履歴 書 住所 ふりがな。 履歴書などの ふりがな についてです。

こう書けば大丈夫!履歴書の住所の書き方|転職Hacks

履歴 書 住所 ふりがな

まずは、履歴書の住所欄に住所を書きます。 インクが乾いてから、住所にふりがなを振りましょう。 ふりがなは、基本的に難しい漢字に振るものですが、履歴書や申し込み書などの、記入欄がある書面の場合は、ひらがなの部分にも、統一してふりがなを振っておきます。 書面として、中途半端な空間が開くのは、見た目も印象も良くないからです。 これは、書類を扱う人に、余計な確認作業などで業務を滞らせないようにするための配慮でもあります。 読みにくい文字や、小さすぎて判別に迷うような書き方が論外なのはもちろん、インク汚れにも注意しながら、ゆとりを持って書きましょう。 履歴書の段階で、首を傾げたくなる書き方などをしていると、採用後の仕事ぶりも疑われてしまいます。 ふりがなを先に書いたらダメ? 履歴書の住所にふりがなを振るのは、番地の前までです。 市町村名や区の名前までふりがなを振り、それ以降の番地の数字には、ふりがなは振りません。 「丁目」や「番地」などにも、ふりがなは振りません。 番地の数字まで、すべてをふりがなの欄に書く例もありますが、現在は履歴書のふりがなは、番地の前までが一般的です。 履歴書を購入すると、記入例が載っているものをよく見かけますが、その例でも、ふりがなが書かれているのは、番地の前までです。 履歴書の住所には、都道府県名から区や市町村名までのすべての文字に、ふりがなを振ります。 ふりがなは、該当する住所の文字の上にくるように書きましょう。 ひらがなの名前の住所でも、ふりがなは書きましょう。 また、住民票などの正式な住所に「大字」や「字」が含まれる場合は、略さずに住所を書いて、ふりがなもふりましょう。 スペースを空けて読みやすく書く 履歴書の住所のふりがなは、番地の前まで書くのが一般的です。 例えば「京都府京都市中京区西堀川通御池下る西三坊堀川町521(番地)」は、「521番地」の前の「堀川町」まで、ふりがなを振ります。 履歴書に現住所を書くときには、住民票に記載されているような、公的に使われている表記を用いるのが原則です。 同じ名称が何度か出てくることもあますが、ふりがなも略さずに、すべて書きます。 文字のサイズに気をつけましょう。 履歴書ではなく、何か商品やサービスを購入する際の申し込み書や契約書では、番地などの数字も含めた、住所や氏名のすべてにふりがなを書くように促されることがあります。 それは、申し込み者の情報を、担当者が機械的にデータ入力しやすいようにするためです。 大手企業では、膨大な数の顧客情報を管理するために、データベース作りや、データ入力などの事務作業を外注することも少なくありません。 そのため、微妙な判断や曖昧さで作業が滞るのを回避するために、記入欄はすべて埋めるように促され、全部書いたと記憶している人も多いのでしょう。 履歴書は、そのような申し込み書や契約書ではないので、履歴書の住所のふりがなは、町名まで書いておくのが一般的です。 履歴書の住所のふりがなを記入するとき、ひらがなで書くか、カタカナで書くか、迷う人も少なくありません。 どちらで書くかの判断は簡単です。 ふりがなの欄に、「ふりがな」と、ひらがなで表記されていれば、ひらがなを使います。 ふりがなの欄に、「フリガナ」と、カタカナの表記があれば、カタカナを使います。 ふりがなの欄に表記されている文字を使いましょう。 この判断は、履歴書に限らず、申し込み書や、あらゆる書類に共通する一般常識です。 記載されている文字に合わせて書くのが基本です。 また、同じ書面の中では、カタカナかひらがなか、どちらかのふりがなで統一します。 履歴書を自作するときなどは、氏名と住所のふりがなに、ひらがなとカタカナが混在しないように注意しましょう。 企業側から用意された記入用紙や入力画面で、カタカナとひらがなが混在して指定されている場合には、それに従いましょう。 履歴書に、住所のふりがなを書く欄はあるけれど、誰でも読めそうな住所を書く場合にも、ふりがなを振る必要はあるのでしょうか。 書かなくてもいいのではないかと、疑問がわきます。 結論から言うと、履歴書の住所のふりがなは書きましょう。 これは採用担当者が、住所を読めるかどうかというより、選考時にマイナスの印象を与えないように、記入欄はうめておいた方が良いということです。 住所のふりがなを記入したところで、採用に特にプラスに働くわけではありません。 しかし、万が一ふりがなを記入しないで、記入漏れだと受け取らてしまったら、大きなマイナス評価になってしまいます。 履歴書ですら見直さない、正確さや誠実さに欠ける人物で、ケアレスミスの多い人だという印象を持たれるのは、不利です。 例え読めそうな住所だとしても、履歴書にはふりがなを書いておきましょう。 履歴書の住所を書くときには、記入漏れだと思われたり、ふりがなの位置がずれて読みにくくなったりしないように、町名までは書いておくのが一般的だと説明しました。 同じように、氏名がひらがなの名前の場合も、履歴書にはふりがなを書いておくのがベターです。 ひらがなの名前には、ふりがなは不要と指導されることもありますが、書くべきとの声もあります。 厳密な決まりはなく、ふりがなの本来の意味を考えると「書かない」が正しという見方があります。 一方で、形式的に記入するのが当然と考えている人も少なくない現状をみると、あえて書かないよりは、書いておいた方が、違和感を持たれることが少なく、無難でしょう。 名前が「メイ」や「あかり」など、ひらがなやカタカナでも、履歴書のふりがな欄の表記に合わせて、記入しておきましょう。

次の

【履歴書の書き方】住所のフリガナや番地など記載時の注意事項まとめ

履歴 書 住所 ふりがな

就職活動や転職活動をするにあたって、避けては通れないのが履歴書や職務経歴書の記入・作成ですよね。 それらの書類の記入・作成では、どうしても履歴・経歴の内容や自己PR欄などに意識が集中しがちで、最も最初に記入すべき住所欄や連絡先欄への注意が散漫になりがちです。 その結果として住所のふりがな(フリガナ)の記入漏れが発生するなど、意外とミスが発生しやすくミスに気付きにくいのが、履歴書における住所や連絡先の記入欄なのです。 実は、履歴書などの住所や連絡先の記入にあたっては、ふりがなのふり方など必ず押さえておくべき基本的なマナーやルールが存在します。 そこで今回は、履歴書の作成にあたって注意が不足しがちな住所や連絡先の記入欄に関して、必ず押さえておくべき書き方のマナーやルールについて、ご紹介したいと思いますので参考にしていただければ幸いです。 この記事の目次• 履歴書における住所欄・連絡先欄の書き方のマナー 履歴書における住所欄や連絡先欄について、しっかりと正しく記入できていますか?履歴書作成にあたっては、どうしても履歴の内容・資格欄・自己PR欄などに意識が集中しがちで、最も最初に記入すべき住所欄や連絡先欄への注意が散漫になって、住所欄や連絡先欄の部分でミスが発生しやすい傾向があります。 そこで、まずは履歴書における住所欄・連絡先欄の記入について、その基本ルールを再確認したいと思います。 大前提として丁寧かつ正確に書く 履歴書を記入するにあたっては、最初に記入する氏名や住所などから丁寧かつ正確な文字で記入することが大前提となります。 履歴書に記載する住所や連絡先は、企業側の採用活動において基本的に応募者の連絡先として把握されます。 そして、企業によっては、採用活動に関わる書類(内定通知など)を郵送で送付しますし、内定・入社後に労務管理の基本情報として用いられることもあります。 ですから、このような先々のことも想定に入れた上で、履歴書における住所や連絡先の記入については、文字を楷書で丁寧かつ正確に書く必要があるのです。 現住所について 住所欄については、現住所を丁寧かつ正確に記入します。 郵便番号は、〒マークの右に続ける形で7桁の数字を記入します。 常識とは思いますが、念のため触れておくと、郵便番号は「234-0001」というように3桁の数字と4桁の数字をハイフンで繋ぐ形で記入します。 そして、現住所は政令指定都市や東京23区のように大都市であっても、基本的に都道府県名を略することなく記入します。 同様に、市区町村名から住居表示と建物名・部屋番号まで省略することなく記入するのがマナーです。 住居表示とは、いわゆる「2丁目3番4号」という住所の丁目・番地・住居番号のことであり、郵便物などでは「2-3-4」と略す場合がほとんどですが、履歴書では省略せず正確に記入する必要があります。 建物名と部屋番号も、郵便物などでは「2-3-4-502号室」という形で略されますが、履歴書の記入では「2丁目3番4号 内定マンション502号室」という形で、マンション名やアパート名も省略なしで記入しましょう。 電話番号・携帯電話・メールアドレス 電話番号・FAX番号・携帯電話・メールアドレスの記入欄についても、間違えることなく丁寧かつ正確に記入しましょう。 電話番号・FAX番号については、近年は固定電話を契約しない一人暮らしの学生や社会人も多いので、固定電話の契約がなければ記入しなくても問題ありません。 逆に実家住まいの人は、実家の固定電話番号を記入しておくと、もし携帯電話がつながらない場合にも安心です。 連絡先について 市販の履歴書の多くに「連絡先」欄が設けられています。 この連絡先欄については、原則として現住所以外に連絡を希望する場合に、その連絡先となる住所や電話番号を記入します。 この点、就職活動や転職活動をする当人が1人暮らしの場合、実家などを連絡先として記載することが考えられます。 しかし、企業側が当人に連絡をつけられない場合、連絡先となっている家族も当人に連絡がつかないことがほとんどでしょう。 ですから、就職活動や転職活動においては、基本的に現住所と同じであることを示す「同上」と記入しておくのが最も無難だと思われます。 実家住まいの人は、悩む必要なく「同上」と記入します。 履歴書における住所欄等のふりがなに関するマナー このように履歴書における住所欄・連絡先欄の記入については、住所などを省略しないで記入するといった基本的な守るべきルールが存在します。 とはいえ、このような基本ルールに気を付けていても、ちょっとしたミスが発生しやすいのが住所欄や連絡先欄です。 そのちょっとしたミスとは、住所などに付記する「ふりがな」です。 そこで、次は履歴書における住所欄等のふりがなに関するマナーについて、ご紹介したいと思います。 平仮名(ひらがな)と片仮名(かたかな) 履歴書における住所欄・連絡先欄の記入で、ふりがなを記入する場合は基本的に履歴書の記載・フォーマットに従います。 つまり、「ふりがな」と記載があれば平仮名(ひらがな)で書き、「フリガナ」と記載があれば片仮名(カタカナ)で書きます。 この平仮名と片仮名の使い分けはビジネスマナーというよりも一般常識だと言えますが、意外とうっかりミスが多発するところでもあります。 例えば、都道府県名などは平仮名でふりがなを記入しながら建物名になると片仮名で記入してしまったり、ふりがなは平仮名で書くべきものと思い込みから「フリガナ」とあるのに平仮名で記入してしまう、といったミスが良く見られますので注意しましょう。 ふりがなを記入する範囲 履歴書における住所欄・連絡先欄の記入にあたって、ふりがなを記入する範囲は基本的に住居表示や番地の前までです。 都道府県名・市区町村名・町名の間は、読みやすいようにスペースを入れると良いでしょう。 このような配慮の有無だけでも、企業側の採用担当者に与える印象は異なってきます。 そして、アラビア数字や「丁目・番・号」については、ふりがなを記入する必要はありません。 というのも、数字や「丁目・番・号」については読み間違える可能性が非常に低いからです。 また、マンション名やアパート名などの建物名に漢字が入る場合は、その建物名の漢字部分にもふりがなを付記します。 建物名が平仮名や片仮名のみの場合は、ふりがなを記入する必要は無いでしょう。 ちなみに、「東京都あきる野市」や「北海道虻田郡ニセコ町」などのように市区町村名などに平仮名や片仮名が含まれる場合でも、ふりがなは原則通りに住居表示の前まで記入したほうが良いでしょう。 その他の住所欄・連絡先欄にまつわる疑問・知識について ここまで説明してきた内容で、基本的には住所欄・連絡先欄については問題なく記入できるものと思います。 最後に住所欄・連絡先欄にまつわる細かな疑問や知識について、ご紹介したいと思います。 「〇〇方」とは? 市販の履歴書の中には、住所欄に「〇〇方」と記載のあるものが販売されています。 この「〇〇方」とは、いわゆる下宿をしている人が記入すべき欄ですので、実家住まいや一人暮らしをしている人には関係ありません。 ですから、実家住まいや一人暮らしの人は、空欄にしておいて問題ありません。 一方で、近年少なくなったとはいえ、親戚宅などに下宿をしている人もいるでしょう。 その場合は、履歴書の現住所に下宿先である親戚宅などの住所を記入し、「〇〇方」の〇〇に下宿先住居の所有者の名字を記入します。 例えば、就職活動をしている山本さんが親戚の鈴木さん宅に下宿している場合、現住所として鈴木さん宅の住所を記入した後で「鈴木方」と記入するわけです。 書き間違った際の対応は? 履歴書の住所欄・連絡先欄の記入の途中、ボールペンなどで文字を書き間違った際は基本的に新たな用紙で最初から書き直すのがマナーです。 そもそも自分が就職あるいは転職したいと考えて応募する相手企業に対して、間違った文字を修正液や二重線で訂正した書類を提出するということは、相手企業の採用担当者からすると志望度が低いものと思わざるを得ません。 選考を受ける立場であるのに、そのような対応はあり得ないわけです。 ですから、履歴書の住所欄・連絡先欄に限らず、履歴書作成にあたって書き間違った場合は、別の用紙で最初から書き直す必要があるのです。 転職仲介サイト等への登録 近年、就職活動や転職活動では、デジタル化が進んでいます。 特に転職仲介サイトや転職エージェントのサイトでは、転職希望者の登録において履歴書・職務経歴書の入力が求められます。 そして、このようなサイトのデータ入力方法は、基本的に履歴書や職務経歴書の書き方に準じることがほとんどです。 入力フォームや入力項目は非常に分かりやすくなっており、入力作業自体も簡単です。 住所やふりがななどは、郵便番号を入力すると途中まで自動入力されるケースもあります。 まとめ いかがでしたか?履歴書の作成にあたって注意が不足しがちな住所や連絡先の記入欄に関して、必ず押さえておくべき書き方のマナーやルールについて説明してみましたが、ご理解いただけたでしょうか? 就職活動や転職活動の中で避けては通れない履歴書の記入・作成において、ともすると軽視されがちなのが住所欄・連絡先欄です。 そして、軽視されることによって住所のふりがな(フリガナ)の記入漏れが発生するなど、履歴書における住所や連絡先の記入欄は意外とミスが発生しやすくミスに気付きにくいものなのです。 とはいえ、本記事でご紹介したような基本的なポイントやマナーに注意をすれば、なんら心配することはありません。 しっかりと履歴書を作成することによって、ぜひとも内定を勝ち取れるように頑張ってください。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 関連記事として ・ ・ これらの記事も読んでみてください!.

次の

履歴書の住所欄の正しい書き方│ふりがな、ハイフン、引っ越す場合は?|#タウンワークマガジン

履歴 書 住所 ふりがな

住所を書くうえでのポイントとして、 字を丁寧に書くことが挙げられます。 履歴書はスペースが小さい分、字を丁寧に書かないと見にくい可能性があるのです。 文字を丁寧に書き、企業側に見やすい履歴書を作成しましょう。 心配な人は、履歴書を提出する前に家族や友人などに見てもらうのも一つの手です。 間違いがないか確認する 二つめのポイントとして、 間違いがないか確認することが挙げられます。 住所の欄にかかわらず履歴書は、内容に誤字脱字や間違いはないかしっかり確認しましょう。 誤字脱字などの書き間違いがあった場合は、修正ペンや修正テープは使用せず、最初から書き直してください。 修正したものを提出するのはマナー違反であり、企業側にマイナスイメージを与えかねません。 履歴書はあらかじめ下書きしたうえで、清書に取り掛かるようにすると間違いは減るでしょう。 アパートやマンションなど住まいが一戸建てでない場合は、 部屋番号まで履歴書に記載しましょう。 履歴書の住所が企業に登録される場合や、万が一不採用で履歴書が返送されることになった際に、企業側も自分も困ります。 提出前に、記入漏れや間違いはないか、しっかり確認しましょう。 住所が長くなる場合は二行にわける アパート名やマンション名などで、 住所が長くなる場合は二行にわけるようにしましょう。 長い住所を一行に収めようと、小さな文字でびっしり書いてしまうと、見にくくなってしまいます。 住所が長くなるからといって、都道府県名を書かなかったりハイフンで省略したりするのはやめましょう。 これまでご紹介した履歴書の住所記載ポイントをまとめます。 【住所は県名から書く】【ハイフンを使用せずに「丁目」「番地」「号」で表す】【数字は漢数字にする】【マンションやアパート住まいの場合には部屋番号まで記載する】といった点がポイントです。 例にしてご紹介します。 一人暮らしをしている就活生のなかには、履歴書の住所欄が二か所あるために、「まずは実家の住所から書いたほうがいいのでは」と考える人もいるでしょう。 一人暮らしをしている場合は、 実家ではなく現在自分が住んでいるところを書いてください。 ほかに連絡先を希望しない場合は「同上」でよい 履歴書の住所欄が二か所ある件に関して、気になる人もいるでしょう。 履歴書の住所欄は上の段、下の段のようにわかれているケースが多いといえます。 一つめの住所欄(上の段)には、現在自分が住んでいるところを記載しましょう。 二つめの住所欄(下の段)は、現住所以外に連絡を希望する場合の記入欄です。 ほかに連絡先を希望しない場合は、「 同上」の一言でかまいません。 一般的に、数字にふりがなは振りません。 そもそも、ふりがなは 主に漢字の読み方を示すためにその文字の近くに添えるかなのことを指します。 氏名や住所などに使われる漢字は、読み方がひとつとは限りません。 どのような読み方であっても適切に読めるようにするため、履歴書の氏名欄や住所欄にはふりがなを記入するスペースがあるのです。 住所で使われる数字は、読み方が何通りもあるものではないため、ふりがなは必要ありません。 「番地」や「号」にもふりがなはいらない 就活生のなかには、住所の数字のあとにつける「丁目」「番地」「号」などのふりがなもどうすればいいか悩む人もいるでしょう。 この場合、住所の「番地」や「号」には、 ふりがなは必要ありません。 前述したように、ふりがなは漢字の読みが異なる可能性があるためにつけるものであり、「番地」や「号」など住所に使われる単語は全国共通で読み間違える可能性がないからです。 マンション・アパート名は難しい漢字の時だけふりがなを振る マンションやアパート名が難しい漢字や英語、英語以外の外国語でアルファベット表記の建物名の場合はどうすればいいのでしょうか。 この場合は、書いても書かなくてもどちらでもかまわないです。 ただ、ふりがなの枠にゆとりがあるのであれば、 建物名のふりがなを振っておいたほうが親切でしょう。 履歴書を印刷した際、漢字の画数が多すぎて文字が潰れたり、スペルが見にくかったりしても、ふりがなから建物名を推測・判断できるからです。 「ふりがな」と「フリガナ」の違い 履歴書の住所欄に嘘を書いた場合、どうなるかについてご説明します。 履歴書に嘘の住所を書いていた場合、入社が決まったら会社側には知られてしまう可能性が高いです。 住所は入社時に交通費の計算をする際や、企業によっては住民票を提出させるところもあるため、その段階で知られてしまいます。 会社側に嘘の記載が知られてしまった段階で、 あなた自身の信用がなくなるでしょう。 理由があるなら、その点も含めてしっかり企業側に伝えることが賢明な判断です。 履歴書を返送される場合に届かなくなる 上記では採用が決まった後に、嘘の住所を記載しているのが企業側に知られるケースでしたが、不採用である場合にはどんなことがあるでしょう。 企業のなかには不採用の際、履歴書を返送するところがあります。 嘘の住所を記載していると、その記載した場所に届く可能性があります。 実際に住んでいる人にも迷惑をかけることになるため、 正しい住所を書くようにしましょう。

次の