手のひら が かゆい 湿疹 なし。 見た目はなんともないのに無性にかゆい!皮膚そう痒症の原因と対処法

手のひらがかゆい:医師が考える原因と対処法|症状辞典

手のひら が かゆい 湿疹 なし

手のひらには汗腺が多く発達し、皮脂腺がありません。 このため、手のひらは湿りやすいものの皮脂が分泌されないため、物を滑らずに掴んだり持ち上げたりすることができます。 手のひらは日常の動作で常に使用される部位のため、摩擦や乾燥、外力などのダメージを受けてさまざまな症状が起こりやすく、を生じるケースも少なくありません。 特に原因がないのに手のひらに異常なが起こる• 皮膚が黄色っぽくなり、を伴う• 手のひらにを伴う皮疹ができた このような症状がみられた場合、原因としてどのようなものが考えられるでしょうか。 手のひらがかゆくなる病気 手のひらは、以下のような病気が原因でを引き起こすことがあります。 手のひらに生じる病気 手のひらにはさまざまな病気が生じる可能性がありますが、その中にはを引き起こすものもあります。 の原因となる手のひらの病気には、以下のようなものが挙げられます。 手湿疹 洗剤などの薬液やアレルゲンに長期間触れることで、手のひらや手の甲にが生じる病気です。 主婦や料理人、美容師など、水を使う機会の多い人が発症しやすいとされています。 はや 灼熱 しゃくねつ 感を伴います。 悪化すると、皮疹の破裂や皮膚にびらん(ただれ)を形成し、痛みや出血を生じることも少なくありません。 手 白癬 はくせん いわゆる、と呼ばれる病気が手のひらに生じるものです。 は強くありませんが、手のひらの皮膚が厚くなります。 また、広い範囲で角質層が剥がれかかった状態となり、カサカサとした粉をふきやすくなることが特徴です。 全身に生じる病気 手のひらのは、以下のような全身に生じる病気によって引き起こされることがあります。 肝硬変、肝がん、肝炎など 肝臓の機能が低下すると、古くなった血液を分解する際につくられるビリルビンの処理ができなくなり、体内に過剰なビリルビンが溜まった状態となります。 皮膚の黄染( 黄疸 おうだん )や倦怠感、発熱などの症状を引き起こし、手のひらや 脛 すね などに強いを生じることがあります。 受診の目安とポイント 手のひらは汗などが溜まりやすく、さまざまな刺激を受けることでが生じやすい部位です。 このため、多少のが生じたとしても気にする人は少ないでしょう。 しかし、中には思わぬ病気が潜んでいることもあるため注意が必要です。 特に、手のひらのとともに皮疹や表皮に変化などが見られる場合、発熱などの全身症状を伴う場合、皮膚が黄色っぽくなってが生じた場合などは、早めに病院を受診するようにしましょう。 受診する診療科は皮膚科がよいですが、肝機能障害やをはじめとする感染症が原因と考えられる場合には、内科や小児科などで診察してもらうことも可能です。 受診の際には、いつからが生じたのか、の程度、以外の症状や現在患っている病気の有無などを詳しく医師に説明しましょう。 日常生活上の原因と対処法 手のひらのの多くは生活習慣によって引き起こされていることがあります。 主な原因とそれぞれの対処法は次の通りです。 乾燥 手のひらは皮脂腺がないため、ほかの部位よりも乾燥しやすくなります。 特に、冬場など空気が乾燥する季節は乾燥がひどくなることが多く、の原因になることがあります。 手のひらの乾燥を防ぐには ハンドクリームなどのケア用品は保湿効果の高いものを選び、手の甲だけでなく、手のひらにも使用するようにしましょう。 また、外出時には手袋をすることでも効果が期待できます。 洗剤や薬液などによる刺激 手のひらは日常的な家事や仕事などで、洗剤や薬液の皮膚に刺激を与える物質が触れやすい部位です。 このため、炎症を起こしてを生じたり、を引き起したりすることがあります。 刺激物から手のひらを守るには 原因となる刺激物の使用を中止することがよいですが、難しい場合にはゴム手袋やビニール手袋を着用して刺激物に触れるようにしましょう。 また、水分で手のひらが濡れた場合は、そのままにせず、こまめに 拭 ふ き取るようにしましょう。 不衛生な手のひら 手のひらは汗や汚れが溜まりやすく、比較的不衛生になりやすい部位です。 手のひらが不衛生な状態が続くと、皮膚に刺激が生じてを引き起こすことがあります。 手のひらを清潔に保つには 手の衛生状態を維持するためだけでなく、感染症を防ぐためにも手はこまめに洗うように心がけましょう。 また、洗浄後はしっかり水分を拭き取ることが大切です。 よくならないときには 日常生活上の対処法を講じても症状がよくならない場合は、何らかの病気が潜んでいる可能性があります。 早期から治療を始めることが望ましい場合もあるため、軽く考えずに早めに病院を受診するようにしましょう。 その際は、どのような症状が現れているのか見極め、それぞれに適した診療科を受診するようにしましょう。

次の

手のひらがかゆい:医師が考える原因と対処法|症状辞典

手のひら が かゆい 湿疹 なし

2002年 福井県立藤島高等学校卒業 2002年 北里大学医学部医学科入学 2012年 北里大学医学部医学科卒業 2012年 横浜市立大学附属病院 初期臨床研修医 2013年 横浜市立大学 市民総合医療センター 初期臨床研修医 2014年 横浜市立大学附属病院 形成外科 入職 2015年 藤沢湘南台病院 入職 2016年小田原銀座クリニック 美容皮膚科 形成外科、美容皮膚科、皮膚科、外科など様々な分野を担当。 小田原銀座クリニックでは、患者さんが気楽に相談でき、しっかりと満足いく診療メニューを提案する。 学会、大学病院、研究施設などへの積極的なアプローチ発表など常に最善の手を尽くすべく研究を行うことが最大の特長。 女性目線で、きめ細やかなケアと笑顔で診療することを心がける。 執筆を通し、様々な経験に基づいた根拠ある情報の提供を行う。 もっと見る 「原因はわからないけど無性にかゆい!」そんな経験はありませんか?時間が経てば治るかも…と、放っておく方も多いと思いますが、もしかすると病気である可能性もあります。 その代表が皮膚そう痒(よう)症です。 この記事では、原因不明のかゆみがつづく、「皮膚そう痒症」について解説しています。 原因不明の病気「皮膚そう痒症」になるきっかけ 皮膚そう痒症のメカニズムは現在明らかとなっていません。 精神的な原因や、外的要因など、何らかのきっかけによって発症する人もいます。 例えば、肌の乾燥や、同じ場所をかく癖、花粉や金属などのアレルギーとともに発症したり、薬を飲んだことによって発症したりすることもあります。 また、他の病気から2次的に起こることもあります。 とくに、高齢者は、体内水分量が少ないことが多いので、肌の乾燥が原因でかゆみが生じることが多くあります。 また、湿度が低く、空気が乾燥している冬は、体内の乾燥も起こりやすいため皮膚そう痒症になりやすくなります。 見た目の異常はない!症状について かゆみがあるにもかかわらず、その痒いところを見ても何もできていないのが皮膚そう痒症です。 蕁麻疹(じんましん)のように肌に何かプツプツとできるものではありません。 症状の出方は、大きく分けて2つあり全身がかゆくなる 「汎発性皮膚そう痒症」と、特定の場所のみ痒くなる 「限局性皮膚掻痒症」があります。 全身がかゆくなる「汎発性皮膚そう痒症」 からだ全身がかゆくなる場合は「汎発性皮膚そう痒症」とよばれます。 かゆみは体の内側からジワジワと発作的でます。 中には、皮下の出血によって紫斑や、ひっかき傷でできる掻破痕(そうはこん)ができている場合があります。 特定の場所がかゆくなる 「限局性皮膚掻痒症」 とくに、陰部や肛門部にかゆみがでることが多いです。 女性の傾向 閉経後の女性はホルモンの影響により、陰部が乾燥しやすくなり、陰部に皮膚そう痒症の症状が起こりやすくなります。 また、卵巣機能が低下していたり、おりものや多大なストレスが影響して症状がでることがあります。 男性の傾向 中年以降の男性は、前立腺肥大症や尿道狭窄(にょうどうきょうさく)の影響にで肛門部にかゆみが出やすくなります。 また、頭部にもかゆみの症状が出る場合もあり、理由としてシャンプーや紫外線の刺激などを受けやすい場所であることが考えられています。 皮膚そう痒症の治療方法 原因不明の場合は対処療法 皮膚そう痒症は、原因が明らかでないことがほとんどなので、完全にかゆみを抑えるのは難しく、かゆみを軽減するための対処療法が主な治療法です。 抗ヒスタミン薬やステロイド薬を内服、外用したり、漢方薬を用いたり、また保険適用外ですが紫外線療法をおこなうことがあります。 また、ほかの病気が隠れていることもあるので、原因が明らかではないときには全身の血液検査や該当しそうな病気の確認を行い、その治療を優先させることもあります。 原因が明らかになっている場合 原因が明らかになっている場合は、その原因となるものを取りのぞくための治療をおこないます。 薬や病気が原因の場合 何かの薬を飲み始めてから症状がで始めた場合は、その薬を変更します。 また、病気が原因であればその病気の治療をしたり、乾燥が起こっていれば保湿剤を塗るなどそれぞれ適切な処置をおこないます。 歯科金属や骨折手術など、体内の金属が原因の場合 意外に忘れられがちなのが、 歯科金属や骨折の術後 など 過去に体内に入れた金属 に反応し、アレルギー反応がおこっている場合です。 医療機関で治療をうけるときは、原因を特定できるように、 かゆみが出始めたころの日常の変化や手術治療歴を主治医に伝えることをおすすめします。 いまからできる!予防法 室内での乾燥対策 乾燥した室内は肌も乾燥させ、かゆみを引き起こす原因です。 加湿器を使い、冷暖房を使いすぎないようにするなど空調管理をしましょう。 また、体を洗う際、ナイロン製のタオルは刺激が強すぎることがあります。 刺激の少ない石鹸を使い手で優しく洗うようにしましょう。 しかし、入浴しないのも皮脂が過剰にたまり、そこに微細な感染を起こしかゆみを感じる原因となります。 一日一回はリフレッシュもかねての入浴をしましょう。 その他 アルコールや唐辛子、豆板醤などの香辛料は体を温めかゆみを増してしまいますので、食事にも気を遣いましょう。 また、ストレスによる影響もあるので、睡眠時間を確保したり、リフレッシュする時間を作ったりして、ストレス緩和をすることも大切です。 衣服は、肌に優しい綿素材のものを選び、フリースやニットのようなな化学繊維はさけて刺激をおさえましょう。 まとめ 皮膚そう痒症はメカニズムがわかっていないからこそ、早めに医療機関へ行って医師と相談することが大切です。 ストレスや乾燥のような一時的な刺激のこともありますが、 貧血や糖尿病、肝硬変、さらには悪性腫瘍(がん)など、思わぬ病気が隠れていることもあります。 湿疹や発疹がないのにかゆみがある場合は、早めに医療機関へ受診をしましょう。

次の

手の平 足の裏が痒い

手のひら が かゆい 湿疹 なし

手のひらのかゆい水ぶくれの正体 「手のひらがかゆい」と感じて手を見てみると、1ミリほどの小さい水ぶくれが。 かゆいからといって掻いてしまうと、水ぶくれが大きくなり破裂して皮が剥けたりと症状が悪化してしまいます。 このような症状が足の裏で見られた場合、水虫と考えられることが多いです。 そのため、手のひらでこのような症状が見られた場合でも、もしかして水虫?と思わている方も多いのではないでしょう? しかし、このような症状は水虫の他にも汗疱(かんぽう)が考えられます。 実は、水虫と汗疱はどちらも春から夏にかけて起こりやすく症状が似ているため区別がしにくいです。 また、それぞれ治療法が異なるため、初期のうちに判断させておくことが必要です。 まずは、手のひらのかゆい水ぶくれの正体を見ていきましょう。 水虫と汗疱の違い 水虫は、白癬(はくせん)と呼ばれる感染症で足に生じたことから足白癬(あしはくせん)と呼ばれます。 白癬は、皮膚の角質に白癬菌(はくせくきん)というカビの一種が侵入して起こります。 白癬の症状には、以下の3つのタイプがあります。 指の間の皮がめくれる指間型• 足の裏の角質が厚くなる角化型• 小さな水ぶくれができる水疱型 3つめの 小さな水ぶくれができる白癬の場合、汗疱とよく似た症状になります。 白癬かどうかは、水疱部分の角質やめくれた角質に菌が存在するかで判断されます。 白癬の治療には、カビの増殖を抑える抗真菌剤の外用剤を使用します。 汗疱は、手のひらや手の指、足の裏、足の指に数ミリ程度の小さい水ぶくれができ、痛みやかゆみを伴います。 水ぶくれは、しばらくすると乾いて丸く皮が剥けますが、症状が悪化すると水ぶくれが繋がって大きくなり、破れてジュクジュクした後に、皮がボロボロ剥け湿疹になります。 湿疹になった汗疱は汗疱状湿疹や異汗性湿疹にと呼ばれます。 汗疱は、外界から侵入してきた物質に対して、その周囲に水を大量に流して排除しようとする一種の防御反応と考えられていてます。 手のひらや足の裏の角質は非常に厚いので、皮膚の外に出られずに溜まった水が、肉眼で観察できるような水ぶくれになります。 これが汗疱の本体です。 汗疱は、手のひらや足の裏の汗をかきやすい人や、汗をかきやすい季節に多く発生する傾向がありますが、冬場でも見れることもあり、最近では金属アレルギーも汗疱の原因として考えられています。 汗疱の治療には、一般に湿疹を抑えるためのステロイド外用剤が使用されます。 また、手のひらや足の裏は角質が厚く外用剤の浸透が悪いことから、強めのステロイド外用剤が使用されます。 このことからもわかるように、 水虫と汗疱は症状は似ているのに治療は全く異なります。 汗疱に菌の増殖を抑える抗真菌剤を使用すると、刺激されて症状が悪化することがあります。 また、水虫にステロイド外用剤は効果がなく、逆に患部を拡大させてしまいます。 手のひらの水ぶくれは汗疱の可能性が高い 水虫は、足だけにできるとはかぎらず手にもできますが、初期症状としてはかゆみが少ないのが特徴です。 また、水虫は菌が付着したからといって必ず感染するわけではなく、ほとんどの場合は手洗いやタオルで拭くことで脱落しますし、しっかり拭いて乾燥させ清潔に保つことで発症しにくくなります。 そういったことから、足よりも 手で水虫を発症する可能性は低いことが考えられます。 汗疱の原因や対処法 手ひらや足の裏にポツリポツリとできた小さい水ぶくれは、初期の汗疱の状態のため、汗づまり対策や角質のセルフケアで症状を改善することができます。 しかし、かゆいからと掻いてしまうと、症状が悪化し水ぶくれが大きくなり破けて皮がむけ、さらにかゆみがひどくなり皮膚科での治療が必要となります。 そうならないためにも、汗疱の原因や対処法などを見ていきましょう。 汗疱の症状や原因 汗疱の初期症状としては、はじめに1~2ミリ程度の小さい水ぶくれができます。 この状態が「汗疱」と呼ばれ、まだ炎症などの湿疹症状は出ていません。 汗疱の原因となっているのは汗ですが、詳しいことは明らかになっていません。 その後、水ぶくれが破裂して、皮膚が剥がれると湿疹になります。 この状態が「汗疱状湿疹」と呼ばれます。 汗疱状湿疹になると、痛みやかゆみが伴うことが多く、特に初期の段階ではかゆみが強い傾向があります。 また、 正常な皮膚は、外部からの細菌が入り込まないようにバリア機能が働いていますが、汗疱ではこのバリア機能が破壊されることで細菌感染が合併するリスクも伴います。 汗疱が湿疹化する原因もはっきりと解明されていませんが、有力な説として水ぶくれが破裂した時に、水ぶくれの中の汗に含まれていたアレルゲンが周囲の皮膚にアレルギー反応を引きこさせる一種の アレルギー性皮膚炎が考えられています。 汗疱の対処法 汗疱は対処法を間違えると、炎症が悪化し重症化することもありますので、正しい対処法を行うことが大切です。 皮膚科を受診 汗疱と疑われるような症状が出たとき自己判断せずに皮膚科を受診しましょう。 痛みやかゆみなどの症状がひどく、我慢できずに掻いてしまうと、さらにかゆみが強くなったり、炎症が悪化してしまい、完治するまでの期間も長引いてしまいます。 まずは、今出ている症状を抑えることが先決です。• 汗はこまめに拭く 汗疱は、名前からもわかるように「手に汗をかきやすい人が発症しやすい病気」とされています。 汗をかいたらこまめに拭き取ることで、汗疱の予防につながります。• 保湿ケア 肌が乾燥していると、湿疹の症状が悪化したり治りにくくなります。 乾燥した状態の肌はバリア機能が低下し、そこからアレルゲンが侵入してかゆみが誘発されます。 特に、主婦や水に触れる職業の人は、手の油分が失われ手が乾燥しやすくなっています。 保湿は、肌のトラブル予防の基本になりますので、ワセリンやクリームなどで十分な保湿ケアを心がけましょう。• 金属を含む食べ物を控える 汗疱の悪化の原因となるアレルゲンの1つとして金属が考えられています。 私たちが普段食べているもの中には、金属を多く含むものが存在します。 日常的に金属によるアレルギー反応が起きやすい方は、金属を多く含む食品の摂取を控えることで症状が緩和される可能性があります。 金属を多く含む食品には、枝豆、チョコレート、ココア、あさり、納豆、アーモンド、くるみ、玄米などがあります。 また、食品ではありませんが、タバコにも金属が多く含まれているので注意が必要です。• 刺激の強い食べ物を控える 刺激の強い食べ物や油分・糖分の多い食べ物を控えることで、汗疱の症状が緩和されることがあります。 体は、刺激が強かったり、過剰に摂取しすぎて分解できない食品をアレルギー物質と誤認してしまうことがあります。 汗疱の対処法としては、大きく分けて2種類。 炎症を抑える対症療法• 汗疱の発生を抑える原因療法 汗疱は、初期の状態であれば、放っておいても2~3週間で治りますが、かゆみが強くなったり汗疱が大きくなったり炎症がひどくなった場合は、皮膚科を受診し炎症を抑えるステロイドの塗り薬や、皮膚の角質を柔らかくして汗の排出を促す尿素入りの軟こうなどを処方てもらう対症療法が必要になります。 ただし、対症療法を続けても汗疱の原因をなくさなければ、汗疱は再発してしまうので、汗疱を完治させるためには原因療法がとても重要になります。 簡単にできるアレルギー対策 汗疱の対処法をいくつか紹介しましたが、その中で一番難しいのがアレルギー対策。 アレルギーの厄介なところは、体質が関係することもあり完治することが難しいことです。 アレルギー対策の基本は、アレルギーの原因となるアレルゲンを除去・回避することです。 アレルゲンを避けることが最も確実な方法ですが、アレルゲンを避けるために家のなかを常に清潔にし、規則正しい生活、バランスのよい食生活をずっと続けることは、思ってるよりも大変です。 そこで、おすすめなのがアレルギー体質の原因となる 免疫バランスの乱れを整える乳酸菌の摂取です。 乳酸菌といえばヨーグルトなどにも含まれていて、整腸作用があり健康に良いとされて、積極的に摂取している方も多いのではないでしょうか。 この乳酸菌の健康効果が注目され、様々な企業が現在も乳酸菌研究に力を注いでいます。 そんな、 最新の乳酸菌研究の中でも特に注目されているのが、免疫細胞に直接作用してアレルギー体質に傾いた免疫バランスを整える効果のある乳酸菌です。 この乳酸菌を摂取することによって、花粉症やアトピーなどの、今まで根本的な治療法がなかったアレルギー疾患の、症状緩和などが期待されています。 実は、このアレルギーへの効果は全ての乳酸菌にあるわけではなく、効果があると確認されている乳酸菌は現在はまだ数種類しかありません。 そんな乳酸菌が摂取できる乳酸菌サプリメントとして発売されているものとしては、以下のものがあります。 カルピスのL-92乳酸菌配合「アレルケア」• 菊正宗のLK-117乳酸菌配合「米のしずく」 カルピスのL-92乳酸菌配合「アレルケア」は、テレビCMなどもありとても有名ですよね。 これらの 乳酸菌を摂取するだけで、アレルギー体質を改善することができるなんて、とてもすごいことだと思いませんか。 このアレルケアや米のしずくの乳酸菌について、さらに詳しく書いた。 しかし、汗疱は、発症すると良くなったり悪くなったり繰り返しながら、ある日治ることもあります。 個人差もあるので「いつ治る」ということは言えませんが、汗疱はだんだんと治っていくことが多い病気です。 「一生治らないの?」と重く考えず、対症療法と原因療法を続けながらゆっくり治していきましょう。 この記事を読んで、少しでも楽になる方法を見つけていただれれば幸いです。

次の