第3回abematvトーナメント 結果。 佐藤天彦九段「ドラフトのだいご味満喫」 将棋界初のドラフト会議、第3回AbemaTVトーナメント― スポニチ Sponichi Annex 芸能

佐藤天彦九段「ドラフトのだいご味満喫」 将棋界初のドラフト会議、第3回AbemaTVトーナメント― スポニチ Sponichi Annex 芸能

第3回abematvトーナメント 結果

*前回の記事: 2020年4月11日(土)から第3回AbemaTVトーナメントの放映が始まる。 今回は3回目にして 史上初のドラフト団体戦。 チームリーダーがドラフトにより選んだメンバー同士、3対3の団体戦が行われる。 予選リーグはA~Dの4リーグに分かれ、各リーグに3チームが入る。 また、先鋒と中堅の連勝となっても、大将戦は行われることになっている。 団体戦形式だが、チームのポイントはそれぞれの対局の結果次第で、1勝すればプラス1点、1敗でマイナス1点となる。 例えば、チームAとチームBの対戦の結果が以下のようになった場合 先鋒戦 チームA 2-1 チームB 中堅戦 チームA 2-1 チームB 大将戦 チームA 0-2 チームB 団体戦と考えればチームAの勝利に見えるが、今回のポイント制ではどちらもプラスマイナス0で、この1戦のみでみると引き分けとなる。 各リーグ3回戦を終えた結果、獲得ポイントの多い上位2チームが後日行われる本戦トーナメントに進出する。 そして獲得ポイントが同数で並んだ場合は、チームリーダー同士のプレーオフが行われる。 こちらは一番勝負だ。 11日に放映されるのは予選Aリーグ第一試合。 オープニングの様子 チーム豊島(豊島将之竜王・名人、佐々木勇気七段、斎藤明日斗四段)対 チーム久保(久保利明九段、菅井竜也八段、今泉健司四段)のカードだ。 必ずしもチームリーダーが大将を務めるわけではなく、先鋒、中堅、大将に誰を配置するかは対戦直前に決める。 お互いの相性なども含めて、誰をどこに置くか、戦略が問われるところだ。 ちなみに、それぞれのメンバー同士の公式戦戦績は以下の通りである。 そして、相手にとってはほぼ未知の存在となるチーム豊島の斎藤が、どのような戦いを見せるかで、勝負の行方が大きく左右しそうだ。 特に斎藤は四段という立場を考えると、先鋒に置かれる可能性が高い(もちろんその裏をかくことも考えられるが)。 戦法として戦った場合、チームに勢いをつけられるかどうか。 チーム豊島の作戦会議の様子 チーム久保にとっての今泉も同様の存在であるといえる。 特に 「強力な自薦」(ドラフト会議における久保のコメント参照)でメンバー入りを果たした今泉にとって、この戦いにかける情熱は大きいはずだ。 チーム久保の作戦会議の様子 いずれにしろ、チーム久保が振り飛車を主体にして戦うことは間違いないだろう。 対してチーム豊島がどのような対策を見せるか。 予選1回戦ではそこに大きく注目したいと思う。 特に本大会のような超早指しでは穴熊が有力作戦とされているが、お互いがどこまで玉を潜るかということにも興味がわく。 史上初となるドラフト団体戦、その開幕カードを楽しみにしたい。 予選A組1回戦「チーム豊島VSチーム久保」戦は、AbemaTV将棋チャンネルで4月11日(土)19時から放送される。

次の

チーム永瀬 VS Abemaドリームチーム ファン予想は66.4%がチーム永瀬勝利/将棋・AbemaTVトーナメント(ABEMA TIMES)

第3回abematvトーナメント 結果

6月21日に放映された第3回AbemaTVトーナメント予選Dリーグ第ニ試合にて、羽生善治九段が藤井聡太七段に対して右玉を採用してくれたので紹介したい 第3回AbemaTVトーナメントはネットのAbemaTVで放送されている3人1組のチーム戦。 3局指して2勝したほうが勝利のシステムで、フィッシャールールの超早指し戦である。 今週はDリーグ2試合目。 注目はなんといっても羽生善治九段と藤井聡太七段。 オーダー発表の結果、両者はいずれも大将! 全国民期待のスーパースター同士の対局が実現した。 羽生善治九段はご存知将棋界のスーパースター。 永世七冠、タイトル99期と将棋の歴史を塗り替える歴史的人物である。 棋風はオールラウンダーで右玉の採用もそれなりに多い。 対するのは藤井聡太七段。 こちらも社会現象を起こすレベルのスーパースター。 完全なる居飛車党で、指し手は正確無比。 寄せの能力も歴代トップクラスだ。 無料ユーザーは視聴期限があります。 右玉完成時点の局面は先手も仕掛けにくい。 評価値も互角か千日手模様で後手作戦勝ちだと思われる。 一歩交換が確定する。 ここから藤井聡太七段の仕掛けは見事。 その後、後手は馬を作るが、2筋を突破されてしまった。 ここから羽生九段は寄せに出る。 先手は確実に逃げて後手投了。 以上、藤井聡太七段の勝利となったが、羽生九段がなりふり構わず千日手狙いなら先手も打開できなかったかもしれない。 右玉党は並べる価値のある一局といえるだろう。 というわけで、右玉NOWは今後も羽生善治九段を応援します!.

次の

第3回アベマTVトーナメント・予選Bリーグ 星取表&全対局結果

第3回abematvトーナメント 結果

各リーダーが2人ずつ指名し、3人1組のチームを結成。 指名が重複した場合は、くじ引きです• 団体戦は、12チームが3チームずつ、4つのリーグに分かれて総当たり戦を実施• 4チームのうち上位2チーム、計8チームが本戦トーナメント進出• リーグ戦の勝ち抜けは、総当たりで行われたチーム毎のポイント数で決定• 3対3の団体戦で1人ずつ3番勝負を行い、1局目、2局目を連勝した場合には3局目は行いません• 2連勝するとプラス2ポイント、2連敗するとマイナス2ポイントになります• リーグ戦を終え、ポイント数が同点の場合は、 各チームリーダー同士が1番勝負を行い、勝者が決定 となっています。 8000 1 4局 3局 木村一基九段 7 2 0. 7777 1 5局 2局 糸谷哲郎八段 9 4 0. 6923 1 5局 1局 高見泰地七段 8 6 0. 5714 2 9局 2局 佐々木勇気七段 13 10 0. 5000 1 3局 1局 永瀬拓矢二冠 4 4 0. 5000 1 4局 1局 橋本崇載八段 5 5 0. 5000 2 7局 2局 増田康宏六段 8 8 0. 5000 2 5局 1局 近藤誠也六段 5 7 0. 4166 2 6局 1局 佐々木大地五段 7 9 0. 4375 1 3局 0局 三枚堂達也七段 3 5 0. 3750 1 4局 0局 中村太地七段 5 6 0. 4545 1 3局 0局 都成竜馬五段 4 5 0. 4444 1 3局 1局 八代弥七段 3 4 0. 4285 2 5局 1局 大橋貴洸五段 5 8 0. 3846 1 3局 0局 菅井竜也七段 3 5 0. 3750 1 2局 0局 阿久津主税八段 1 4 0. 0000 1 2局 0局 山崎隆之八段 0 4 0. 0000 1 2局 0局 伊藤沙恵女流三段 0 4 0. 0000 ---------------------- '20年7月13-14日: ---------------------- '20年7月9日: ---------------------- '20年7月6日: ---------------------- '20年7月4日:銀河戦vs稲葉八段 ---------------------- '20年7月1日: ---------------------- '20年6月28日: ---------------------- '20年6月25日: ---------------------- '20年6月23日:銀河戦vs郷田九段 ---------------------- '20年6月23日: ---------------------- '20年6月21日: ---------------------- '20年6月20日: ---------------------- '20年6月14日: ----------------------.

次の