なり けり 意味。 「き・けり」

「けり」 俳句の作り方 〜初心者入門と定型・切れ字・季語〜

なり けり 意味

解釈の決め手 限りとて別るる道の悲しきにいかまほしきは命なりけり:絶唱のスワン・ソング 諸注ともに上の句に対しては、さしたる違いはない。 「限り」は寿命。 「別るる道」は内裏をあとにすることではなく、死に別れる道。 生死の分岐点に立っているとの認識である。 「に」は下の句との関係だから、そちらを決定しないと解釈はできない。 問題は下の句である。 「いかまほしきは命なりけり」について。 「AはBなりけり」は和歌の定型句(源氏物語の歌の使用例十首)で、ああAとはBのことだったのかと、認識を新たにする時の表現である。 Aは既知情報、Bが今再認識した新情報。 もちろん感動の核はBにある。 この文構造を無視した解釈は間違いであるが、ほとんどの解釈はAを歌の核にしている。 「いかまほしき」について。 この言葉は、帝の言葉「うち捨ててはえ行きやらじ」との訴えに対する桐壺の答えであることは自明であろう。 「いかまほしき」を「生きたいのです」とほとんどの注釈が受け取るが、和歌の技法として「行く」に「生く」を掛けた例はない。 第一、「私を置いて行ったりしないでしょ」との訴えに、「生きたいのです」と答えたのでは支離滅裂である。 「いかまほしき」は「行きたいのは」「行きたいと願うのは」と素直に読む以外ないのだ。 であれば、この歌の眼目は、「命なりけり」をどう解釈するかの一点に尽きることになる。 言葉を補って、訳してみよう。 「今生ではこれが限りなのですから、あなたと死に別れる道に立つわたしは、あなたにまけないくらい悲しいのです、遅れ先立たないと口にした約束は忘れるものですか、ですが、死出の道を歩みたがっているのはこの命なんです。 わたくしだってかなうことなら、そばを離れたくありません」 この歌の魅力については、「魂のありか」を参照。 いとかく思ひたまへましかば 死を前にした最後の願いである。 「これまで周囲の人々の思惑に気兼ねしながら過ごして来たが、もっと自己の心に従順に帝との愛に徹すればよかったと思う後悔の念」、「こうなることがわかっていれば、なまじ帝の寵愛をいかただかなければよかった」、「かく=生きたい。 生きる希望を満たされるならうれしかろうに」、「こんなふうになると存じていましたならばおそばに参るのではございませんでした」と、諸注は百花繚乱である。 歌だから、相手の気持ちを受け止めたうえで、自分の気持ちを伝えるのが原則。 諸注の説明は全く、帝の気持ちを取り入れていない。 その点のみで判断しても歌の解釈としていただけない。 歌の心さえつかめば、ここは何でもない。 後れ先立たじと約束しました通り、わたしだって帝の側を離れたくありませんというのが歌の気持ちであった。 「ましかば」はかなわない願望(反実仮想)。 かなわぬとは知りつつ、わたしだって一緒にいたいと心から願っております、ということ。 ここがPoint 魂のありか まさに今消えゆかんとする命を見つめているところにこの歌の特異性がある。 「我かの気色」とは、魂が抜け出しかけた状態。 その時にしも、今生の命を見つめる視点を得たのである。 一方で、心はここにいたいと願う。 帝の側にいて、若宮の成長を見守りたい。 だが、この命は死出の旅に出たがっている。 心と肉体が引き裂かれて行くところにこの歌のすごみがある。 肉体は里に下り、野辺送りとなるが、ここにいたいという思念が魂をここに残すのだ。 この歌を受けて、「尋ねゆく幻もがなつてにても魂のありかをそこと知るべく」と帝も歌を返す。 今生では死に別れることとなったが、自分も行く行くあなたの魂のありかを探しにまいります、という生死を超えた約束である。 そしてその約束は、光源氏という「つて」を通して果たされる。 別けても、光源氏が人生最大の困難に陥った須磨において、帝の霊力が救いの手を差し伸べることで果たされるのだ、とわたしは考える。 源氏物語の第一部の構造は占いの成就にあると見られているが、占いの見立ては高い資質を持ちながらも将来を見通すことができないというものであった。 桐壺との約束を果たそうとする帝の思念こそが生死を超えて、光源氏を見守り帝に並ぶ地位につけるのである。 死に瀕してはひたすら仏に後世を願うのが常であった時代に、二人の歌の力のすさまじさには驚嘆させられる。 別けても桐壺は、光源氏を産んだことと、この歌を残したことで帝の心をつなぎ止めたのだ。 源氏物語の歌の中でも絶唱のひとつである。 特にこの歌は本文と緊密に関連しているので、その呼応関係をあげておく。

次の

限りとて 別るる 031 ★★★

なり けり 意味

のページで、「」「」「けり」の三語は、特に強く詠嘆の意が込められる切れ字の代表格であると述べました。 このページでは、それら三つの切字のうち、「けり」について詳しく勉強します。 一.どのような語の後ろに「けり」を付けられるか? 「けり」は活用語、すなわち、動詞、形容詞、形容動詞、助動詞の連用形の後ろに置きます(接続します)。 以下の例を参考にしてみてください。 天頂の辺りまで上った月。 大根引=大根を畑から引き抜く百姓。 関東大震災の起こった九月一日。 木々の間。 長野県の諏訪大社の御柱祭(おんばしらまつり)の際、町中を牽いて回る巨大な神木。 御幣=おんべ。 御柱祭の際、氏子(祭りの参加者)が手に持つ飾りのついた棒。 轢く=ひく。 経ったまま息絶えること。 ここでは、鶏頭が立ち枯れたことを指す。 には完了の助動詞「ぬ」の連用形、 たりは完了の助動詞「たり」の連用形です。 そして、「 にけり」も「 たりけり」も、「…てしまったなあ」「…たことだなあ」と、しみじみ感慨にふけるような感じを表わします。 」のような句意になります。 」のような句意になります。 歳時記の例句などをお手本に、必ず作り慣れるようにしてください。 二.切れ字「けり」のある俳句の味わい方 ここでは、初心者が、切れ字「けり」の付いた俳句をどのように味わったらよいか、そのコツを述べてみたいと思います。 「味わい方(=読み方)」がわかってくれば、おのずと「用い方(=詠み方)」も上達してくるでしょう。 「けり」は、それまで気付かずにいたことに「ハッ!」と気付いたときの感慨を表現する助動詞なので、俳句においても基本的にはそのように用いられていると考えればよいでしょう。 例を見てみます。 」のような句意になります。 」のような句意になります。 ここで、上の二句は、いずれも俳句の作者が、自分の外側で起こった出来事を詠んだものです。 もし、作者の外側で起こった出来事ではなく、作者自身の行動を詠んだ俳句に「けり」がついていた場合は、その句をどう味わったらよいのでしょうか。 この場合は、「けり」を「ハッ!」と気付いたときの感慨を示したものと捉えると、少し句を解釈しづらくなってしまうので、作者が自分のとった行動、あるいは、今とっている行動を顧みて、感慨にふけっている様子を思い浮かべればよいと思います。 例を見てみます。 この句は、「買った葱を携えて、寒々とした枯れ木の中を、一人帰ってきたことだよ。 」のような句意になります。 三.俳句のどこに「けり」を置くべきか? 「けり」は句末、すなわち一句の一番最後に持ってくるのが、最も基本的な用い方です。 実際、和歌や俳諧には「けり」で締めくくられるものが多いため、「けりがつく」という慣用句が生まれました。 最後が「けり」で終わる俳句の例を、いくつか見てみましょう。 今の長野県。 天頂の辺りまで上った月。 上に掲げた通り、句末に「けり」のある俳句を作る場合、上五と中七以下の間が、意味の上で切れるような作り方もよくします。 赤とんぼと筑波山という別々のものが、一つの文脈で結ばれることなく、一句の中で並存しています。 また、この場合、座五は名詞にするとすわりが良くなります。 以下の例句を参考にしてみてください。 四.「や」「かな」の余韻と「けり」の余韻 俳人は、「や」「かな」「けり」で俳句が切れると、その切れた部分に生じる独特の余韻を楽しみます。 ただ、この余韻は、「や」「かな」と「けり」とでは、少し異なっているように思えます。 私は、「や」と「かな」で俳句が切れると、その後にジワーッと広がるような余韻を感じます。 一方、「けり」の後には、スーッと消え入るような余韻を感じます。 俳句を作る際、あるいは鑑賞する際の参考にしてください。 廉価な商品となっており、購入・ダウンロード後、ただちにお読みいただけるというメリットがあります。 Kindle本については、下で説明します。 上の商品リンクのうち、 右が製本版(紙の本)のものです。 「 やっぱり本は、紙のページをめくりながら読みたいなあ…」という方のために用意させていただきました。 オンデマンド ペーパーバック という、注文ごとに印刷・製本されるタイプの本です。 いずれかをクリックすると、本著の詳しい内容紹介や目次を見られるAmazonのページが開くので、気軽に訪れてみて下さい。 さて、俳句には、読者の心に響く 美しい形というものがいくつか存在します。 例えば、次の名句は、いずれも 中七の後ろを「けり」で切り、座五に名詞を据える形をしています。 なお、この本は、前著『書いて覚える俳句の形 縦書き版/横書き版』(既に販売終了)を、書き込み型テキストから「純粋な読み物」に改め、気軽に楽しめる形に書き変えて上梓したものです。 あちこち加筆・修正はしてあるものの、内容は重複する部分が多いので、 すでに前著『書いて覚える俳句の形』をお持ちの方は、本著の新たな購入に際しては慎重に検討してください。 パソコン・スマホ・タブレットなどに無料でダウンロードできるKindleアプリを使って読むことができます。 あるいは、紙のように読めて目に優しく、使い勝手も良い、Kindle専用の電子書籍リーダーで、快適に読むことも出来ます。 歳時記の収録されている電子辞書 ============================== CASIO エクスワード XD-D6500RD 『カラー版 新日本大歳時記』は、かつて春・夏・秋・冬・新年の全5巻に分けて発売され、大ベストセラーとなった歳時記です。 この歳時記は、季語の詳しい解説や古今の名句に加え、写真や絵も豊富に掲載されていて、俳句の勉強になるのはもちろんのこと、鑑賞していて飽きない芸術性の高い一冊でもあります。 私は、愛蔵版が出る前の全5巻を持っているのですが、 この歳時記のおかげで俳人としてスキルアップし、かつ、日本の風土と文化の素晴らしさを再確認することができました。 この歳時記は、私の俳句生活におけるかけがえのないパートナーであり、大切な財産でもあります。

次の

けりの意味

なり けり 意味

何かを諦めようとしている人に 「為せば成る為さねば成らぬ何事も」と励ましたことはありませんか? 「為せば成る」と略して使うこともありますね。 この言葉を座右の銘にしている人もいるほど、深い意味があり、とても有名な言葉ですね。 しかし、この言葉には続きがあるんです。 今回は「為せば成る為さねば成らぬ何事も」について調べてみましょう。 続きと意味は? 「為せば成る為さねば成らぬ何事も」 その後は 「成らぬは人の 為さぬなりけり」と続き、正確には「 為せば成る 為さねば成らぬ 何事も 成らぬは人の 為さぬなりけり」となります。 読み方は 「なせばなる なさねばならぬ なにごとも ならぬはひとの なさぬなりけり」です。 「為す」は動作や行動をするという意味があり、歌全体の意味は以下のようになります。 「やればできる。 何事も、やらなければできない。 できないのはやろうとしないからだ」 「何かを為し遂げようとする意志があれば、何事も達成することができる。 達成できないのは、為し遂げようとする意志がないからだ」 「努力をすれば必ず達成できる!達成できないのは努力が足りないのだ!」という解釈もありますが、「努力をすれば必ず達成できる」ということではなく、 「何かを為し遂げるためにはまず行動し、諦めず、達成させるという強い意志を持ちなさい」という意味であり、その結果を問うものではないという解釈もあるようです。 誰の言葉なの? 江戸時代(1603年~1868年)後期の 米沢藩主(現在の山形県)の上杉鷹山(うえすぎようざん・1751年~1822年)が教訓として、次期藩主や家臣に詠み与えたそうです。 この歌は、戦国時代の武将、武田信玄(たけだしんげん・1521年~1573年)の「為せば成る 為さねば成らぬ 成る業を 成らぬと捨つる 人の儚さ」と詠んだ歌を模範にしたと言われています。 武田信玄の言葉には「何かを為し遂げようとする意志があれば、何事も達成することができる。 頑張りもせずに諦めて何もしないことは愚かなことだ」という意味があります。 英語で何て言うの? 「為せば成る・・・」と全く同じ意味になる英語はありませんが、同じような意味の英語は以下のようなものがあります。 (意思あるところに道はある) これは、日本のことわざの英訳として有名です。 (心して取り組めば、なんだって為し遂げることができる) 映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で使われる有名な言い回しです。 全体を知ると、それが5. 7の歌だったことがわかりましたね。 何かを為し遂げようと思ったとき、なんの行動も起こさなければ何も変わりません。 結果がどうなるかも、やってみなければわかりません。 諦める前に、まずは行動してみましょう! 失敗してもいいんだから…と思うと、始めの一歩を踏み出せそうな気持になりませんか? -.

次の