君の手が触れていた 歌詞。 安室奈美恵

倉木麻衣 渡月橋 ~君 想ふ~

君の手が触れていた 歌詞

デビュー直前のドラマー交代以後、基本編成として• ジョン・レノン(リズムギター)• ポール・マッカートニー(ベース)• ジョージ・ハリソン(リードギター)• リンゴ・スター(ドラムス) という4人で活動を行った。 オリジナル曲は、すべてメンバーが作詞作曲を務めている。 リード・ボーカルは基本的に作詞作曲した者が担当しており、がある。 全213曲中144曲(全体の約68%)は「」共同クレジット曲。 共作もしくは、どちらかのみが作詞・作曲をしても「レノン=マッカートニー」名義を使っている。 I Want To Hold Your Hand(アイ・ウォント・トゥ・ホールド・ユア・ハンド)という曲 I Want To Hold Your Hand(アイ・ウォント・トゥ・ホールド・ユア・ハンド)は、1963年11月にビートルズが発表した5枚目のシングル曲である。 ジョン・レノンとポール・マッカートニーの共作で、ボーカルも二人が務めている。 アメリカ的なゴスペルを意識した曲調。 前作の「」に続き、ミリオンセラーとなり、ビートルズの人気を決定づけた作品。 アメリカで500万枚以上、イギリスで170万枚以上、全世界で1200万枚のセールスを記録した。 want to「~したい」• hold your hand「あなたの手を握る」 手を握って伝えたいことがあると言えば、愛の告白であると想起させるシチュエーション。 let 人 V「人がVするのを許す」 である。 touch「触れる」• inside「内側」• such ~ that…「とても~なので…」• hide「隠す」 「such 名詞 that…」は名詞の前に形容詞がなくても「大変な~なので…」という強調になる。 和訳した感想 ということで今回はBeatles(ビートルズ)の• I Want To Hold Your Hand(アイ・ウォント・トゥ・ホールド・ユア・ハンド) の歌詞を和訳しました。 ちなみに邦題は「抱きしめたい」ですが、これはあまりいただけないですね。 手をつなぎたい、というフレーズだからこそ二人が恋人関係ではないことがわかります。 かつ、手をつなげる距離にいる親しい関係であることも理解でき、恋のじれったさやドキドキ感をうまく演出している名曲だと感じました。

次の

ただ君に晴れ

君の手が触れていた 歌詞

その恋の色が自分に向けられているものか、その恋の色を気にするほどでもない関係であれば見て見ぬふりをする必要はないでしょう。 深夜に仕事から帰ってきても家にいるということから、半同棲か同棲状態でありながらも「君」の思いは別の方向に向いている。 それを言えないまま日にちだけが過ぎていっているようです。 「君」と一緒に出かけたものの「君」が向ける恋心の先が自分でなくなったことを知っているため、心ここにあらずで楽しむことが出来ずに「帰りたい」と思います。 そんな自分の心情は知らず「君」は手を握ってきます。 曲名にもなっている『花瓶に触れた』という言葉がここの歌詞にも登場しますが、このフレーズは何を表しているのでしょうか? 花瓶とは花を生けるものであり、ほとんどが花瓶ではなく花がメインとなります。 MVのイラストでは花瓶単体ではなく、ホウセンカと思しき一輪の花が生けてありますね。 しかし曲名は、花ではなく花瓶に視点を置いている風ですね。 花瓶に触るということは、一番見て欲しい花すなわち本心には触れられないということではないでしょうか。 しかしそんな思いを抱えながらも言うことができず、わだかまりを抱えたまま時間だけが過ぎていきます。 そして言わなければと思いながらも言えず、積み重なっていく本心に触れられたくないと今日も変わらない日々を過ごすのです。

次の

TXT Angel or Devil 歌詞 Japanese version

君の手が触れていた 歌詞

その恋の色が自分に向けられているものか、その恋の色を気にするほどでもない関係であれば見て見ぬふりをする必要はないでしょう。 深夜に仕事から帰ってきても家にいるということから、半同棲か同棲状態でありながらも「君」の思いは別の方向に向いている。 それを言えないまま日にちだけが過ぎていっているようです。 「君」と一緒に出かけたものの「君」が向ける恋心の先が自分でなくなったことを知っているため、心ここにあらずで楽しむことが出来ずに「帰りたい」と思います。 そんな自分の心情は知らず「君」は手を握ってきます。 曲名にもなっている『花瓶に触れた』という言葉がここの歌詞にも登場しますが、このフレーズは何を表しているのでしょうか? 花瓶とは花を生けるものであり、ほとんどが花瓶ではなく花がメインとなります。 MVのイラストでは花瓶単体ではなく、ホウセンカと思しき一輪の花が生けてありますね。 しかし曲名は、花ではなく花瓶に視点を置いている風ですね。 花瓶に触るということは、一番見て欲しい花すなわち本心には触れられないということではないでしょうか。 しかしそんな思いを抱えながらも言うことができず、わだかまりを抱えたまま時間だけが過ぎていきます。 そして言わなければと思いながらも言えず、積み重なっていく本心に触れられたくないと今日も変わらない日々を過ごすのです。

次の