emina/千葉さん) 吉田あかね(伊藤さん) ヘア&メイク・平山直樹(wani/千葉さん) 岡澤愛子(伊藤さん) 取材、文・望月リサ (by anan編集部).

次の

千葉雄大×伊藤沙莉、『いいね!光源氏くん』撮影の裏側を明かす 「笑いすぎてNG」|Real Sound|リアルサウンド 映画部

千葉 雄大 伊藤 沙莉

NHK総合「よるドラ」枠で放送中のドラマ『いいね!光源氏くん』で、ヒロインを演じる。 どんな人物もリアルに演じる芝居の力で、近年はドラマ出演の引きも切らない彼女だが、本作では主人公・光源氏を演じるとのコンビの良さも相まってさらなる存在感を発揮している。 そんな奇想天外なストーリーに、ゆるくも雅な笑いが詰まった内容だ。 視聴者のドラマ満足度を調査した「オリコンドラマバリュー」では、初回64pt(100Pt満点)とまずまずの好発進。 2話目では79Ptまで上昇した。 千葉雄大が演じるのは、絶世のイケメンにして希代のプレイボーイこと光源氏。 意外に適応能力が高く、現代社会に慣れつつあってからはSNSでつぶやく和歌にフォロワーも急増している模様だ。 一方の伊藤沙莉が演じるのは、地味で自分に自信のない"こじらせOL"の沙織。 1人暮らしの部屋に突如として出現した光源氏を住まわせることになるが、仕事に振り回される自分とは裏腹にヒモ同然の雅な日々を送る光源氏に、はじめはイライラが止まらない。 しかしやがて、現代人とは異なる光源氏のゆったりした時間感覚や価値観に癒されている自分に気づき始める。 近年はその甘い顔立ちを生かした"あざと可愛い"演技でも注目を集めている千葉雄大だが、本作でもその持ち味を存分に発揮。 「千葉くんの子犬のようなすがる目が最高」(50代女性/愛知)とのコメントの通り、女性たちが放っておけなくなる天然プレイボーイぶりを武器に現代社会を優雅にサバイブしていく役どころはまさにピッタリだ。 「洋服を着ていても腕を曲げて腰に手を当てて腰を落として歩いたり、カフェでいきなり歌を詠いだしたり、とにかく面白かった」(40代女性/神奈川)、「平安貴族の口調や衣装がハマってる」(30代女性/京都)とコミカルな芝居への評判も上々。 そしてそんな浮世離れしたキャラクターが引き立つのも、「ごく普通のOL」を演じる伊藤沙莉の地に足のついた存在感と芝居の力は大きい。 本作の視聴者調査でも「どんな役をやってもしっくりくる」(50代女性/千葉)というコメントが上がったように、その安定感のある演技力から近年のドラマには欠かせない女優の1人となっている。 最初に注目されたのは11歳、『女王の教室』(2005年/日本テレビ系)で演じたいじめっ子役だった。 ところがその強烈なインパクトから、その後何年もいじめっ子役しか来なくなった。 さらにはオーディションにも落ち続け、「19歳のときは『ニートなのかな』と思うくらいお仕事がなかったです」と、現在の活躍からは想像もつかない辛酸を舐めた時期もあったという。 現在のポジションを確立するきっかけは、やはり23歳のときに出演したNHK朝ドラ『ひよっこ』(2017年)で演じたさおり(米子)役だろう。 恋した男性に振られながらも猛アタックを繰り返し、ついに成就させた米子に喝采を送った視聴者も多かったはず。 パワフルでコミカル、いじらしくて切なくて可愛らしい。 こんな複雑な芝居ができる若手女優もなかなかいないと唸らされたものだ。 以降の活躍はご存知の通り。 昨年はドラマ6本、映画5本。 Netflixドラマ『全裸監督』も話題を呼んだ。 女優としては稀有なハスキーボイスも持ち味の1つで、今年はアニメ『映像研には手を出すな!』(NHK総合)で主演と声優業でも注目を集めている。 誤解を恐れずに言えば、いわゆる正統派美人女優ではない。 『ひよっこ』の米子も、だからこそリアリティがある役どころだった。 『いいね!光源氏くん』ではその点も含めて誰もが認めるキラキラなルックスの千葉雄大とは対照的であり、それぞれの持ち味を存分に引き出し合う好キャスティングと言えるだろう。 伊藤沙莉は芝居のポリシーについて「『綺麗に見えたい』とかはさらさら捨てているので、自分に制限をかけず、守りに入らないようにしてるのは意外と強みなのかなと思います。 求められたことは全力で受けて応えたい。 ちょっとテイストは違うんですけど、お仕事で脱いだ時も同じ気持ちでした」と語っている。 容姿を武器にせず、たゆまずに芝居を磨き続けて唯一無二のポジションをつかんだのが現在の伊藤沙莉という女優だ。 本当に素敵な女優さんになったなと思います」(40代女性/東京)といったコメントも多かった。 また伊藤沙莉がそうした内面から人物を演じることができる女優だという証明でもある。 物語はこれから、光源氏の良き友にして、恋の競争相手でもある中将()までもが『源氏物語』の時代からタイムスリップ? また現代からはホストのカイン()と、沙織の周囲に新たなイケメンが続々と登場する。 【オリコンドラマバリューとは】 オリコングループの調査システム「オリコン・モニターリサーチ」の登録者から毎週、全国690名の視聴者を対象に、各ドラマの「期待度」「満足度」について、「作品」「主演」「主演以外」「セリフ」「映像」「音楽」「美術」「ストーリー展開」を10点満点で調査。 「オリコンドラマバリュー」はその結果を、過去1年間のデータに照らして偏差値化した。 「視聴量」「主演」「主演以外」「内容」という4項目に加え、Twitterのツイート量を加えた「話題性」の5項目を各1〜20ポイントとし、計100ポイント満点で集計している。

次の

いいね!光源氏くんの衣装が気になる!伊藤沙莉・千葉雄大の衣装はどこの?

千葉 雄大 伊藤 沙莉

2020 年 4 月 4 日にスタートした NHK 総合夜ドラ枠の「いいね!光源氏くん」がキャストの組み合わせがいいと話題になっています。 詳しく解説していきます。 「いいね!光源氏くん」ってどんなドラマ? ドラマ「いいね!光源氏くん」は毎週土曜日よる 11 時 30 分から NHK 総合にて放送されています。 原作は女性コミック誌で連載中の同名人気コミック。 「源氏物語」の中で、雅(みやび)の世に生きていた平安貴族・光源氏が、まったく世界観の違う現代に出現。 あたりまえに見える現実世界とのギャップに驚いたり、楽しんだり・・・また、光源氏は千年もの間、絶対的美男子として数多くの女性たちをトキめかせてきた登場人物。 こんな光源氏をヒモ同然のように住まわせることになる、地味で自分に自信がない今風のこじらせOL・沙織。 はじめは違和感を覚えつつも、徐々に光の存在に癒されていく。 平安時代に絶世のイケメンだといわれた、光源氏を千葉雄大演じると一体どんな感じになるのでしょうか。 彼の演技に注目ですね。 視聴者のドラマ満足度を調査した「オリコンドラマバリュー」では、初回63pt(100Pt満点)とまずまずの好発進。 2話目では78Ptまで上昇した。 伊藤沙莉さんが演じるのは「地味な OL」の沙織というキャラクターです。 沙織は突如、千葉雄大演じる光源氏を家に住まわせることになりヒモ同然の生活を送る光源氏に最初は腹を立てますが、光源氏と一緒に過ごすうちそのゆったりとした時間感覚と価値観に癒されていくといった感じです。 伊藤さんが演じるイケメンに翻弄されるヒロインにもぜひ注目したいですね。 千葉雄大と伊藤沙莉ってどんな人? 千葉雄大 プロフィール 生年月日:1989 年 3 月 9 日(現在 31 歳) 出身地:宮城県多賀城市 身長:173 cm 所属事務所:ジャパン・ミュージックエンター・テインメント あのかわいらしい顔立ちで 31 歳にはとても見えないですね。 出演作品 ドラマでは 「今日は会社休みます」加々見龍生役、「家売るオンナ」の足立聡役、「もみ消して冬」の楠木松也役、最近では「おっさんずラブ-in the sky-」の成瀬竜役など様々な役を演じています。 映画では、 「アオハライド」菊池冬馬役、「黒崎君の言いなりになんてならない」の白河タクミ役、「亜人」の奥山役などを演じています。 個人的には「もみ消して冬」に登場するおかっぱ頭の楠木がお気に入りです。 伊藤沙莉 プロフィール 生年月日:1994 年 5 月 4 日(現在 25 歳) 出身地:千葉県 身長:151 cm 所属事務所:アルファエージェンシー 出演作品 伊藤沙莉さんといえば 連続テレビ小説「ひよっこ」の安部米子役で有名かもしれませんね。 ほかにも「 獣になれない私たち」の松任谷夢子役や 「これは経費で落ちません!」の佐々木真夕役などを演じています。 実は、伊藤さんが初めてドラマに出演したのは「14 ヶ月-妻が子供に還っていく-」という作品で彼女は当時まだ 9 歳でした。 幼いころから女優として活躍しているみたいです。 まとめ 「いいね!光源氏くん」ではそのストーリーだけでなく、二人の役にぴったりな演技にも注目したいですね。 今後新たなキャラクターも登場するみたいなので、これからの展開が見逃せませんね。

次の