度々のご連絡。 メール書き出し冒頭挨拶

何度もすみませんって英語でなんて言うの?

度々のご連絡

五月雨式の意味や読み方って!? 五月雨式は、「さみだれしき」と読みます。 「五月雨式」の意味としては、幾度か中断をはさみながら、ダラダラと長引いて続くことを表す言葉として使われています。 五月雨式の類語としては、・断続的・途切れ途切れ・だらだらと・ずるずると、などがあります。 では、五月雨式の「五月雨」は、どのような意味を持って使われるようになったのでしょうか? なぜ五月雨が用いられるようになったかと言うと、五月雨は旧暦の五月頃にダラダラと降ったりやんだりする雨、今で言う「梅雨」を表現する言葉として用いられていたようです。 このダラダラと降ったりやんだりする雨「五月雨」に「式」を付けると、「人が行う行動」と言う意味になります。 ですから、「五月雨式」は、中断をはさみながらダラダラと長引いて続く事を、丁寧な表現としてビジネスシーンで使われるようになりました。 例えば、納品であれば一度にすべて納品できず、数回にわけて納品するような場合、「五月雨式に申し訳ございません」というように使います。 メールであれば、状況の変化に応じて数通にわたりメールでやり取りした時などは、最後のメールで「五月雨式になってしまい申し訳ありません」としめくくるように使います。 会議などでは、意見や提案がうまくまとまらず平行線になってしまい、長引くことってありますよね。 そのような時に「会議が五月雨式になってしまった」と言うような使い方をします。 五月雨式の使い方や例文も 五月雨式の意味が分かったところで、今度は、ビジネスシーンでの使い方を見ていきましょう。 実は、こういったシーンで「五月雨式」を使うと、単に「申し訳ございません」と言うよりも、より丁寧で上品な印象を相手に与えることが出来るのです。 「何度もお手間をとらせて申し訳ございません」と意味ですので、女性の場合は、あえて「五月雨式」を使うと堅苦しい印象となってしまうかもしれませんね。 五月雨式は、「断続的に続く状態」を表す言葉でもあります。 ですから、こんなシーンでも使うことが出来ます。 ですから、一括で納品できないと伝えたとしても、「あれだけ大量に注文したんだから、一括で納品してよ」と強く要求される可能性があります。 ですから、ここで「五月雨式の納品になってしまい申し訳ありません」といってみましょう。 この表現は、言葉としては短いですが、意味としては「一度にまとめて納品できず(お手間をかけさせてしまって)申し訳ありません」となります。 ですから、相手の怒りを少しでも押さえつつ、どういった納品方法になるのかということも端的に伝えることが出来るのです。 スポンサーリンク 五月雨式をメールで使う場合は!? 五月雨式の使い方や意味に関しては、おおむね理解して頂けましたでしょうか? 上記でも、メールでの五月雨式の使い方を少しご紹介しましたが、ここでもう少し詳しく解説したいと思います。 例としては、自分だけの判断で処理することが出来ないような場合、上司や会社の判断をあおがないといけない時ってありますよね。 そのような場合、えてして何度も連絡を取らなければならなくなりませんか? このような場合でも、最後の連絡に「五月雨式になってしまい申し訳ありません」としめれば、「何度もお手間を取らせてしまい申し訳ありません」と言うよりスマートですよね。 取引先への納品が一度にできないような場合でも、「完成したものから五月雨式にはなってしまいますが納品させて頂きます」と連絡をしておけば、相手方にも誠意が伝わるメールになりますよね。 五月雨式を英語で使う場合は!? 五月雨式を英語で使う場合はどのような使い方ができるのでしょうか? 一度にまとめて、詳細が報告出来ない場合などに使う方法をご紹介します。 「途切れ途切れの報告になってしまい申し訳ありません。 」になります。 もし、英語で使う場合は参考にしてみて下さいね。 五月雨式と矢継ぎ早って使い方が違う!? 五月雨式の他に、続く時に使われる表現で矢継ぎ早と言う言葉がありますが、使い方や意味は同じなのでしょうか? 五月雨式が「断続的」「途切れ途切れ」「だらだらと」などの表現に使うのに対し、矢継ぎ早は「立て続けに」「間を置かずに」などの表現に使います。 続くと言う意味では、どちらも同じですね。 しかし、五月雨式が「途切れ途切れ」や「だらだらと」続く表現に使われることに対し、矢継ぎ早の「立て続けに」「間を置かずに」では、意味や表現としては反対になりますね。 「矢継ぎ早」の語源として、矢を次々と間を置かずに素早く射る事が出来る有能な武者の事を表現した言葉という事を考えれば、使い方や意味も変わってきますね。 まとめ 五月雨式は、基本的に謝罪をする時に使われる言葉ですが、ビジネスシーンでは謝罪の仕方もビジネスマンとしての評価を受ける対象となりますよね。 ちょっとした気遣いではありますが、より丁寧で上品な日本語の表現を使える事で、相手の印象も大きく変わってきます。 知っていて損のない表現の一つですから、ぜひ使ってみてくださいね。

次の

間違いも多い「度々すみません」の意味と使い方|敬語表現と例文

度々のご連絡

「度々」という言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。 「度々」は「たびたび」と読み、対話やメール、手紙などで使う言葉です。 ここでは、この「度々」の意味や使い方についてみていきます。 「度々」の意味 「度々」とは「何度も」とか「何回も」といった言葉と同じく、同じことを何度も繰り返すという意味になります。 「度々」は「度度」と表現されることがありますが、これは「度々」と同じで意味や使い方に違いはありません。 度々すみません・申し訳ありません 「度々」という言葉とよく一緒に使われる表現に「度々すみません」「度々申し訳ありません」というフレーズがあります。 これらは、ビジネスシーンでよく使われる表現です。 上司や取引先など目上の人に何度も手間をかけさせてしまったときなどに使います。 例えば、同じ相手にメールを送ったのに、間違いを見つけて再度訂正版のメールを送るなどの場合に、「度々申し訳ありません」と謝罪を入れて送るなどの使い方になります。 また、「お忙しいところ」と頭につけて「お忙しいところ、度々申し訳ございません」と付け加えても良いでしょう。 「度々」の後の文章も「すみません」よりも「申し訳ありません」の方が、かしこまった表現になるため、取引先や顧客などには「度々申し訳ありません」を使い、近しい先輩や上司の場合は「度々すみません」を使うなど使い分けていくと良いでしょう。 度々のご連絡 「度々ありがとう」という表現もあります。 これは、相手に重ねてお礼する場合に使います。 例えば、ある案件について部下から何度も報告を受けた場合に「度々ありがとう」を使います。 もし、相手が上司で、何度も連絡をもらったという場合には、「度々ご連絡ありがとうございます。 」と丁寧な表現で言うようにしましょう。 さらに丁寧に表現したい場合は「度々ご連絡いただき御礼申し上げます」という言い方もあります。 ただし、ここまで丁寧な表現は社内というよりは、外部の顧客や取引先の場合になるでしょう。 謝ることを意図している場合 「度々」という言葉は、前述のように「すみません」とか「申し訳ありません」などの謝るフレーズと組み合わせて使うことが多いです。 そして、「度々」は「の~」と組み合わせて使うことも多いです。 例えば「度々の質問」というように使い、「度々の質問申し訳ございません」というように使います。 意味としては、「何度も質問をしてすいません」という意味で、新入社員で教えてもらっている場合や取引先に何度も質問している場合などに使います。 ほかにも、「度々お手数をおかけしまして申し訳ございません」といったように使います。 これは、同じ相手に何度も依頼し申し訳ないと感じた場合に使います。 度々お手数をお掛けします 「度々お手数をおかけして申し訳ございません」という表現もビジネスシーンではよく使われるフレーズです。 目上の人に何度も依頼をして何かしてもらった場合に、申し訳ないという気持ちを伝えるためにこの表現を使います。 この表現の場合は「度々」に換えて、「繰り返しお手数をおかけして申し訳ございません」や「幾度となくお手数をおかけして申し訳ございません」と言い換えることも可能です。 度々の質問 「度々」というフレーズは、目上の人に何度も質問を繰り返す場合に、「度々の質問申し訳ございません」というように使うことがあります。 例えば、取引先との交渉で聞きたいことがあって、何度かに分けて質問をやり取りしたときなどに「度々の質問申し訳ございません」と一言添えた上で、本題の質問に入るといった使い方をします。 また、目上の人へのメールで「度々の質問申し訳ございません」という一文を添えることで、相手に謙虚な姿勢を示すことができます。 「度々」という言葉は、メールや話言葉、手紙などで使えるため用途は広いです。 また、ビジネスシーンにおいてもよく使われる言葉です。 では、「度々」という言葉はビジネスシーンにおいて具体的にどういった場面で使うのでしょうか。 ここでは、「度々」のビジネスでの使い方についてみていきます。 メールなど ビジネスシーンにおける手紙やメール、話言葉としても「度々」は使えます。 例えば、一度連絡したけれど、ちょっと付け加える場合の連絡に「度々ご連絡しまして申し訳ございません」という一文を最初につけることで、その後の話をスムーズに進めることができます。 また、相手から何度か電話をもらったという場合にも、「度々ご連絡いただき、ありがとうございます」と一言言ってから本題に入ると相手への敬意を払うことができます。 「度々」を使った言葉は、メールや話言葉で本題に入る前のクッション的役割を果たすということを覚えておきましょう。 「度々」の敬語 「度々」とは何度もという意味の言葉です。 この言葉をより丁寧に表現すると、「重ね重ね」とか「度重なる」といった言い方になります。 例えば「度々申し訳ありません」を「重ね重ね申し訳ありません」と言い換えるとより丁寧な表現になって、目上の人への謝罪にも使えます。 丁寧語 「度々」を敬語表現にする場合には、組み合わせる言葉に丁寧語を使うことでも、目上の人へ使える言葉になります。 例えば、「度々すみません」を「度々申し訳ございません」と丁寧に表現するだけで、顧客や上司など目上の人に仕える表現になります。 「度々」自体が目上の人に使って悪い表現ではないため、組み合わせる言葉を丁寧にする、または敬語表現と組み合わせるようにすれば、目上の人に仕える敬語表現になります。 「度々」を使った例文 ここまで「度々」という言葉の意味、ビジネスにおける使い方、類語などをみてきましたが、ここでは「度々」を使った例文をいくつかご紹介します。 1.娘のケガについて、ご両親は度々学校に足を運んだ。 2.引っ越してしまったら、いままでのように度々立ち寄ることもないだろう。 3.その説については異論があり、度々論争となっている。 4.度々言うことだが、その問題は解決方法がみつからない。 5.わたしはその様子を度々見ていた。 6.そのようなことは度々あったのであろう。 7.度々のご訪問、ありがとうございます。 8.忙しい中、度々訪れてくれたのだが、あいにく留守をしていた。 9.彼に度々注意したのだが、聞き入れてはもらえなかった。 10.彼女は度々そのようなことをする癖がある。 「度々すみません」を英語で表現する 「度々」という言葉がビジネスシーンにおいてよく使われる言葉だということがわかりましたが、この「度々」を使う場合の注意点はあるのでしょうか。 ここでは、「度々」を使う場合の注意点についてみていきます。 1.初対面の相手には使えない 「度々」という表現は、「何度も」とか「繰り返し」という意味で使います。 そのため、初対面の相手にメールや手紙を送る場合や電話で話す場合には使えません。 もし、初対面の人に「度々申し訳ありません」など使ってしまうと「過去に会ったことがあったかな」と相手を混乱させてしまう可能性があります。 「度々」という言葉は、相手に何度か連絡した、または連絡をもらったという事実がある場合に使うように気を付けましょう。 2.結婚式に使うことはNG 「度々」という言葉は結婚式のスピーチやお葬式の挨拶では使っていけません。 「度々」は重ね言葉といわれるもので、不吉なことを連想させる言葉として、結婚式やお葬式で使うことは非常識とされています。 「度々お世話になっております」は間違った文章 ビジネスシーンにおいてメールで「お世話になっております」という文章を最初に使うことは多いでしょう。 しかし、何度もメールのやりとりをしているからといって、「度々お世話になっております」という使い方をしてはいけません。 「度々」は「何度も」と同じ意味だから使って良いと考える人も多いでしょうが、文章が不自然になります。 もし、「度々」というフレーズからメールの文章を始めるのであれば、「度々失礼します」とか「度々恐れ入ります」「度々申し訳ございません」などの言葉から始めるようにしましょう。 「度々」の意味と使い方を覚えましょう.

次の

正しい敬語?「ご連絡させていただく」の意味と使い方と言い換え表現

度々のご連絡

正しい敬語?「ご連絡させていただく」の意味 相手から許可がないと「させていただく」は使えない 「させていただく」は、使役の助動詞「させて」+「もらう」の謙譲語「いただく」で成り立っています。 「させていただく」は、 「相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらすること」を意味します。 「させていただく」という表現について、文化庁は「基本的に他者の許可を得た上で、自分が行うことについて、その恩恵を受けることに対して敬意を払っている場合」に使うのが適切であるとしています。 要するに「させていただく」は、 ・相手や第三者の許可を受けて行う場合 ・それを行うことで恩恵を受けるという事実がある場合 の2つの条件を満たすときに使用するのが正しい使い方になります。 「させていただく」は、 「図々しくて申し訳ないが、相手が許可してくれたから〜する」という意味合いになり、主な例としては、「スケジュールを変更させていただく」「仕事を担当させていただく」と使います。 つまり、 相手に自分が連絡することに対して許可を得ていない場合は「ご連絡させていただく」は使えません。 許可があっても「ご連絡させていただく」は二重敬語 二重敬語とは、同じ種類の敬語が二つ以上含まれた表現のことです。 敬語には3つの種類があります。 「ご連絡させていただく」は、 「ご」=謙譲語 「させて」=敬語ではない「する」の使役形 「いただく」=「もらう」の謙譲語 で成り立っています。 「ご連絡させていただく」は謙譲語が2つ含まれているため、 二重敬語になります。 二重敬語は、相手に失礼な印象を与えたり、慇懃無礼と思われる可能性があるので使用する際は注意しましょう。 「連絡する」の正しい敬語表現 「ご連絡させていただく」は敬語として不適切な表現であることがわかりました。 では「連絡する」の正しい敬語表現はどうなるのでしょうか? ご連絡します 「ご連絡します」はビジネスシーンでも頻繁に使われます。 「ご連絡します」の「ご」は謙譲語で、「ます」は丁寧語のため、正しい表現になります。 「連絡します」は主にメールや電話で使うことのできる表現です。 「連絡します」の前に 「改めて」「追って」などをつけるとより丁寧な表現になります。 ・検査の結果が分かり次第ご連絡しますので、しばらくお待ちください。 ・その件に関しては、こちらから追ってご連絡します。 ・本日のミーティングの件は、社内で検討を行ったのち、改めてご連絡します。 何卒お願い申し上げます。 連絡いたします 「いたします」は、 「する」の謙譲語「いたす」+丁寧語「ます」で成り立っています。 「連絡いたします」は非常に丁寧でビジネスシーンに適している表現になります。 「いたします」は、一般的に相手への敬意を払い「〜します」「〜させてもらいます」と自ら率先して相手のために何かをする、という意味合いで使います。 ただ「連絡いたします」に謙譲を表す「ご」をつけて、「ご連絡いたします」とすると二重敬語になってしまうので気をつけましょう。 例文 ・お世話になっております。 ・先日の打ち合わせの件でお伺いしたいことがあり、連絡いたしました。 ・連絡いたしました納期の件、その後いかがでしょうか。 ・来週の歓迎会の件で、連絡いたします。 ・来月度の会議の詳細について連絡いたします。 連絡申し上げます 「申し上げます」は 「言う」の謙譲語「申し上げる」+丁寧語「ます」で成り立っています。 「連絡申し上げます」は、取引先の会社やお客様に対してなど目上の相手へ使い、主にお礼や謝罪をするときに使うことが多い表現です。 「連絡いたします」と同様に、「連絡申し上げます」に謙譲を表す「ご」をつけて、「ご連絡申し上げます」とすると二重敬語になってしまうので気をつけましょう。 ・不良品の代替については発送日の確認が取れ次第、改めて連絡申し上げます。 ・その件については一旦確認をしてから、折り返し連絡申し上げます。 連絡差し上げます 「差し上げます」は 「与える」の謙譲語「差し上げる」+丁寧語「ます」で成り立っています。 「連絡差し上げます」は正しい表現ですが、「差し上げる」が「与える」「やる」という意味のため、上から目線な印象を与えてしまう可能性があります。 例えば、「今日は都合が悪いので、明日にまた連絡差し上げます」といったように自分の都合に合わせて使用してしまうと上から目線に感じてしまいます。 「連絡差し上げます」は、 相手の都合に配慮して連絡をする場合に使う表現です。 明らかに自分の都合で連絡をする場合に使うのは不適切になります。 「連絡差し上げます」は、相手にとってメリットがある場合にのみ使用するようにしましょう。 また「ご連絡差し上げます」だと二重敬語になってしまうので気をつけましょう。 例文 ・こちらの方で準備が整いましたら連絡差し上げます。 ・お調べしてから連絡差し上げますので、お名前とご連絡先をお願いいたします。 ・本日いただいた質問に関しては、回答をまとめ次第、こちらから連絡を差し上げますので、何卒よろしくお願いいたします。 「ご連絡」の言い換え表現との違い 「ご連絡」に似た言葉がたくさん存在します。 その中でも特に間違えやすい類似表現との違いについて紹介します。 お知らせ 「お知らせ」は、 「知らせること、またその内容・通知」という意味になります。 「お知らせ」と「ご連絡」はほぼ同じ意味ですが使い方に違いがあります。 「ご連絡」は口語でも書き言葉としても使える表現ですが、「お知らせ」は書き言葉として使われることがほとんどです。 例文 ・お手すきの際に、お知らせくださると幸いです。 ・年末年始の営業予定についてお知らせいたします。 ご報告 「報告」とは、 「ある任務を与えられたものが、その遂行の経過・結果について述べること。 また、その内容」を意味しています。 「ご報告」は、上司や先輩など目上の相手に対して使います。 「ご連絡」は今現在も進行している事項を伝えるときに使い、「ご報告」は完了した事項を伝えるときに使います。 「ご連絡」はあくまでも物事の内容を簡単に伝えることを意味していて、「ご報告」は、物事の展開や結果などを伝えることを意味しています。 ・今年度の業績について、ご報告いたします。 ご一報 「一報」とは、 「最初の知らせ」「簡単に知らせること」を意味しています。 「ご一報」は、取引先に資料を提出したときや、メールを出したときに、反応を知りたかったり、読んだか確認したい場合に「ご一報ください」と使います。 「ご一報」の前に、「大変恐れ入りますが」「大変恐縮ですが」といった言葉をつけると、より丁寧な表現になります。 「ご一報」と「ご連絡」の意味はほぼ同じです。 違いとしては、「ご連絡」は電話やメールで使うことができますが、「ご一報」はメールではなく電話で使うことが多いです。 例文 ・メールをご覧になられたら、ご一報いただけますでしょうか。 ・今週中までに、ご一報いただけると幸いです。 「ご連絡させていただく」の英語 「I'll be in touch. 」など 「連絡する」の英語は様々な表現が考えられます。 ・I'll be in touch. ・I'll contact you later. ・I'll e-mail you soon. ・I'll call you later. ・I'll contact you. などなど、たくさんあります。 「あとで返信します」は、 ・I'll get back to you. といいます。 職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。

次の