西田 サーブ。 西田有志(バレー)のサーブや筋肉のすごさ、ガッツポーズの種類は?

【Vリーグ】ジェイテクト初優勝に導いた西田有志の驚異のジャンプサーブ(SPAIA)

西田 サーブ

人物・来歴 [ ] バレーボールを始めたのは、幼稚園児の頃からで「兄・姉がやっていたから」だと云う。 時代の、第28回全国都道府県対抗中学バレーボール大会の三重県選抜チームに選出された経歴を持つ。 高校進学に当たっては東海地区のバレーボール強豪校であるのなどから誘いを受けたが、「地元がいい」と、への進学を選んだ。 時代はの壁が厚く、(春高バレー)への出場は一度もなく、(インターハイ)は2017年度の一度だけの出場であった。 その高校時代には(・)に出場するU-19日本代表に選出され 、大会では優勝を果たした。 、高校3年の時に男子のに高卒内定選手として入団。 西田がSTINGSを選んだのは「実兄がで働いていて、『バレーボール部もあるんやで』と教えてくれたから」だったと云う。 海星高等学校は2018年1月の春高バレーに出場出来なかったため、西田は2018年1月6日の対()戦で高校生選手としてVプレミアリーグの公式戦に初出場を果たしスパイク決定率70%を記録し 、その翌日の戦では早くもスターティング・ラインアップに名を連ねてチーム最多の26得点を叩き出すなど鮮烈なデビューを飾った。 2018年4月に海星高等学校を卒業して、正式にジェイテクトSTINGSに入団。 時を同じくして監督率いるに大抜擢を受けた。 2019年のでは、ベストサーバー賞を獲得。 なお、カナダとの最終戦・最終セットでは、9-9から5度のサービスエースを含む6連続ブレークを記録してチームを勝利に導いた。 球歴・受賞歴 [ ]• - -• - 2018年• - 2018年• - 2019年 所属チーム [ ]• 大安ビートル• オーシャンスター• (2018年 - ) 脚注 [ ].

次の

【Vリーグ】ジェイテクト初優勝に導いた西田有志の驚異のジャンプサーブ(2020年3月9日)|BIGLOBEニュース

西田 サーブ

脅威のスパイク最高到達点 西田有志選手は なんとスパイク最高到達点は346cm!驚異のジャンプ力ですよね。 とてつもないジャンプ力を誇っている日本のエース石川祐希選手! 石川祐希選手のスパイク最高到達点が351cm! その差は5cmです。 西田有志選手の身長が187cm、石川祐希選手は192cmですから なんと西田選手のジャンプ力は石川選手と同じだということがわかります。 実際には身長によって腕の長さも違ってきますから、 もしかしたら西田選手のほうがジャンプ力があるのかもしれません、、 これは西田有志選手が高校時代 海星高校 のときの動画です。 いや、遊びで軽々とダンクって!おい!って感じですね 笑 海星バレー部、西田有志のダンク🔥🔥 — 清水大輝 taipei20144 サーブやレシーブも 驚異的なジャンプからの豪快なスパイクにだれもが注目してしまいますが、 西田有志選手の魅力はスパイクだけじゃないんです。 まずは、サーブです。 もう早すぎて目が追い付かないんです。 日韓親善試合2日目 の高速サーブがポジションに移動ようとした韓国のオポジットにあたってエース — たんす qqqzzz5 しかも西田選手はこの力強いジャンプサーブを 勝負所でも叩き込んできますからね。 ほんとに精神力が半端ないです。 同じ人間に思えない。 自分的分析だけど、テイクバックで肘めちゃちゃ引っ張るのに、それからのスイングの速さミート時の通過点が落ちないのが彼のスゴイところ。 このサーブもタイム開け1発目。 怪我だけはしないでくれ! — あつ Ushiomaru410 さらにリベロの経験があるようで、レシーブもうまい。 隙がありませんね。 完璧すぎるバレーボール選手です。 大学に進学しなかった理由は!? さて、気になるのが西田有志選手が大学に進学しなかった理由についてです。 バレーボールで優秀な高校生は大学に進学後、Vリーグに入団することが多いです。 実際に、現在の全日本男子で活躍している石川祐希選手や柳田将洋選手もそうです。 その理由についてはインタビューで答えてくれてたようです。 『日本を救えるような選手になりたい。 そのためには、こういう経験を何回も何回も積み重ねなければ。 しっかり経験を積んで、レベルを上げて、託されるような選手になりたいですね。 今はまだまだ信頼されていないというか、託されるような人間ではないと思うので、 もっと人間的にも成長しなきゃいけないと感じました』 引用元:スポーツスポーツナビ 現在、同じポジションの清水邦広 しみずくにひろ 選手のけがは続いていますし、 代わりに出場している選手も本来は違うポジションでプレーしてる人たちですから、 西田選手が日本男子バレーボールのOPを担う可能性が非常に高いですね。 まだ19歳ということですから、まだまだ成長を続けていくことでしょう。 西田選手の今後の活躍に期待です!.

次の

【Vリーグ】ジェイテクト初優勝に導いた西田有志の驚異のジャンプサーブ|【SPAIA】スパイア

西田 サーブ

サービスエースを決めた日本代表の西田有志=15日、広島県立総合体育館 15日まで行われたバレーボールのワールドカップ(W杯)男子大会で、日本は28年ぶりの4位に躍進した。 原動力は19歳の西田有志(ジェイテクト)。 サービスエース29本を決め、2位に10本差をつけてベストサーバーに輝いた。 世界に衝撃を与えたのは最終戦のカナダ戦。 連戦を考慮してベンチスタートだったが、最終セットの9-9の場面でリリーフサーバーとして投入されると、立て続けにサービスエース。 「ベストのモーションで打ち切って点数を取るという単純な考えでやれた」。 それまでのシーソーゲームがうそのように、一気に勝負が決まった。 昨年3月に三重・海星高を卒業。 男子では珍しく大学を経ずにVリーグに進み、すぐに全日本入りした。 身長は186センチとアタッカーとしては高くないが、最高到達点は身長が2メートルを超えるチームメートと遜色ない346センチ。 ジャンプサーブに加え、スパイクは一級品だ。 総得点でも今大会3位となり、ベストオポジット(セッター対角)にも選ばれたが、「チームであの(表彰)台に上りたいという気持ちがより強くなった」。 あと一歩でメダルを逃した悔しさが上回った。 今季の代表としての活動は終わり、26日にはVリーグが開幕する。 「何か変わったというところを新たに見せるために、成長しないといけない」。 来年の東京五輪を見据え、決意を語った。

次の