脇の下 の しこり 痛い。 脇の下の「しこり」は【悪性リンパ腫】の可能性あり!

脇の下のしこりとリンパが痛い!何科に行く?

脇の下 の しこり 痛い

幸いにも、家から車で30分強くらいの所に乳腺外科を見つけたので・・・。 結果は問題なしでした。 先生に言われたのは、痛みがあるというのは 高い確率で「乳がん」ではないという判断になること。 でも、ちゃんと検査しないと正しい結論は出せないし、 自分自身も不安にさいなまれると思うので、 定期的にマンモグラフィーと触診検査は受ける方がいいということ。 マンモグラフィーは年に1回。 でも乳がんだったら変化は早いから、 半年に1回は触診検査を受けておくと安心だということ。 とりあえず、何もなくてホッとしましたが、 自分では、「しこり」と思っても、 乳腺がはってただけ、ということもありますし、 気になる症状があるのであれば、やはり専門家に診断してもらうのが 一番だな〜と感じました。 私の場合は、今回は問題がありませんでしたが、 やはり気になったら「吉日」と思って、検査の予約を入れるのがイイかなと。 管理人は飛び込みで検査に行きましたが、 平日でもかなり混んでいたので、(病院にもよると思いますが) 予約をしてから検査を受けると良いでしょう。 「胸に痛みがある」「乳がんなのか不安である」というムネを伝えていたので、 「保険適応」でマンモグラフィーや触診、エコー検査ができました。 ように、 それなりの金額が必要になりますので、 個人的には保険適応してもらえてありがたかったです。 やはり、自分の健康は自分で守らなきゃ!と 痛感しましたが・・・。 ニュースで見る芸能人の方の乳がん発覚のことなど、 出産経験があっても、安易に安心してはいけないと感じます。 スポンサードリンク.

次の

悪性リンパ腫とは?しこりの多くは痛みがない!症状や治療について

脇の下 の しこり 痛い

脇にできたしこりが痛い場合考えられる病気 脇にしこりができて痛い場合は、 最初に考えられるのはリンパの腫れです。 リンパ節は全身に広がり、老廃物を排出し、細胞を作るための栄養を送る働きをしている血管とは別の管ですが、 筋肉の動きによって流れるので、運動不足だと詰まりやすくなります。 脇の下は非常に敏感な場所ですので、リンパの腫れによって痛むと腕を動かす度にチクチクと痛んでしまうのです。 この場合には、血行を良くすることで改善されますので、適度に運動をする必要があります。 しかし、他にも脇の下にしこりができる原因はあり、手術が必要なものもあるので注意が必要です。 脇の下にしこりができる原因として考えられるのは以下の病気となります。 粉瘤(ふんりゅう) 粉瘤というのは、皮膚の下に袋ができてその中に垢がたまる状態のことをいいます。 症状が悪化すると細菌が入り炎症を起こしてしまうので、小さいうちに対処する必要があるので、早めに病院へ行かれることをおすすめします。 粉瘤の見分け方は意外と簡単で、 つまんで押すと中から白い液体が出てくるので、そのような症状が出た場合には、お医者さんの診察を受けましょう。 皮膚の下の袋が大きくなってしまうと、臭いニオイが出てくる場合もあり、そうなると手術で取り除かなければならなくなるので、早期の発見と対処が大切です。 また、粉瘤ができる原因はまだハッキリとはわかっていないこと、さらに、体のどこにできてもおかしくないものであることを覚えておきましょう。 脇の下のしこりを触って動くようであれば良性のしこりですので、リンパのマッサージや運動によって治すことができますが、しこりが動かない場合や長期に及ぶ、段々と大きくなっていく場合には悪性の可能性も考えられるので、病院で検査を受けましょう。 また、 しこりが動くかどうかというのは個人差があるので、大きい場合は、どちらにしても早めにお医者さんの診察を受けた方がいいですね。 参考: 脇にできたしこりに痛いという症状がない場合 脇の下にしこりができても痛まないというケースも多いですが、しこりがあるということは、皮膚の下で何らかの異常が起きていることに間違いはないので、痛いと感じなくても適切な対処が必要です。 また、しこりが大きくなると、手術で取り除かなければいけなくなったり、炎症を起こして他の病気を併発(へいはつ;同時に複数の病気が発症すること)する可能性もあるので、早めに対処するようにしましょう。 それでは、しこりが痛くない場合考えられる病気について解説していこうと思います。 脂肪腫(しぼうしゅ) 脂肪腫とは、文字通り皮膚の下に脂肪がたまって、しこりとなってしまう原因です。 ほとんどが痛みを伴うことはありませんが、脇の下にできると皮膚がつっぱる感じがあることがあります。 スポンサーリンク また、小さい場合は自然と治ることもありますが、大きい場合はお医者さんに相談する必要があるでしょう。 なぜなら、脂肪の場合は良性の腫瘍(しゅよう)、または、良性の癌(がん)といういい方をしますが、放置すると悪性の腫瘍となり、がん化することがあるからです。 話を戻しますが、脂肪腫は脂肪が溜まっているだけですので、がんではありません。 早めに手術すれば問題ないので、大きい場合はこの段階で取り除いてしまいましょう。 また、癌細胞は正常な細胞分裂が行われなかった場合に発生するので、体内の腫瘍などの異物は、細胞分裂の妨げになるので、大きい場合には早期に取り除くことでリスクを軽減できるのです。 悪性リンパ腫 リンパの腫れは悪性だと痛みの症状が出ないことが多いのが特徴となります。 悪性リンパ腫は血液のがんとも呼ばれますが、起きるメカニズムはまだハッキリと分かっていない病気です。 悪性リンパ腫の重要な初期症状はリンパ節の腫れです。 リンパ節とはリンパ管の途中にある関所のような組織です。 リンパ球が豊富で、リンパ管の中を流れてくる異物(がん細胞やウイルス)を捕まえて破壊します。 リンパ球ががん化してしまう悪性リンパ腫では、このリンパ節にがん細胞が集まり腫れてきます。 引用元: リンパ節とは血管とは違うもの(別の管)なのですが、リンパ節は静脈(血管の一部の呼び名)と繋がっており、必ず血液と合流するので、全身の血管にがん細胞が広がってしまうんですね。 非常に恐ろしい病気ですが、最新の医療では早期治療により症状をやわらげたり、治すことができますので、早めに診察を受ける必要があります。 また、発熱やかゆみなどの症状が出ることもありますので、あわせて覚えておきましょう。 乳がん 母乳を出す役割がある管である乳腺は、脇の下にも通っているので、 女性の方なら乳がんの可能性も十分考えられます。 さらに、 すでに乳がんになっていて、脇の下のリンパ節に転移している場合もあるので注意が必要です。 乳がんは脇の下のリンパ節によく転移をします。 このため、脇の下のリンパ節を脂肪組織ごと広く切除する方法が従来からおこなわれてきました。 これを腋窩リンパ郭清といいます。 引用元: しかし、乳がんが原因での乳腺の腫れ、または乳がんがリンパ節に転移する可能性は低いと言われているので、女性の方は脇にしこりができたからといって、あまり神経質になりすぎず、可能性を潰すためにも検査を受けましょう。 万が一入院になった時に事前にしておくべき事や、必要なものは、の記事で詳しく書かれています。 脇にしこりができた場合に受診するのは何科? 粉瘤のような、白っぽい液体が出て膿んでいるような場合、 初期の段階では皮膚科を受診する方が早いケースがありますが、症状が進んでいると、手術で取り除くこととなるので外科に範囲となります。 ご自身で判断がつかない場合には、外科でもいいですが、 大学病院などの総合病院で診察を受けられることを強くおすすめします。 脇のしこりがどのような病気の症状なのか、自分で判断することは非常に危険で、一刻も早い治療が必要な場合に時間を大幅にロスしてしまうので、全ての科がそろっている総合病院なら安心ですし、結果的に時間短縮となりますので、一度しっかりと検査を受けましょう。 参考: まとめ 脇にしこりができた場合には、様々な病気が考えられ、特に痛みがない場合にはがんの危険性もあるので、早めにお医者さんの診察を受ける必要があります。 また、良性でもしこりが大きい場合には、がん化する可能性があるので、早めに手術で取り除くことが、がんのリスクを減らすことにもなることを覚えておきましょう。 参考: カテゴリー•

次の

妊娠中のしこりが痛い!妊婦の脇の下のしこりの原因と予防策と解決策

脇の下 の しこり 痛い

のなかで最も患者数が多いのが悪性リンパ腫です。 悪性リンパ腫は、白血球に含まれるリンパ球、または造血幹細胞から分化したリンパ芽球ががん化することで起こります。 リンパ球は、病原体や異物を排除する免疫の働きを担い、骨髄や血液のほか、全身に点在するリンパ節やさまざまな臓器に分布しています。 がん化したリンパ球は主にリンパ節で増殖し、腫瘍を作ります。 腫瘍は全身の臓器に生じる場合もあり、なかでも胃や腸に生じるケースが多く見られます。 国立がん研究センターの推計によると、日本では年間約3万人の方が悪性リンパ腫と診断されていると言われています。 年齢の特徴としては高齢になるほど悪性リンパ腫の方が多いと言われ、性別では女性よりも男性に多いという特徴があります。 悪性リンパ腫の症状で最も多いのが、首やわきの下、脚の付け根などのリンパ節の腫れで、しこりを感じることもあります。 大きさは1~5cmのものが多く、大きいほど悪性リンパ腫の可能性が高くなります。 多くの場合、痛みはありません。 腫瘍のできた場所により、足のむくみや、せき・呼吸困難、腹痛や嘔(おう)吐、足のまひなどの臓器の障害が現れることがあります。 発熱、体重減少、大量の寝汗などが起こることもあります。 これらの症状で医療機関を受診すると検査が行われますが、ほかの病気の検査や検診のときに悪性リンパ腫が見つかる場合もあります。 たとえば胃の内視鏡検査で胃に、腹部超音波検査で腹部に、胸部エックス線検査で胸に、それぞれ悪性リンパ腫が発見されることもあります。 治療法は悪性リンパ腫のタイプによって異なり、薬物療法を中心に、放射線療法、造血幹細胞移植などを組み合わせて行われます。 悪性リンパ腫の移植治療では、患者さん本人の血液成分を用いる自家移植が多く、他人から提供される同種移植と比べて効果が高いのが特徴です。 タイプによっては合併症の治療などのために手術をする場合もあります。 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の治療では、リツキシマブという分子標的薬に従来の抗がん剤を組み合わせたR-CHOP療法と呼ばれる薬物療法が行われています。 リツキシマブを使用した療法は抗体療法と呼ばれ、現在ではほかのタイプにもよく用いられます。 こうした薬物療法により、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫では患者さんの6~7割程度が治癒します。 ただし、効果が不十分な場合や再発する場合もあります。 再発した場合には、ほかの薬を使った治療のほか、65歳以下であれば自家移植が勧められます。 自家移植により治癒も十分期待することができます。

次の