落合 博満 バッティング。 落合博満、神主打法の師匠 〜土肥健二インタビュー〜

落合博満、神主打法の師匠 〜土肥健二インタビュー〜

落合 博満 バッティング

毎日放送『戦え!スポーツ内閣』の11月14日放送回に、プロ野球界のレジェンド・落合博満氏がゲストで登場。 その収録が先日おこなわれ、メジャーで新人王を獲得した大谷翔平選手にダメ出しをした。 イチロー以来、日本人として17年ぶり4人目となる大リーグ新人王を獲得した大谷選手。 打者として22本塁打、投手で4勝の「二刀流」が、全米でも評価された形となった。 しかし、「もうちょっとバッティングを覚えてくれたら、40本くらいまで打つんじゃない?」と、さらなる技術の向上に余地があることを匂わせた落合氏。 MCの武井壮が「ひとことだけでも・・・」と詳しい説明を求めたところ、「みなさんに絶対理解できない言い方をすれば」と前置きしつつ、「(大谷は)時間の使い方が下手」と一刀両断。 スタジオをざわつかせた。 この発言の真意について、同じくゲストで出演した川相昌弘氏が、「『間の取り方』についてですかね?」と推測。 しかし落合氏は、「(それを説明すると収録が)終わんなくなっちゃう。 4、5日はここでしゃべらないといけない」とポツリ。 MCの小杉竜一は「4、5日かかる収録なんか聞いたことない!」と、途方もないオレ流の打撃理論に驚愕した。 この模様は11月14日・夜11時56分から放送される。 Lmaga.

次の

【落合博満】史上最高のバッターの知られざる6つの秘密!不滅の三冠王に何が?

落合 博満 バッティング

落合博満の打撃の神髄は「ミートポイント」を一定にする事! 落合は、自分のミートポイントで打撃をする事を神髄としていました。 ピッチャー(バッテリー)は打者のタイミングを外そうとします。 しかし、どんなボールでも自分の一定のポイントで打つ事ができれば、ピッチャーに左右される事が少なく、自分の打撃が出来るという理論です。 ようは常に自分の懐までボールを引きつけて打てるバッティングになります。 文章だけでは分かりにくいので、画像を作成しました。 インコースでも自分の懐で捌くバッティング! 左が一般的なバッティングの「ミートポイント」で、右が落合のバッティングの「ミートポイント」です。 一般的には、内角は差し込まれると空振したり、詰まったりします。 外角はボールを引きつけないとバットが届きません。 しかし、落合は内角・外角関係なく「ミートポイント」を上記の画像の様に「よりフラットに近く」する事で高い成績を残したんですね。 通常ならば、内角は早いバット始動、外角は遅い始動になりますが、落合の様にフラットにすればコースに関係なく内角も外角も同じ様なタイミングで打てると言うことです。 落合博満のバッティングの秘密! 理論としては上記の通りですが、では実際に落合はどうやって打っていたのでしょうか? 下記の画像は、コースが外角なのに、ボールを捉える前には「体が開いている」事が分かります(巨人時代・次の画像はロッテ時代) 落合は、バット始動時~始動後には必ずオープンスステップでバットを振りに行きます。 これにより、インコース・真ん中が打ちやすくなります。 ですが、ここで疑問に思う事は、体を開いてインコースを打って、何故ファールにならないのか?という疑問ですね。 インコースは体を開きながらも、しっかりと肘を抜いて打っている。 と言うことが言えます。 また「バットコントロール・手首の強さ」もありますね。 手首の強さとは柔軟性や押し込む技術を言います。 アウトコースは何故バットが届くの!? 体が開きながらも、何でアウトコースのボールにバットが届くのか? その秘密は「長いバット」を使っていたからです。 長いバットで重量もあったためにアウトコースをホームランに出来ていたんですね。 この様に、体の強さ・柔軟さ・技術・バットと総合的に自身のバッティングを確立した大打者なので、他の選手が安易に真似をしてもダメだと言われる由縁になります。 バッティング指導にも秀でた落合博満のバッティングについて興味があれば、下記の記事もあわせてお読みくださいね。

次の

【読書感想】野球の打撃のコツと正しいフォームを知りたいなら『落合博満 バッティングの理屈』を読め!

落合 博満 バッティング

もくじ• 中村剛也について 倉持 今の球界で理想的なホームランを打つ選手は誰ですか? 落合 理想的なホームランは、打球の質とか打ち方で言えば西武の中村剛也。 吉田 あぁ、落合さんの理想のようなバックスピンをかけて。 落合 あれは理に適ってると思う。 何年かは怪我で数字が伸びてこなかったけども、あの打ち方だけは他の人は真似てもいいと思う。 倉持 今シーズンは序盤に調子が悪くて夏ぐらいから上がってきましたよね。 吉田 まさにホームランバッターというホームランですかね。 落合 どっちかと言えば教科書通りじゃないかな。 見ててこれなら打つだろうなって。 吉田 なるほど。 落合 ただ、何であそこまで低いボールを振るんだよってのがあるんだけどね。 吉田 なるほど。 落合 あるんだけど、一番美しいホームランを打ってるのは中村。 門田博光とスイングスピード 吉田 落合さんは現役時代のティーバッティングでバックスピンで上に打ち上げる練習してましたよね。 落合 上にボールを打ち上げたら昔の川崎球場のバックネットを越えて外に行くんだからね。 吉田 えっ、そんな上がるんすか!? 落合 上がるということはスイングスピードが速いということなんだよ。 吉田 ちなみに今のプロ野球選手の中でスイングスピードが速い選手は誰なんですか? 落合 分からない。 見映えがするかしないかなんだ。 振ってるから速い、振ってそうに見えないから遅いではない。 吉田 なるほど。 落合 これよく比較されたのが俺と門田さんなんだよ。 吉田 はいはい。 門田博光さんですね。 落合 門田さんはフリーバッティングでだいたい12メートルぐらいの所からバッティングピッチャーに目一杯投げさせるの。 吉田 はい。 落合 門田さんはそれを全球フルスイングするの。 それでティーバッティングでは鉛入りのボールを打つんだからね。 吉田 うんうん。 落合 そういう練習をしてて、『体ごと振る』って言ったら変な表現かもしれないけど、周りから見たらものすごくスイングスピードが速く見える選手。 吉田 そうでした。 落合 それで俺はどっちかと言えば体を開きまくって、だって半分逃げるわけだから 笑 ボールが頭に来るんだもん。 怪我しないためにというのであのバッティングを作ったんだからスイングスピードが速く見えない。 吉田 そういう経緯があっての。 でもスイングスピードは実際速いんですよね? 落合 速いと思う。 吉田 バックスピンをかけることによって球場の外まで飛んでいくんですからね。 怪我をしないための打撃 吉田 落合さんのようにゆっくりに見えるような力感がないスイングの選手が少ないのは今の時代なんですかね? 落合 いやぁ、みんなボールに向かって行くからでしょ。 倉持 向かって行く。 吉田 これですよね。 実は向かって行ったらダメなんですよね。 落合 うん。 こう来るのを待ってりゃいいんだけど、向かって行くもんだから、振らざる負えないんじゃないの。 吉田 はい。 落合 普通、理屈で考えてバッターボックスの内側のラインからベースの幅って拳1個分ぐらいしかないわけだ。 吉田 はい。 落合 それで踏み込んでいってどうやってインサイドのボールを打つんだよって俺は思うよ。 吉田 うんうん。 落合 角度的には普通にバットに当たったらファウルだもん。 吉田 じゃあ、それを迎えに行かずに待つと。 落合 俺は頭に当たるのがイヤだから待つんだけど、みんなインサイドを迎えに行くからポイントが前になってファウルになる。 俺は当たりたくないからポイントを後ろにして待って打つから前に飛ぶんだよね。 以上です。 色々と考えられてます。

次の