エクセル グラフ 作成。 【Excel】エクセルで比例の関数やグラフを作成する方法【比例定数の計算】

二次関数のグラフを作成する方法ーExcel(エクセル)まとめー

エクセル グラフ 作成

種類や単位が違うデータを、1つのグラフに収めた複合グラフ。 左は縦棒と折れ線の複合グラフです。 一見ちょっと難しそうに見えますが、コツさえ覚えてしまえば意外と楽に作れます! まずは、折れ線グラフにしたいデータも含めて、の要領で縦棒グラフを作ります。 左の図では折れ線にしたい「合計」も含めて縦棒グラフを作りました。 ここで折れ線グラフにしたい系列を選択します。 折れ線グラフに変更したい縦棒のうち、どれか1つをクリックすれば系列を選択することができます。 但し、折れ線にしたい系列を選択できない、こんなトラブルに遭遇してしまった方はをどうぞ。 選択した系列のところで右クリック、[系列グラフの種類の変更]をクリックします。 グラフの種類を選択するダイアログボックスが表示されます。 左側で[折れ線]を選択し、更に右側で折れ線グラフの種類を選択します。 今回は「マーカー付き折れ線」を選択しました。 [OK]ボタンをクリックすれば・・・ これでほぼ出来上がりです! もし、折れ線グラフ専用に縦軸が欲しいなら、第2軸を用意してあげます。 折れ線グラフをクリックで選択します。 選択した折れ線グラフのところで右クリック、[データ系列の書式設定]をクリックします。 [データ系列の書式設定]ダイアログボックスが表示されます。 ダイアログボックス左側で[系列のオプション]を選択し、右側の[使用する軸]で、[第2軸]を選択します。 [閉じる]ボタンをクリックすれば・・・ 折れ線グラフ用の第2軸を作ることができました! 複合グラフは下のような流れを覚えてしまうと楽に作れると思います。 まずは縦棒グラフとして作る 2. 折れ線グラフにしたい系列だけを選択し、折れ線グラフに変更 3. 必要ならば折れ線グラフ用に第2軸を設定.

次の

離れたセル範囲のデータでグラフを作成したい:エクセル2010基本講座

エクセル グラフ 作成

ひな形を使ってレイアウトと色の変更をする サンプルが、いくつか用意されています。 今回そのサンプルを使用してみます。 レイアウトのサンプルを選択してみます。 色も変更してみたいと思います。 あくまでもサンプルからの作成です。 自分で色やスタイルも作成できますので頑張ってグラフづくりになれましょう。 入れ替えてみます。 見え方の順番を変更したいときには有効です。 ただし、グラフを印刷したりプレゼン後は元に戻しておきましょう。 最後にグラフのタイトルの修正方法です。 グラフタイトルを変更する グラフが出来上がった時。 「グラフタイトル」って表示されている箇所があるんです。 変更して何のグラフなのかを記入するようにしましょう。 「グラフタイトル」の中に「|」カーソルが表示されます。 その際マウスで範囲選択してからでも消去できます。 新しく名前を入力しましょう。 ちなみに消去するときマウス等で範囲選択した場合でも新しい名前を入力すれば、新しい名前に書き変わります。 グラフタイトル以外のグラフを選択(左クリック)すると入力が確定されます。 以上でタイトルの変更が出来ました。 まとめ 今回は、リボンのコマンドに用意されているひな形を活用してグラフを作成してみました。 ひな形で作ると簡単には出来上がるのですが、色などを変更したくなります。 操作に慣れてくると、必ずできますので慌てず、まずはグラフの作成方法を習得してみてはいかがでしょうか。 もしよかったら、ぜひお試しください。 楽しくエクセルをアレンジして今日も、新しい発見をしてみませんか! 自分に合ったお気に入りのスタイルでエクセルを使いこなしていきましょう。 ありがとうございました。

次の

【Excel】このグラフ、エクセルで作ったの?エクセルの棒グラフや円グラフのデザインのマンネリ化打破テクニック

エクセル グラフ 作成

:グラフの作成方法:目次 スポンサードリンク• このページではExcel2003以前のバージョンでグラフを作成する手順を紹介しています。 その後のバージョンをお使いの場合は若干手順が 画面が 異なりますので、下記のリンク先から操作手順のページをご覧ください。 Excel2010〜Excel2016の共通メニューを作成しましたので、こちらからお進みください。 グラフウィザードを使ってグラフを作成する手順を解説しています• グラフの修正の基本• 数値軸ラベルの修正• 数値軸の目盛りの修正• 文字列の修正• 凡例の修正• データの追加と削除• グラフエリアに写真を使ってひと味違うグラフを作成します• グラフ要素に絵を使用して見た目が楽しいグラフを作成します• 折れ線グラフの線を滑らかにします• グラフ要素の一部を切り離して強調します• 棒グラフを作成後、一部の系列を折れ線グラフに変更します• グラフ要素の一部の書式を変更する方法を説明しています• 棒グラフの間隔を調整します• 折れ線グラフでの空白の保管やゼロ値をプロットしない方法を説明しています。 補助円グラフ付き円グラフの作成方法を説明しています。 同じ書式のグラフを何度も作成する場合、毎回書式設定をするのは面倒。 書式を設定したグラフを登録しておくと書式を設定する手間が省けます。 グラフウィザードが起動した時に選択されるグラフの種類を変更する方法です• グラフの系列に使用される色を標準の状態から変更することができます。 ただし、開いているブックにのみ適用されます。 グラフのサイズを変更すると、その大きさに応じてフォントサイズが変更されて困る時、設定を変更します。 系列を追加することで、グラフ要素を増やすことができます。

次の