上手く 類語。 「こなす」の意味・類語・例文集とその正しい使い方

要請の意味・使い方文例4例・類語・敬語・要求との違い

上手く 類語

お取り計らいくださり、ありがとうございます• お取り計らいいただき、 これらの「お取り計らい」は、相手が 「物事が上手く進むように対処してくれた」ことに対する「配慮」や「気遣い」という意味合いです。 「お取り計らいくださる」と「お取り計らいいただく」は、どちらも相手に敬意を示した敬語表現ですが、以下の違いがあります。 くださる いただく 敬語 「与える、くれる」の尊敬語 「もらう」の謙譲語 主語 相手 自分 「くださる」は、相手が自分に何かをしてくれた時に使う尊敬語です。 一方「いただく」は、自分が主語になって相手から何かをもらった時に使うです。 感謝を述べる場合には、どちらを使ったからと言って失礼になることはありません。 しかし、相手が進んで行ってくれた厚意などには「お取り計らいくださり」と、尊敬語の「くださる」を使うと良いでしょう。 感謝を伝える場面での「お取り計らい」の使い方を、以下の例文で確認してみましょう。 お手数をおかけしますが、 お取り計らいのほどよろしくお願い致します。 恐れ入りますが、 お取り計らいくださいますよう、何卒お願い申し上げます。 恐縮ではございますが、 お取り計らい賜りますよう、お願い致します。 2-3.目上の人への使い方 「お取り計らい」は、感謝を伝える時には相手の「行動に対する配慮や気遣い」の意味で使います。 そのため目上の人にも、失礼なく使うことができます。 一方、依頼する場面では指図した印象を与えてしまうことがあるので、注意が必要です。 本来は、目上の人に対して依頼をする場面においても「お取り計らい」という言葉は正しい使い方です。 しかし、「上手く事を運んでください」のように指図したような印象を受ける人もいるので、使わない方が良い場合もあります。 目上の人に依頼をしたい場合には、 「協力」「何卒」などを使って以下の例文のように言い変えると良いでしょう。 お気遣い(おきづかい)• お心遣い(おこころづかい)• ご配慮(ごはいりょ)• ご高配(ごこうはい) それでは、それぞれの類語について以下で詳しく確認してみましょう。 3-1.お気遣い(おきづかい) 「」は、 「相手が配慮してくれる心、考慮してくれる気持ち」を指します。 「お取り計らい」と「お気遣い」には、以下のような違いがあります。 お取り計らい お気遣い 意味 事が上手く運ぶよう対処すること 相手が配慮してくれる気持ち 使う場面 感謝や依頼 基本的に感謝のみ 「お取り計らい」は、依頼をする時にも使える表現です。 一方「お気遣い」は「相手の気持ちや心」を指す言葉です。 「お気遣いよろしくお願いします」と言う場合は「配慮してくださいね」という意味になります。 ビジネスシーンで相手に直接依頼する場面では、失礼な表現になるため使いません。 ただし公共で不特定多数の人に禁煙を呼び掛けたりする際には、「お気遣いのほど、よろしくお願い申し上げます」というフレーズで使われます。 では「お気遣い」を使った例文を、以下で見てみましょう。 お気遣いくださいまして、ありがとうございます。 お蔭様で、体調も良くなりました。 結婚式の際には、 お心遣いをいただきまして、誠にありがとうございました。 3-3.ご配慮(ごはいりょ) 「ご」は、 「気配り、心を配ること」という意味です。 「ご配慮」も「お気遣い」と同様、相手の気持ちや心を指す言葉ですが、以下のような違いがあります。 お取り計らい お気遣い ご配慮 意味 事が上手く運ぶよう対処する 相手が配慮してくれる気持ち 気配り、心を配ること 焦点 相手のことを思いやる気持ち 相手のことを心配する気持ち 相手のことを想いやる気持ち 「お気遣い」は「ご配慮」に比べると、「心配」する気持ちが大きくなり、以下の例文のように使い分けます。 入院をしていたさいには、 お気遣いいただき嬉しかったです。 夜中の騒音は ご配慮いただきますよう、よろしくお願い致します。 3-4.ご高配(ごこうはい) 「」には 「気配り、気遣い」という意味があり、ビジネスなどで使われるフォーマルな言葉です。 「ご配慮」と同じ意味として使いますが、以下のような違いがあります。 取り計らい 配慮 高配 対象 相手の気配り、対処に対して 相手や自分の気配りに対して 相手の気配りに対して 「配慮」は相手からの厚意に使う他、「配慮が足りず、でした」のように自分の気配りに対しても使います。 一方「高配」は、相手の気配りに対してのみ使う言葉です。 では以下の例文で、「配慮」と「高配」の使い方を見てみましょう。 That was very thoughtful. Thank you so much. (素晴らしい 取り計らいだったよ。 ありがとう。 I appreciate your kindness. ( お取り計らいに感謝します。 ) まとめ 「お取り計らい」は、 「事が上手く運ぶよう対処すること、適切に取り扱うこと」という意味です。 ビジネスシーンでは、感謝を伝えたり依頼をしたい場面で用いられます。 目上の人に感謝を伝える時に、「お取り計らい」を使うのはOKです。 しかし、何かを依頼したい場面で「お取り計らい」が使いにくい場合には、「ご協力お願いします」や「何卒よろしくお願い申し上げます」などに言い換えて使いましょう。

次の

「こなす」の意味・類語・例文集とその正しい使い方

上手く 類語

絶対服従を期待するさま の意• 傲慢不遜• 才能または複数の才能を授けられる の意• 腕っ扱• 繊細さとスキルによってされる の意• 腕っ扱• 知識、技能、および才能を持っているか、または示すさま の意• 腕っ扱• 慣れた• 熟練した• 実用技術における技術または技能の、あるいは、実用技術における技術または技能に関する の意• 熟練した• 非常な才能と能力をもっているという特質 の意• 堪能さ• 上手さ• 過度のまたは偽りの賞賛 の意• 歯剥き• 軽薄口• 空せじ• 歯向き• から世辞• 俳優が観客に向かった時に俳優の左側にくる舞台の部分 の意• 舞台左手.

次の

うまくの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

上手く 類語

この言葉は「 調子に乗ってつけあがる」という意味の慣用表現です。 辞典によっては、「 予想した通りに、うまくことが運ぶ」という意味も記載されているものもあります。 「予想通り」だったため「調子に乗っていい気に」なる、と一連の流れで理解できますね。 合わせて覚えてしまいましょう。 ただ、やはり現在では「うまくいった」という意味よりも「調子に乗っている、つけあがっている」というニュアンスが主流です。 「あいつは図に乗っている」と言った場合、その人が自信過剰だったり、傲慢だったりすることを批判する目的も出てきます。 基本的にはネガティブな意味合いの言葉と思っていいでしょう。 その為、使い方には注意が必要な表現です。 次に「図に乗る」の語源を確認しておきましょう。 この言葉は、もともと仏教用語でした。 一般的なお経とは違う、音階や節をつけて唱える「声明(しょうみょう)」や「梵唄(ぼんばい)」というものがあります。 その音や節の変化を表した記号のようなものが「図」と呼ばれ、お経の横に書いてあるそれを見て、声の調子を変えるそうです。 それが上手く唄えれば「図に乗る」ことができたということ。 実は、 もともとは褒め言葉だったということですね。 上の意味の項でご紹介した「 予想した通りに、うまくことが運ぶ」という意味は、ここからきたものだったのでしょう。 「調子に乗る」の「調子(ちょうし)」も、音楽における音の高低のこと。 演奏の巧さを表すなら悪い意味はなかったはずですが、「上手くいって自慢しすぎてしまった人」を妬むような気持ちもあって、現在の使われ方をするようになったのかもしれませんね。

次の