スプレッド シート 条件 付き 書式 カスタム 数式。 【条件付き書式ルール】スプレッドシートで土日の文字色・背景色を変更する

スプレッドシートの条件付き書式の質問です。

スプレッド シート 条件 付き 書式 カスタム 数式

条件付き書式ルールを作成する• Android 搭載のスマートフォンまたはタブレットの で、スプレッドシートを開きます。 書式ルールを適用する範囲を選択します。 書式設定アイコン [ 条件付き書式] をタップしてパネルを開きます。 書式ルールを設定します。 すでにルールが適用されているセルまたは範囲に別のルールを追加する場合は、まず [ 追加] をタップします。 単一色: [セルの書式設定の条件] で、ルールを適用する条件を選択します。 [書式設定のスタイル] で、条件を満たしている場合のセルの表示方法を選択します。 独自の書式設定のスタイルを作成するには、[カスタム] の追加アイコン をタップします。 カラースケール: [書式設定のスタイル] でカラースケールを選択します。 最小値、最大値、中央値を設定できますが、値を設定しない場合はデータに基づいて自動調整されます。 [ 保存] をタップします。 Android 搭載のスマートフォンまたはタブレットの で、スプレッドシートを開きます。 テストの点数を選択します。 書式設定アイコン [ 条件付き書式] をタップします。 [セルの書式設定の条件] で [ 次より小さい] をタップします。 すでにルールが適用されている場合は、そのルールをタップするか、[ 追加] [ 次より小さい] をタップします。 [ 値または数式] をタップして「0. 8」と入力します。 ハイライト色を赤色にするには、赤いボックスをタップします。 [ 保存] をタップすると、80 点未満の点数が赤でハイライト表示されます。 カスタム数式を使用すると、他のセルの内容に基づいて特定のセルに書式を設定することができます。 Android 搭載のスマートフォンまたはタブレットの で、スプレッドシートを開きます。 書式ルールを適用するセルを選択します。 書式設定アイコン [ 条件付き書式] をタップします。 [セルの書式設定の条件] プルダウン メニューで [ カスタム数式] をタップします。 すでにルールが適用されている場合は、そのルールをタップするか、[ 追加] [ カスタム数式] をタップします。 [値または数式] をタップして数式とルールを追加します。 [ 保存] をタップします。 cell)を使用すると、数式は同一のシートのみを参照します。 数式で別のシートを参照するには、 関数を使用してください。 例 1 データに同じ値が複数含まれる場合にハイライト表示するには:• Android 搭載のスマートフォンまたはタブレットの で、スプレッドシートを開きます。 書式ルールを適用する範囲を選択します(例: セル A1~A100)。 書式設定アイコン [ 条件付き書式] をタップします。 [セルの書式設定の条件] プルダウン メニューで [ カスタム数式] をタップします。 すでにルールが適用されている場合は、そのルールをタップするか、[ 追加] [ カスタム数式] をタップします。 1 行目のルールを入力します。 その他の書式設定のプロパティを指定します。 [ 保存] をタップします。 例 2 特定の行のいずれかのセルの値に基づいて、その行全体に書式を適用するには:• Android 搭載のスマートフォンまたはタブレットの で、スプレッドシートを開きます。 書式ルールを適用する範囲を選択します(例: 列 A:E)。 書式設定アイコン [ 条件付き書式] をタップします。 [セルの書式設定の条件] プルダウン メニューで [ カスタム数式] をタップします。 すでにルールが適用されている場合は、そのルールをタップするか、[ 追加] [ カスタム数式] をタップします。 1 行目のルールを入力します。 その他の書式設定のプロパティを指定します。 [ 保存] をタップします。 複数の式に一致させるには、ワイルドカード文字を使用できます。 ワイルドカード文字は、書式設定の際に [次を含むテキスト] や [次を含まないテキスト] 欄で使用できます。 単一の文字に一致させるには、疑問符(? )を使用します。 たとえば、「a? c」を含むテキストのルールでは、「abc」のセルは書式設定され、「ac」、「abbc」のセルは書式設定されません。 c」を含むテキストのルールでは、「a? c」のセルは書式設定されません。 ルールを削除するには、削除アイコン 完了アイコン をタップします。 ルールはリストに表示されている順序で評価されます。 つまり、最初に真であると評価されたルールで、セルやセル範囲の書式が定義されます。 ルールの順序を変更するには、移動アイコン をタップしてルールをドラッグします。 書式ルールが適用されているセルまたはセル範囲からデータをコピーして貼り付けると、これらのルールは貼り付けたデータにも適用されます。

次の

挫折する人多数!スプレッドシートの『カスタム数式』の使い方を徹底紹介

スプレッド シート 条件 付き 書式 カスタム 数式

一言まとめ 例えば、セルの値が「完了」だったら、その行全体の色をグレーにしたい時がある。 例えば、こんな感じのタスク管理用のシートがあるとしましょう。 「状態」を「完了」にすると自動的にその行がグレーになってくれたら便利ですよね。 「ある列のセルの値に合わせて、その行全体の書式を変えたい」ってよくあることだと思います。 「 条件付き書式」を使えば割りと簡単にできますよという話です。 もちろんExcelでも同じことができます。 「条件付き書式」で行全体に書式を適用する方法 「条件付き書式」は セルごとに適用する機能ですが、セルの 複合参照を利用することで、 擬似的に行全体に書式を適用することもできます。 やり方は簡単です。 セルの参照方法 セルには3つの参照方法があります。 「 絶対参照」と「 相対参照」と「 複合参照」です。 表記上の違い• 相対参照: D2• 行も列も付いていれば絶対参照、付いていなければ相対参照、どちらかに付いていれば複合参照です。 機能上の違い セルをコピーした時に現れます。 逆にいうとコピーしなければ違いはありません。 下記の例を見て下さい。 そして、各表の左上の赤で表示しているセルがコピー元です。 絶対参照は一番分かりやすくて、コピーしても何も変わらないから特筆すべきところはないです。 相対参照の表をちょっと説明します。 このように、コピー先の数式の行と列は、コピー先とコピー元の位置関係に合わせて変化します。 そして、条件式に相対参照や複合参照が使われる場合、セルをコピーした時と同じように、条件式自体も変化します。 なお、コピー元は適用範囲 A2:D6 の開始セルです。 つまり A2です。 ここまでくれば、なぜ行全体に書式が適用されるのかが分かりますよね?ご覧の通り、行ごとの条件式が全く同じですから。 応用編 理屈が分かったらいろんな応用も考えられます。 そういう時は正規表現を使ったマッチング関数が便利です。 期限が切れたタスクの書式 要件例:日付が今日より前であれば書式を適用。 それから、 ルールの順番にも注意して下さい!最初にマッチしたルールより下のルールは無視されますので、優先させたいルールは上のほうに置くようにします。 などのアドオンを使えば期限が過ぎた時にメールで通知させることも簡単にできます。 まとめ 昔はExcelを使って関数やらVBAやらを書いたりして業務効率化するのが、今ではそれ専用のサービスを使ってさらに効率よく行うことが普通になってきました。 とは言え、Excelの使い方の自由さ、信頼性と普及率の高さから、今でも使っている人たちが多いですよね。 ちょっとした関数を使うだけで一瞬でインタラクティブ性を持たせることができるのはやはり便利です!さらに Google Apps Script と組み合わせれば、ちょっとした業務効率化のツールなら手軽に作れていいよね〜.

次の

「条件付き書式」で行全体の色を自動的に変える方法(Google スプレッドシート)

スプレッド シート 条件 付き 書式 カスタム 数式

適応したいセル範囲を選択• 右クリックでメニューを開く > 「条件付き書式」を選択• この場合、表示形式のショートカットキーを使うと素早く操作可能です。 適応するセル範囲に応じて、参照セルは変更下さい。 文章だけだと分かりづらいかと思いますので、以下に図説します。 <図1> <図2> <図3> 条件付き書式の書式設定「空白ではないセル」を使用して空白以外のセルに背景色を設定する方法は、以上となります。 条件付き書式の書式設定「カスタム数式」を使用する方法 上述の通り、スプレッドシートではデフォルトで「空白ではないセル」という条件が用意されているため、わざわざカスタム数式を設定する必要はありません。 ただ、これも一つの方法ではあるので、一応、紹介します。 手順は以下となります。 適応したいセル範囲を選択• 右クリックでメニューを開く > 「条件付き書式」を選択• この場合、表示形式のショートカットキーを使うと素早く操作可能です。 適応するセル範囲に応じて、参照セルは変更下さい。 文章だけでは分かりづらいかと思いますので、以下に図説します。 <図1> <図2> <図3> <図4> 数式の解説ですが、次の通りです。 適応したいセル範囲である A1:A10 の最初のセルはA1セルです。 数式で指定しているのはA1セルだけですが、適応セル範囲は A1:A10 のため、A1〜A10 は相対参照として適応され、結果的にA1〜A10まで条件が適応されます。 <図5> 条件付き書式の書式設定「カスタム数式」を使用する方法は、以上となります。

次の