同棲時代。 「同棲」に対するスタンスで年齢がバレる?

幻のドラマ「同棲時代」発見秘話|ドラマ・時代劇|TBS CS[TBSチャンネル]

同棲時代

同棲時代 ジャンル 青春 漫画 作者 出版社 掲載誌 発表期間 1972年3月2日 - 1973年11月8日 巻数 全6巻 テレビドラマ 原作 上村一夫 監督 竜至政美 脚本 山田太一 制作 放送局 TBS系 放送期間 1973年2月18日 - 話数 全1話 その他 映画:同棲時代 今日子と次郎 監督 山根成之 制作 松竹 封切日 1973年4月14日 上映時間 87分 その他 テンプレート - ノート 『 同棲時代』(どうせいじだい)は、により『』において、1972年3月2日号から1973年11月8日号まで80回連載された。 および、それを原作として1973年2月18日に・主演で系列で放送された『版・同棲時代』、1973年4月に・主演により公開された『映画版・同棲時代』。 また、この漫画をもとに作られた上村一夫作詞・作曲によるの曲。 あらすじ [編集 ] 広告会社勤務の今日子とフリーのイラストレーターである次郎は、同じデザインスクールの同期であった。 ある春の日、二人は一間のでを始める。 自由であり、不安定でもある二人の暮らしは愛と性の間で揺れ続け、今日子の精神状態は次第に崩れていく。 そして、妊娠に気がついた今日子は、ある決断を下す。 背景 [編集 ] この作品のきっかけは、映画『』の中の同棲シーンであったと述べている。 また、漫画家のが同棲していることを知ったことも理由の一つである。 同棲経験のない上村は、の『』のパロディとして始めたといい、当初は10回程度の連載を終了する予定であった。 しかし、人気が出て80回の長期連載となり、「同棲」は流行語にもなり社会現象ともなった。 書籍 [編集 ]• 同棲時代(全6巻) 双葉社、1973年• 同棲時代(全3巻) 双葉社、1986年• 同棲時代(愛蔵版 全2巻) 、1991年• 同棲時代(文庫版 全4巻) 双葉文庫、1994年• 同棲時代(全3巻) 、2005年 テレビドラマ [編集 ] サンデービックプレゼント版 [編集 ] 90分の単発ドラマとして1973年2月18日にTBS系の単発特別番組枠『』で放送された。 VTR制作。 当時の業務用ビデオテープ(2インチVTR)は非常に高価で、VTRで収録された番組の多くはテープを再利用するために放送終了後に消去された。 本作も当時2回放送されたのみでTBSに映像は残っておらず、2008年末に双葉社の資料室で当時の放送を録画したテープが発見された。 その後このテープは当時双葉社に在籍していたによってTBSに寄贈され 、2013年5月25日にで放送された。 発見されたテープはカラー録画のものとモノクロ録画のものの2種類で、TBSチャンネル2の放送では、カラー録画の映像で欠落していた部分にモノクロ録画の映像を挿入する形で放送された。 キャスト [編集 ]• 今日子:• 次郎:• (友情出演)• 逸見慶子• 番組前解説: スタッフ [編集 ]• 原作:• 脚本:• 音楽:• 主題歌:(作詞)、(作曲)、(唄)• 挿入歌:「窓に明りがともる時」(赤い鳥)、「」、「春だったね」、「リンゴ」、「」()、「バイ・バイ・ラブ」()• 技術:相沢征二• 映像:山田紀夫• 照明:加藤静夫• カラー調整:浅利敏夫• デザイン:坂上健司、竹内誠二• 美術制作:仲井志汎• 音響効果:直井清明• フィルム撮影:• スチール:樋口良• プロデューサー:宮武昭夫• 演出:竜至政美、山泉脩、片島謙二• 制作著作: 月曜ドラマランド版 [編集 ] フジテレビにて放送。 キャスト [編集 ]• スタッフ [編集 ]• 原作:上村一夫• 脚本:• 1973年4月14日公開• 松竹制作 キャスト [編集 ]• 今日子:• 次郎:仲雅美• 礼子:大信田礼子• ひし美ゆり子• 入川保則• 岩崎和子• 進千賀子• 安田伸• 穂積隆信 スタッフ [編集 ]• 監督:• 脚本:石森史郎 主題歌 [編集 ] 『 同棲時代』 作詞:、作曲:、編曲:、歌:• 元々は上村漫画のイメージアルバム『同棲時代 春・夏・秋・冬 〜上村一夫の世界〜』(CBSソニー、SOLL-39)の収録曲のひとつだった。 映画『同棲時代 今日子と次郎』で主題歌として使用された。 映画化に合わせてシングルカットされ、EP盤がにCBSソニーから発売された(SOLB-5)。 B面曲は『今日子と二郎』(作詞:、作曲:、編曲:、歌:)。 出典 [編集 ]• 『同棲時代(上)(中)(下)』 ブッキング、2005年• 上村一夫 「同棲時代と僕」「今日子と次郎の死」『同棲時代と僕』 広論社、1973年• 前半部分と最終話を合わせて編集したもの• 参考文献 [編集 ]• 上村一夫 『同棲時代と僕』 広論社、1973年• 佐々木幹郎 「上村一夫 同棲時代 パセティックな美学」『國文学 解釈と教材の研究 4月臨時増刊号 現代マンガの手帖』第26巻6号臨時増刊、學燈社、1981年 外部リンク [編集 ]• この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 この項目は、に関連した 書きかけの項目です。

次の

同棲時代

同棲時代

映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 〔第1話「空に星のある限り」〕主婦二年目のミツコは子育てや家事に追われながらもとても幸せに暮らす毎日。 そんなある日、彼女は近所で偶然高校時代の同級生の真と再会する。 真は高校時代に抱いたミュージシャンとしての夢を追いかけてロンドンへ行っていたはずだったが、現実には演歌のCDやレコードを売る営業マンとして働いていた。 でもミツコの真に対する好意は変わらず、真も夢と現実のはざまで揺れ動く。 ある日、彼の上司の継木が夢を追って会社を辞め、真ももう一度自分の夢にかけてみようと決意。 ミツコも誘うが、彼女がその気になった時、そこに真の姿はなかった。 〔第2話「いつか見たあなた」〕リトルリーグのコーチをしている祐介との結婚を目前に控えている美夜子。 ある日、そんな二人の同居生活に彼女の妹・まひるが転がりこんでくる。 奔放な自然児まひるのペースに美夜子も祐介もタジタジになりながら、にぎやかな三人の同居生活が続く。 ところが祐介が過去にコールガールのまひるを買ったことが明らかになり、祐介は家を出る。 それでもどこかで祐介を振っ切れずにいる美夜子。 そして、まひるの計らいによって二人は何とか仲を取り戻す。 〔第3話「もう一度ウェディングベル」〕保険会社に勤める咲子は、保険のセールスがきっかでケンと知り合い、お互い愛し合う。 だが二人が初めて過ごした夜、ケンの左薬指に指輪をはめてあるのに気づいた咲子は彼に不審を抱き、二人の関係は危うくなる。 実はケンには過去に婚約した女・真知子がいたのだ。 しかし、結婚式の途中で彼は逃げ出し、真知子に対して負い目を感じてるケンは、彼女が結婚するまで指輪ははずさないと決意したのだった。 その真知子が二人の前に現われ、ケンと咲子に自分が結婚するということを告げる。 それによってよりを戻す二人。 そして、ケンの指輪ははずされるのだった。

次の

同棲時代

同棲時代

喫茶店で、幾度となく会う今日子と次郎。 口をききたいと思う今日子。 だがいつも見るだけで終わり。 二人の間は縮まらなかった。 雨がまわりを染めた日に、ふたりははじめて口を開いた。 緊張はない。 あたりまえの会話と、あたりまえの微笑。 互いの名前も知らずに別れ、なぜか、再会の約束もしなかった。 以来、今日子の心の奥には、あの次郎との出会いが…。 自分が孤独ゆえに、次郎のことが走馬燈のように心をさすのだった。 次郎を見た。 深夜の人気のないホームでだった。 今日子は、次郎の仕事につきあい一夜をともにした。 それは今日子にとって、恐怖も孤独もない、女としてのやすらぎと感じた一夜だった。 次郎のアパートに越した今日子。 愛のくらし「同棲時代」が始まった。 最近の劇画ブームにあやかってか、現在ヤングの間で圧倒的な人気を呼んでいる上村一夫原作の「同棲時代」を、梶芽衣子、沢田研二の異色キャストで放送する。 ストーリーは若い二人の「愛の暮らし」を同棲というテーマで描いたものだが、人気劇画のイメージが強いだけに、今日子、次郎の配役には慎重。 東京・上野毛のロケから入った二人に、まわりからは近来にない最高のキャスティングと評判。 さすが「ドラマのTBS」といったところだ。 プロデューサーの宮武昭夫氏は「詩のある青春ドラマを作りたかった。 そこに、この原作を読み、上村さんの美しい絵を映像化してみたかった」と語れば、梶は「「さそり」のイメージを消しながらやっていきます。 世の今日子ファンのイメージを、こわさないように演じたい」と、いままでの髪型を変えて今日子のイメージ作りに懸命。 共演の沢田も「大の愛読者で、ときどき涙を流すこともあります」と話す。 はからずも、仲雅美、由美かおる主演で松竹の映画化も決定。 ロケ地も同じ上野毛だったとか、この軍配はどちらにあがるか?ファンとしては楽しみなことだ。 女は男のアパートに越し、愛のくらしが始まる。 2008年に関係者が保管していたテープが発見。 発見時にカラー版と白黒版が同時に見つかったが、カラー版は一部欠けているため、カラー版に白黒版の映像を繋ぎ足すかたちで復元され、2013年、TBSチャンネル2にて放送された。 【この項、文:LED】」【役名(演技者)】今日子(梶芽衣子)、次郎(沢田研二)、柴川(仲谷昇)、管理人(初井言栄)、松田(萩原健一)、女(研ナオコ)、男(山本コウタロー)。 【データ協力:LED】 引用パーツ 同棲時代 喫茶店で、幾度となく会う今日子と次郎。 口をききたいと思う今日子。 だがいつも見るだけで終わり。 二人の間は縮まらなかった。 雨がまわりを染めた日に、ふたりははじめて口を開いた。 緊張はない。 あたりまえの会話と... 出典:テレビドラマデータベース.

次の