金融機関コード 三菱ufj信託銀行。 三菱UFJ信託銀行 支店一覧

三菱UFJ信託銀行

金融機関コード 三菱ufj信託銀行

傘下の子会社で、業務ではに次ぎ国内第2位の規模である。 三菱UFJフィナンシャルグループ・MUFG 傘下の部門である と の二社合併と同様に、信託銀行部門である 三菱信託銀行(みつびししんたくぎんこう、: The Mitsubishi Trust and Banking Corporation、略称: MTB)と、それ以前に存在した 傘下の の流れを持つ 前身は との二社合併により誕生した。 概要 [ ] 旧三菱信託銀行の看板部門であった市場国際業務、資金業務、投資業務や、旧東洋信託(旧UFJ信託)銀行の独擅場であった証券代行業務では、圧倒的なプレゼンスを有する。 それゆえ資産運用面では他社提携商品は少なく、自社のみ運用する商品が他信託に比べて多い。 また三菱UFJトラスト投資工学研究所(旧エムティービー インベストメント テクノロジー研究所:MTEC)を擁し、、分野、モデル・システム開発に強みがあり、日本有数の機関投資家である。 合併当初は同グループ子会社であるとともに業界首位の規模にあったが、2011年にとが経営統合することで、2010年(平成22年)5月時点の情勢では規模的には2位になった。 不動産や債権の、年金信託、年金SRI()ファンドなどにも強い。 なお、企業年金の一形態である(日本版401k)では運営管理機関の登録を行っておらず、運営管理機関はなどと共同で設立した専門業者である(DCJ)が行い、三菱UFJ信託は資産管理機関としてカストディ業務を担当している。 また、自社 あるいは等の投資ファンド所有の商業施設のにおける名義上の設置者(所有者)になっている物件もある。 9月、が業務の一部を親会社のに譲り渡した後、三菱UFJ信託銀が約1兆3千億円の投信の資産管理を引き継ぎ、吸収合併した。 旧三菱信託からの流れで、融資先の業種が2004年に傘下入りをしたに代表されるとに傾斜してしまっていることが、上の課題とされる。 またに属する企業で構成される三菱金曜会や三菱広報委員会に加盟する一方 、旧UFJ信託からの流れでに属する企業で構成されるにも加盟している。 一時期、同社のイメージキャラクターとして、・親子を起用していた(「Trustship! 」キャンペーン:テレビCMでは、の「ステイ・ゴールド」を使用)。 融資拠点の集約 [ ] 2007年末、法人向け与信業務を国内4拠点(東京・名古屋・大阪・九州)に集約し、拠点外の顧客の業務を三菱東京UFJ銀に移管した。 勘定系システム・システム統合 [ ] 勘定系システム [ ] 旧三菱信託店は、旧UFJ信託店はのシステムを採用していたが 、システム統合(2008年(平成20年)5月7日(水))後は旧三菱信託のシステムに片寄せされた。 また、証券代行業務のシステムは元々取扱会社数が多い旧UFJ信託のシステムに統合された。 システム統合の時期 [ ] システム統合は旧UFJ信託店を対象とし、2回に分けて行われた。 第1回の対象店舗(2008年(平成20年)1月4日(金) )• 西池袋支店(旧三菱信託店の池袋支店と同居)• トラストプラザ大泉(西池袋支店大泉出張所)• 大宮支店• 平塚支店 第2回の対象店舗は、残り全ての旧UFJ信託店であり、2008年(平成20年)5月7日(水)に行われた。 インターネットバンキング [ ] 2008年11月25日より、 三菱UFJ信託ダイレクトの名称で、サービスを開始した。 サービス開始時は、の IE 以外のブラウザに対応しておらず、IE以外のブラウザ及びMac利用者はインターネットバンキングを利用できなかった。 2011年7月11日からIEに加え、のに対応した。 ただし、その他のOS、ブラウザ スマートフォンなど は動作確認済みの利用環境とされていない。 沿革 [ ]• (2年)• 3月10日 - (時代)の信託部門として 三菱信託株式会社設立• 6月2日 - の信託部門として 川崎信託株式会社設立• (昭和22年)8月 - 川崎信託株式会社が 日本信託株式会社に商号変更• (昭和23年)• 7月 - 日本信託株式会社が 日本信託銀行株式会社に商号変更• 8月2日 - 三菱信託株式会社が 朝日信託銀行株式会社に商号変更• (昭和27年)6月1日 - 朝日信託銀行株式会社が 三菱信託銀行株式会社に商号変更• (昭和34年)11月2日 - ・・の3社を母体として、 東洋信託銀行株式会社設立• (5年)8月 - の信託銀行子会社として、 東京信託銀行株式会社設立• (平成6年)• 10月 - 日本信託銀行が自主再建断念、親密都銀の三菱銀行による経営再建の公表• 12月 - 日本信託銀行のを三菱銀行が引き受け、同行の子会社に。 独占禁止法の例外適用• (平成7年)• 8月 - 東海銀行の信託子会社として、 東海信託銀行株式会社設立• 11月30日 - 三和銀行の信託子会社として、 三和信託銀行株式会社設立• (平成11年)10月 - 東洋信託銀行株式会社が三和信託銀行株式会社を合併• (平成13年)• 4月2日 - 三菱信託銀行株式会社・日本信託銀行株式会社・株式会社の三行がにより株式会社を設立、三行はその完全子会社に• 4月2日 - 東洋信託銀行株式会社・株式会社三和銀行・株式会社東海銀行が、により株式会社を設立、三行はその完全子会社に• 7月1日 - 東洋信託銀行株式会社が、東海信託銀行株式会社を合併• 10月1日 - 三菱信託銀行株式会社が、日本信託銀行株式会社・東京信託銀行株式会社を合併• (平成14年)1月15日 - 東洋信託銀行株式会社が 株式会社に商号変更• (平成16年)8月12日 - UFJホールディングスと三菱東京フィナンシャル・グループの統合基本合意• (平成17年)10月1日 - 三菱信託銀行株式会社が、ユーエフジェイ信託銀行を合併し 三菱UFJ信託銀行株式会社に商号変更• (平成29年)9月 - しんきん信託銀行を合併• (平成30年)• 3月30日 - の新規申し込み受付終了(予定)。 4月 - 法人融資業務を三菱東京UFJ銀行に移管。 8月1 - 「MUFG資産形成研究所」を設立 関連会社 [ ] 3月31日時点で、54社および12社が存在する。 提供番組 [ ] 現在 [ ]• 現在はなし。 過去 [ ]• ( - 2009. ( - 2009. ( - 2009. 3) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 現状、他のブラウザでも利用できる場合もあるが、「正常に動作しない可能性」があるとされている。 出典 [ ]• - 公式ウェブサイト、2013年9月27日閲覧。 - 公式ウェブサイト、2013年9月26日閲覧。 公式ウェブサイト 2006年2月1日. 2013年9月28日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年9月26日閲覧。 日本経済新聞. 2016年10月31日. 2016年11月3日閲覧。 日経コンピュータ 2005年5月28日. ITpro. 2014年7月4日閲覧。 日経コンピュータ 2008年1月4日. ITpro. 2014年7月4日閲覧。 日本経済新聞. 2017年12月8日. 2017年12月29日閲覧。 (2018年10月28日閲覧)。 日本経済新聞. 2017年5月13日. 2017年6月15日閲覧。 (2018年10月28日閲覧)• 『有価証券報告書 第10期 三菱UFJ信託銀行』 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

金融商品仲介 外国債券

金融機関コード 三菱ufj信託銀行

当店は幕末の開港以来、外国人の住居や通商の場として発展した異国情緒漂う旧居留地の一角に位置し、東には毎年末に幻想的な光の彫刻『神戸ルミナリエ』が開催される仲町通りが東遊園地まで続きます。 その周辺には当時の石造建築を活かした高級ブランドショップやおしゃれなカフェが集結しています。 西には開港と同時に誕生した歴史あるチャイナタウン南京町の長安門がそびえ立ち、神戸でも屈指の賑わいをみせています。 その近くには100年の歴史を誇る元町商店街が続き、ハイカラ神戸の雰囲気を醸し出しています。 JR元町・阪神元町駅から徒歩5分、阪急三宮駅より徒歩10分の立地で老舗百貨店大丸神戸店にも隣接しております。 潮の香り心地よい港町神戸にお越しの際は是非お立ち寄り下さい。 職員一同心よりご来店をお待ちしております。 ご来店日時等は、お電話にてご相談ください)。 ・個人のお客さまが対象となります。 ・新規口座の開設や定期預金の満期等のお手続きは後日郵送でのお返しとなります。 ・窓口では普通預金を含め現金、小切手等による出金のお手続きは承っておりません。 ・公共料金、税金の納付、証券代行(株式にかかる各種お手続き、配当金のお受け取り等)、振込、両替はお取扱いしておりません。 ・ご相談内容によりましては、承ることができない場合がございます。 ・12月31日は9:00~17:00までATMをご利用いただけます。 ・ATM営業時間内でのお取引ごと 入出金・残高照会等 のご利用可能時間帯・手数料については、でご確認ください。

次の

三菱UFJ

金融機関コード 三菱ufj信託銀行

ご利用限度額 ご利用限度額は、口座残高またはご自身で設定された利用限度額のいずれか低い金額までです。 ご利用限度額は、「VISAデビット会員用Web」から変更できます。 <変更可能なご利用限度額(初期設定)>• 国内ショッピング• 0~200万円(50万円)/1回• 0~200万円(50万円)/1日• 0~1,000万円(1,000万円)/1ヵ月• 海外ショッピング• 0~200万円(50万円)/1回• 0~200万円(50万円)/1日• 0~1,000万円(1,000万円)/1ヵ月• 海外ATM現地通貨引出• 0~10万円(10万円)/1回• 0~10万円(10万円)/1日• 0~300万円(300万円)/1ヵ月 海外利用時の手数料 Visaが定める基準レートに当行所定の海外事務手数料(消費税込3. 05%)を上乗せしたレートで円貨換算します。 利用特典 キャッシュバック ・ショッピングご利用金額に応じて、毎月自動キャッシュバックを行います。 ・毎月1日~末日のご利用に応じた金額を翌月25日(銀行休業日は翌営業日)に決済口座に入金します。 ・ 基本キャッシュバック率は0. 20%(端数切り捨て)です。

次の