オーダーカーテン 神奈川県。 神奈川県 オーダーカーテンがある必読! みんなのおすすめショップ 17店[タブルーム]

店舗案内

オーダーカーテン 神奈川県

店舗プロフィール 窓装飾プランナー有資格者在籍店舗! カーテンファクトリー 「PREMIUM SHOP」 横浜店では、広々とした約120坪の店内に、実際のイメージを思い浮かべやすいよう商品は全て大型サンプル(丈200cm以上)で展示しています。 楽しくカーテン選びが出来るように、色とりどりのカーテンを機能別、パターン別、カラー別に選びやすく配置いたしました。 またカーテンファクトリー横浜店は、「窓装飾プランナー資格」を保有しているスタッフが常駐しております。 「ご新居のカーテン選び」、「カーテンの掛け替え」などのご相談も確かな知識でサポートいたしますので、安心してお任せください。 カーテンファクトリー横浜店インドアビュー SHOP DATA 新型コロナウイルスの感染拡大防止の為、予約制の実施、並びに営業時間を変更させて頂きます。 ) 誠にご不便・ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解の程お願い申し上げます。 新型コロナウイルスの感染拡大防止の為、予約制の実施、並びに営業時間を変更させて頂きます。 ご相談・お見積・ご注文の予約制 営業時間 10:30~18:00 誠にご不便・ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解の程お願い申し上げます。 12月5日(木)は店内メンテナンスの為、横浜店は臨時休業となります。 ご不便をお掛けして誠に申し訳ございません。 12月12日(木)は店内メンテナンスの為、横浜店は臨時休業となります。 ご不便をお掛けして誠に申し訳ございません。 12月19日(木)は店内メンテナンスの為、横浜店は臨時休業となります。 ご不便をお掛けして誠に申し訳ございません。 12月26日(木)は店内メンテナンスの為、横浜店は臨時休業となります。 ご不便をお掛けして誠に申し訳ございません。

次の

【神奈川県横須賀市】カーテン・オーダーカーテン販売店一覧

オーダーカーテン 神奈川県

寝具の衣替え季節。 冬用の羽毛ふとん、そのまま片付けていませんか? 落ちない汚れ・片寄り・羽毛が外に出てきてしまうなどなど。 羽毛のリフォームしてみませんか? 店舗にお持ちください。 羽毛診断士が拝見させて頂きます。 見積りは無料です。 お電話にてご予約もできます。 1人1人にあった快眠のための枕や敷き布団のご相談・アドバイス、いつでもお受けしています。 寝具類はすべてお試しできますので、ぜひご来店ください。 <快眠フェア開催> 「寝活」実践者が急増中! すべての健康敷布団、枕がお試しできます。 地域密着だからアフターフォロ万全! 商人魂お役立て講座で大好評! まくら他寝具のことは当店のスリープアドバイザーにご相談下さい! 「枕」 お客様ひとりひとり高さを測り、睡眠の悩みなどのお話を伺い、合う枕を一緒に探しましょう!.

次の

上永谷店

オーダーカーテン 神奈川県

ご不便をお掛けして誠に申し訳ございません。 12月12日(木)は店内メンテナンスの為、横浜店は臨時休業となります。 ご不便をお掛けして誠に申し訳ございません。 12月19日(木)は店内メンテナンスの為、横浜店は臨時休業となります。 ご不便をお掛けして誠に申し訳ございません。 12月26日(木)は店内メンテナンスの為、横浜店は臨時休業となります。 ご不便をお掛けして誠に申し訳ございません。 Column 季節によるカーテンの選び方など、カーテンについての情報を掲載!• 2020年03月04日 2020年のトレンドカラーの中でもこの春夏おすすめのカラーは大人っぽさを感じるペールトーンのニュート…• 2019年09月24日 今年の秋冬はブラックが再登場、ストイックで神秘的な雰囲気を感じさせる色ですね。 黒はたびたびトレンド…• 2019年05月14日 今年の夏のトレンドカラーはテラコッタ&ティールブルー暖色と寒色、情熱的でクール、対照的なふたつの夏カ…• 2019年01月21日 毎年、パントン社発表される「カラー・オブ・ザ・イヤー」2019年のカラートレンドが発表されました。 2018年11月21日 空が高くなり風が冷たく感じはじめ、いよいよ冬の到来です。 2018年の冬は、平成最後の冬ですね。 こ… カーテンの語源は幕、覆いを意味するラテン語の「cortina」から変化したものだといわれています。 古くはエジプト時代にさかのぼり、当時は現在のような窓に掛けるような形ではなく、寒さを防いだり、プライバシーを守ったりなどベットの周囲を布で覆ったものであったと考えられています。 中世ヨーロッパでガラスの製造技術が進み、平らなものが作られるようになりました。 当時流行のゴシック建築では、壁を薄くして開口部を大きく取る事ができる様になり、ガラス窓やステンドグラスが取り入れられるようになりました。 しかし、当時ガラスはとても高価で、これを利用できたのは教会や王侯貴族などに限られました。 このガラス窓装飾の為にカーテンがかけられるようになりました。 カーテンにもファッションと同じように、それぞれの時代により流行のスタイルがあったようです。 15世紀、イタリアのフィレンツェにおいて、文芸復興が花開いたルネッサンス時代は、窓はそれほど大きくはなく、カーテンはあくまでもガラス窓を引き立てるための装飾品として使われていたようです。 窓を完全に覆ってしまわず、ひだもほとんどありませんでした。 17世紀のバロック様式では、光沢のある布や金、銀糸を織り込んだ贅沢な布が使用されるようになりました。 上飾りの縁どりやタッセルなどには複雑なデザインが好まれ、重厚な形に変化しました。 ロココ様式には、軽やかで柔らかく繊細な曲線のデザインが好んで採り入れられ、ナポレオン旋風が吹き荒れた19世紀、古代エジプトやローマを思わせるような古典的で荘重なアンピール様式です。 この時代に今日のドレープとレースの二重掛けスタイルの原型が誕生しました。 日本においては、平安時代に几帳(絹の織物の衝立)が間仕切り的に用いられたり、御簾(竹製のすだれ)や壁代(絹の織物で壁面に掛けられた布)が使用されており、それらが今日のカーテンの原点とも言えます。 日本でカーテンが使われるようになったのは江戸時代の初期で、長崎の出島に外国公館が出来た頃だと言われていますが、実際に日本人が使い始めたのは、幕末から明治にかけての時代であったと考えられています。 当時は「窓掛け」といわれ、ほとんどが輸入品の高価なものでした。 「カーテン」という言葉が使われる様になったのは、明治末期になってからで、素材として綿・毛・絹、麻などが用いられ国内で生産され始めました。 大正期に入って中産階級が増え、次第に広まっていき、建築の近代化や洋風化が進み、カーテンも増えてはきたもののまだ一部の上流階級のものでした。 そして昭和30年代に入り、一般住宅に本格的にカーテンが普及し始めました。 住宅産業が盛んになり、カーテンが生産されるようになりました。 その後昭和40年代に入ると、遮光、遮熱、防音などの諸機能を持つカーテンが登場し、昭和48年の第一次オイルショックを境に、省エネに対する関心が一般の人々にも広まり、カーテンは家庭の必需品として定着するようになりました。 現在では、季節よってカーテンを変えたり、自分の気持ちにフィットするカーテンに変えたり、カーテンもインテリアとしての価値が高まっています。 特にオーダーカーテンでファッショナブルな窓装飾をしている方も増えています。 オーダーカーテンのことならカーテンファクトリーにお任せ!1万円~のバリュープライスで良質なカーテンをご提供いたします。 横浜、川崎エリアに4店舗ございます。 店舗にも是非お越しください。

次の