光 回線 通信 量 確認。 スマホの通信制限とは?対策や通信量の確認方法。解除はいつされるの?

まとめリーグオブレジェンド回線速度と通信量の目安

光 回線 通信 量 確認

そもそも通信制限とは? 通信制限とは、特定の条件を満たしたときに通信速度が低下するシステムのことです。 次の2つのいずれかに該当した場合に通信速度の制限が始まりますが、インターネットを快適に使えなくなるので可能な限り避けたいところ。 契約した容量を使い切る• 一定期間の通信量が制限値を超える 通信制限のシステムについて見ていきましょう。 契約した容量を使い切って速度が低下する場合 スマホなどの契約では、 料金プランで定められている通信容量を使い切ると、それ以降の通信には速度制限が掛かります。 例えば、高速データ通信容量が6GBのプランを契約している場合、基本的には6GBを使い切るまでは高速通信で使用可能です。 しかし、月間の通信量が6GBを超えると通信制限が掛かり、 翌月になるまで低速通信しかできない状態になります。 通信制限時の速度はキャリアや格安SIM会社など事業者によって異なりますが、 最大200kbpsくらいに制限されることが多いです。 常に快適な通信を行うためには10Mbps程度の速度が必要だと考えられていますが、200Kbpsではその50分の1の速度しか出ません。 低速通信状態では、テキスト主体のウェブサイトの閲覧やLINEでの通話はそれなりにできますが、YouTubeの低画質動画やビデオ通話は困難です。 翌月まで制限が解除されないというのは、ネットを使う上で大きなストレスになってしまうでしょう。 1日ごとや3日ごとの短期間の制限がある場合 事業者によっては、 一定期間内の通信量が制限値を上回った場合に、短期間の速度制限が掛けられることもあります。 短期制限が全くない事業者もあり、この場合は短期間で使いすぎたからといって制限されることはないので、月間の使用量だけに注意すれば大丈夫です。 短期制限がある場合、制限の基準値や速度制限が掛かる期間などは事業者によって異なります。 例えば、 3日間の通信量が10GBを超えた場合は翌日の通信速度を制限する、という条件の場合を考えてみましょう。 この例では、直近3日間の通信量の合計が10GBを超えると制限が掛かるので、2日前に2GB、1日前に3GB使っている場合は、当日に5GB以上使用すると翌日の通信速度が制限されることになります。 当日の使用量を5GB以内に抑えた場合は制限が掛からず、翌日は通信量を2GB未満に抑えれば通信制限は掛かりません。 格安SIMの多くでこういった短期制限が設けられているため、その日ごとに通信量が大きく変わる場合は厄介です。 OCNモバイルONEやnuroモバイル、エキサイトモバイルのように、速度制限が掛かった状態でも使いすぎるとさらに遅くなってしまうという格安SIMもあります。 通信制限にかからないための対策方法 通信速度を制限されると、インターネットを快適に使えなくなるのでストレスがたまります。 制限に引っ掛からないようにするための対策方法を見ていきましょう。 通信量を節約する 通信制限の対策として最も一般的なのは、料金プランの容量に収まるように通信量を節約することです。 次の2つの対策を取るようにすると、通信量を抑えることができます。 スマホやアプリの設定を変える• 無料で使えるフリーWiFiアプリを利用する スマホやアプリの設定を変える 最も簡単に行うことができる節約方法は、スマホやアプリの設定変更。 たとえばスマホであれば、アプリごとにモバイルデータ通信をオフにして、WiFi環境下でしか通信できないようにしたり、アプリの更新を手動で行うようにすれば、使っていないアプリで勝手に通信が行われるのを防ぐことができます。 また使用しているアプリ自体にも画質変更や、節約モードがそれぞれ設定されている場合があるので、使用頻度の高いものは設定を変えておくといいでしょう。 詳しい設定方法はこちらの記事を参照してください。 無料で使えるフリーWiFiアプリを利用する(ギガぞう、タウンWiFi) スマホの通信量はモバイル通信時に消費されるものなので、WiFi使用時には減りません。 つまり、 WiFi環境があるときはWiFiでの通信に切り替えるようにすると、ネットを快適に使いながらも通信量を節約できるということです。 現在では街中の至るところにフリーWiFiスポットが設置されているため、通信量を節約するために活用できます。 ところが、こういった フリーWiFiは誰でもアクセスできるネットワークなので、個人情報を盗まれるなどセキュリティ上の危険性に注意が必要です。 そこで、WiFiを安全に使うためには 「ギガぞう」を、手軽に使うためには 「タウンWiFi」というアプリを活用してみましょう。 (参考:)(参考:) 「ギガぞう」の特長は、大手キャリアが提供しているWiFiと同等レベルのセキュリティのあるWiFiを、月額182円 税抜き で利用できること。 VPN プライベートネットワーク 通信機能が備わっているため、フリーWiFiに安心して接続可能です。 ただし、ギガぞうを使用するとスマホのバッテリー消費量が多くなることや、WiFiの特性上モバイル通信よりも接続が不安定になりやすいなど、デメリットもあります。 「タウンWiFi」は「ギガぞう」と同じようにフリーWiFiに関するアプリですが、こちらは 「自動的に近くのフリーWiFiに接続してくれる」機能があることが特徴。 通信量の節約に便利なだけではなく無料なのが大きな魅力ですが、ネットワークのセキュリティ保護はされていないので安全性に注意してください。 タウンWiFiの安全性を高めたい場合は「WiFiプロテクト」を無料で使えますが、あまり評判は良くないため、セキュリティが気になる場合は「ギガぞう」を使うようにする方が良いでしょう。 こまめに通信量を確認する 当月分と直近数日分のデータ通信量に関しては、各キャリアや格安SIM事業者の公式サイト上の「マイページ」、もしくはそれに該当するページで確認することができます。 ドコモの場合 ドコモの場合は、「dメニュー」ら「My docomo(お客様サポート)」へログインすると、当月の利用データ通信量が表示され、右上の「詳細」をタップすると当月分と直近3日分の通信量が表示されます。 auの場合 auの場合はブラウザでauの公式サイトにアクセスして、画面左上のメニューボタンを選択して「My au」を開いてログイン後、メイン画面で「利用状況タブ」を開いてスクロールすると、現在のデータ残量やその内訳を確認可能です。 Softbankの場合 ソフトバンクの場合は、「My SoftBank」へアクセスして「メニュー」からカテゴリの「使用量の管理」を選択し、利用状況の「詳細をみる」もしくは「過去の通信量」をタップすると、現在のデータ使用量や直近3日間の通信量を確認できます。 しかし、こういった確認方法では手間が掛かる上にモバイル通信も発生するので、できれば端末だけで確認できる方が便利です。 iPhoneの場合 iPhoneの場合は、ホーム画面で「設定」から「モバイル通信」へ進むと、「現在までの合計」項目で通信量の総量を確認できます。 ただし、ここに表示されるのは「前回リセットしてからの総量」なので、月間使用量を確認できるようにするためには、画面下部の「統計情報をリセット」を月末など月額料金の締め日にタップして、月ごとに統計をリセットする必要があるので注意してください。 Androidの場合 Androidの場合は端末によって異なりますが、ホーム画面で「設定」を起動して、「接続」から「データ使用量」の順にタップすると、当月の通信量の合計を確認できることが多いようです。 また、「データ使用量」の画面で「測定開始日と使用量の警告」をタップすると、測定開始日の変更や指定した通信量を超えたときの警告通知の設定など、便利な機能を使えるので活用してみましょう。 適切なプランに変更する フリーWiFiや通信量節約法などを駆使しても、どうしても通信量が料金プラン内に収まらないことがあります。 そういった場合は、キャリアのサブブランド(ワイモバイル、UQモバイル)や格安SIMに乗り換えて適切な料金プランで契約するか、ポケットWiFiを使うようにすると解決できるかもしれません。 どちらも割引等を考慮しない場合の基本料金なので単純な比較はできませんが、それでも通信量が増えて料金が明らかに安くなるのは大きな魅力。 格安SIMであれば、サブブランドよりさらに料金が安くなるので、月額料金をとにかく安くしたいという人にはおすすめです。 さらに、大容量で通信するなら、 格安SIMを小さな容量で契約し、ポケットWiFiや大容量データSIMと併用するのがいいでしょう。 ただし、格安SIMやポケットWiFiには「短期制限」があることが多いので、一定期間内に使いすぎないように注意が必要です。 通信制限の解除はいつ? A. 月の通信容量を使い切った場合は翌月1日から順次。 短期制限の場合は、翌日から利用可能。 前述したように、通信制限が掛かる条件には大きく分けて「契約した容量を使い切る」「一定期間の通信量が制限値を超える」の2種類があります。 月間の通信容量を使い切った場合は、残念ながら翌月1日まで通信制限は解除されません。 モバイルデータ通信では低速通信しかできないので、ネットを快適に使うためにはWiFiを活用してなんとか切り抜けましょう。 短期制限に引っ掛かった場合は、 翌日になると元の速度に戻るので安心してください。 ただし、OCNモバイルONEやnuroモバイル、エキサイトモバイルのように、短期制限中に使いすぎるとさらに遅くなる格安SIMもあるので、公式サイト等で制限の条件を確認しておくと無難です。 通信制限を自分で解除することは可能?裏技はあるの? A. 高速データ通信量を追加購入することで解除可能な場合も。 無料で解除できる裏技はないのであきらめて。 事業者によっては、月間のデータ通信量を使い切った場合でも、追加料金を支払うことで容量を追加できることがあります。 例えば、ドコモには1回1,000円支払うと通信容量が1GB増える「1GB追加オプション」というシステムがありますが、コストパフォーマンスが良いとは言えません。 残念ながら、無料で解除する方法や制限をすり抜けられるような裏技はないので、諦めるしかありません。 通信制限にかかってもできることはある? A. 制限時速度による。 LINEのメッセージ機能やテキストメインのサイトは利用可能。 事業者ごとに通信制限下での速度が違うので断定はできませんが、どの事業者の場合でもテキスト主体の通信は問題なく行えることが多いです。 ドコモや楽天モバイル、UQモバイル、ワイモバイルなど一部の事業者では、 通信制限下でも1Mbps程度の中速で通信できるものもあります。 1Mbpsの速度では、LINEのメッセージやビデオ通話、中画質設定 480p~720p でのYouTube動画の視聴、SNSなどはほとんど問題なく使用可能なので、意外とストレスは少ないかもしれません。 また、 IIJmioやOCNモバイルONEなど一部の格安SIMでは 「バースト転送機能」があり、低速通信状態でも最初の一定量のデータを高速で読み込めるため、テキストメインのサイトなら比較的快適に使えることもあります。 ただし、バースト転送機能があっても動画閲覧には力不足なので、どうしても高速通信を行いたい場合は、WiFi接続に切り替えるしかありません。 【まとめ】通信制限はかかる前に節約などの対策をするか、通信制限にかからないようなプランに変更しよう 通信制限はかかってしまってからだと、データ容量の追加購入しか解除の方法がなく、とても不便です。 そのため日頃から節約をして、通信制限にかからないよう工夫するのが大切です。 節約は苦手、どんどんネットを使いたいという人は、契約しているプランを見直しましょう。 単純に格安SIMの安いプランに変えて、その分容量を大きいものにするのもいいですし、制限時の速度が1Mbpsの中速のものに乗り換えて、制限時にもある程度使えるようにするというのもありです。 ただし中速状態でも、高画質の動画の視聴や、データのアップロードダウンロードなどは、速度が足りないことが多いため、そういった場合はポケットWiFiや大容量データSIMを契約して併用するのがコスパがよくおすすめです。

次の

フレッツ光のデータ通信量無制限プランとは?他社料金と比較!

光 回線 通信 量 確認

そもそも通信制限とは? 通信制限とは、特定の条件を満たしたときに通信速度が低下するシステムのことです。 次の2つのいずれかに該当した場合に通信速度の制限が始まりますが、インターネットを快適に使えなくなるので可能な限り避けたいところ。 契約した容量を使い切る• 一定期間の通信量が制限値を超える 通信制限のシステムについて見ていきましょう。 契約した容量を使い切って速度が低下する場合 スマホなどの契約では、 料金プランで定められている通信容量を使い切ると、それ以降の通信には速度制限が掛かります。 例えば、高速データ通信容量が6GBのプランを契約している場合、基本的には6GBを使い切るまでは高速通信で使用可能です。 しかし、月間の通信量が6GBを超えると通信制限が掛かり、 翌月になるまで低速通信しかできない状態になります。 通信制限時の速度はキャリアや格安SIM会社など事業者によって異なりますが、 最大200kbpsくらいに制限されることが多いです。 常に快適な通信を行うためには10Mbps程度の速度が必要だと考えられていますが、200Kbpsではその50分の1の速度しか出ません。 低速通信状態では、テキスト主体のウェブサイトの閲覧やLINEでの通話はそれなりにできますが、YouTubeの低画質動画やビデオ通話は困難です。 翌月まで制限が解除されないというのは、ネットを使う上で大きなストレスになってしまうでしょう。 1日ごとや3日ごとの短期間の制限がある場合 事業者によっては、 一定期間内の通信量が制限値を上回った場合に、短期間の速度制限が掛けられることもあります。 短期制限が全くない事業者もあり、この場合は短期間で使いすぎたからといって制限されることはないので、月間の使用量だけに注意すれば大丈夫です。 短期制限がある場合、制限の基準値や速度制限が掛かる期間などは事業者によって異なります。 例えば、 3日間の通信量が10GBを超えた場合は翌日の通信速度を制限する、という条件の場合を考えてみましょう。 この例では、直近3日間の通信量の合計が10GBを超えると制限が掛かるので、2日前に2GB、1日前に3GB使っている場合は、当日に5GB以上使用すると翌日の通信速度が制限されることになります。 当日の使用量を5GB以内に抑えた場合は制限が掛からず、翌日は通信量を2GB未満に抑えれば通信制限は掛かりません。 格安SIMの多くでこういった短期制限が設けられているため、その日ごとに通信量が大きく変わる場合は厄介です。 OCNモバイルONEやnuroモバイル、エキサイトモバイルのように、速度制限が掛かった状態でも使いすぎるとさらに遅くなってしまうという格安SIMもあります。 通信制限にかからないための対策方法 通信速度を制限されると、インターネットを快適に使えなくなるのでストレスがたまります。 制限に引っ掛からないようにするための対策方法を見ていきましょう。 通信量を節約する 通信制限の対策として最も一般的なのは、料金プランの容量に収まるように通信量を節約することです。 次の2つの対策を取るようにすると、通信量を抑えることができます。 スマホやアプリの設定を変える• 無料で使えるフリーWiFiアプリを利用する スマホやアプリの設定を変える 最も簡単に行うことができる節約方法は、スマホやアプリの設定変更。 たとえばスマホであれば、アプリごとにモバイルデータ通信をオフにして、WiFi環境下でしか通信できないようにしたり、アプリの更新を手動で行うようにすれば、使っていないアプリで勝手に通信が行われるのを防ぐことができます。 また使用しているアプリ自体にも画質変更や、節約モードがそれぞれ設定されている場合があるので、使用頻度の高いものは設定を変えておくといいでしょう。 詳しい設定方法はこちらの記事を参照してください。 無料で使えるフリーWiFiアプリを利用する(ギガぞう、タウンWiFi) スマホの通信量はモバイル通信時に消費されるものなので、WiFi使用時には減りません。 つまり、 WiFi環境があるときはWiFiでの通信に切り替えるようにすると、ネットを快適に使いながらも通信量を節約できるということです。 現在では街中の至るところにフリーWiFiスポットが設置されているため、通信量を節約するために活用できます。 ところが、こういった フリーWiFiは誰でもアクセスできるネットワークなので、個人情報を盗まれるなどセキュリティ上の危険性に注意が必要です。 そこで、WiFiを安全に使うためには 「ギガぞう」を、手軽に使うためには 「タウンWiFi」というアプリを活用してみましょう。 (参考:)(参考:) 「ギガぞう」の特長は、大手キャリアが提供しているWiFiと同等レベルのセキュリティのあるWiFiを、月額182円 税抜き で利用できること。 VPN プライベートネットワーク 通信機能が備わっているため、フリーWiFiに安心して接続可能です。 ただし、ギガぞうを使用するとスマホのバッテリー消費量が多くなることや、WiFiの特性上モバイル通信よりも接続が不安定になりやすいなど、デメリットもあります。 「タウンWiFi」は「ギガぞう」と同じようにフリーWiFiに関するアプリですが、こちらは 「自動的に近くのフリーWiFiに接続してくれる」機能があることが特徴。 通信量の節約に便利なだけではなく無料なのが大きな魅力ですが、ネットワークのセキュリティ保護はされていないので安全性に注意してください。 タウンWiFiの安全性を高めたい場合は「WiFiプロテクト」を無料で使えますが、あまり評判は良くないため、セキュリティが気になる場合は「ギガぞう」を使うようにする方が良いでしょう。 こまめに通信量を確認する 当月分と直近数日分のデータ通信量に関しては、各キャリアや格安SIM事業者の公式サイト上の「マイページ」、もしくはそれに該当するページで確認することができます。 ドコモの場合 ドコモの場合は、「dメニュー」ら「My docomo(お客様サポート)」へログインすると、当月の利用データ通信量が表示され、右上の「詳細」をタップすると当月分と直近3日分の通信量が表示されます。 auの場合 auの場合はブラウザでauの公式サイトにアクセスして、画面左上のメニューボタンを選択して「My au」を開いてログイン後、メイン画面で「利用状況タブ」を開いてスクロールすると、現在のデータ残量やその内訳を確認可能です。 Softbankの場合 ソフトバンクの場合は、「My SoftBank」へアクセスして「メニュー」からカテゴリの「使用量の管理」を選択し、利用状況の「詳細をみる」もしくは「過去の通信量」をタップすると、現在のデータ使用量や直近3日間の通信量を確認できます。 しかし、こういった確認方法では手間が掛かる上にモバイル通信も発生するので、できれば端末だけで確認できる方が便利です。 iPhoneの場合 iPhoneの場合は、ホーム画面で「設定」から「モバイル通信」へ進むと、「現在までの合計」項目で通信量の総量を確認できます。 ただし、ここに表示されるのは「前回リセットしてからの総量」なので、月間使用量を確認できるようにするためには、画面下部の「統計情報をリセット」を月末など月額料金の締め日にタップして、月ごとに統計をリセットする必要があるので注意してください。 Androidの場合 Androidの場合は端末によって異なりますが、ホーム画面で「設定」を起動して、「接続」から「データ使用量」の順にタップすると、当月の通信量の合計を確認できることが多いようです。 また、「データ使用量」の画面で「測定開始日と使用量の警告」をタップすると、測定開始日の変更や指定した通信量を超えたときの警告通知の設定など、便利な機能を使えるので活用してみましょう。 適切なプランに変更する フリーWiFiや通信量節約法などを駆使しても、どうしても通信量が料金プラン内に収まらないことがあります。 そういった場合は、キャリアのサブブランド(ワイモバイル、UQモバイル)や格安SIMに乗り換えて適切な料金プランで契約するか、ポケットWiFiを使うようにすると解決できるかもしれません。 どちらも割引等を考慮しない場合の基本料金なので単純な比較はできませんが、それでも通信量が増えて料金が明らかに安くなるのは大きな魅力。 格安SIMであれば、サブブランドよりさらに料金が安くなるので、月額料金をとにかく安くしたいという人にはおすすめです。 さらに、大容量で通信するなら、 格安SIMを小さな容量で契約し、ポケットWiFiや大容量データSIMと併用するのがいいでしょう。 ただし、格安SIMやポケットWiFiには「短期制限」があることが多いので、一定期間内に使いすぎないように注意が必要です。 通信制限の解除はいつ? A. 月の通信容量を使い切った場合は翌月1日から順次。 短期制限の場合は、翌日から利用可能。 前述したように、通信制限が掛かる条件には大きく分けて「契約した容量を使い切る」「一定期間の通信量が制限値を超える」の2種類があります。 月間の通信容量を使い切った場合は、残念ながら翌月1日まで通信制限は解除されません。 モバイルデータ通信では低速通信しかできないので、ネットを快適に使うためにはWiFiを活用してなんとか切り抜けましょう。 短期制限に引っ掛かった場合は、 翌日になると元の速度に戻るので安心してください。 ただし、OCNモバイルONEやnuroモバイル、エキサイトモバイルのように、短期制限中に使いすぎるとさらに遅くなる格安SIMもあるので、公式サイト等で制限の条件を確認しておくと無難です。 通信制限を自分で解除することは可能?裏技はあるの? A. 高速データ通信量を追加購入することで解除可能な場合も。 無料で解除できる裏技はないのであきらめて。 事業者によっては、月間のデータ通信量を使い切った場合でも、追加料金を支払うことで容量を追加できることがあります。 例えば、ドコモには1回1,000円支払うと通信容量が1GB増える「1GB追加オプション」というシステムがありますが、コストパフォーマンスが良いとは言えません。 残念ながら、無料で解除する方法や制限をすり抜けられるような裏技はないので、諦めるしかありません。 通信制限にかかってもできることはある? A. 制限時速度による。 LINEのメッセージ機能やテキストメインのサイトは利用可能。 事業者ごとに通信制限下での速度が違うので断定はできませんが、どの事業者の場合でもテキスト主体の通信は問題なく行えることが多いです。 ドコモや楽天モバイル、UQモバイル、ワイモバイルなど一部の事業者では、 通信制限下でも1Mbps程度の中速で通信できるものもあります。 1Mbpsの速度では、LINEのメッセージやビデオ通話、中画質設定 480p~720p でのYouTube動画の視聴、SNSなどはほとんど問題なく使用可能なので、意外とストレスは少ないかもしれません。 また、 IIJmioやOCNモバイルONEなど一部の格安SIMでは 「バースト転送機能」があり、低速通信状態でも最初の一定量のデータを高速で読み込めるため、テキストメインのサイトなら比較的快適に使えることもあります。 ただし、バースト転送機能があっても動画閲覧には力不足なので、どうしても高速通信を行いたい場合は、WiFi接続に切り替えるしかありません。 【まとめ】通信制限はかかる前に節約などの対策をするか、通信制限にかからないようなプランに変更しよう 通信制限はかかってしまってからだと、データ容量の追加購入しか解除の方法がなく、とても不便です。 そのため日頃から節約をして、通信制限にかからないよう工夫するのが大切です。 節約は苦手、どんどんネットを使いたいという人は、契約しているプランを見直しましょう。 単純に格安SIMの安いプランに変えて、その分容量を大きいものにするのもいいですし、制限時の速度が1Mbpsの中速のものに乗り換えて、制限時にもある程度使えるようにするというのもありです。 ただし中速状態でも、高画質の動画の視聴や、データのアップロードダウンロードなどは、速度が足りないことが多いため、そういった場合はポケットWiFiや大容量データSIMを契約して併用するのがコスパがよくおすすめです。

次の

インターネット回線を通信量で選ぶならこれだ!

光 回線 通信 量 確認

書類から確認する方法• 自分が使っているが何だったか、忘れてしまった…! 普段トラブル無く利用している分には、インターネット回線の存在を意識することはありませんから、回線の種類とかプロバイダを、ついつい忘れてしまうんですよね。 契約時の書類や、料金引き落とし明細から確認できるので、それぞれ紹介していきます! 1.契約書類から確認する 基本中の基本ですね!契約書類を見ればすぐに分かるでしょう。 ただ、 この記事を見ている方は「契約書類がないから分からないんだよね…」という方も多いのではないでしょうか。 この記事では、 様々な確認方法を紹介しているので、他の項目も是非チェックしてみてください! 2.料金支払いの明細から調べる もし契約書類をなくしてしまった!通信事業者名も全く検討がつかない…、という場合は、 料金の引き落とし明細から確認する方法があります。 クレジットカード、口座振替、コンビニ支払いなど、色々な決済方法があるかと思いますが、こちらから確認し、事業者名を確認してみましょう。 なお、ソフトバンク光などの、フレッツ回線を使用した 「光コラボ」を契約中の場合、NTTが代理で請求を行っている場合もあります。 例えばクレジットカードの場合、「エヌテイテイヒガシニホン」と記載されている場合もありますね。 この場合は、NTTの料金に関する問い合わせ窓口に電話してみましょう! 回線の確認方法• IPアドレスから使用回線を判別する方法、設置している機器から大まかな回線を判別する方法はありますが、 正確な契約先の確認は難しいです…。 使っている回線の大まかな種類を知りたい時などに試してみてください! 1.設置してある通信機器を確認する方法 回線 参考画像 サービス例 ・フレッツ光 ・ソフトバンク光 ・ ・どんなときもWiFi ・Mugen WiFi ・Broad WiMAX ・GMOとくとくBB ・SoftBank Air ・モバレコエアー ・Broad WiMAX 設置してある通信機器から、大まかな予想は可能です。 正確な契約先までは分かりませんが…。 参考画像をもとに、ご自身がどんな回線タイプを契約中か?確認してみてくださいね。 表中のリンクをクリックしてもらえば、該当する回線タイプの紹介記事へ飛べます! 2.IPアドレスからプロバイダ名を調べる方法 IPアドレスから確認する方法• より自分のIPアドレスを確認• にアクセス• 検索キーワードに自分のIPアドレスを入力• 検索タイプに「ネットワーク情報」を選択• 表示されたプロバイダ名を検索してみる インターネットに繋がっている状態なのであれば、必ず自分の「」を持っています。 IPアドレスから、使用しているプロバイダ情報の確認が可能です。 上記手順で、あなたが現在使っているIPアドレスを提供している組織名(社名)まで分かります。 出てきた組織名を検索して調べてみてください。 ただ、この方法だと フレッツ回線で「IPv6 IPoE」を使用している場合、契約先とは別の組織名がヒットしてしまいます。 例えば「日本ネットワークイネイブラー株式会社」などが該当しますね。 通信速度が速くなるヤツです! 「IPv6 IPoE」を提供しているプロバイダは多数ありますが、ほとんどが 自前の設備ではなく他社のIPv6 IPoE網を利用して提供しています。 そのため、「契約している組織と違うけど…」という事が起こります。 このようなケースもあるので、冒頭でも解説した通り、契約書類以外で正確な契約先を確認する事はできないんです…。 通信速度測定サイトで確認する事も可能! 上記は「」での計測結果です。 使用している回線の通信速度も測定できるほか、 使用しているプロバイダ名・IPアドレスも分かります! ワンボタンで簡単に確認できるので、こちらも使用してみてくださいね。 固定回線の種別 光回線・ADSL・ケーブルテレビ を判別する方法を解説! ケーブルテレビ 名称 ONU VDSLモデム モデム ADSLモデム ケーブルモデム 使用している通信機器の名称から、固定回線の種別も判別可能です。 例えば、私の家では光回線を使用していますが、機器の名前は「GE-ONU」です。 「ONU」とは「光回線終端装置」という意味で、この名称が入っている場合は光回線を使用している事が分かります。 ADSLの場合は「モデム」「ADSLモデム」という表記になりますね。 ちなみに「VDSLモデム」は光回線の一種で、マンション用の配線方式で提供している、という事になります。 ケーブルテレビは「ケーブルモデム」という表記になります。 J:COMの公式ページにもあるので、こちらも併せてチェックしてみてください。 機器に書いてある名前を見てもよく分からない…という場合は、型番名を検索してみてください! マンションのインターネット回線を確認する方法を解説! マンションの場合• インターネット回線をマンションで使っている場合は、ちょっと注意が必要です。 戸建て住宅であれば、インターネット回線を利用場所に直接引き込むかたちになりますので、回線方式が新しくなってもいつでも入れ替えることが可能です。 一方、マンションやアパートなどの集合住宅では、インターネットの基幹回線を引き込んだ後に、回線を 各部屋に分配する必要があります。 この分配の仕組みを入れ替えることは、費用や工事の手間という点でハードルが高く、古い物件の場合は旧式の仕組みのまま運用されていることもあるんです。 1.部屋のコンセント形状を確認する 光回線の配線方式 差込口の画像 VDSL方式 最大100Mbps 参照: 光配線方式 最大1Gbps 参照: LAN方式 最大1Gbps 参照: 集合住宅側で回線設備を整えてくれているケースがほとんどでしょう。 上記画像の通り、コンセントの部分にインターネット用の接続口が設けられています。 この形状を確認する事で、回線の配線方式を確認する事が可能です! 上記3つの、どの形状とも違う…という場合は「ADSL」か「ケーブルテレビ」の可能性があります。 特にJ:COMなどのケーブルテレビ回線を集合住宅側で用意しているケースも多いですね。 どのコンセントにも、このような物が見当たらない…という場合、集合住宅側で回線設備を用意していないのかもしれません。 この場合、固定回線を導入するのは厳しいですね…。 回線事業者側は「戸建てと同じ方式で契約ならOK」というケースもありますが、管理会社側が工事を拒否する可能性もあります。 相談するか、工事が不要ななどを検討する必要がありますね。 について、詳細は下記記事もチェックしてみてくださいね。 2.集合住宅の管理会社や大家さんに確認する インターネット回線は重要な居住インフラなので、管理会社は把握しています。 どのタイプの回線が入っているか、確認してみましょう。 を行う際にも、管理会社や大家さんへの確認は必ず必要になってきますので、状況確認の段階で接点を持っておくと良いです。 ただ、 この回線部分が曖昧な認識となっている不動産会社も多いですよね…。 回線を重視するなら、回線に関する回答をキッチリとしてくれる不動産会社を利用すべきでしょう。 もし「NTTのフレッツ回線が入っている」と言われた場合、項目1で紹介した配線方式も確認したいですね。 ちなみにですが、やなどの「」もフレッツ回線を使用しています。 「フレッツ回線が入っている」場合、このような光コラボも契約可能です。 スマホで使用しているインターネット回線を確認する3つの方法も紹介! スマートフォンを使っているなら、インターネット回線にはつながっているはずです。 そもそもスマホは、インターネットに接続することが前提のモバイル端末ですし、ネットにつながっていないスマホでは意味が無いですから…。 でも、そのスマホで使っているインターネット回線が何なのか?それはちゃんと把握してはいないかも知れませんね。 格安スマホの場合は、大手キャリアの回線をMVNOと呼ばれるかたちで借りているケースもあります。 4G接続の回線がどこなのかは、各スマートフォンの設定画面で キャリア欄を確認すると分かります。 2.Wi-Fiを使用している場合は設定画面のWi-Fi項目で確認! スマートフォンは、4G回線だけでなく、でも通信することができます。 4G回線だけではデータ通信量が多くなり過ぎてしまうので、WiFi通信ができる場所では、WiFi経由でインターネット通信をしている人も多いでしょう。 WiFi通信でどことつながっているのかは、各スマートフォンの設定画面で WiFi欄を確認すると分かります。 3.モバイルルーターを使用している場合は契約回線を確認! スマートフォンをWiFi経由で利用しているけれど、 モバイルルーターを使用しているという場合もあるでしょう。 この場合は、スマートフォンとモバイルルーターの間はWiFi通信で接続されていて、モバイルルーターとインターネット回線がなどで接続されていることになります。 の契約を確認すれば、何でインターネットと接続しているのか確認することができます。 モバイルルーターについては、詳しくは次の記事を参考にしてください。 パソコンで使用中のインターネット回線を調べる2つの方法も紹介! パソコンでインターネット回線を利用している場合、WindowsなどのOS(基本ソフト)から確認することができます。 パソコンも時間とともに進化していて、細かな設定を都度行わなくても利用できるようになっています。 最新OSでは、インターネット回線の確認画面も、普段はあまり触らない場所に置かれています。 1.パソコンのネットワーク設定を確認! パソコンのネットワーク設定を確認するためには、OS(基本ソフト)の管理項目に入って確認します。 WindowsとMacでは確認場所が違いますので、注意しましょう。 Windows10の場合は、「ウィンドウズキー+X」で開くメニューの『ネットワーク接続』で確認することができます。 Mac OS Xの場合は、Dock上の「System Preferences」アイコンをクリックして、「システム環境設定」を開き、「ネットワーク」項目で確認できます。 2.ネットワークの通信速度を確認! パソコンでは、ネットワークの通信速度も確認することができます。 Windows10では、「タスクマネージャー」を開き、「パフォーマンス」タブの「イーサネット」または「WiFi」項目で確認できます。 Mac OS Xでは、「アプリケーション」から「ユーティリティ」の「ネットワークユーティリティ」を開き、「Infoタブ」から各項目を確認することができます。 まとめ.

次の