関西 テレビ。 関西支部テレビ会議システムの利用方法

関西テレビ「よ〜いドン!」

関西 テレビ

市橋 チャンネル番号はフジテレビと同じ「8」。 夕方のニュースなどのローカル番組のほか、東京などでも放送される全国ネット番組の制作も行っています。 実は、夜のゴールデンタイム枠にレギュラーでドラマを作っているのは在阪民放4局のなかでうちだけ。 ドラマだけは作り続けようという考えがあります。 市橋 一度やめると、マンパワーが落ちるからです。 作り手を育てていきたいという意味合いがあるのです。 うちは制作スタッフの育成に力を入れていて、ドキュメンタリー番組も継続的に制作しています。 その成果と言えるのかは分かりませんが、お陰さまで視聴率は関西地区のなかでトップクラス。 それがCM広告の営業面にも好影響を与えており、スポットセールスの売り上げはそこそこよい数字を残しています。 放送局のCM枠のセールス方式にはタイムセールスとスポットセールスがあって、番組を指定してCM枠を買っていただくのがタイムセールス。 一方、番組間のCM枠も含め、タイムセールス以外のCM枠を買っていただくのがスポットセールスで、視聴率との連動が大きいセールス方式といえます。 市橋 インターネットやDVDなど、メディアの多様化はテレビ局にとって新たなライバルの出現でした。 実際、インターネットに広告宣伝費が奪われてきているという状況があります。 これはテレビ業界全体に共通する話ですが、放送以外でどのようなビジネスモデルを作れるかが大きな課題となっています。 関西テレビは、以前からDVD販売や各種事業イベントの開催などには積極的ですが、近年はインターネットの動画配信にも取り組んでいます。 番組を見逃した視聴者向けにネット配信(有料)する「見逃し配信」のサービスも開始しました。 イベントに関しては昨年、大阪城・西の丸庭園で『平成中村座』を開催し、たくさんの歌舞伎ファンを集めました。 市橋 ええ。 今年4月から上映の『阪急電車~片道15分の奇跡~』では、地域色が濃い映画の内容にもかかわらず約90万人を動員(現時点)。 これまでに何度も映画制作を手がけてきましたが、監督を務めるのが関西テレビの社員というのはこれが初めての試みでした。 こうした優良なコンテンツを作れるだけの力が社内にあることが私たちの強みです。 メディアプルポ(制作プロダクション)、関西テレビハッズ(テレビ通販)、関西テレビソフトウェア(システム開発)、レモンスタジオ(東京スタジオの運営管理)など、放送業と関連性のある6つの子会社に加え、スポーツクラブ運営にたずさわる関西テレビライフとウエルネスライフという2つの子会社があります。 市橋 今年新たに策定した中期経営計画(3カ年)のなかで、「グループ一体経営の強化」というのを一つの重点目標として掲げています。 グループ各社の経営ミッションの明確化や、グループ内の人材育成と交流などを柱としています。 これまでは割とグループ内の各社がそれぞれ別個な動きをしているところがありました。 それを今後は改善していきたいと思っています。 鎌田 昨年4月から連結納税適用会社となりました。 実はリーマンショック後、子会社が黒字で親会社が欠損を抱えるという状況になっていました。 連結納税を採用すれば「損益通算」によりグループ全体の税コストの削減がなされることは承知していたものの、事務作業の手間の問題や、いわゆる中小特例の優遇措置が受けられなくなるという理由からなかなか踏み切れずにいたのです。 ところが平成22年度の税制改正でグループ法人税制が導入されたため、中小特例を受けられなくなった。 それなら早ければ早いほどいいという判断のもと、すぐに連結納税適用会社になるための申請をしました。 鎌田 一言でいえば「サポート体制の充実」です。 連結納税に関する実務を解説する書籍の数はそう多くないし、税務署に問い合わせても要領を得ない答えが返ってくるケースが少なくありませんでした。 そんな中でTKCの皆さんは非常に詳しくて、そこからサポートを受けられるのは大きいと判断しました。 鎌田 通常、『eConsoliTax』の平均的なシステム導入期間は半年から1年といいますが、それを実質2カ月というタイトなスケジュールで行う必要がありました。 システムを導入したのが昨年7月。 それを9月の中間決算に間に合わせようとしたわけですから、大変といえば大変でしたね。 でも、TKCの担当者や久乗税理士の手厚いサポートもあって無事に導入を果たせました。 それと、私たちにとって幸いだったのは、間接業務における「シェアードサービス」を5年前から導入していたことです。 要はERPシステムをもとに、グループ各社の経理業務を1カ所に集約(シェア)させ、仕事の効率化を図るというものです。 連結納税というと、「グループ各社の税務状況を把握するのが大変」とか「子会社の税務担当者のスキルにばらつきがあり足並みをそろえにくい」という話をよく聞きますが、そうした悩みからは解放されていました。 鎌田 税額計算に必要な申告調整項目などに関する情報を各子会社から報告してもらい、そのうえで私も在籍するシェアードサービスセンター(SSC)で『eConsoliTax』を通じてグループ全体の税額を一体計算します。 その数字をもとに、申告書を出力するというのが大まかな流れです。 鎌田 各子会社の税務申告書の書き方にそれぞれクセがあるため、そのクセを平準化していく作業ですね。 たとえば、ある子会社では1行で表現しているところを、別の会社では2行にしていたりする。 どちらかが間違っているというわけではないのですが、それらの基準をグループ内で統一し、2行であるものを1行にするといったことが必要でした。 もちろん、子会社それぞれの個別の事情に対応しなければならないところもあります。 けれど、あまり細かいところまで対応してしまうと、グループ内の「標準化」というところが崩れてしまう。 親会社としてそのあたりを注意しました。 鎌田 やはり連結納税の申告書の数は膨大でして、それが手書きではなく、必要最小限のデータを入力すればできあがるというのは有り難いです。 連結納税制度を採用する税務上のコストを試算するために一度、自作のスプレッドシートを使って前年の数字をもとに計算してみたことがありましたが、そのときの大変さを知っているだけに、システムの有り難みは身に染みています。 他にも、全体計算項目の内容などがひと目で確認できる「申告検討表」の機能は便利ですね。 システム導入によって作業負担が軽減されている分、今後は経理業務も戦略的な意思決定の部分にもっと注力していかなければならないと思っています。 市橋 今年7月でアナログ放送が終了し、完全デジタル化されました。 デジタル時代の中で、いかにコンテンツ制作力の充実を図っていけるかがまずは大事だと思っています。 そこから多様なビジネスを派生させていくためにも、グループ一丸となってこれまで以上に魅力的なコンテンツ作りに励んでいきたいものです。 会社概要 名称 関西テレビ放送株式会社 業種 テレビ放送業 代表者 福井澄郎 所在地 大阪市北区扇町2-1-7 TEL 06-6314-8888 売上高 639億円(連結) 社員数 790名(連結) URL 2011年9月号より転載.

次の

関西テレビ放送

関西 テレビ

大阪本社での番組制作を統括。 役職 過去の担当番組・過去の役職 安藤和久 制作局長 前:東京支社コンテンツセンター制作部専任部長 松本清 制作局専任局長 「紳助の人間マンダラ」「プロ野球ニュース」 制作部 役職 担当番組 過去の担当番組・過去の役職 高島公美 制作部長 「Mr. サンデー」「マルコポロリ! 」 前:経営管理局経営管理部長 木村弥寿彦 制作部次長 「おかべろ」「たかじん胸いっぱい」 細川康雄 担当部長(放送倫理) 前:東京支社総務部長 元:労政部長 水戸徹 担当部長(働き方) 「ジャルやるっ! 」「R-1ぐらんぷり」 相馬芳匡 担当部長 「お笑いワイドショー マルコポロリ! 」 前:事業局事業部専任部次長• チーフプロデューサー 担当番組 過去の担当番組 近藤兵衛 「にじいろジーン」 「Mr. サンデー」• プロデューサー 担当番組 過去の担当番組 長野聡 「にじいろジーン」 「村上マヨネーズのツッコませて頂きます! 」 萩原崇 池田和彦 「胸いっぱいサミット」「千原ジュニアの座王」 大西文志郎 「マルコポロリ! 」「土曜はナニする!? 」 「ちゃちゃ入れマンデー」• チーフディレクター 担当番組 過去の担当番組 高原礼子 「にじいろジーン」 赤堀弘樹 「ちゃちゃ入れマンデー」 「たかじん胸いっぱい」 藤本竜平 「よ~いドン! 」 高橋諒太 「にじいろジーン」 「有吉弘行のダレトク!? 」 塩見真生 「やすとも・友近のキメツケ! 」 「よ~いドン! サンデー」• ディレクター 担当番組 過去の担当番組 近藤匡 「快傑えみちゃんねる」 植原脩 黒﨑翔太郎 「にじいろジーン」「R-1ぐらんぷり」 「村上マヨネーズのツッコませて頂きます! 」 安國悟 三方祐人 「お笑いワイドショー マルコポロリ! 」 吉岡治郎 「胸いっぱいサミット」 百々健喜 美術部 役職 過去の担当番組・過去の役職 川中康三 美術部長 「よ~いドン! 」 前:東京支社東京コンテンツセンター宣伝部長 元:メディアプルポ制作センター 西川夏子 美術部部次長 岡崎忠司 美術部専門部長 東京支社 火曜21時枠の連続ドラマ、月曜22時・火曜22時・火曜23時枠のバラエティなど主に全国ネット向け番組を担当。 役職 過去の担当番組・過去の役職 横澤良雄 東京支社長 東京制作部 役職 担当番組 過去の担当番組・過去の役職 西澤宏隆 東京制作部長 前:スポーツ局スポーツ部長 元:東京コンテンツセンター編成副部長 重松圭一 東京コンテンツセンター制作部長 前:映画事業部長 安藤和久 制作部専任部長 前:東京コンテンツセンター制作部長 三宅喜重 制作部専門部長 栄川歩美 制作部調整担当部長 東田元 制作部次長 豊福陽子 山口浩史 元:FNN上海支局長• ゼネラルプロデューサー 担当番組 過去の担当番組• チーフプロデューサー 担当番組 過去の担当番組 笠置高弘• プロデューサー 担当番組 過去の担当番組 河西秀幸 白坂潤一 「有吉弘行のダレトク!? 」「ミュージャック」 米田孝 脇田直樹 「新説! 所JAPAN」• サンデー」 泉雄介 「おかべろ」「新説! 所JAPAN」 「快傑えみちゃんねる」• アシスタントプロデューサー 担当番組 過去の担当番組• チーフディレクター 担当番組 過去の担当番組 白木啓一郎• ディレクター 担当番組 過去の担当番組 友岡伸介 瀬川翔 東京コンテンツ事業部 役職 過去の担当番組・過去の役職 堀切八郎 東京コンテンツ事業部長 「快傑えみちゃんねる」「よ~いドン! 」 編成局 役職 過去の担当番組・過去の役職 妻屋健 編成局長 編成部 役職 過去の担当番組・過去の役職 岡山誠 編成部長 前:東京コンテンツセンター編成部長 島本元信 編成部次長 「よ~いドン! 」 乾正志 前:東京コンテンツセンター編成部次長 斎内弘江 編成部専任部次長 田坂早知子 居川大輔 「コヤぶるッ! SPORTS」• 編成局プロデューサー 担当番組 過去の担当番組 東野和全 「にじいろジーン」 中村道郎 「おかべろ」「NMBとまなぶくん」 古橋由依子 「ウラマヨ! 編成局プロデューサー 担当番組 過去の担当番組 細川陽子 「有吉弘行のダレトク!? 」 天野光晴 編成業務部 役職 過去の担当番組・過去の役職 三木健二 編成業務部長 宣伝部 役職 過去の担当番組・過去の役職 片山三喜子 宣伝部長 前:宣伝部専任部次長 元:アナウンサー 石岡雅樹 宣伝部専任局次長 赤部史夫 宣伝部専任部長• 宣伝部プロデューサー 担当番組 過去の担当番組 谷口博邦 「にじいろジーン」 メディア戦略部 役職 過去の担当番組・過去の役職 横尾博臣 メディア戦略部長 元:総務局専任部長 上月典弘 メディア戦略部次長 野手正敏 メディア戦略部担当部長(調査担当) 報道局 「スーパーニュースアンカー」などのニュース番組、報道ドキュメンタリーなどを制作。 役職 過去の担当番組・過去の役職 兼井孝之 報道局長 前:報道映像部長 報道センター 役職 担当番組 過去の役職・担当番組 小杉太二 報道センター長 前:東京コンテンツセンター制作部長、元:東京コンテンツセンター編成部長 橋本崇 報道部長 田島直之 報道センター取材部長 神崎博 報道センター専門部長 柴谷真理子 萩原守 報道センター担当部長(働き方) 前:報道番組部長 澤田芳博 報道センター部次長 「報道ランナー」GP 「ゆうがたLIVEワンダー」「Mr. サンデー」 江南敬之 今村太増 前:営業部次長• 報道部 役職 担当番組 過去の役職・担当番組 江口茂 報道部長 「スーパーニュースアンカー」前:報道センター部次長• チーフプロデューサー 担当番組• プロデューサー 担当番組 岸本陽介• チーフディレクター 担当番組 沖本有二 文倉大志• ディレクター 担当番組 北野篤史 宮田輝美 山下有為 報道番組部 役職 過去の役職・担当番組 中村隆郎 報道番組部長 前:報道センター部次長 元:報道番組部次長• ゼネラルプロデューサー 担当番組 過去の担当番組• チーフプロデューサー 担当番組• プロデューサー 担当番組• チーフディレクター 担当番組 井筒慎治• ディレクター 担当番組 豊島学恵 真鍋俊永 報道映像部 役職 過去の役職・担当番組 塩川恵造 報道映像部専任部次長 前:放送文化推進部次長 報道業務部 役職 過去の役職・担当番組 池田良弘 報道業務部担当部長 前:営業局CM部長 海外支局 所属 過去の役職 城戸隆宏 FNN上海支局長 スポーツ局 役職 過去の役職・担当番組 安渕修 スポーツ局長 スポーツ部 役職 担当番組 過去の役職・担当番組 田中昌樹 スポーツ部長 南知宏 スポーツ部次長 「さんまのまんま」「すぽーつアミーゴ! 」 山田恭弘 スポーツ部専任部次長 元:アナウンサー 澤田淳司 「コヤぶるッ! SPORTS」「競馬BEAT」• ゼネラルプロデューサー 担当番組 過去の担当番組• チーフプロデューサー 担当番組• プロデューサー 担当番組• 映画事業部プロデューサー 担当作品 過去の担当番組 青木裕子 東京コンテンツ事業部 役職 過去の担当番組・過去の役職 小寺健太 東京コンテンツ事業部長 前:東京支社営業部長 豊福陽子 東京コンテンツ事業部専門部長 前:東京コンテンツセンター制作部次長(ドラマ担当) 元制作職• 重役 現在の役職・所属部署 過去の役職・担当番組 羽牟正一 代表取締役社長 前:テレビ愛媛代表取締役社長 元:編成制作局長 喜多隆 取締役 前:取締役編成局長 元:制作局長、事業局長 「快傑えみちゃんねる」「Wスポット」 伊東亮 取締役 前:取締役報道局長 妻屋健 営業局付役員待遇 前:編成局長 元:営業局長 堤田泰夫 常勤監査役 前:常務取締役• 管理職(局長級) 現在の役職・所属部署 過去の役職・担当番組 大澤徹也 総務局長 前:編成局長 元:東京コンテンツセンター制作部長、編成部長 菅沼満寛 CSR推進局番組審議会事務局長 元:制作局長 小川誠 内部監査担当局長 前:報道局長 前田ひとみ CSR推進局長 加藤康治 社長室長 前:営業局名古屋支局長• 管理職(部長級) 現在の役職・所属部署 過去の役職・担当番組 古江薫 制作局美術部長 毛坂一洋 制作局美術局専任部長 「モモコのOH! み~よ! 」 青瀧博文 営業局業務部長 前:業務部部次長 元:FNN上海支局長、報道部副部長 堀切八郎 事業局事業推進部長 前:東京支社コンテンツ事業部長 竹内伸幸 コンテンツビジネス局コンテンツ業務部長 前:編成局編成部長 川端充 社長室経営戦略部長 前:報道センター報道部長 元:コンテンツビジネス局コンテンツ業務部長、報道局報道番組部副部長 矢野浩之 経営管理局財務経理部専任部長 前:事業局専任部長 「ピーチケパーチケ」「快傑えみちゃんねる」 山口泰弘 経営管理局グループ経営推進部長 前:人事部長 「スーパーナイト」 加藤雅也 CSR推進局視聴者情報部長 前:メディアプルポ取締役コンテンツセンター制作部長、コンテンツ事業部 中尾雅彦 CSR推進局考査部長 前:総務局労政部担当部長 元:報道局報道番組部長 中澤健吾 東京支社東京宣伝部長 「たかじん胸いっぱい」「ハピくるっ! 」P 木村智紀 東京支社業務部長 前:東京支社業務部次長 元:編成局編成部次長 齋藤真 営業局営業部次長 「競馬BEAT」 川元敦雄 事業局事業部次長(戦略担当) 「村上マヨネーズのツッコませて頂きます! 」 渡邊愛幸 事業局事業部次長(調整担当) 「フォトぶら」 金谷卓也 コンテンツビジネス局東京コンテンツ事業部次長 前:編成局編成部専任部次長 「雨上がり食楽部」 濱星彦 東京支社東京コンテンツセンター専任局長 元:東京コンテンツセンター長• ゼネラルプロデューサー 担当番組 過去の担当番組• チーフプロデューサー 担当番組• プロデューサー 現在の所属部署 過去の担当番組 佐野拓水 営業局営業部 「よ~いドン! 」「ハピくるっ! 」 南口博孝 東京支社営業部• ディレクター 現在の所属部署 過去の担当番組 井村慎介 編成局知財推進部 「よ~いドン! 」 松川さやか 事業局事業部 藤口聡祐 営業局業務部 「よ~いドン! 」「さんまのまんま」 出向者 現在の役職・所属部署 過去の役職・担当番組 野田利昌 前:メディアプルポ代表取締役社長 田中総一郎 メディアプルポ代表取締役社長 古市忠嗣 レモンスタジオ代表取締役社長 元:営業局営業推進部長 宮前周司 テレビ長崎代表取締役社長 前:常務取締役 毛利八郎 関西テレビ青少年育成事業団事務局長 元:スポーツ局長、アナウンス部長 永井靖 岡山放送常務取締役 元:社長室長、東京コンテンツセンター長 植村泰之 メディアプルポ代表取締役社長 前:メディアプルポ専務取締役、元:社長室経営戦略部長 谷口俊哉 メディアプルポ常務取締役 西本敦哉 メディアプルポ専務取締役 「発掘! 」「痛快! ドラマプロデューサー• バラエティプロデューサー• スポーツプロデューサー• 報道など 故人 担当番組 その後の経歴 苧木晃 「エンドレスナイト」D、「痛快! エブリデイ」P 2002年没 木原紘一 「わが母は聖母なりき」演出、「夏樹静子サスペンス」P 元:編成局長、常勤監査役 BSフジ専務取締役 2008年没 梁典雄 「ノックは無用!」「走れ! 主な関連制作会社• 関連項目 テレビ局制作スタッフ一覧 関西テレビ制作スタッフ一覧.

次の

関西テレビ「よ〜いドン!」

関西 テレビ

スカパー !• 記載の内容は2019年9月現在のものです。 放送チャンネルは変更になる場合があります。 テレビ等の設定によりチャンネル番号は異なる場合があります。 チャンネル設定が別途必要です。 NHK受信料(衛星契約)が別途必要です。 FMラジオを聴取する際、アンテナの受信と周波数が異なる場合があります。 FMラジオのご利用には同軸ケーブルで接続が可能なFMラジオチューナーとスピーカーが必要です。 詳しくはをご確認ください。 「WOWOW」は、2020年12月1日より提供開始予定です(チャンネル名は2020年に発表予定)。 有料放送の視聴には別途各映像サービス提供事業者とのご契約・料金が必要です。

次の