アムロ 最強。 連邦の白い悪魔!「アムロ・レイ」の軌跡をたどる!【機動戦士ガンダム】【ガンダムシリーズ】

オールドタイプ最強は誰の手に!実際に誰が強いのか

アムロ 最強

デザイン [ ] デザインは、『機動戦士ガンダム』の全般を担当したにより、7年後を描いた続編の『』も同様である。 さらに6年後を描いた『逆襲のシャア』では、同作のキャラクターデザイン全般を担当したによる。 後年の安彦のインタビューによれば、「赤毛の縮れ毛にして、のようなキャラクターにしよう」とアイデアを描いたとのこと。 設定の経緯 [ ] 『機動戦士ガンダム』の企画案である『フリーダム・ファイター』は、宇宙版『』として企画が進められた。 企画を立案した日本サンライズ企画室デスク(当時)の飯塚正夫によれば、主人公を設定するに当たり同作のリーダー格であるブリアンやライバルのドニファン(ドノバン)がモデルでは面白みに欠けるため、ドニファンの弟で一時内向的になるジャックを参考にし、それがアムロの原型となった。 当時はがようやく一般的になり始めた頃であり、そういったの申し子ならいろいろできるだろうと、ちょっと内向的な少年を主人公に据えたという。 名前は、1978年11月作成の「テレビ・アニメーション企画書 宇宙戦闘団ガンボーイ(仮称)」や 安彦によって描かれた初期稿では 「本郷東(あずま)」であった。 アムロ・レイという名前は総監督のが語呂合わせで1か月かけて考案したものであり 、11月以降に富野によって書かれた企画メモでの名前は「テムロ・アムロ」であった。 その後の富野による「機動戦士ガンダム設定書・原案」では「アムロ・嶺(レイ)」と表記されており 、テレビ放送中に『』に掲載されたインタビューでも富野は「本当は漢字の嶺です」と答えている。 声優 [ ] 声優はが担当(ただし『』では)。 古谷は『機動戦士ガンダム』のだったの薦めでオーディションを受けた [ ]。 内向的な少年を演じることについては、キャラクターへの共感だけでなく、アニメ『』以来、熱血キャラの演技を求められ続ける状況を打破するためにもチャンスと考えたこと、そしてお手本がいないために役作りに苦労したことなど、当時のエピソードを多くのインタビューで語っている [ ]。 『逆襲のシャア』上映に合わせて放送されたテレビ特番では、古谷は同作のアムロを「大人として成長したアムロ」ということで「アダルトアムロ」と呼び、これを演じることを当初は難しいと感じたが、劇中のアムロと自分の実年齢が近くなったので、今の自分を重ねる感じで演じるとうまくいったという。 ただし、戦闘のシーンでは少年の頃のアムロの声に戻ってしまったとも語っている。 設定解説 [ ] 宇宙世紀0064年(一説によれば0063年11月4日)父と母の一人息子として生まれる。 であり 、生誕から幼少まで過ごした地域はの (テレビアニメ版設定)、あるいは・の沿岸地域の町(劇場版設定、ここからアングロサクソン系とする資料もある )、北部のロサリトまたは (『』設定)などがある。 好物はハンバーガー。 趣味は機械いじり。 茶色のが特徴で、続編でも受け継がれている。 幼い頃に母と離別し父と共に宇宙へ移民。 宇宙のどこで暮らしていたかは定かではないが、を転々としていたと言われる (への移民が開始されたのは宇宙世紀0078年5月からである)。 父が仕事で家を空けることが多いため、自宅では1人で過ごすことが多く、コンピューターや機械いじりが好きな内向的な少年に育つ。 その性格の表れとして爪を噛む癖が指摘されており、成人した宇宙世紀0087年の時点でもこの癖は直っていない。 また、興味のあることには熱中する反面、使用した衣類や食器や本などの身の回りの物を片付けない、女の子(フラウ)が来てもシャツとパンツ姿のままで着替えないなど、興味の無いことには無頓着(幼い頃からの両親の不在による問題でもある)である。 サイド7移民後は、隣家に住んでいた少女とその家族によく面倒を見てもらっている。 また、この時期にペットロボットを自分で作り上げている。 階級は、テレビ版ではでに任命される。 劇場版ではオデッサ作戦前の時点で技術大佐が「アムロ曹長」と呼んでおり、ジャブローではに任官される。 戦後はに昇進するが、を卒業していないため、以後は階級が上っていない。 パイロットとして 劇中でサイド7でのMSの戦闘で当時民間人だったアムロが、偶然にも父親が開発したに乗り込みを2機破壊したのが最初の戦果である。 その後はガンダムを愛機として駆り、多くの強敵たちと渡り合う。 としての覚醒以降その卓越した能力はなお加速し、自身の機体の性能が相手に比べ劣っても、その技量で圧倒するなどシリーズを通して超人的な戦果を挙げる。 初期ではザクのマシンガンにかなり被弾しているが、ガンダムの装甲に助けられ難を逃れており、またガンダムに搭載された教育型コンピューターの助けを得て段階的に成長出来る環境にあった。 それでもその技量は他のホワイトベースのパイロットの中でも抜群であり、不慣れなに搭乗した際ものを圧倒し退けている。 また、アムロはニュータイプとしてはオールドタイプ的感性を持っていることを、富野は『月刊マガジン』のインタビューで語っている。 「に比べてアムロは学習できないため、オールドタイプとして死んでいくしかない」ともコメントしている。 劇中での活躍 [ ] ガンダムシリーズには多数の派生作品があり、いくつかの諸説や異同があるが、ここでは特に断りのない限り『機動戦士ガンダム』『』及び『』における事蹟を基準に記す。 一年戦争後期 (『機動戦士ガンダム』) [ ] ガンダムとの出会い 15〜16歳。 宇宙世紀0079年9月18日、の新造艦を追っての級巡洋艦「」が周辺空域に侵入、ザクIIによるコロニー内への強襲に遭遇する。 彼は、避難の最中に「」の極秘ファイル(ガンダムの操縦マニュアル)を偶然入手し、アイドリング状態だったガンダムに乗り込み起動。 強襲を仕掛けてきたザクIIを初陣にして2機撃破する。 なお、における MS 同士の対戦であった。 父親のテム・レイはこの戦闘で宇宙空間に放り出され行方不明となった。 その後は民間人でありつつもホワイトベースの乗組員としてガンダムに搭乗し、ホワイトベース地球降下を阻止すべく執拗につけまわすジオン軍のエースパイロットにして、以後宿命のライバルとして戦い続けることとなる の追撃を払い除ける日々が始まる。 この頃はまともにガンダムを操れたのはアムロのみであった事から、何時しかの正規パイロットのように扱われるようになる。 地球降下前まではアムロ本人もまんざらではなく、新しい玩具を手に入れた子供のように嬉々としてガンダムの凄さをクルーに語ったりもしていた(テレビアニメ版では、まだ当時のロボットアニメ主流の熱血主人公の片鱗が見え隠れしていた )。 戦場からの逃亡 しかし地球降下以後、「生き残る」という以外に戦う意義を見出せぬまま、アムロの精神はやがて疲弊していく。 ガルマの執拗な追撃をなんとか退けたものの、自分を戦争の駒のように扱う二代目ホワイトベース艦長のとは度々衝突し、唯一のアイデンティティとなっていた「ガンダムのパイロット」の地位さえ、ブライトの「に任せよう」という発言から脅かされることとなる。 これを偶然聞いてしまったアムロは脱走を決意し、ガンダムに乗って砂漠の大地に消えていった。 この時にの鉱山基地を単独で奇襲攻撃している(『灼熱のアッザムリーダー』)。 脱走中、砂漠の町のレストランに立ち寄ったところ、偶然ジオン公国の軍人と出会う。 ラルの愛人であったと共に大変気に入られたが、敵同士であったが故に戦場で再会、対峙することになる。 ラルの駆るを退けたものの、その口から「勝てたのは腕ではなくモビルスーツの性能のおかげだ」と指摘され、当初は「負け惜しみを」と意に介さなかったが、次第に正しさを認めたことで、初めて「あの人に勝ちたい」と、パイロットとして「生き残る」以外の意味を見出した。 その後、アムロの目の前で軍人として殉じたランバ・ラルの姿は、敵ながらにして、越えねばならぬ父親のような存在としてそびえ立ち、大きな影響を与えることとなった。 そして、ラルの仇を討つためにホワイトベースに特攻を仕掛けたハモンと、彼女の攻撃を身を挺して防いだリュウの死が、彼の中に生きる意味を問いかける事となる。 ニュータイプへの覚醒 ホワイトベースの救援に駆けつけた連邦士官より「エスパーかも」とも評されたアムロは、ラル、等、数々のジオンの戦士との死闘を経ていつしか としての覚醒を見せ始め、では。 ジャブローから再び宇宙に上がってからも、ドレン大尉率いるキャメルパトロール隊のムサイ3隻を撃沈し、機動艦隊との交戦では、敵艦隊擁する12機ののうち9機を3分で撃破した上に、コンスコンの乗る旗艦までも撃沈して見せた。 それ以降もアムロのニュータイプ能力は拡大し続け、など、幾多の戦闘で大きな戦果を挙げる。 アムロの成長に伴い、その超人的な反応速度に反応しきれなくなったガンダムは、を施される。 このとき、技術者の「生き延びて、いいデータを持ち帰ってくれ」という自分勝手な応援の言葉を「これだから人の本音は聞きたくない」と苦笑しながら受け流しており、人間としての成長が窺える。 その頃にはシャアのを、通常のパイロットではありえない距離(ララァさえも、実験の際にはかなりの苦痛を伴った距離)から正確に狙撃する鬼神の如き働きを見せる。 ララァとの出会いと別れ とは中立コロニーで偶然にめぐりあい、戦場での敵同士としての再会の中でニュータイプ同士としての精神の交感を体験するが、その最中に襲い掛かるシャアに反撃した際、シャアを庇ったララァを戦死させてしまう。 シャアとの決戦と仲間たちのもとへの生還 最終決戦となったでシャアの駆ると交戦、両者は相打ち(ジオングは撃破、ガンダムはAパーツの頭部と両腕、Bパーツの右脚を失う大破)となり、ガンダムは破壊されるものの最終的にホワイトベースの仲間たちとの交感と再会を経て、一年戦争を生き抜く。 『THE ORIGIN』における戦後 『THE ORIGIN』では機密保持やニュータイプ研究のため、隔離状態にあったが、宇宙世紀0082年には監視兼護衛付きではあるが、行動の自由が許されている。 出雲の旅行でハヤトからフラウとの結婚を打ち明けられた後、自分達にとって全ての始まりの場所であるサイド7復興に行う意志を示した。 一年戦争後は英雄的扱いを受け、彼に注目した多くのジャーナリストから「ニュータイプとは何か? 」と取材を受けることになるが、彼の発言は大衆にとって抽象的で難解なものとして理解されなかったといわれる。 やがて大尉に昇進し、のに勤務。 しかし、政府のニュータイプを危険視する思惑から事実上の軟禁状態に置かれていた。 彼も、ララァを死に至らしめたことの後悔を引きずって鬱屈した生活を送っていた。 また、長期軟禁の影響で精神的な疲弊が起きていたのか、当初はMSへ再び乗ることに躊躇していた。 エゥーゴへの参加と地球への残留 しかし宇宙世紀0087年、かつてのガールフレンドでありハヤトの妻になっていたフラウと再会し、に説得され共に監視を抜け出す。 空港で輸送機を奪いの支援組織に合流。 その際、シャア(クワトロ)と7年振りの再会を果たす。 シャアからは宇宙に上がり共闘することを薦められたが、無重力の感覚への恐怖を理由に固辞している。 その際、「ララァと再び会うのが怖いのか」と胸中を看破され、一年戦争時代に負ったを克服できていない自身の精神的な脆さを否定できず、ハヤトらと共に地上に留まる。 また、自分より若いカミーユにを使わせている事や、それを容認する周囲の人間達に「不甲斐ない自分への当てつけ」といった感情を少なからず感じていたようである。 しかし、昔の自分を思い出させるや、に刺激され、再びMSで戦うことを決意すると、7年のブランクを感じさせない卓越した操縦技術でエゥーゴを援助。 宇宙に上がった中尉が残したでカミーユを指導しながらアッシマーを撃墜したのを皮切りに、その後はリック・ディアスを改修したを駆って、や、などで活躍した。 なお、一年戦争時には一人称が「僕」であったが、この頃から「俺」に変化している。 ブライトに対しても一年戦争時は上官として従う立場であったが、これ以降は対等な立場として接している。 設定上での諸説 雑誌企画『』の設定では、終盤にアウドムラの第18飛行部隊の隊長として、パーソナルカラーに塗装されたに搭乗したといわれている。 においては全く姿を見せることはなかったが、が地上に降りた時のブライトととの会話 から、この時既に宇宙に上がっていた。 これ以降、消息不明となったシャアの居場所を探るべく、数年にわたる内偵を開始する。 第二次ネオ・ジオン抗争 (『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』) [ ] ネオ・ジオンとの戦い 29歳。 地球連邦軍大尉。 アムロとて一部のエリートが地球から宇宙のスペースノイドを支配・管理している独善を決してよしとしているわけではなかったが、彼には内部改革の夢があり人類の叡智も信じてもいた。 それが、アムロを地球連邦軍に留まらせている理由だった。 ときに宇宙世紀0093年、アムロは外郭新興部隊「」のMS隊隊長として、やを駆り、ブライトらと共に、シャア率いるとの最後の戦いを挑む。 が勃発した宇宙世紀0093年3月4日、地球連邦軍本部があるのに向けの落下を目論むネオ・ジオンを阻止するためにリ・ガズィに搭乗して戦闘に参加。 を駆るを退けるのには成功したものの、で出撃してきたシャアには圧倒された上に、落下阻止限界点を越えてしまい、5thルナを巡る攻防は惨敗に終わる。 その後、で、クェスと共にドライブをしている時に、乗馬していたシャアと遭遇。 シャアに掴みかかり取っ組み合いになった後、銃で狙撃しようとするも、クェスに邪魔をされギュネイがで救援に来たために逃げられる。 シャアとの最終決戦 を目論むシャアの動きを看破したアムロ達ロンド・ベル隊は、へ急行する。 宇宙世紀0093年3月12日、アクシズの防衛ラインを単機で突破し、シャアとの決戦では、サザビーとのMS戦だけではなく生身での白兵戦や舌戦も交えた激戦を繰り広げ、再びMSに搭乗して全ての武装を使い果たした後もガンダムの格闘攻撃でサザビーを圧倒し、これによってサザビーからシャアの乗るが放出される。 その時、ブライト達が行った落下阻止のためのアクシズ分断作戦が裏目に出て、片割れがそのまま地球への落下を開始する。 アムロはシャアを逃がすまいと脱出ポッドを捕まえるが、シャアにブライト達が行った作戦のおかげでアクシズ落下という目的を果たせると、高々と勝利宣告をされる。 シャアと共に生死不明 「地球の重力に魂を縛られた人々」に絶望し、大罪を犯してまで人類を次のステージ、いわゆるニュータイプに上げようとしたシャアに対し、アムロは愚直なまでに人類の可能性を信じた。 そしてアムロの行動を見た他のMSのパイロットも、連邦、ネオ・ジオンを問わず加勢し、小惑星・アクシズの軌道を逸らす事を試みる。 摩擦熱でオーバーロードを起こし爆散する機体も出る中、アムロの叫びと共にサイコフレームによって増幅された光に包まれ、生き残ったMS群はアクシズから乖離、ついにアクシズの軌道を逸らすことに成功する。 その後、MIA(消息不明、連邦の公式記録には実質的に死亡扱い)となる。 アニメ版『機動戦士ガンダムUC』では宇宙を漂うシャアのに、アムロ、ララァのものとおぼしき思念が迎えにいくかのような描写が存在している(原作者の福井晴敏は「生き霊かもしれない」とも述べている )。 そのパイロットである秘密結社の主導者とは、アムロやシャアといったニュータイプを見てきたであった(『』)。 宇宙世紀0110年、においてが開発された。 1号機にはアムロの戦闘データがプログラムされた疑似人格コンピューター「A. R」が搭載され、宇宙世紀0122年までの長きにわたり実験が繰り返されている(『』)。 宇宙世紀0133年から0136年の間には、残党にガンダムののデータが盗まれ、一年戦争時代のアムロの戦闘データをコピーしたMS「」が作られる事件が発生している。 このMSは「ジュピター・ガンダム」と呼ばれ、、グレイ・ストークら歴戦のニュータイプ達を圧倒していたが、死闘の末撃破される(『 スカルハート』)。 小説版での相違 [ ] 富野由悠季著の小説版『機動戦士ガンダム』では設定が大幅に異なっている。 民間人ではなく連邦軍の曹長で、教導班において教官のラルフ中尉にビンタでしごかれるパイロット候補生。 のち中尉に昇進する。 年齢はUC0080で二十歳。 リュウやカイ、ハヤトらは同期である。 とは夜を共にする仲となる。 テレビ版よりも大幅に大人びた精神を持つが、奥手で不器用なところもある。 乗機のガンダムはテキサスにて大破し、ガンダム三号機「G3」に乗り換える。 作品終盤にシャアから協力してザビ家を討つことを打診され、それを理解した瞬間、シャアの部隊に属していたルロイ・ギリアム中尉のに誤射・撃墜され、戦死してしまう。 しかしアムロの意思は多くの人間の精神を刺激し、大戦終結のきっかけとなる。 実際に、富野もから再版する際に、続編との辻褄を合わせるためにアムロとハヤトを殺さない内容に改稿を試みたものの、過去の自分を否定する行為であるとして結局断念したとのことである。 小説版『』(著作は)では、ストーリー中盤にアムロが登場し、に乗り、が宇宙へ上がるのを助けている。 最初はアムロを「つまらない大人の1人」だと感じていたジュドーであったが、別れの際には、カミーユと初めて会った時と同じような「宇宙のビジョン」を、アムロの中に見ている。 また、この作品ではアムロは「自分が宇宙へ上がる時はシャアと決着を付ける時」と発言している。 なお、ダカール戦後のとの戦いでは彼が止めを刺している。 劇場版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』のシナリオ第一稿をベースにした角川文庫小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』においては、ベルトーチカとの関係が続いており(アニメージュ文庫小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』では別れていることが語られている)、彼女のお腹の中にはアムロとの子どもが宿っている。 『ガンダム映画化委員会』とも言うべきインベスター 出資者)側の「映画でアムロの結婚した姿を見たくない」という意見と「映画のヒーローは素敵に恋をし、冒険しなければならない、ガンダムはロボット物なのでその主人公が誰かの所有物になって『生活』をしたのでは見る必要がない」という著者の考えを反映した結果、シナリオは現在のものに差し替えられている。 RX-78-2• (コアブロックでの操縦を担当)• RX-75 (一時的に搭乗)• RX-77 (一時的に搭乗)• 輸送機• RMS-099• MSK-008 (劇場版は未登場)• RGZ-91• RX-93 外伝作品 [ ] 機動戦士ガンダム(小説版)• RX-78-3 (漫画版)• RGM-79 (一時的に搭乗)• RX-178 アムロ専用)• MSZ-000 (設定のみ)• MSZ-006-3• MSZ-006-3A• KRX-00 (小説版)• RMS-099S• MSK-008R• MSK-008R 機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー• RGM-88X 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン• RX-78NT-1 アレックス• RX-78XX 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア MSV• RGZ-91B 搭乗艦 [ ] 機動戦士ガンダム• 機動戦士ガンダム(小説版)• 機動戦士Zガンダム• 機動戦士ムーンガンダム• 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア• 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 経緯の詳細はを参照。 なお、テレビ放送と並行して『』で連載されたでは、の演説を放送していたを殴り壊すなど、従来型の勇ましい熱血ヒーローのごとき言動を見せている。 ただし、脚本を担当したは後年のインタビューで「レイはの零なんだよ」と述べている。 ではを卒業していないの場合は、どのような偉大な功績を挙げてもを受けられるだけで・にはなれない(「」)。 ただし、「」でシャア諸共行方不明になった以後の『』では、戦死扱いの二階級特進でになっている。 例えば第4話「ルナツー脱出作戦」では、軍紀を重んじるだけの司令や監禁房でも皮肉を口にするに詰め寄ろうとする血気盛んとも取れる面を覗かせたり、監禁房からの脱出後ブライトと共に警備兵に不意打ちをかけて飛び蹴りの一撃で昏倒させるなどのヒーロー的な活躍を見せている。 没にはなったが、企画の段階では輸送機での乗るに特攻した際に死亡するという筋書きもあった。 なお、監督の富野は本作においてアムロをガンダムに乗せなかった理由について「アムロをガンダムに乗せてしまったら、本作の主人公であるカミーユの存在感が薄れてしまうから」とコメントしている。 古谷は「シャアと共にララァの世界に行ったのだと思っています」と述べている [ ] 出典 [ ]• 朝日新聞社. 2020年2月21日閲覧。 「サンライズ 企画室デスク(当時)飯塚正夫INTERVIEW 『機動戦士ガンダム』誕生の秘密 いかにして『ガンダム』は大地に立ったか」『ガンダム・エイジ ガンプラ世代のためのガンダム読本』洋泉社、1999年4月、63-64頁。 『機動戦士ガンダム ガンダムアーカイヴ』メディアワークス、1999年6月、10頁。 雑誌 01577-12、23-24頁。 、68-70頁。 「ガンボーイ企画メモ」『ガンダムの現場から 富野由悠季発言集』キネマ旬報社、2000年10月、25頁。 『機動戦士ガンダム 記録全集1』日本サンライズ、1979年12月、16頁。 Web現代「ガンダム者」取材班編集「第6章 脚本(チーフシナリオライター) 星山博之 《キャラクターの生命》」『ガンダム者 ガンダムを創った男たち』講談社、2002年10月9日、、284頁。 『機動戦士ガンダム 記録全集1』日本サンライズ、1979年12月、104頁。 『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙 大百科』勁文社、1982年5月、251頁。 アニメ版35話。 『別冊アニメディア 機動戦士ガンダム 劇場版 逆襲のシャア』• アニメ!アニメ!. 2014年8月10日. 2018年12月27日閲覧。 関連項目 [ ]• - アムロのコスプレや物まねを基本スタイルとするお笑い芸人。 - 通販でのカーナビ「」にアムロのボイスを起用。 - アルバム『』の収録曲「Defend Love」のでガンダム及びアムロとコラボレート。 - 影のナレーションとして登場したことがある。

次の

アムロ最強説にもの申す!ガンダムで最強はアムロと言われます...

アムロ 最強

「相変わらず頭が狂いそうなスコアだな……」 一種の狂気を孕んでいるとしか思えないシミュレーション結果を見て、思わずオリビエ・ポプランは呟いた。 「確か自分のことを同盟一のパイロットだと言っていなかったか、お前さん」 「五月蝿いな、コイツに勝てるわけないだろ!お前さんは勝てるとお思いかね?」 「俺は自分というものをきちんと弁えているのでね。 何処ぞの誰かさんのように、同盟一なんて大言壮語は吐かないのさ」 「親友に対して酷くないか?」 「親友?誰が?」 イワン・コーネフは心外そうにポプランを見つめながら答えた。 自由惑星同盟において最高のスパルタニアンのパイロットは誰か? この質問に対しての答えは様々である。 ハートのエース、クローバーのエース、ダイヤのエース、スペードのエース辺りがよく挙げられる。 しかし、これは「最近の」という修飾語がついた場合の答えなのだ。 最高のパイロットとして不動の存在なのはアムロ・レイという男である。 アムロのシュミレーションを見ているとよく分かるのだが、相手が攻撃の体勢をとる前にアムロは攻撃し、撃墜数を増やす。 勿論相手が攻撃してくる前に相手を攻撃するのは正しいし、教科書にすら載せないレベルの認識である。 普通、こちらを撃ち落とそうとする相手の機体へ標準を合わせ実際に撃つまでの時間は、ベテランパイロットで約5秒、新兵に至っては上限はない。 それをアムロという男は最短1秒でやってのける。 しかも実戦で。 単機で戦艦すらも落とすアムロのことを銀河帝国では、アムロの乗っているスパルタニアンの色から「白い悪魔」と呼んで恐れている。 アムロの享年は不明である。 サイコフレームは人の意志の強さで感覚を鋭敏にさせる物質であり、開発中ということも相まって研究者達にも解明できていない物質の1つである。 アムロはニュータイプと世間から呼ばれる存在であり、他の人よりも人の心というものをダイレクトに感じることが出来た。 シャアと同じくアムロはサイコフレームのかつてない共振により刻の狭間へ誘われたが、刻の狭間というのは言語化出来るものではなく、魂や想いといった科学的に説明出来ない論理で互いに分かり合える場所なのである。 こうなると最早肉体というのは単なる殻でしかなくなる訳で、肉体というものの重要性は殆ど無くなるのであった。 アムロがそれを理解したのは幼年期である。 「何故こんなに自分の身体は重いのだろう」という疑問から、成長するに従って徐々に刻の狭間での事や宇宙世紀の出来事を思い出していった。 そして、学校へ通うようになって今いる世界がかつての自分のいた世界とは別の世界ということをはっきりと理解したのだった。 「人は戦わなくとも分かり合うことができる!何故それが分からないんだ!」 「うるせえ!優等生が分かったような口をきくんじゃねえ!」 「優等生!?優等生だと!そんな風に他人を決めつけているのは貴様だろうに!そんなだから周りも攻撃的になる!何故分からないんだ!」 「ぐうっ、てめぇえええええっ!」 「そんな攻撃、当たるものか!」 アムロはこの世界でも行われている戦争に厭世的な気分になりながらも、飛行軍専科学校へ入学した。 アムロは戦争や人殺しが嫌いである。 しかし、男として健康に生まれたからには徴兵制から逃れられないのがアムロがいるこの国、自由惑星同盟である。 付け焼刃の訓練を受けて端役の一兵卒として戦うよりは、かつての経験を活かして機動兵器で戦う方が良いと思ったのだ。 この世界では人型兵器は大昔に廃れてしまい寂しい思いを感じたが、それはそれ、これはこれである。 この世界の機動兵器であるスパルタニアンのパイロットになるべくアムロは学校で学んでいる。 アムロは入学当初は目立たない、凡庸な存在であった。 そこそこに気の合う友達を作り、筆記試験やレポートに苦しみ、体力強化の授業に悪態をつく、何処にでもいる存在であった。 それが一変したのはスパルタニアンのシミュレーション戦闘の授業である。 初めて触る実物のコックピットのレバーをおっかなびっくり加減をわからずに動かし、シミュレーション戦闘で自滅してしまう学生がほとんどであった。 教官も初めてのシミュレーションでの結果を生徒に期待していない。 いくらこのレバーをこう動かすとこういう動きになる、このボタンはこの攻撃方法だ、このランプが点けばどういうエラーだ、ということを暗記しても実践出来るはずがないのだ。 筈であった。 「同じだ……。 成程、こういう事か。 ……へえ、面白いな」 指導に付く教官はアムロの事を独語の多い生徒だと認識した。 しかし、徐々にそれだけでない事を理解することになる。 「敵機?戦闘か。 やれるだけやってみせる!」 アムロはシミュレーション戦闘というものを低く見積もっていた。 所詮は機械のプログラムだろう、と。 確かにシミュレーション戦闘は機械のプログラムである。 しかしデータ量がかつての世界とは段違いであった。 この蓄積されたデータがアムロの精神に牙を剥いた。 「そこぉっ!」 突然のことであった。 新兵にスパルタニアンのパイロットの恐ろしさを教えるべく、絶対に撃墜させられる筈の死角からの襲撃。 アムロは死角からのプレッシャーを感じたのだ。 膨大な量のデータがアムロを殺そうとする。 そしてアムロは初めての授業で初めての撃墜をした。 「プレッシャー…俺を殺そうとしたな!やられるものか!」 アムロが次に感じたのは戦艦の破片の陰からの殺気である。 迷うことなく戦艦の破片ごと撃破した。 呆気に取られたのは教官である。 戦艦の破片の影に隠れている敵機を撃破するのは慎重なパイロットにありがちであり、新兵でもままある事である。 しかし死角からの攻撃。 これは絶対に、シミュレーションを暗記しない限り撃墜不可能なのだ。 それをプレッシャー? 何かの妄想としか思えない言葉だ。 なのに結果は撃墜数を増やしている。 理解不能な存在として、アムロ・レイをリストに載せることになったのは、教官の精神安定上、賢明な判断であった。 「ひとつ、ふたつ、みっつ!」 「見えているぞ!そんな中途半端で!」 「エネルギー切れ!?ならドッグファイトでミスを誘う!」 この時のアムロ・レイのスコアは戦艦1隻、偵察機5隻ワルキューレ38隻。 推進エネルギーが帰港可能ギリギリの量になるまで戦い続け、シミュレーション戦闘の授業において伝説を残す切実となった。

次の

アムロ・レイ

アムロ 最強

40年近いガンダムの歴史の中でアムロは最初の主人公であり、そして最高の主人公であります。 初代ガンダムからZ、逆襲のシャア(以後CCA)の3つの作品に出演し、Z以外では主人公として名を残しました。 そんなアムロですが、初代からCCAでは作中で14年もの年月が経っており、当然その中で アムロも年を取っていきます。 子供から大人に変わる中で果たして彼は結婚できたのか、子供も生まれているのか? そして彼の最後はどうなったのか……。 そこで今回は、 初代からCCAごとのアムロの年齢とCCA後のアムロのこと、そして彼の女性関係についてご紹介いたします。 gundam. html アムロ・レイの出演作品は初代こと『機動戦士ガンダム』、 続編である『機動戦士Zガンダム』、 アムロ・レイ最後の物語『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の3つです。 この三作品に出演した際のアムロの年齢をご紹介していきます。 この時の年齢は 15〜16歳です。 父親は地球連邦軍の技術士官だったということ以外はいたって普通なサイド7に住む思春期の少年でした。 そんな彼が偶然父親の作ったモビルスーツ(以後MS)ガンダムに乗り込み、後の伝説を作り上げたのです。 放送当時のロボットアニメでは強く明るい(熱血な)主人公が主流の中で、アムロは内向的でメカオタクな少年として描かれました。 このおかげか、ガンダムという作品はそれまでの勧善懲悪的なロボットアニメと一線を画した存在となったと言えるでしょう。 一年戦争より 7 年経ち、23歳の男性として登場します。 この時のアムロは一年戦争の英雄として扱われる一方、 そのニュータイプ能力を危険視した連邦政府上層部により監視下に置かれ、 北アメリカのシャイアン基地に勤務という形をとらされながら、 事実上の軟禁状態に置かれていました。 そのことに加え、 一年戦争時に自らの手で死なせてしまったララァ・スンのことを引きずり、 鬱屈した生活を送っていました。 そんなアムロの状況に変化を与えたのがかつてのお隣さんであり、 戦友ハヤト・コバヤシの妻となったフラウと二人の養子となったカツ・コバヤシでした。 カツと共に監視下から抜け出したアムロは強奪した輸送機に乗り込んでエゥーゴの協力組織カラバと合流した。 その後は地上で活動し、グリプス戦役を戦い抜きました。 29歳になったアムロは一年戦争からの付き合いのブライト・ノア率いるロンド・ベルのMS隊隊長としてシャア率いるネオ・ジオン軍との最終決戦に挑みました。 UC0092年までの彼の足跡は複数のメディアで展開されていますが、 主な目的としてZガンダム終盤で消息不明になったシャアの行方を捜していたとされています。 第二次ネオ・ジオン抗争にてシャアがアクシズの地球落下を目論んでいることを看破したアムロ達ロンド・ベルはアクシズでシャア率いるネオ・ジオン軍との決戦に挑みました。 exblog. 地球への落下を阻止する為、 サザビーの脱出ポッドを抱えたままアクシズを押し出そうとします。 この時アムロはシャアと共にその光の中に包まれ、 終戦後も帰還することはありませんでした。 その後、 連邦軍の公式記録ではMIA(消息不明、実質的には死亡扱い)とされました。 CCAから数年後の世界が舞台の『機動戦士ガンダムUC』の最終話『虹の彼方へ』ではララァと共にシャアの残留思念を迎えに行くという演出がされていますが、 原作者の福井晴敏氏は「 生霊かもしれない」とはっきりとした生死については語っていません。 その為、 公式には消息不明という扱いになっています。 z-gundam. html これまで初代ガンダムからCCAまでのアムロ・レイを辿ってきましたが、 アニメ主人公なら欠かせないものがあります。 すなわちヒーローに対する ヒロイン、恋人役です。 作中で少年から大人の男性に変わる最中、 アムロにも恋愛感情を向ける相手が出てきました。 この項では年代ごとにアムロの女性関係をお教えします。 また、彼女達とアムロが最終的にどういった結末を迎えたのか、 そして彼女達と結ばれたのち子供が生まれたのか、 そちらもご紹介します。 少年の初恋は戦火の中に儚く散った『マチルダ・アジャン』 出典:まんだらけオークション 厳密にいえば恋人ではありませんが、 一番最初にアムロが恋心を抱いたのが彼女、 初代ガンダムに登場した マチルダ・アジャンです。 連邦軍の中尉で、 ミデア輸送機部隊の隊長としてアムロ達ホワイトベースの前に現れました。 ホワイトベースの男性クルーから人気があり、 アムロも大人の女性であった彼女に惹かれていました。 しかし、戦争はアムロの初恋を無残に引き裂いてしまいます。 時はオデッサ作戦前。 彼女率いるミデア輸送部隊はホワイトベースへと補給しに来ていました。 そこにジオンのエースパイロット部隊『黒い三連星』が強襲してきます。 エンジン修理を終えたばかりのホワイトベースを救うため自らミデアに乗り込んだ彼女は三連星の駆るドムへと体当たりを敢行しました。 何とかガンダムの窮地を救うも、 激昂したオルテガによってコックピットを叩き潰されてしまい、 マチルダは戦死してしまいました。 続編であるZガンダムの1シーンで、 アムロの自室にホワイトベース時代に撮られたマチルダとクルーの記念写真が飾られており、 アムロにとって間違いなく大きな影響を与えた人物でした。 初めて明確にアムロと恋人関係になった女性『ベルトーチカ・イルマ』 出典:NAVER まとめ 初出演は機動戦士Zガンダム。 当時の年齢は20歳前後とされる。 カミーユ・ビダンとクワトロ・バジーナを地上から宇宙へと帰すため、 アウドムラに合流した際にアムロと出会い、 彼に興味をもった。 後にそういった言動や行動はしなくなり、 ダカール連邦議会占領、 クワトロの演説時に大きな貢献を果たすようになった。 アニメ内で明確に アムロと恋人となった初めての女性。 それが ベルトーチカ・イルマでした。 livedoor. html 登場作品は 逆襲のシャア。 その頃にはアムロはベルトーチカと関係を清算しており、 フリーだった。 チェーン・アギは作中でアムロと惹かれ合い、 公私にわたってアムロのサポートを行う。 このことがクェス・パラヤは気に入らず、 彼女がネオ・ジオンへと走った要因の一つとなった。 アクシズの最終決戦の時、 戦場の真っただ中にいるアムロへとサイコ・フレームの試料を届けるため、 彼女は半壊したリ・ガズィに乗り込んで戦場へと向かいます。 その際、クェスを説得するハサウェイと遭遇。 その直後、 クェスを殺されたことで激昂したハサウェイによって撃墜されてしまい、 チェーンは戦死してしまいます。 初登場は初代ガンダム。 医術の心得があったためホワイトベースの衛生兵及び通信士としてホワイトベースのクルーになります。 のちに支援メカ『Gアーマー』(劇場版ではコア・ブースター)を駆り、 アムロとは戦闘時のパートナーとして描かれています。 しかし、 角川文庫から発売されている小説版ガンダムでは何と、 アムロと肉体関係を結んでいるのです。 ただ、小説版ではアムロが最初から軍人だった、 最終決戦でアムロは戦死する、 などの設定の違いがあるので、 番外編としました。 その理由は不明ですが、 Zガンダム時代に恋人となっていた ベルトーチカがアムロと別れた理由を 『機動戦士ガンダムハイ・ストリーマー』では ア ムロのマザー・コンプレックスに起因する要求の多さが原因だと語っています。 そんなアムロですが、 子供に関しては居るとも言えるし、居ないとも言えます。 その理由は角川文庫より発売された 『機動戦士ガンダム逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』にあります。 この小説はCCAのシナリオ第1稿を基に描かれており、 劇場版と違い ベルトーチカとアムロの関係は継続されており、 彼女の中にはアムロとの子供がいるという設定でした。 その為、アニメ準拠では居ないとも言えるし、 他のメディアを合わせると居るとも言えるのです。 以上で、アムロの年齢やその後、彼の女性関係の紹介を終えます 今までの紹介の中で読んでいただいた皆さんの疑問は晴れたでしょうか? 現在、明確に生死が定かではないアムロですが、 今後の作品展開によっては公式見解も変わるかもしれません。 復活のアムロ、何てことがあるかもしれませんね。

次の