観光名所。 【旅探(たびたん)】観光名所/旅行/温泉/レジャー情報サイト

観光名所|特定非営利活動法人 枚方文化観光協会

観光名所

観光ボランティアガイドおすすめ!モデルコース 枚方観光ボランティアガイドによる、おすすめの観光モデルコースの一覧です。 枚方の名所・旧跡を散策したい方におすすめです。 京街道と淀川 枚方宿場町・京街道コース 江戸時代、宿場町として賑わった枚方、三十石船の寄港地として栄えた枚方をご案内します。 往時の人々の暮らしを垣間見ることができます。 万年寺山の緑陰 万年寺山・恋巡りコース 宿場の街道筋から万年寺山に入るコースです。 山頂付近のお茶屋御殿跡からの展望や府の天然記念物「椋の木」をご覧いただけます。 ガイドいちおしのコースです。 百済寺跡の松風 御殿山・百済寺コース 平安時代の悲運の皇子・惟喬親王の別荘・渚院跡と、大阪城に並ぶ国の特別史跡 百済寺跡をめぐるコースです。 継体天皇ゆかりの地 樟葉コース 継体天皇が6世紀初めに即位したと伝えられる樟葉宮跡や幕末に造られた楠葉台場跡をたずねます。 枚方市北部の散策にはぴったりのコースです。 平成13年より活動をスタート。 市内在住・在職の観光ボランティアガイドが枚方のすばらしさをご紹介しています。 観光ガイドの案内は枚方市駅東改札口前の『枚方市駅市民サービスセンター』内にある『観光ボランティアガイドコーナー』で、ご案内いたしております。 お気軽にお問合せください。 よろしくお願い致します。

次の

観光名所を網羅!旭川のおすすめ観光スポットランキング20選

観光名所

観光ボランティアガイドおすすめ!モデルコース 枚方観光ボランティアガイドによる、おすすめの観光モデルコースの一覧です。 枚方の名所・旧跡を散策したい方におすすめです。 京街道と淀川 枚方宿場町・京街道コース 江戸時代、宿場町として賑わった枚方、三十石船の寄港地として栄えた枚方をご案内します。 往時の人々の暮らしを垣間見ることができます。 万年寺山の緑陰 万年寺山・恋巡りコース 宿場の街道筋から万年寺山に入るコースです。 山頂付近のお茶屋御殿跡からの展望や府の天然記念物「椋の木」をご覧いただけます。 ガイドいちおしのコースです。 百済寺跡の松風 御殿山・百済寺コース 平安時代の悲運の皇子・惟喬親王の別荘・渚院跡と、大阪城に並ぶ国の特別史跡 百済寺跡をめぐるコースです。 継体天皇ゆかりの地 樟葉コース 継体天皇が6世紀初めに即位したと伝えられる樟葉宮跡や幕末に造られた楠葉台場跡をたずねます。 枚方市北部の散策にはぴったりのコースです。 平成13年より活動をスタート。 市内在住・在職の観光ボランティアガイドが枚方のすばらしさをご紹介しています。 観光ガイドの案内は枚方市駅東改札口前の『枚方市駅市民サービスセンター』内にある『観光ボランティアガイドコーナー』で、ご案内いたしております。 お気軽にお問合せください。 よろしくお願い致します。

次の

お知らせ

観光名所

鎌倉のシンボル大仏様 お寺や神社だけでなく、海、山、カフェなど様々な見所のある鎌倉。 日帰りで鎌倉のいろいろな魅力を体験したいけれど、どうやってまわればいいか分からないという声をよくききます。 鎌倉は意外と広く、しかも市街地は交通渋滞が多いので、バスやタクシーだと、目的地に到着するまでに思ったよりも時間がかかってしまうことがあります。 そこで今回ご紹介するのが、 鎌倉の人気観光名所や史跡7ヶ所を徒歩で一日でめぐることができる、「 鎌倉観光のゴールデンルート」とも呼べるモデルコース。 コースの所要時間は、歩くペースや観光スポットの見学時間にもよりますが、お昼休憩の時間も含めて5~6時間くらいです。 各観光スポットをめぐる順番は、以下のマップを参考にしてください。 鎌倉駅から鶴岡八幡宮へは、飲食店や土産物屋が並ぶ「小町通り」を歩くルートと、鎌倉市街を南北に貫くメインストリートである「若宮大路」を歩くルートがあり、どちらを歩いても10分ほど。 今回は若宮大路を歩きます。 若宮大路は、平安京 京都 でいえば、朱雀大路にあたります。 今に続く鎌倉の市街地の原型をつくったのは、鎌倉幕府の初代将軍・源頼朝 1147~1199年 ですが、京都育ちの頼朝は、鶴岡八幡宮を平安京の「内裏 だいり 」に、若宮大路を「朱雀大路」に見立てて鎌倉の街づくりを進めました。 その先、県道が右にカーブするところで、左手の「小町通り」に入り、さらに、50m先を今度は右折して、『』や、「巌 いわや 不動」の前を通る「窟堂道 いわやどうみち 」を歩いて行きます。 この窟堂道は寿福寺の門前へと続いています。 寿福寺は第三位のお寺ですが、ゴールデンウィークなどに、本尊が特別公開されるのを除き、境内を拝観することはできません。 佐助稲荷神社参道の朱色の鳥居 最近、京都の伏見稲荷大社の「千本鳥居」が、外国人観光客にすごく人気があるそうですね。 鳥居の数こそ伏見稲荷に比べれば少ないものの、この佐助稲荷神社参道の"別世界"に入り込んだような雰囲気は、とても味わい深いと思います。 ちなみに、佐助稲荷神社の神様が、伊豆で流人生活を送っていた頼朝に平家打倒の出兵をうながし、頼朝の出世を助けたとする伝説が残っています。 そのため、佐助稲荷神社は、別名「出世稲荷」と呼ばれ、出世や仕事運アップにご利益のある神様として、人々の信仰を集めています。 (マップ上の濃いグリーンが葛原ヶ岡・大仏ハイキングコース) 長谷寺の紅葉ライトアップ 2016年撮影 長谷寺境内からは、海がよく見えるほか、桜やアジサイ、紅葉など四季折々の花も見られ、とくに紅葉の時期は、鎌倉市内で唯一、夜間ライトアップが行われ、多くの見物客でにぎわいます。 「加賀百万石」で知られる大名の子孫、前田家の鎌倉別邸として建てられた青屋根の洋館は、現在、鎌倉文学館として利用されており、鎌倉ゆかりの文学者にまつわる、様々な展示がされています。 鎌倉文学館のローズガーデン 鎌倉文学館では、春と秋、年2回、庭園の一角にあるローズガーデンに、200株以上のバラの花が花を咲かせます。 とくに春のバラは一斉に咲き、華やかです。 5月には「バラまつり」が開催され、庭園でクラシック音楽が演奏される「ローズガーデンコンサート」などのイベントが催されます。 ここから江ノ電に乗れば、鎌倉にも藤沢にも出られます。 藤沢方面の電車に乗れば、途中、車窓には湘南の海の広がりが見られます。 夕日の海を車窓から楽しんでみてはいかがでしょうか。 【関連記事】•

次の