トップ ガン クワガタ。 カブトムシやクワガタがウジャウジャ集まる「トラップ」の作り方・仕掛け方

カブトムシやクワガタがウジャウジャ集まる「トラップ」の作り方・仕掛け方

トップ ガン クワガタ

見出し• 日本のクワガタ採集の歴史 お店の歴史を聞いた後、話題はクワガタ採集の歴史に。 私も、クワガタ採集の歴史に関しては結構気になることが多かったんですよね。 でも、その答えを知っている人がいなかったため、その辺のことはなかなか解明することができず。。 ただ、この店主さんはその辺のことを知っていたので、以下に書いていきますね! そもそも、日本人はいつからクワガタやカブトムシを採集するようになったのか? この疑問に関しては文献が残っているのかすら謎ではあるものの、店主さんが小学生の頃だった40年前では、夜になって街灯の下を探してはガソリンスタンドで売っていたそうです。 その1980年の頃はまだオオクワガタに関して世間の認知度は大きくなかったそうです。 というのも、そもそも野生に生息する天然のオオクワガタを見つけるのは大変難しいですし、ネットもない時代ですもんね。。 今でもそうですが、オオクワガタは木の表面にいることはまずなく、素人ではまず見つけることは難しい昆虫。 そのため、養殖をした人が販売したことから認知度が上がってブームが巻き起こったのだという。 養殖によって大きなオオクワガタが! 養殖はオオクワガタに多くの影響を与えており、一番大きな要因はクワガタのサイズ。 最初は山で獲れるオオクワガタの方が養殖のものよりもサイズは大きかったものの、次第に養殖の技術が上がっててきた関係で養殖したオオクワガタのサイズがデカくなり始めて逆転していったそうです。 なるほどね~。 んで、その大きな要因が菌糸瓶(きんしびん)の存在なのだという。 革命を起こした菌糸瓶 これらの菌糸瓶、もともとは山梨でクワガタを採集している人がいて、たまたま農家の方から「あ~それキノコの菌を食うやつだろ?」って言われたのがきっかけで誕生したそうです。 菌糸瓶とは「粉砕した広葉樹にキノコ菌を植えて、木の成分の一つである『リグニン』を分解させ、幼虫が食べやすいえさにしたもの」であり、キノコ菌が入っているんですね! 農家の方から「キノコ」というワードを聞いたその採集者が、この菌糸瓶を思いついたんですって!! スポンサーリンク 20年近く前に灯火採集が誕生 街灯採集は昔からの採集方法 クワガタ採集は、採集方法に関しても歴史ありです!昔は、街灯採集やクヌギなどの樹液が出ている場所を頼りにするなどの方法が主流だったそうです。 ただ、ここ17~18年くらい前には灯火採集がでてきたとか。 そうです。 明るい場所に向かってクワガタなどの昆虫は飛んでくるわけですが、最初は街灯の周辺を探す方法くらいしかなかったわけですが、徐々に自らバッテリーなどを使って明かりを照らして光に寄ってくるクワガタたちを採集する灯火採集も主流になってきたのです。 樹液に群がる昆虫 それまでは樹液を目当てに採集をしていたため、樹液が出る場所じゃないとクワガタ採集は難しかったものの、灯火採集が誕生したことで、樹液が出ていない場所でも明かりを灯せば採れるようになった。 そのため、三大産地以外の他の場所でもオオクワガタの採集が可能になったそうですよ! なるほどね~先ほどのオオクワガタもそうですが、クワガタの採り方などもそんな背景があって今に至るんですね~! なぜ韮崎に台場クヌギが多いのか? オオクワガタ三大産地 あと、気になっていたのがこの疑問。 日本にあるオオクワガタ三大産地と言われるのは山梨県韮崎市、大阪府能勢町、佐賀県筑後川流域ですが、このうちの二箇所(山梨県韮崎市と大阪府能勢町)には、多くの台場クヌギが存在していることで、オオクワガタが多く発生しているわけです。 山梨県韮崎市にある台場クヌギ 山梨県韮崎市でいえば、市内北部の山側に行けば上の写真のように多くの台場クヌギを見かけることができます。 ちなみに、台場クヌギとは人工的に作られたクヌギなんですね。 ということで、そもそも何で韮崎にはたくさんの台場クヌギが存在するのかという点。 その背景に関しても店主さんが答えてくれました。 店主:「あ~あれは農業用の肥料なの。 クヌギって切った所から枝が生えてくるでしょ。 韮崎って昔は交通の便が悪く輸送が出来なかったから、現地でその肥料を賄わなきゃいけなかったんです。 それであの台場クヌギが出来たって感じです。 」 スポンサーリンク 東京から山梨へ通じる中央本線 そう、山梨って今では中央自動車道や中央本線が開通している関係で、今では東京や神奈川県からでも比較的容易にアクセスが可能になっていますね! でも、周囲が山に囲まれた山梨県の甲府市や韮崎市はそれ以前は非常にアクセスが悪く、都会へ輸送する際は南へ下る富士川を下って江戸へ輸送をしていたくらいですから。。 クヌギの木の枝は、畑にまくと有機肥料になるため農家の方にとってはとても重宝されていたとのこと。 大阪の能勢の方も、へき地ということで韮崎と同じような背景があって台場クヌギが作られていたそうです。 人間の頭くらいの高さで切られるクヌギ さらにさらに、台場クヌギは上の写真のように人間の頭より少し高いくらいの高さで二手に分かれたりしているのですが、この高さにも意味があるそうです。 店の歴史だけでなく、クワガタ採集の歴史など本当に多くの事を学べた本当に貴重な機会になりました!! 本当にフレンドリーな店主さんなので、皆さんも富士山の近くに来た際には、ぜひ「TOP GUN」に寄ってみてください! おわりに 近くに来たらまた寄ってみよ! いや~やっぱりお店っていうのはそのご主人の人柄が全てですわ! 今まで知の冒険の取材では、こんな感じですごく話しやすい店主ということで急遽取材をすることになったり、逆に取材をしようと思ったのにいろいろあって取材できなかった場所もあったり。。 それを左右するのはやっぱり店主さんの人柄。 お店は常連さんらしき方が多く、多分店主さんの人柄で常連になった方も多いんじゃないかな。 153•

次の

ダイオウヒラタの飼育【幼虫飼育&ペアリング方法&産卵方法】 » クワガタ・カブトムシ飼育情報:月夜野きのこ園

トップ ガン クワガタ

用意するもの まずはトラップの材料です。 バナナ(1、2本) ビニール袋 砂糖 ドライイースト あまり料理をしない人のために補足すると、ドライイーストはパン生地を発酵させるために使われる菌を乾燥させたものです。 こんなのですが、見たことありますかね?スーパーでも普通に売ってます。 トラップを作るのにこんなに要らないので、余ると思います。 他に使いみちもないので、これを機にパンづくりにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 バナナを皮ごとざっくりカットしてビニール袋に入れる 脱線してしまいましたが、本筋に戻しましょう。 包丁でバナナをザクザクと1口大くらいに切っていきます。 後で潰しやすいように切っているだけなので、大きさは適当でいいです。 切ったら、ビニール袋に入れていきます。 砂糖とドライイーストをぶちまける そのビニール袋に、砂糖とドライイーストを入れます。 量はこれまた適当で。 と言われても困るという人は、ひとまず大さじ3、4杯ぐらい入れておけばいいと思います。 入れ過ぎて失敗することはないです。 モッタイナイだけです。 さらに、ドライイーストを入れます。 要は発酵させるために入れるので、そんなにドバドバ入れる必要はないです。 メジャーなドライイーストは、1本3gで個包装されているので、これを2、3本も入れれば充分です。 ビニール袋の口を縛り、中のものを手で潰してぐちゃぐちゃにする 全部入れたらビニール袋の口を縛ります。 その後手で中身を潰していくのですが、あまり豪快にやると縛った口から中身が漏れたり、穴が空いたりするので注意しましょう。 全てが混ざり合い、ぐちゃぐちゃになるまで潰します。 日の当たる場所に放置 最後に、このビニール袋を日光のよく当たる場所に放置しておきます。 高温にすることで、イースト菌がより頑張ってくれます。 発酵の過程でガスが発生して袋がパンパンになるので、縛る前に空気を抜いておくといいでしょう。 これで、トラップの材料作りは終了です。 あとは勝手に発酵が進み、カブトムシやクワガタが思わずむしゃぶりついてしまうご馳走が出来上がります。 ところで作業の時間ですが、まだ日の高いうちにこの作業は済ませてください。 発酵時間を充分に取るためにも、午前中のうちにやっておくのが望ましいです。 夕方になったら仕掛ける 夕方になったらビニール袋の中にはドロドロのご馳走が出来上がっていると思いますので、カブトムシやクワガタを集めたい木に塗りたくります。 夕方というのがポイントで、昼のうちやってしまうと、クワガタやカブトムシが活発に活動する夜が来る前に水分が蒸発して効果が薄れてしまったり、スズメバチがワラワラと集まってきて昆虫採集どころじゃなくなってしまう可能性があります。 そんな訳で、仕掛けるのは夕方にしましょう。 もともといる雑木林のそば。 塗る木は何でもいい で、肝心の仕掛ける木の決め方ですが、クヌギやコナラの雑木林など、普段からカブトムシやクワガタがいると思われる場所のすぐそばの木にしましょう。 近くにいれば、それだけたくさんのカブトムシやクワガタが集まる、というわけです。 で、1つ重要なのは、塗りたくる木は別にクヌギやコナラでなくてもいい、という点です。 むしろ、普段クワガタやカブトムシが集まることのない種類の木に塗りたくった方が集まる、という説もあるぐらいです。 何時間かおきに確認しにいく 仕掛けてしばらくしたら、塗った場所を確認しに行きましょう。 仕掛けてから1、2時間後がいい頃合いです。 成功すると、発酵液を塗ったところに、カブトムシやクワガタが群がっていると思います。 ちなみに、1度取っても、1、2時間くらい経ってからまた行くと、同じようにたくさんのカブトムシやクワガタが群がっているはずです。 取っても取っても、時間が経てば、またそこに集まってきます。 まあこれは、樹液も一緒ですが。 それでも僕が天然の樹液でしか虫を取らない理由 とにかくたくさん採れるので、全部取ると大変なことになります。 無理なく飼育できる程度にとどめておきましょう。 特にカブトムシはヤバイです。 そんなに取れるにもかかわらず、僕はこのトラップは使いません。 なんでかっていうと、こんなに簡単に取れてしまうと、飽きるのもあっというまなんですよね。 要は予想通りでつまらないんです。 最初に群がっているのを見た時は興奮したんですが、2度目、3度目と確認するうちに、慣れてきちゃいました。 一方、天然の樹液は、まずその 樹液スポットを見つけた時の喜びがあります。 ていうか、虫自体を見つけるよりも、樹液スポットを見つける方が楽しい。 いったいここで何の虫が何匹取れるんだろう、というワクワク感があるんですね。 トラップを仕込む必要もないので、樹液を見つけるのにある程度慣れてからは、こっちの方が楽で手軽だと思います。 見つけたら、カゴと懐中電灯持ってそこに行くだけでいいわけですからね。 それに、 樹液にもワンサカ集まってくるんですよ。 アイキャッチに使ったこの写真は、実は天然の樹液に群がる様子です。 トラップなんて仕掛けなくても、これだけ集まるんですね。 1晩に何度も行けば、その度にこれぐらい集まってきます。 とはいえ、甥っ子が来るタイミングで必ず取れるようにしたいとか、様々な事情があると思います。 そういう 事情があって、少しでも確率を上げたい、という人は試してみてはいかがでしょうか。 1点だけ注意。 発酵汁が入っていた 袋のポイ捨ては絶対にやめましょう。 あと、 ストッキングに入れて縛るなどの方法でトラップを仕掛ける人もいるようですが、そのまま 放置するのも絶対にやめましょう。 後始末までしっかりやってこその昆虫採集です。 ていうか、ストッキングに入れるヤツって、手も汚れそうだし、片付けるのも面倒だと思うんですが、なんでわざわざあんなことするんでしょうね。 ということで、 非推奨ですね。 で、捕まえて飼育するなら、カブトムシよりもクワガタがオススメです。 8月になるとカブトムシが幅を利かせて、クワガタの捕獲率が下がるので、取るなら7月中がオススメですよ! 図らずもカブトムシを飼ってしまい、卵が生まれたり、幼虫になってしまった場合は、こちらを御覧ください。

次の

飼育したいクワガタカブトムシ人気ランキング!

トップ ガン クワガタ

見出し• 日本のクワガタ採集の歴史 お店の歴史を聞いた後、話題はクワガタ採集の歴史に。 私も、クワガタ採集の歴史に関しては結構気になることが多かったんですよね。 でも、その答えを知っている人がいなかったため、その辺のことはなかなか解明することができず。。 ただ、この店主さんはその辺のことを知っていたので、以下に書いていきますね! そもそも、日本人はいつからクワガタやカブトムシを採集するようになったのか? この疑問に関しては文献が残っているのかすら謎ではあるものの、店主さんが小学生の頃だった40年前では、夜になって街灯の下を探してはガソリンスタンドで売っていたそうです。 その1980年の頃はまだオオクワガタに関して世間の認知度は大きくなかったそうです。 というのも、そもそも野生に生息する天然のオオクワガタを見つけるのは大変難しいですし、ネットもない時代ですもんね。。 今でもそうですが、オオクワガタは木の表面にいることはまずなく、素人ではまず見つけることは難しい昆虫。 そのため、養殖をした人が販売したことから認知度が上がってブームが巻き起こったのだという。 養殖によって大きなオオクワガタが! 養殖はオオクワガタに多くの影響を与えており、一番大きな要因はクワガタのサイズ。 最初は山で獲れるオオクワガタの方が養殖のものよりもサイズは大きかったものの、次第に養殖の技術が上がっててきた関係で養殖したオオクワガタのサイズがデカくなり始めて逆転していったそうです。 なるほどね~。 んで、その大きな要因が菌糸瓶(きんしびん)の存在なのだという。 革命を起こした菌糸瓶 これらの菌糸瓶、もともとは山梨でクワガタを採集している人がいて、たまたま農家の方から「あ~それキノコの菌を食うやつだろ?」って言われたのがきっかけで誕生したそうです。 菌糸瓶とは「粉砕した広葉樹にキノコ菌を植えて、木の成分の一つである『リグニン』を分解させ、幼虫が食べやすいえさにしたもの」であり、キノコ菌が入っているんですね! 農家の方から「キノコ」というワードを聞いたその採集者が、この菌糸瓶を思いついたんですって!! スポンサーリンク 20年近く前に灯火採集が誕生 街灯採集は昔からの採集方法 クワガタ採集は、採集方法に関しても歴史ありです!昔は、街灯採集やクヌギなどの樹液が出ている場所を頼りにするなどの方法が主流だったそうです。 ただ、ここ17~18年くらい前には灯火採集がでてきたとか。 そうです。 明るい場所に向かってクワガタなどの昆虫は飛んでくるわけですが、最初は街灯の周辺を探す方法くらいしかなかったわけですが、徐々に自らバッテリーなどを使って明かりを照らして光に寄ってくるクワガタたちを採集する灯火採集も主流になってきたのです。 樹液に群がる昆虫 それまでは樹液を目当てに採集をしていたため、樹液が出る場所じゃないとクワガタ採集は難しかったものの、灯火採集が誕生したことで、樹液が出ていない場所でも明かりを灯せば採れるようになった。 そのため、三大産地以外の他の場所でもオオクワガタの採集が可能になったそうですよ! なるほどね~先ほどのオオクワガタもそうですが、クワガタの採り方などもそんな背景があって今に至るんですね~! なぜ韮崎に台場クヌギが多いのか? オオクワガタ三大産地 あと、気になっていたのがこの疑問。 日本にあるオオクワガタ三大産地と言われるのは山梨県韮崎市、大阪府能勢町、佐賀県筑後川流域ですが、このうちの二箇所(山梨県韮崎市と大阪府能勢町)には、多くの台場クヌギが存在していることで、オオクワガタが多く発生しているわけです。 山梨県韮崎市にある台場クヌギ 山梨県韮崎市でいえば、市内北部の山側に行けば上の写真のように多くの台場クヌギを見かけることができます。 ちなみに、台場クヌギとは人工的に作られたクヌギなんですね。 ということで、そもそも何で韮崎にはたくさんの台場クヌギが存在するのかという点。 その背景に関しても店主さんが答えてくれました。 店主:「あ~あれは農業用の肥料なの。 クヌギって切った所から枝が生えてくるでしょ。 韮崎って昔は交通の便が悪く輸送が出来なかったから、現地でその肥料を賄わなきゃいけなかったんです。 それであの台場クヌギが出来たって感じです。 」 スポンサーリンク 東京から山梨へ通じる中央本線 そう、山梨って今では中央自動車道や中央本線が開通している関係で、今では東京や神奈川県からでも比較的容易にアクセスが可能になっていますね! でも、周囲が山に囲まれた山梨県の甲府市や韮崎市はそれ以前は非常にアクセスが悪く、都会へ輸送する際は南へ下る富士川を下って江戸へ輸送をしていたくらいですから。。 クヌギの木の枝は、畑にまくと有機肥料になるため農家の方にとってはとても重宝されていたとのこと。 大阪の能勢の方も、へき地ということで韮崎と同じような背景があって台場クヌギが作られていたそうです。 人間の頭くらいの高さで切られるクヌギ さらにさらに、台場クヌギは上の写真のように人間の頭より少し高いくらいの高さで二手に分かれたりしているのですが、この高さにも意味があるそうです。 店の歴史だけでなく、クワガタ採集の歴史など本当に多くの事を学べた本当に貴重な機会になりました!! 本当にフレンドリーな店主さんなので、皆さんも富士山の近くに来た際には、ぜひ「TOP GUN」に寄ってみてください! おわりに 近くに来たらまた寄ってみよ! いや~やっぱりお店っていうのはそのご主人の人柄が全てですわ! 今まで知の冒険の取材では、こんな感じですごく話しやすい店主ということで急遽取材をすることになったり、逆に取材をしようと思ったのにいろいろあって取材できなかった場所もあったり。。 それを左右するのはやっぱり店主さんの人柄。 お店は常連さんらしき方が多く、多分店主さんの人柄で常連になった方も多いんじゃないかな。 153•

次の