わらの犬 2011。 【わらの犬】オリジナルも絡めてリメイク映画の感想~諸悪の根源は女なのか!?

わらの犬 : 作品情報

わらの犬 2011

記事を読んだ時期によっては配信されていない場合もあります。 ハリウッドで脚本家として活躍するデイヴィッド・サムナーと妻で女優のエイミー。 次回作の執筆の為、都会を離れて妻エイミーの故郷である、アメリカ南部の田舎町に引っ越してくる。 地元住民たちとのすれ違いが徐々に膨らみ、大きな暴力に発展していく・・・。 記事を読んだ時期によっては配信されていない場合もあります。 世の中のこの映画に対する評価は総じて低いようです。 私も同感です。 監督のロッド・ルーリーはこの作品以降、特に映画を撮っていないようです。 この映画が示唆している内容は ・アメリカ南部は危険だから近づくな ・女性はトラブルを招く ・篭城してもみな不幸になる といった感じでしょうか。 主人公は脚本家で、次回作はスターリングラードの包囲戦を題材にしたものを書いていました。 スターリングラードをめぐるナチスドイツとソ連の戦いは、合計で200万人の死傷者をだす史上最悪の市街戦となりました。 ソ連の指導者の名前を冠している街ということもあって、双方の意地もぶつかり合ったのでしょうか。 60万人いた市民は9000人まで減ったそうです。 わらの犬でも同じような状況になります。 主人公の妻は「早くこの街から離れよう」と主人公に言うのですが、主人公は意地を張って居残ろうとして、最悪の事態を招くことになります。 「わらの犬」というタイトルですが、映画の中で「中国のお祭りでは、わらで編まれた犬の像が供物として崇められるが、祭りが終われば不要なものとして捨てられる」という主人公の脚本家が、田舎町のスクールカースト上位だった元ハイスクールのアメフト選手達を指して言っている台詞から引用されています。 記事を読んだ時期によっては配信されていない場合もあります。

次の

わらの犬 (2011年の映画)とは

わらの犬 2011

この項目では、1971年の映画について説明しています。 2011年公開のリメイク版については「」をご覧ください。 のシングル曲については「」をご覧ください。 監督は。 日本では4月公開。 『』などの西部劇で知られるペキンパーの、長編映画としては初の現代劇で、原作はの作家ゴードン・M・ウィリアムズの『トレンチャー農場の包囲』である。 主演は。 概要 [編集 ] タイトルは「天地不仁、以万物為芻狗」という『』の言葉に由来する。 天地にとって万物は芻狗(祭儀に用いるわらの犬)のようなものでしかないという意味である。 ペキンパーはの(度受賞者)に脚本執筆を打診したが、過激な内容に嫌悪感を覚えたピンターは断ったという。 1970年代には、被害者が加害者に対して過激な暴力で復讐する映画が多数製作された。 映画評論家のS・S・ブラウラーはその状況を「わらの犬症候群」と呼んでいる。 ストーリー [編集 ] 数学者のデイヴィッド・サムナーと妻エイミーは物騒な都会生活から逃れるため、妻の故郷でもあるイギリスの片田舎に引っ越してきた。 だが、いざ蓋を開ければ村の若者たちから嘲笑を浴び、嫌がらせを受ける毎日。 彼らにひとこと言うようにエイミーからけし掛けられても、気弱なデイヴィッドは取り合おうとしない。 ある日、精神薄弱者のヘンリーを家に匿ったことから、彼をリンチにかけようとする若者たちの総攻撃を受ける。 知人であるスコット少佐が仲裁に入るも、揉み合った挙句に撃ち殺されてしまう。 それを見たデイヴィッドの中で、何かがはじけた。 恐怖に脅えるエイミーが止めようとするのにも構わず、デイヴィッドは次第に暴力の渦に飲み込まれていくのだった。 デイヴィッド・サムナー - ()• エイミー・サムナー - (来路史圃)• ヘンリー・ナイルズ - ()• チャーリー・ヴェナー - デル・ヘニー()• トム・ヘッデン - ()• ジョン・ナイルズ - ピーター・アーン• スコット少佐 - T・P・マッケンナ 本作のファンや日本での反響など [編集 ]• はペキンパーを敬愛している監督の一人にあげ、を好きな役者の一人にあげており、本作を絶賛し著書でもとりあげ、本作のヒロイン役のがヒロインを務めた主演『』も絶賛している。 『』の特別企画でのは邦画では『』や『』など、洋画では『』や『』、『』、『』、『』、『暗黒街のふたり』と共にペキンパー『』と本作を選んだ。 ラジオ番組『』にコメント出演したは自身の「映画ベスト3」を選ぶ企画で、『』『』と共に本作を自身の映画ベスト3に選んだ。 脚注 [編集 ] 出典は列挙するだけでなく、などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。 記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。 ( 2013年6月)• ガーナー・シモンズ著、遠藤壽美子・鈴木玲子訳『サム・ペキンパー』 、1998年6月、ISBN 4-309-26340-2• 原著: Garner Simmons, "Peckinpah: A Portrait in Montage", University of Texas Press, 1982, ISBN 087910273X• 10 サム・ペキンパー』 エスクァイア・マガジン・ジャパン、2001年9月、ISBN 4-87295-078-X 外部リンク [編集 ]• - (英語)• - (英語).

次の

わらの犬

わらの犬 2011

ゴードン・ウィリアムズ ()の小説『 トレンチャー農場の包囲 ()』を原作としたのの。 主演はと。 2人は『』でも夫婦役だった。 あらすじ [編集 ] 脚本家のデヴィッド・サムナー()とその妻で女優のエイミー()は都会の喧騒を逃れて、からエイミーの故郷であるの田舎町・ブラックウォーターに移り住む。 だが、裕福なデヴィッドと美しく華やかなエイミーは、エイミーの元恋人チャーリー()ら地元の粗野な男たちから攻撃の対象にされ、ついにはエイミーがチャーリーの仲間にレイプされてしまう。 さらにある事件が発生、2人はたちまち窮地に立たされる。 恐怖に陥ったデヴィッドは、徐々に凶暴な世界へと転落していく。 キャスト [編集 ] 役名 俳優 日本語吹替 デヴィッド・サムナー エイミー・サムナー チャーリー・ヴェナー "コーチ"・トム・ヘドン ジェレミー・ナイルズ ノーマン クリス ビリー・ラッシュ () ジョン・バーク保安官 ジャニス・ヘドン ダニエル・ナイルズ コーチ・ミルケン ビック ドリュー・パウエル () 製作 [編集 ] 撮影は2009年8月16日に と ビビアン ()で始まった。 評価 [編集 ] 興行収入 [編集 ] 2011年9月16日に北米で公開され、初日に198万ドル 、週末3日間で510万ドルを売り上げた。 批評家の反応 [編集 ] この節のが望まれています。 『』のチャーリー・リッキーは4ツ星満点で1ツ星半を与え、「(『わらの犬』は)人間とマッチョな動物であることの違いの実証例として成功している。 しかしながらホーム・インベージョン・スリラーとして興味を引くことには失敗している」と評した。 『』の マイケル・フィリップス ()は4ツ星満点で1ツ星を与え、「ミスキャストで、技術的にかろうじて機能的で、馬鹿げていて、不必要である」と述べて本作を「マヌケなリメイク」と呼んだ。 参考文献 [編集 ]• 2011年8月26日. 2011年8月31日閲覧。 Kaufman, Amy 2011年9月15日. 2011年9月17日閲覧。 2013年6月2日閲覧。 Michael Fleming 2009年8月16日. 2009年9月21日閲覧。 ComingSoon. net. 2010年11月20日閲覧。 Bloody-Disgusting. com. 2012年10月4日時点のよりアーカイブ。 2010年11月20日閲覧。 2011年9月18日. 2011年9月18日閲覧。 2013年6月2日閲覧。 2013年6月2日閲覧。 Carrie Rickey 2011年9月16日. 2011年9月30日閲覧。 Phillips, Michael 2011年9月15日. Chicago Tribune. 2011年10月2日閲覧。 外部リンク [編集 ]• - (英語)• - (英語).

次の