重ね重ねありがとうございます。 「重ね重ね」の意味、ビジネスでお礼・お詫び・お願いする時の使い方と例文

重ね重ねありがとうございます。

重ね重ねありがとうございます

「重ね重ね」の意味 「重ね重ね」は「たびたび繰り返して。 いくえにも」という意味です。 「かさねがさね」と読みます。 「重ねる」が二つ、重なっていますね(笑)。 同じ言葉を繰り返すということは、その意味を強調しているわけです。 言葉や行為が重なっている、つまり何回もやっている、何回も言っているということになります。 「重ね重ねお詫び申し上げます」などということで、「繰り返してお詫び申し上げます」という意味になります。 何回も同じことを繰り返すさまや、念を入れていうさまを表す言葉です。 「重ね重ね」の使い方 「重ね重ね」は「重ねて」という意味を強調したものです。 一度では足りないぐらいの気持ちで、何度も詫びたり感謝をしたりしたい時に使います。 名詞に続く場合は「の」を入れることを覚えておきましょう。 【例文】• 重ね重ねお礼申し上げます。 重ね重ねお願いします。 重ね重ねのお願い• 重ね重ねの不幸 お詫びメールやお礼・お願いする時に使ってもOK? 「重ね重ね」はビジネスシーンでも色々な場面で見聞きするような言葉です。 例えばお詫びメールや、お礼、お願いをする時に使えそうですね。 それぞれの場面での使い方を例文とともに確認しておきましょう。 お詫びメールで使うとき お詫びの気持ちをメールで伝える時、やはり本当に申し訳なく思っているということをなんとか伝えたいですよね。 「重ね重ね」を使うことで気持ちの強さを伝えることができますので、お詫びをする時にも使いやすい言葉です。 「本当に申し訳ありません」とか「ご迷惑をおかけいたしました」などの謝罪の言葉が文中に出てくると思いますが、そのあと最後に「重ね重ねお詫び申し上げます」などと使うことでより一層謝罪の気持ちを強調することができます。 【例文】• この度は当方のミスで大変ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。 重ね重ねお詫び申し上げます。 お忙しい中お時間を割いていただきましたのに、ご満足いただける提案ができず申し訳ありませんでした。 重ね重ねお詫び申し上げます。 お礼で使うとき 「重ね重ね」はお礼の時も使えます。 「重ね重ね御礼申し上げます」などとして、より一層の感謝の気持ちを伝えることができますね。 【例文】• お忙しい中お越しくださりありがとうございました。 また結構なお品を頂戴し、重ね重ね御礼申し上げます。 この度はお買い上げくださり、誠にありがとうございます。 また詳しいご感想を賜りまして、重ね重ね感謝申し上げます。 お願いで使うとき 「重ね重ね」は何かをお願い(依頼)する時にも使います。 「重ね重ね恐縮ですが、~いただけますでしょうか」といった形で使うことが多く、何度もお願いして恐縮です、という気持ちを表すことができます。 【例文】• 先日からお願いしておりました件、重ね重ね恐縮ですがお早めにご回答をいただきたく、よろしくお願いいたします。 「重ね重ね」を使う際の注意点 「重ね重ね」は気持ちを強調して伝えることができる便利な言葉でしたね。 ですが、使い方には注意が必要です。 「重ね重ね」の誤用 「重ね重ね」は「重ねて~します」という意味なので、いきなり冒頭で「重ね重ね」は使いません。 お礼やお詫びなど、気持ちを伝えた上で後からもう一度「重ね重ね」で改めて気持ちを伝え直す、という使い方をしますので注意しましょう。 【誤用の例文】• この度はお買い上げいただき重ね重ね御礼申し上げます。 さて、……• おはようございます。 昨日はご迷惑をおかけして重ね重ねお詫び申し上げます。 「重ね重ね」は「忌み言葉」 「忌み言葉」とは、結婚式やお葬式では使わない方がよいとされている言葉です。 慶事や弔事には、縁起が良くない言葉ということですね。 結婚式のスピーチで「切れる」「別れる」などと言ってはいけない、などというのが有名ではないでしょうか。 同じ言葉を繰り返す「重ね言葉」も慶弔事にはよくないとされていて、「重ね重ね」もこれにあたります。 ですから、 結婚式やお葬式で「重ね重ね」は使わないようにしましょう。 【誤用の例文】• (結婚式で)重ね重ねおめでとうございます。 (葬儀で)重ね重ねお悔やみ申し上げます。

次の

「重ね重ね」の意味と使い方・例文・類語|謝罪/お詫び/お礼

重ね重ねありがとうございます

「重ね重ね」の意味 「重ね重ね」は正しい表現 「重ね重ね」という表現は、一見同じ言葉を繰り返しているため、とくにビジネスシーンでは間違った言葉では?という印象をもっている人もいるかもしれません。 結論から言うと「重ね重ね」は、日本語として正しい言葉になります。 意味としては「念を入れて」や「同じようなことを繰り返す」というさまを表現する言葉。 そのため、名詞や動詞などの言葉の前に「重ね重ね」をつけることで、繰り返し気持ちを伝えたり、その言葉に重みをつけることができます。 「重ね重ね」の類語 「重ね重ね」の類語には、「重ねて」や「くれぐれも」、「重々」、「度々」、「再三」など数多くの言葉が存在します。 どの言葉も、前後の言葉を強調したり、複数回繰り返すという類似点はありますが、その意味や強調するポイントなどは、言葉によって若干変わってきます。 「重ね重ね」の使い方 「重ね重ねありがとうございます」などお礼で使う 「重ね重ね」の代表的な使い方のひとつに、「重ね重ねありがとうございます」や「重ね重ね感謝を申し上げます」などのお礼の言葉と一緒に使うという使い方があります。 感謝の気持ちに「重ね重ね」をつけることで、より感謝しているという自分の気持ちを相手に伝えることができるのです。 ただし、あくまでも感謝の気持ちをさらに「重ねて」という意味があるので、まずは冒頭に感謝の言葉を述べた後に、さらに感謝の言葉を述べたいときに使うのが正しい使い方です。 「重ね重ね申し訳ありません」などお詫びで使う お礼の言葉以外にも、お詫びの言葉と一緒に使うことも「重ね重ね」を使う代表的な使い方のひとつになります。 「重ね重ね申し訳ありません」や「重ね重ねお詫び申し上げます」といった使い方です。 この場合も、より感謝の気持ちを伝えるのと同じように、より申し訳なく感じていますという気持ちを相手に伝えることができます。 「重ね重ね」を使った例文 お礼やお詫びの言葉と一緒に使うことの多い「重ね重ね」ですが、そのほかにもこのような使い方があります。 重ね重ねの質問になり、申し訳ありません。 重ね重ねよろしくお願いいたします。 重ね重ねの説明になりますが• 重ね重ねのお願いで大変恐縮ですが 「重ね重ね」を使う場合の注意点 メールで使う場合の「重ね重ね」 ビジネスメールにおいて、相手方にお礼やお詫びのメールを送る際、より自分の気持ちを強調して伝えるためには「重ね重ね」を使って、お礼やお詫びの言葉を重ねるのは効果的な使い方です。 ただし、いくら自分の気持ちを強調したいからといって、何度も「重ね重ね」を使ってしまうと文章的にも読みにくいだけではなく、相手もしつこいと感じてしまうためあまりよい印象は持たれません。 そのため、ビジネスメールなどで「重ね重ね」を使用する際は、メールの最後の締めくくりとして、再度自分の気持ちを伝えるのに使うのが効果的な使い方だと言えます。 単体で使う場合と「の」をつけて使う場合がある 「重ね重ね」という言葉を使用する際に「重ね重ね」とそのまま使用する場合と、「重ね重ねの」と「の」をつけて使用する場合があります。 基本的には、「重ね重ね注意する」などの後に続く動詞を強調する場合は、そのまま使用します。 「重ね重ねの注意」などの後に続く名刺を強調する場合は、「の」をつけて使用するのが正しい使い方です。 後に続く言葉が名詞のみの場合は「の」をつけると覚えておけばよいでしょう。 「重ね重ね」は忌み言葉 世の中には「忌み言葉」といって、結婚式や受験、感謝の言葉を述べる際などのその時々によって使ってはいけないとされる、縁起の悪い言葉が存在します。 例えば「去る」や「切る」、「帰る」などは婚礼での忌み言葉にあたりますし、「滑る」や「落ちる」、「つまずく」などは受験の際の忌み言葉にあたります。 実はこの「重ね重ね」も忌み言葉のひとつとされており、婚礼の場ではこのような重ね言葉は、「結婚を重ねる」=「別れる」というイメージを持たれるため、使ってはいけないとされています。 まとめ 「重ね重ね」をうまく使うことで、相手に自分の気持ちをより伝えるということができます。 ビジネスシーンのなかで、自分の気持ちを相手に伝えるという場面は多いため、「重ね重ね」を上手に使うことは、ビジネスをより円滑に進めることにつながると言っても過言ではないでしょう。 ぜひ、ここで紹介させていただいた「重ね重ね」という言葉を、自身のビジネスシーンの中で役に立ててみてはいかがでしょうか。

次の

重ね重ねありがとうございます。ご来館者数5万人達成!

重ね重ねありがとうございます

年齢確認 このページには18歳未満(高校生以下)の方に好ましくない内容が含まれる 可能性があります。 18歳未満(高校生以下)の方の閲覧を固くお断りいたします。 ご利用のブラウザはJavaScriptが無効になっている可能性があります。 ブラウザの設定を確認し、JavaScriptを有効にしてください。 ご利用のブラウザはjQueryが利用できない可能性があります。 ブラウザやセキュリティ対策ソフトの設定を見直してください。 ご利用のブラウザはCookieが無効になっている可能性があります。 ブラウザの設定を確認し、Cookieを有効にしてください。 現在表示中のページは小説家になろうグループの管轄ではない可能性があります。 アドレスバーを確認し、URLのドメイン部分が nl. syosetu. comである事を確認してください。

次の