犬 を ダメ に する ベッド ニトリ。 ニトリのペットベットは本当に気持ちいいの?洗濯できる?気に入ってもらえる?高いからもっと安いものはないの?猫だってNクール使いたい!!

おすすめの犬用ベッド14選 大型犬も小型犬も使える丈夫で洗えるタイプやかわいいドーム型のベッドも紹介

犬 を ダメ に する ベッド ニトリ

この記事の目次• なぜ?ワンちゃんにライト 対向からくる車や自転車、歩行者にワンちゃんの存在をアピールする ワンちゃんが咥えようとしているものが見える 存在アピール うちのちわ丸はチワワでして、比較的小さくちょこまかと散歩中動き回っています。 もう少し大きな犬種でも人間と比べると特に夜間夕暮れでは車からワンちゃんの存在を発見しにくいものです。 ワンちゃんに光るものや点滅するものをつけておけば、ワンちゃんとは気づかないまでも何かしらいることを周りにアピールすることができます。 最近はスマホを見ながら歩いている人もおり、すれ違うときに意外にワンちゃんの存在に気づかない人もいるように思えます。 そんな人にも点滅する存在を気づいてもらえる可能性が高くなります。 最近はLEDのものがおおく、ひとつのLED電球であってもLEDはとても明るいです。 咥えようとしているのものを見る ワンちゃんが暗い道で、いつの間にか何かを咥えて、モグモグと口を動かしていること、経験ありませんか? 暗い道では、何が落ちているか、人間では気づけ無いことがあります。 気づいたとしても地面により近いワンちゃんが、素早くパクっと咥えてしまったり、飲み込んでしまったり。 とても心配ではありませんか? 車のヘッドライトのように、ワンちゃんが見ている方向を明るく照らすライトを使ってみることをオススメします。 安心・安全・オススメのライト ネットショップを見ていると2つのタイプがあります。 光って周りにワンちゃんの存在を知らせるタイプ(犬用が多い) 夜間に周りや前を照らすタイプ(夜にランニングする人間ようが多い) オススメは後者です。 人間用ライトはLEDでとても明るく、さらに切り替えで点滅するようにもできているものがあります。 LED 人間向け 犬用ライト 首輪のように首に巻いたり、首輪自体に付けるタイプが多いようです。 多くのLEDが入っていて、点滅したり、明るく存在を知らせます。 ただ、ワンちゃんが見る方向を照らすことが難しいので、何を咥えようとしているかが 分かりづらいです。

次の

【DIY】犬用のミニチュアベッド作ってみた【第1弾】

犬 を ダメ に する ベッド ニトリ

記事の主旨 そんなビーズソファ選びの疑問に向き合うべく、王道ビーズソファー「無印良品」vs 「ニトリ」vs 「ヨギボー」について比較することにした。 今回の記事は、ビーズソファについて最初におさえるべき値段・大きさ・重さの基本スペックについて3ブランドを詳しく比較した記事だ。 へたりにくさについての比較は、徹底比較その2で詳しく書いている。 今や人をダメにするソファを検索をかければ数多あるソファがヒットする。 特にAmazonや楽天市場ではブームにのってこぞってビーズソファを販売し始めた。 Amazonや楽天市場で販売されるどこのブランドとも分からないビーズソファだっていいじゃない。 うん、そう思う。 気持ちよくて、耐久性が良ければいい。 しかも安いときたものだ。 安さは魅力。 しかしながら、二番煎じはやっぱり二番煎じなのだ。 ビーズソファは単純な作りだからどこでも模倣できるように思えるが、「へたり対策」とか「体へのフィット感」とかは一朝一夕では作り上げることが難しい。 だからこそ、数多ある人をダメにするソファの中から当初より人気のある無印良品・ニトリ、衝撃を与えたヨギボーをこの記事で取り上げていく。 では早速王道ビーズソファーの比較をしていくにあたり、日本版人をダメにするビーズソファの無印良品「体にフィットするソファ」についてまずは確認しておこう。 日本版元祖人をダメにするソファ 無印良品「体にフィットするソファ」 Yogibo ヨギボー 上陸の約半年前、2014年春『人をだめにする』というキャッチフレーズでビーズソファーを一躍有名にしたのがあの無印良品だ。 商品名は「体にフィットするソファ」。 無印良品「体にフィットするソファ」とヨギボー Yogibo の比較なしではこのビーズソファー旋風を語れないだろう。 日本では、"人をダメにするソファ"として人気が爆発した無印良品『体にフィットするソファ』。 無印良品ビーズソファの種類 無印良品のビーズソファ「体にフィットするソファ」の大きさは2種類。 「体にフィットするソファ」は2002年の発売当初より1種類のみの展開だったが2019年に「体にフィットするソファ」 小 を販売開始。 2種類のラインナップとなった。 左:小サイズ 右:通常サイズ 無印良品のビーズソファ「体にフィットするソファ」の通常サイズはソファ本体とカバーが別売り、小サイズはソファ本体とカバーがセット売りとなっている。 無印良品「体にフィットするソファ」の価格 「体にフィットするソファ」小サイズが発売されたが、オットマンや背もたれとしての使用用途として開発されたこともあり、この記事では発売から15年以上1種類で人気を牽引してきた 「体にフィットするソファ」通常サイズを取り上げたいと思う。 以下価格は全て税抜き表示 価格 本体+カバー合算金額 ソファー本体 11,667円 9,082円 カバー ベーシック 2,718円 11,800円 カバー デニム他 4,536円 13,618円 2019年9月無印良品は1100品目以上の値下げを実施。 「体にフィットするソファ」本体も2,585円値下げされました。 カバー価格は変更なく据え置きです。 無印良品のビーズソファ「体にフィットするソファ」の人気が上昇すると、それに対抗する様に低価格路線の『ニトリ』でもビーズソファが販売されるようになった。 次は、そんなニトリのビーズソファをチェックしてみよう。 低価格路線「ニトリのビーズソファ」 低価格が売りのニトリのビーズソファは、無印良品の「体にフィットするソファ」に追随するように商品開発され販売開始された。 そのため 無印良品とスペック 大きさ が非常に似ているのが特徴。 ニトリのビーズソファの種類 ニトリのビーズソファは現在3種類。 大サイズ• 標準サイズ• ミニサイズ 無印良品と同じくニトリのビーズソファも本体とカバーが別売りだ。 ニトリのビーズソファの価格 ニトリの中でも、無印良品「体にフィットするソファ」とサイズが酷似しており、 ニトリの中では 一番人気のビーズソファーである「Nストレッチ大サイズ」の価格をここで確認してみよう。 713円 【ニトリの値下げ】2018年10月22日よりニトリビーズソファの中で一番人気の大サイズが630円値下げされました。 カバーの価格改定はありません。 2018年秋にニトリが「ビーズソファ大サイズ」の値下げを実行したため、ソファ本体とカバーを購入しても1万円を切るようになった。 これは先の無印良品やヨギボーのビーズソファと人気の差が広がってきてしまい、価格優位に立てないとニトリのビーズソファは販売が厳しいとニトリが判断したという証拠でもある。 世間の物価は上昇しているのに! ここで、ニトリと無印良品のビーズソファの価格差について改めて確認しておこう。 ニトリと無印良品のビーズソファ価格を比較 ニトリで無印良品のビーズソファと大きさが同じの 大 サイズのソファ本体とカバーを購入しようと思うと、9,250円 税抜 から購入可能。 一方、無印良品「体にフィットするソファ」は、ビーズソファ本体とカバーを購入すると11,800円 税抜 から購入できる。 ニトリと無印良品ビーズソファの価格差2,550円。 無印良品の体にフィットするソファと、ニトリのNストレッチ大は全く同じ大きさ。 絶対的な価格を考えるとニトリのビーズソファに軍配があがるものの、その分ヘタリも早いのがニトリのビーズソファなので2,550円の価格差をどう捉えるか難しいところ。 より安く!ビーズソファ標準サイズという選択 ニトリの場合、を選べばソファー本体のみで4,167円 税抜 別売りカバー1,380円 税抜 と一緒に購入しても5,547円なのでニトリの価格優位性が出てくる。 ただ、大サイズより標準サイズは一回り小さく、ボリューム感も感じにくい上にヘタリやすさを感じやすいという欠点もある。 ニトリビーズソファの価格変更 2015年まではニトリのビーズソファ 大サイズ は『ビーズ " クッション" Nストレッチ 』として売り出されていた。 その価格は、なんと本体+カバーセットで4,900円という安さ。 しかし、ビーズクッションが販売終了しビーズソファーとして販売開始した2016年以降は値上りへ。 2017年および2018年にニトリビーズソファー2度の値下げを実施し、ビーズソファ業界でなんとか価格優位を保っている状態だ。 記事では最新価格を表示 ニトリの魅力は安さ。 ただ、最近では安かろう悪かろうよりも、少し高くてもいいものを使いたいという人が多くなっているのも事実。 座り心地に買い替えコストを考えれば当然だろう。 実際に座って多少使い続けてみればわかるのだが、無印良品とニトリの価格差は当然ながらビーズソファーの品質が反映されていると思った方がいい。 こうして"人をダメにするソファ"として、日本で人気を集めた無印良品のビーズソファ。 そこに追随するように、ビーズソファーを販売してきたニトリ。 そんな日本をよそに、 太平洋を越えたアメリカではもっと人をダメにしてきたソファがあった。 それがヨギボーだったのだ。 アメリカで人気を博す 人をダメにするソファ「ヨギボー Yogibo 」 アメリカで大人気の人をダメにするソファYogibo ヨギボー が2014年についに日本に上陸。 2018年にはビーズソファで売上No. 1を獲得しているのが、ヨギボーだ。 日本でこれまで発売されていたビーズソファとは一線を画すソファで、上陸当初から口コミで人気が拡大。 Yogibo ヨギボー は、無印良品やニトリと違ってビーズソファ専門店。 Yogibo ヨギボー グッズもラインナップされているが、ビーズソファから始まった会社。 まずは、ビーズソファに特化した会社という点がヨギボーと無印良品・ニトリとの大きな違いだ。 無印良品やニトリのビーズソファと同じようなサイズのビーズソファから、人の身長ほどあるビーズソファまでラインナップが豊富。 こんなに大きいビーズソファー見たことある? 大きくてもクオリティーを保てるのが、ヨギボーの凄さ 無印良品でも、ニトリでも、人の身長ほどのビーズソファーは販売されていない。 埋もれるような感覚でリラックスできるビーズソファーでかつ大きさのあるものを作り出すには ビーズとカバーの共に秀でたものが必要なのだ。 ベッド・椅子・リクライニングに早変わり 使い方次第でクッションにもソファーにもなるのがビーズソファーYogibo ヨギボー の特徴。 ヨギボーは、無印良品やニトリと異なり本体にカバーは付属しており17色から自分の好みの色を選ぶことができるのも魅力だ。 別売りカバーも用意されているので洗って清潔に保つのも簡単。 人をダメにするヨギボーソファの種類 ヨギボーソファはビーズソファ専門店というだけあって、全10種類ものビーズソファが揃っている。 大きい順に• それぞれに特徴があり、その人に合うビーズソファを選ぶことができるわけだがヨギボーソファの詳細は「」の記事に譲るとして この記事の主旨である、無印良品・ニトリのビーズソファと比較するためにヨギボーソファーからは4種類の人気ソファーをピックアップしたいと思う。 ヨギボーソファ人気4種 ・ヨギボーマックス:Yogiboで一番人気 ・ヨギボーミディ:マックスとミニの中間 ・ヨギボーミニ:省スペースで満喫 ・ヨギボーピラミッド:ヨギボー中で最安値、最もコンパクトで軽量 長さ 幅 厚み 重さ yogibo max 170cm 70cm 48cm 7. 7kg yogibo midi 125cm 70cm 45cm 5. 5kg yogibo mini 85cm 70cm 45cm 4. 0kg yogibo pyramid 76cm 76cm 66cm 2. 7kg ヨギボーマックス・ミディ・ミニってこんなサイズ 無印良品『体にフィットするソファ』は、上画像一番右のヨギボーミニより更に少し小さいサイズ。 ヨギボーの最小ソファーは、ヨギボーピラミッド。 ピラミッド型でコンパクトな設計になっている。 ヨギボーピラミッド ここまで、個別に各ビーズソファブランドの特徴や概要を取り上げてきた。 どのメーカーのビーズソファが気になった? 体にフィットするソファでビーズソファを一気に広めた無印良品か。 価格的に一番安いニトリか。 はたまた、アメリカでも人をダメにするソファとして爆発的な人気を誇るYogiboヨギボーか。 ビーズソファの公式オンラインショップ• 次は、無印良品・ニトリ・ヨギボーの人をダメにするビーズソファークッションの大きさ重さなどのスペックを徹底比較してみよう! 4. 「無印良品」vs 「ニトリ」vs 「ヨギボー」 ビーズソファのスペック比較 無印良品・ニトリ・ヨギボーそれぞれのビーズソファーの大きさ・重さ・価格を具体的に表で比較していこう。 まずは無印良品「体にフィットするソファ」とYogiboヨギボー人気ソファー4種を比べてみる。 ビーズソファー比較1: 無印良品 VS ヨギボー 長さ 幅 厚み 重さ 価格 65cm 65cm 43cm 6. 7kg 29,800円 yogibo midi 125cm 70cm 45cm 5. 5kg 25,800円 yogibo mini 85cm 70cm 45cm 4. 0kg 15,800円 yogibo pyramid 76cm 76cm 66cm 2. 7kg 12,800円 最初に、大きさを比較してみよう。 ヨギボーの中で無印良品『体にフィットするソファ』とサイズが近いのがヨギボーミニとヨギボーピラミッドだが、 ヨギボーのどのサイズのビーズソファよりも無印良品『体にフィットするソファ』が最も小さい。 次に価格を比較してみよう。 この5種ビーズソファの中での 最安値は、ヨギボーピラミッドだ。 また、大きさの割に無印良品のビーズソファーは重いことも表からわかる。 0kg 重いからボリュームがあるわけではないので注意。 ビーズソファー比較2: 無印良品 VS ニトリ VS ヨギボー 長さ 幅 厚み 重さ 値段 ニトリ ビーズソファ 大 65cm 65cm 45cm 6. 0kg 29,800円 yogibo midi 125cm 70cm 45cm 5. 9kg 25,800円 yogibo mini 85cm 70cm 45cm 4. 2kg 15,800円 yogibo pyramid 76cm 76cm 66cm 3. 1kg 12,800円 まず、価格に注目してみよう。 無印良品・ニトリ・ヨギボーの全ビーズソファの中で、最安値のビーズソファはニトリのビーズソファ。 では、大きさは?といえば、 前述にあったように、無印良品「体にフィットするソファ」はヨギボー最小ソファのヨギボーピラミッドより一回り小さい。 そして、ニトリのビーズソファは無印良品「体にフィットするソファ」とほぼ同じ大きさなので、やはりヨギボーピラミッドより小さいということになる。 2015年以前、無印良品とニトリのビーズソファは重さ等に多少差があった。 しかし、2016年以降現在までニトリが無印良品のビーズソファに価格・スペック共に寄せてきたなという印象で、無印良品とニトリのビーズソファの大きさ・重さは同じ。 もし、極力場所を取らない小さいビーズソファがいいということになれば無印良品・ニトリに軍配があがるだろう。 価格に対するボリュームということになればヨギボーのビーズソファに軍配があがる。 また、無印良品のビーズソファ「体にフィットするソファ」もニトリのビーズソファ「Nストレッチ」もこれ以上大きいビーズソファはない。 座るだけでなく、リクライニングにしたり寝っ転がれるような大きさのビーズソファはヨギボーだけだ。 では、重さは? 無印良品「体にフィットするソファ」ニトリのビーズソファが6. 0kgに対して、ヨギボーピラミッドの重さは半分以下の2. 7kg。 大きさはヨギボーピラミッドの方が無印良品・ニトリのビーズソファよりも一回り大きいのに! ヨギボーで重さ6. 0kgのソファといえば、無印良品・ニトリと比較して大きさがほぼ2倍あるヨギボーミディなのだ。 ヨギボーミディ 言い換えればヨギボーのビーズソファーは無印良品やニトリの半分の軽さを実現している。 なぜなのか? ビーズソファの重さは当然ながらビーズの品質で決まってくるが、 Yogiboヨギボーはビーズソファ専門店ならではの特殊ビーズを使用しているのが無印良品やニトリにビーズソファと大きく異なる点だ。 Yogiboヨギボーは、特殊ビーズによってボリュームがあるにも関わらず軽くて移動が楽にできるソファを完成させることができた。 しかも、ビーズの品質は、ビーズソファのヘタリ具合とも深い関係があるから見逃せない点だ。 人をダメにするソファ徹底比較まとめ 最初に、無印良品・ニトリ・Yogiboヨギボーの各ビーズソファについて確認をした。 その後大きさ・重さ・価格などのスペックを一覧表を用いて無印良品・ニトリ・Yogiboヨギボーのビーズソファ比較してきた。 安い価格のビーズソファといえばニトリというイメージが強いが、無印良品「体にフィットするソファ」が値下げしたこともあり、価格差はあまり大きくなかった。 その上人をダメにするソファのヨギボーの最小ソファーであるヨギボーピラミッド Yogibo Pyramid の価格も大きく変わらないことがわかった。 無印良品「体にフィットするソファ」のサイズは2種類• ニトリのビーズソファのサイズは3種類• 人をダメにするヨギボーソファのサイズは全10種類• 無印良品「体にフィットするソファ」ニトリ「ビーズソファ 大 」は大きさ・重さのスペックが酷似• ビーズソファを価格重視で選ぶならニトリ「ビーズソファ 大 」かヨギボーピラミッド• 無印良品「体にフィットするソファ」ニトリ「ビーズソファ 大 」は、ヨギボーの最小ソファのヨギボーピラミッドよりも小さい• 大人が寝転がれる大きさのビースソファがあるのはヨギボー• ヨギボーのビーズソファは、ビーズ専門店の特殊ビーズによって無印良品・ニトリのビーズソファの半分の軽さを実現 もっと各ブランドソファについて知りたい!という場合は以下の記事を参考に。 人をダメにするソファ選びに迷ってしまったら 人をダメにするソファは一時的な人気から、ソファとしての新しい選択肢として定着し始めている。 従来からあるソファと異なり、簡単に動かすことができてリラックスできてカバーを洗うのも簡単。 そこで、ビーズソファを選んでみようとすると、今や様々な種類が出てきていて迷ってしまうだろう。 楽天市場やAmazonには数多のビーズソファが溢れている。 しかし、ビーズソファをずっと追いかけ続けている管理人は現在あるビーズソファの多くは、本当に「人をダメにできるのか」疑問点も多い。 ビーズソファについては、.

次の

2019.12.08 犬をダメにするベッド

犬 を ダメ に する ベッド ニトリ

記事の主旨 そんなビーズソファ選びの疑問に向き合うべく、王道ビーズソファー「無印良品」vs 「ニトリ」vs 「ヨギボー」について比較することにした。 今回の記事は、ビーズソファについて最初におさえるべき値段・大きさ・重さの基本スペックについて3ブランドを詳しく比較した記事だ。 へたりにくさについての比較は、徹底比較その2で詳しく書いている。 今や人をダメにするソファを検索をかければ数多あるソファがヒットする。 特にAmazonや楽天市場ではブームにのってこぞってビーズソファを販売し始めた。 Amazonや楽天市場で販売されるどこのブランドとも分からないビーズソファだっていいじゃない。 うん、そう思う。 気持ちよくて、耐久性が良ければいい。 しかも安いときたものだ。 安さは魅力。 しかしながら、二番煎じはやっぱり二番煎じなのだ。 ビーズソファは単純な作りだからどこでも模倣できるように思えるが、「へたり対策」とか「体へのフィット感」とかは一朝一夕では作り上げることが難しい。 だからこそ、数多ある人をダメにするソファの中から当初より人気のある無印良品・ニトリ、衝撃を与えたヨギボーをこの記事で取り上げていく。 では早速王道ビーズソファーの比較をしていくにあたり、日本版人をダメにするビーズソファの無印良品「体にフィットするソファ」についてまずは確認しておこう。 日本版元祖人をダメにするソファ 無印良品「体にフィットするソファ」 Yogibo ヨギボー 上陸の約半年前、2014年春『人をだめにする』というキャッチフレーズでビーズソファーを一躍有名にしたのがあの無印良品だ。 商品名は「体にフィットするソファ」。 無印良品「体にフィットするソファ」とヨギボー Yogibo の比較なしではこのビーズソファー旋風を語れないだろう。 日本では、"人をダメにするソファ"として人気が爆発した無印良品『体にフィットするソファ』。 無印良品ビーズソファの種類 無印良品のビーズソファ「体にフィットするソファ」の大きさは2種類。 「体にフィットするソファ」は2002年の発売当初より1種類のみの展開だったが2019年に「体にフィットするソファ」 小 を販売開始。 2種類のラインナップとなった。 左:小サイズ 右:通常サイズ 無印良品のビーズソファ「体にフィットするソファ」の通常サイズはソファ本体とカバーが別売り、小サイズはソファ本体とカバーがセット売りとなっている。 無印良品「体にフィットするソファ」の価格 「体にフィットするソファ」小サイズが発売されたが、オットマンや背もたれとしての使用用途として開発されたこともあり、この記事では発売から15年以上1種類で人気を牽引してきた 「体にフィットするソファ」通常サイズを取り上げたいと思う。 以下価格は全て税抜き表示 価格 本体+カバー合算金額 ソファー本体 11,667円 9,082円 カバー ベーシック 2,718円 11,800円 カバー デニム他 4,536円 13,618円 2019年9月無印良品は1100品目以上の値下げを実施。 「体にフィットするソファ」本体も2,585円値下げされました。 カバー価格は変更なく据え置きです。 無印良品のビーズソファ「体にフィットするソファ」の人気が上昇すると、それに対抗する様に低価格路線の『ニトリ』でもビーズソファが販売されるようになった。 次は、そんなニトリのビーズソファをチェックしてみよう。 低価格路線「ニトリのビーズソファ」 低価格が売りのニトリのビーズソファは、無印良品の「体にフィットするソファ」に追随するように商品開発され販売開始された。 そのため 無印良品とスペック 大きさ が非常に似ているのが特徴。 ニトリのビーズソファの種類 ニトリのビーズソファは現在3種類。 大サイズ• 標準サイズ• ミニサイズ 無印良品と同じくニトリのビーズソファも本体とカバーが別売りだ。 ニトリのビーズソファの価格 ニトリの中でも、無印良品「体にフィットするソファ」とサイズが酷似しており、 ニトリの中では 一番人気のビーズソファーである「Nストレッチ大サイズ」の価格をここで確認してみよう。 713円 【ニトリの値下げ】2018年10月22日よりニトリビーズソファの中で一番人気の大サイズが630円値下げされました。 カバーの価格改定はありません。 2018年秋にニトリが「ビーズソファ大サイズ」の値下げを実行したため、ソファ本体とカバーを購入しても1万円を切るようになった。 これは先の無印良品やヨギボーのビーズソファと人気の差が広がってきてしまい、価格優位に立てないとニトリのビーズソファは販売が厳しいとニトリが判断したという証拠でもある。 世間の物価は上昇しているのに! ここで、ニトリと無印良品のビーズソファの価格差について改めて確認しておこう。 ニトリと無印良品のビーズソファ価格を比較 ニトリで無印良品のビーズソファと大きさが同じの 大 サイズのソファ本体とカバーを購入しようと思うと、9,250円 税抜 から購入可能。 一方、無印良品「体にフィットするソファ」は、ビーズソファ本体とカバーを購入すると11,800円 税抜 から購入できる。 ニトリと無印良品ビーズソファの価格差2,550円。 無印良品の体にフィットするソファと、ニトリのNストレッチ大は全く同じ大きさ。 絶対的な価格を考えるとニトリのビーズソファに軍配があがるものの、その分ヘタリも早いのがニトリのビーズソファなので2,550円の価格差をどう捉えるか難しいところ。 より安く!ビーズソファ標準サイズという選択 ニトリの場合、を選べばソファー本体のみで4,167円 税抜 別売りカバー1,380円 税抜 と一緒に購入しても5,547円なのでニトリの価格優位性が出てくる。 ただ、大サイズより標準サイズは一回り小さく、ボリューム感も感じにくい上にヘタリやすさを感じやすいという欠点もある。 ニトリビーズソファの価格変更 2015年まではニトリのビーズソファ 大サイズ は『ビーズ " クッション" Nストレッチ 』として売り出されていた。 その価格は、なんと本体+カバーセットで4,900円という安さ。 しかし、ビーズクッションが販売終了しビーズソファーとして販売開始した2016年以降は値上りへ。 2017年および2018年にニトリビーズソファー2度の値下げを実施し、ビーズソファ業界でなんとか価格優位を保っている状態だ。 記事では最新価格を表示 ニトリの魅力は安さ。 ただ、最近では安かろう悪かろうよりも、少し高くてもいいものを使いたいという人が多くなっているのも事実。 座り心地に買い替えコストを考えれば当然だろう。 実際に座って多少使い続けてみればわかるのだが、無印良品とニトリの価格差は当然ながらビーズソファーの品質が反映されていると思った方がいい。 こうして"人をダメにするソファ"として、日本で人気を集めた無印良品のビーズソファ。 そこに追随するように、ビーズソファーを販売してきたニトリ。 そんな日本をよそに、 太平洋を越えたアメリカではもっと人をダメにしてきたソファがあった。 それがヨギボーだったのだ。 アメリカで人気を博す 人をダメにするソファ「ヨギボー Yogibo 」 アメリカで大人気の人をダメにするソファYogibo ヨギボー が2014年についに日本に上陸。 2018年にはビーズソファで売上No. 1を獲得しているのが、ヨギボーだ。 日本でこれまで発売されていたビーズソファとは一線を画すソファで、上陸当初から口コミで人気が拡大。 Yogibo ヨギボー は、無印良品やニトリと違ってビーズソファ専門店。 Yogibo ヨギボー グッズもラインナップされているが、ビーズソファから始まった会社。 まずは、ビーズソファに特化した会社という点がヨギボーと無印良品・ニトリとの大きな違いだ。 無印良品やニトリのビーズソファと同じようなサイズのビーズソファから、人の身長ほどあるビーズソファまでラインナップが豊富。 こんなに大きいビーズソファー見たことある? 大きくてもクオリティーを保てるのが、ヨギボーの凄さ 無印良品でも、ニトリでも、人の身長ほどのビーズソファーは販売されていない。 埋もれるような感覚でリラックスできるビーズソファーでかつ大きさのあるものを作り出すには ビーズとカバーの共に秀でたものが必要なのだ。 ベッド・椅子・リクライニングに早変わり 使い方次第でクッションにもソファーにもなるのがビーズソファーYogibo ヨギボー の特徴。 ヨギボーは、無印良品やニトリと異なり本体にカバーは付属しており17色から自分の好みの色を選ぶことができるのも魅力だ。 別売りカバーも用意されているので洗って清潔に保つのも簡単。 人をダメにするヨギボーソファの種類 ヨギボーソファはビーズソファ専門店というだけあって、全10種類ものビーズソファが揃っている。 大きい順に• それぞれに特徴があり、その人に合うビーズソファを選ぶことができるわけだがヨギボーソファの詳細は「」の記事に譲るとして この記事の主旨である、無印良品・ニトリのビーズソファと比較するためにヨギボーソファーからは4種類の人気ソファーをピックアップしたいと思う。 ヨギボーソファ人気4種 ・ヨギボーマックス:Yogiboで一番人気 ・ヨギボーミディ:マックスとミニの中間 ・ヨギボーミニ:省スペースで満喫 ・ヨギボーピラミッド:ヨギボー中で最安値、最もコンパクトで軽量 長さ 幅 厚み 重さ yogibo max 170cm 70cm 48cm 7. 7kg yogibo midi 125cm 70cm 45cm 5. 5kg yogibo mini 85cm 70cm 45cm 4. 0kg yogibo pyramid 76cm 76cm 66cm 2. 7kg ヨギボーマックス・ミディ・ミニってこんなサイズ 無印良品『体にフィットするソファ』は、上画像一番右のヨギボーミニより更に少し小さいサイズ。 ヨギボーの最小ソファーは、ヨギボーピラミッド。 ピラミッド型でコンパクトな設計になっている。 ヨギボーピラミッド ここまで、個別に各ビーズソファブランドの特徴や概要を取り上げてきた。 どのメーカーのビーズソファが気になった? 体にフィットするソファでビーズソファを一気に広めた無印良品か。 価格的に一番安いニトリか。 はたまた、アメリカでも人をダメにするソファとして爆発的な人気を誇るYogiboヨギボーか。 ビーズソファの公式オンラインショップ• 次は、無印良品・ニトリ・ヨギボーの人をダメにするビーズソファークッションの大きさ重さなどのスペックを徹底比較してみよう! 4. 「無印良品」vs 「ニトリ」vs 「ヨギボー」 ビーズソファのスペック比較 無印良品・ニトリ・ヨギボーそれぞれのビーズソファーの大きさ・重さ・価格を具体的に表で比較していこう。 まずは無印良品「体にフィットするソファ」とYogiboヨギボー人気ソファー4種を比べてみる。 ビーズソファー比較1: 無印良品 VS ヨギボー 長さ 幅 厚み 重さ 価格 65cm 65cm 43cm 6. 7kg 29,800円 yogibo midi 125cm 70cm 45cm 5. 5kg 25,800円 yogibo mini 85cm 70cm 45cm 4. 0kg 15,800円 yogibo pyramid 76cm 76cm 66cm 2. 7kg 12,800円 最初に、大きさを比較してみよう。 ヨギボーの中で無印良品『体にフィットするソファ』とサイズが近いのがヨギボーミニとヨギボーピラミッドだが、 ヨギボーのどのサイズのビーズソファよりも無印良品『体にフィットするソファ』が最も小さい。 次に価格を比較してみよう。 この5種ビーズソファの中での 最安値は、ヨギボーピラミッドだ。 また、大きさの割に無印良品のビーズソファーは重いことも表からわかる。 0kg 重いからボリュームがあるわけではないので注意。 ビーズソファー比較2: 無印良品 VS ニトリ VS ヨギボー 長さ 幅 厚み 重さ 値段 ニトリ ビーズソファ 大 65cm 65cm 45cm 6. 0kg 29,800円 yogibo midi 125cm 70cm 45cm 5. 9kg 25,800円 yogibo mini 85cm 70cm 45cm 4. 2kg 15,800円 yogibo pyramid 76cm 76cm 66cm 3. 1kg 12,800円 まず、価格に注目してみよう。 無印良品・ニトリ・ヨギボーの全ビーズソファの中で、最安値のビーズソファはニトリのビーズソファ。 では、大きさは?といえば、 前述にあったように、無印良品「体にフィットするソファ」はヨギボー最小ソファのヨギボーピラミッドより一回り小さい。 そして、ニトリのビーズソファは無印良品「体にフィットするソファ」とほぼ同じ大きさなので、やはりヨギボーピラミッドより小さいということになる。 2015年以前、無印良品とニトリのビーズソファは重さ等に多少差があった。 しかし、2016年以降現在までニトリが無印良品のビーズソファに価格・スペック共に寄せてきたなという印象で、無印良品とニトリのビーズソファの大きさ・重さは同じ。 もし、極力場所を取らない小さいビーズソファがいいということになれば無印良品・ニトリに軍配があがるだろう。 価格に対するボリュームということになればヨギボーのビーズソファに軍配があがる。 また、無印良品のビーズソファ「体にフィットするソファ」もニトリのビーズソファ「Nストレッチ」もこれ以上大きいビーズソファはない。 座るだけでなく、リクライニングにしたり寝っ転がれるような大きさのビーズソファはヨギボーだけだ。 では、重さは? 無印良品「体にフィットするソファ」ニトリのビーズソファが6. 0kgに対して、ヨギボーピラミッドの重さは半分以下の2. 7kg。 大きさはヨギボーピラミッドの方が無印良品・ニトリのビーズソファよりも一回り大きいのに! ヨギボーで重さ6. 0kgのソファといえば、無印良品・ニトリと比較して大きさがほぼ2倍あるヨギボーミディなのだ。 ヨギボーミディ 言い換えればヨギボーのビーズソファーは無印良品やニトリの半分の軽さを実現している。 なぜなのか? ビーズソファの重さは当然ながらビーズの品質で決まってくるが、 Yogiboヨギボーはビーズソファ専門店ならではの特殊ビーズを使用しているのが無印良品やニトリにビーズソファと大きく異なる点だ。 Yogiboヨギボーは、特殊ビーズによってボリュームがあるにも関わらず軽くて移動が楽にできるソファを完成させることができた。 しかも、ビーズの品質は、ビーズソファのヘタリ具合とも深い関係があるから見逃せない点だ。 人をダメにするソファ徹底比較まとめ 最初に、無印良品・ニトリ・Yogiboヨギボーの各ビーズソファについて確認をした。 その後大きさ・重さ・価格などのスペックを一覧表を用いて無印良品・ニトリ・Yogiboヨギボーのビーズソファ比較してきた。 安い価格のビーズソファといえばニトリというイメージが強いが、無印良品「体にフィットするソファ」が値下げしたこともあり、価格差はあまり大きくなかった。 その上人をダメにするソファのヨギボーの最小ソファーであるヨギボーピラミッド Yogibo Pyramid の価格も大きく変わらないことがわかった。 無印良品「体にフィットするソファ」のサイズは2種類• ニトリのビーズソファのサイズは3種類• 人をダメにするヨギボーソファのサイズは全10種類• 無印良品「体にフィットするソファ」ニトリ「ビーズソファ 大 」は大きさ・重さのスペックが酷似• ビーズソファを価格重視で選ぶならニトリ「ビーズソファ 大 」かヨギボーピラミッド• 無印良品「体にフィットするソファ」ニトリ「ビーズソファ 大 」は、ヨギボーの最小ソファのヨギボーピラミッドよりも小さい• 大人が寝転がれる大きさのビースソファがあるのはヨギボー• ヨギボーのビーズソファは、ビーズ専門店の特殊ビーズによって無印良品・ニトリのビーズソファの半分の軽さを実現 もっと各ブランドソファについて知りたい!という場合は以下の記事を参考に。 人をダメにするソファ選びに迷ってしまったら 人をダメにするソファは一時的な人気から、ソファとしての新しい選択肢として定着し始めている。 従来からあるソファと異なり、簡単に動かすことができてリラックスできてカバーを洗うのも簡単。 そこで、ビーズソファを選んでみようとすると、今や様々な種類が出てきていて迷ってしまうだろう。 楽天市場やAmazonには数多のビーズソファが溢れている。 しかし、ビーズソファをずっと追いかけ続けている管理人は現在あるビーズソファの多くは、本当に「人をダメにできるのか」疑問点も多い。 ビーズソファについては、.

次の