十万ウォン 日本円。 日本円を韓国ウォンに両替する一番お得な方法

日本の通貨単位を「円」とした意外な人物とは

十万ウォン 日本円

韓国ウォンの種類 大韓民国の通貨単位は 「원(ウォン)」です。 お札の種類 1000ウォン 천원(チョノン) 5000ウォン 오천원(オチョノン) 10000ウォン 만원(マノン) 50000ウォン 오만원(オマノン) 小銭の種類 500ウォン 오백원(オベグォン) 100ウォン 백원(ベグォン) 50ウォン 오십원(オシブォン) 10ウォン 십원(シブォン) お金の数え方・読み方 韓国語(ハングル)には、2種類の数字の読み方・数え方があります。 お金(価格)を表すときは数字の漢数詞を使います。 1 イル 일 2 イ 이 3 サム 삼 4 サ 사 5 オ 오 6 ユク 육 7 チル 칠 8 パル 팔 9 ク 구 10 シプ 십 100 ペク 백 1000(千) チョン 천 10000(1万) マン 만 10万 シムマン 십만 100万 ペンマン 백만 例えば「3,000ウォン」の場合 「1000(千)」を表す 천(チョン)の前に「3」を現す 삼(サム)をつけて 삼천(サムチョン)。 これに 원(ウォン)をつけて 삼천원(サムチョンウォン)となります。 (ウォヌロ パックォ ジュセヨ) 『ウォンに換えてください。 』 이만원 빌려 주세요. (イマノン ピルリョ ジュセヨ) 『2万ウォン貸してください。 』 만원만 주세요. (マノンマン ジュセヨ) 『1万ウォンだけください。 』 일본 엔을 한국 원으로 환전해 주세요. (イルボン エヌル ハングク ウォヌロ ファンジョネ ジュセヨ) 『日本円を韓国ウォンに両替してください。 』 한국 원이 없어요. (ハングク ウォニ オプソヨ) 『韓国ウォンがありません。

次の

ベトナムドン→日本円にすると?【ベトナム出張1日目・食べ物写真あり】

十万ウォン 日本円

圓(えん、げん、ウォン、ドル、パタカ、トゥグルク)は、の各国において使用されているのである。 なお「圓」は元来、「」を意味する文字で、における「」のである。 現在では各国において通貨単位は「円」、「 圆」、「元」、「 원」の文字が使用され、現在でも貨幣面に「圓」を用いているのはを標準字体とする、およびである。 「圓」の文字はでは「 」(Yuan)と簡略化されるようになった。 韓国の(: 원、:Won)は過去には漢字で「圓」と書いたが、一時期に「圜」(ファン、: 환、ローマ字:Hwan)に変えた。 その後ウォンに回帰したものの、現在は公式的に漢字の「圓」を廃棄してにもハングルで書く。 、およびは現在でも「圓」の文字が使用されている。 メキシコドル(8レアル)、1894年 中国においては古来からが通貨として広く用いられてきたが、経済の拡大、あるいは産銅不足から銅銭のみによる取引に限界が生ずるようになった。 ・以後には紙幣や銀(銀地金や銀製品)が通貨の代わりに用いられるようになり、・においても銅銭は引続き併行流通したものの、と呼ばれるが通貨の主導的な地位を占めるようになった。 になるとやの代価として、およびそのであったから多量のなどのが流入するようになり、「 」と呼ばれて中国国内でも広く流通した。 銀圓は従来の銀錠に対し、メキシコドルが円形の銀貨であったことに由来する。 メキシコはで「墨西哥」と表記され、メキシコドルは「墨銀」とも呼ばれた。 日本においてもの開港要求に応じた結果、7月から、日本国内外のの違いによりが多量に流出すると云うが生じ、代わりに多量のメキシコドルが流入した。 を描いたピラードルとも呼ばれるはスペイン王の命によりに鋳造が始まり、には、からはを描いたメキシコドルが発行された。 特にメキシコドルはまでに総鋳造量が約35億5000ドルに達し、世界の流通市場を圧倒した。 メキシコドルは量目27. 07グラム、品位90. 圓とドル [ ] の起源はであるとされるが、アメリカのはメキシコドルに基づくもので、量目、銀品位もほぼ等しくつくられた。 また東アジアにおいてはドルを漢字「圓」で表記したのであり、圓、ドル共に元をたどれば起源を同じくするもので、19世紀後半において圓、ドルは国際通貨であった。 しかし300年以上に亘る流通と、圧倒的な鋳造量を誇るメキシコドルに対し、歴史の浅いアメリカ、香港および日本などの銀貨は市民権が容易には得られず市場において若干の増歩を要求される始末で、アメリカおよび日本は量目を420(27. 216グラム)と若干増量したを発行して対抗したが成功には至らなかった。 ごろまでは世界各国においてが主流であったが、には、からはアメリカ、、からはと欧米各国が相次いでへ移行した。 日本も名目上はから金本位制を敷いていたが、金準備の絶対的不足、金貨の国外流出から金本位制はほとんど機能せず、からは貿易一圓銀貨を事実上の本位貨幣とし、事実上、他の東アジア諸国と並ぶ銀本位制となっていた。 その後、世界的な銀の増産、各国の銀本位制からの離脱は金高銀安を招き、19世紀終盤には銀本位制であった東アジア諸国の圓は、など金本位制の通貨に対し相対的に下落した。 中国および台湾では、米ドルは「美圓()」、は「欧圓(、)」などと表記される。 香港 [ ] 貿易銀壹圓、1895年 ではにがイギリスとの貿易地として事実上開港され、には公認の開港地となった。 主にイギリスとの貿易においてメキシコドルが多量に流入し一帯で流通するようになった。 の結果、8月29日ににおいて香港がイギリスに割譲されることとなった。 にイギリスは香港にを設立し、から量目416グレーン(26. これは表面に「壹圓」および「ONE DOLLAR」と額面が表記され「香洋」と呼ばれた。 しかしながら多量に流通しているメキシコドルに対し、この一圓銀貨は市民権を得ることなく増歩まで要求される始末であったためには製造停止、造幣局も閉鎖に追い込まれた。 発行枚数は僅か2,108,054枚にとどまるものであった。 このときの造幣局長であったは、後に設立された日本のの首長となり、不要となった造幣機械も日本へ売却移送された。 やがてイギリスはとの貿易において様々な種類の大型銀貨が混在流通する中、におけるイギリスの信用を確立するため、から貿易取引専用の貿易銀を発行することとした。 この「站人洋」と呼ばれた貿易銀は先に香港で発行された一圓銀貨および日本の一圓銀貨と同じ量目、品位でつくられた。 は「」と表記される。 「港圓」は過去の表記であるが、現在も使用し続けている。 日本 [ ] 一圓金貨、1872年 は金、銀、銭の三貨が併行流通するというものであり、それぞれの単位は「、分、」、「、」、「」であった。 しかもそれぞれがで取引され、金貨は四進法と複雑なものであった。 により通貨の国際化を迫られたは2年(1866年)のにおいて国外から持ち込まれる金銀貨を日本の貨幣に改鋳することを請求できる自由造幣局の設立を確約した。 また『』には「一両ヲ一圓…ト云フガ如キハ、徳川時代、漢字書生間ノ通語ナリキ」と記されているように、江戸時代後期には一部の知識人の間で両を圓と呼ぶ風習が普及していたという。 新貨幣の通貨単位として「圓」が採用されることとなり、この日付は明治2年3月4日とされる。 しかしその議決書には「…各国通行ノ制ニ則リ百銭ヲ以テ一元ト定メ…」と記されていた。 また圓は「Yen」と表記されるが、なぜ「En」でなかったかは定かでない。 しかし「En」では「イン」と発音される恐れがある、「十円」を「Ten en」と表記すると「テネン」と発音される恐れがある、あるいは三文字とした方が安定感があるとの説がある。 明治2年7月12日(1869年8月19日)のでは日本政府は近代貨幣制度に移行することを確約した。 明治3年11月12日(1871年1月2日)太政官裁定において、一圓銀貨を本位貨幣、金貨その他を補助貨幣とする案がまとめられたが、明治3年12月29日(1871年2月18日)、アメリカに出張中のは、「現在、世界の大勢は金本位に向かいつつあり」とに対し建言し、金本位制が採用されることとなった。 明治4年5月10日(1871年6月27日)には近代的な貨幣制度を定めたが制定された。 新貨条例において、新貨幣の呼称は圓を以て起票とし、一圓金を原貨と定め一圓金は1. 5グラムのを含むことが規定された。 また貿易取引専用に香港の一圓銀貨と同じ量目、品位のが発行された。 すなわち新貨条例には2つの「圓」が規定され、当初貿易一圓銀100圓は101圓に等価と定められた。 旧一両は新貨幣一圓と等価に定められ、通貨単位の移行は比較的スムーズなものとなった。 明治30年()10月1日に施行されたでは「純金ノ量目二分(0. 2匁、0. 75グラム)ヲ以テ価格ノ単位ト為シ之ヲ圓ト称ス」と金平価が半減することとなった。 の敗戦による戦後対策として昭和21年()3月3日にはが実施された。 昭和21年(1946年)11月16日にはがを作成し、「圓」はでは「円」と表記されることとなり、では昭和23年()発行のおよび、では昭和25年()発行のより「円」の表記となった。 では、「」あるいは「日元」と表記される。 韓国 [ ] 壹圓紙幣、1932年 においてはまで、常平通寶(葉銭)一文銭および折二銭(二文銭)、その他、五文、十文などの大型銭が流通していた。 この 원は、で図形のを表す文字である。 光武9年(1905年)6月からは大阪造幣局において韓国の貨幣の製造を請負うこととなった。 これらは日本の貨幣と量目、品位が同一で、図案も酷似していた。 8月22日の後、1月には旧韓国貨幣条令に基づく貨幣は今後一切製造せず、将来は日本の貨幣法に基づく貨幣に統一することを申し合わせた。 4月1日に韓国において日本の貨幣法が施行された。 第二次世界大戦後には解体し、アメリカ統治下でにおいては暫定的なウォンが発行され、1950年にはが設立されてが発行されるようになった。 一方、では統治下で1947年12月6日にの通貨と置き換える形でが発行されるようになった。 中華圏ではそれぞれ「(韓元)」、「(朝鮮元)」と表記される。 中国 [ ] 壹圓銀貨、1933年 18世紀以降、清国では従来の銀錠に加えて、メキシコから流入したメキシコドルが流通し始めたが、には広東造幣廠が設立され、メキシコドルとほぼ等しい量目七銭二分(26. これは中央政府が発行するものではなく、各省政府による発行であった。 さらに、この七銭二分は日本の七匁二分に相当し、額面ではなく量目を表すものであった。 しかしながららは持ち込まれる銀地金や他地域の銀錠の改鋳手数料により収入を得ていたため、このような計数銀貨の発行は両替商らの抵抗に遭うことになった。 中華民国元年()1月1日に、によりが断行され、が成立した。 中華民国3年()からはの肖像と壹圓の文字を刻んだ量目七銭二分(26. 中華民国22年()3月にはを布告し、4月6日に秤量貨幣の通貨単位としての銀両は廃止され、が導入された。 に国民政府中央造幣廠が設立され、銀本位制を定めた銀本位幣鋳造条例に基づく、量目0. 715両(26. これは表面に孫文の肖像を描くもので「孫文像幣」とも呼ばれた。 中華民国24年()11月4日、国民政府は幣制改革を断行し、銀本位制は廃止され管理通貨制度となり、法幣一元=イギリス12. 5のとなった。 後、中華民国政府の軍ととの間でが起こった。 この間にが多量発行され激しいインフレーションとなった。 中華民国38年()12月7日に国民政府は台湾へ移転し、中華民国37年(1948年)12月1日から中国共産党により設立されていたが発行する(Yuan、CNY)が中国本土に流通することとなった。 台湾 [ ] 壹圓洋銀貨、1973年 台湾においても中国本土と同様にメキシコドルなど大型銀貨が流通していたが、以降は日本の一圓銀貨も流入し始め次第にシェアを拡大していき、刻印の打たれたものは「粗龍銀」、打たれていないものは「光龍銀」と呼ばれて流通していた。 しかし1897年に日本が金本位制を主軸とする貨幣法を施行してから一圓銀貨の製造は停止され、日本国内では4月1日限りで廃貨となり、以降日本の支配下にあったためこの一圓銀貨の廃止は台湾に多大な影響を与えるものであった。 そこで暫定措置として1897年10月22日から、一圓銀貨に丸銀を打ったものを台湾に回送して公納および政府の支払いに用いることを認めた。 しかし丸銀の刻印の有無により通用の可否が決まるということでは混乱を招くため、11月21日からは刻印の有無に拘わらず通用を認めた。 1898年7月30日には一圓銀貨はの告示する時価において無制限通用となった。 からは旧来の一圓銀貨と全く同形式の台湾銀行券引換元圓銀が製造され台湾に回送されることとなった。 しかし銀相場は不安定な動向であったため4月1日に、台湾にも日本の貨幣法が施行された。 中華民国38年(1949年)6月15日から、国共内戦により台湾に逃れてきた中華民国政府によりが発行されることとなった。 この通貨単位の表記は旧来からの「圓」が現在も引き継がれている。 台湾ドル(台湾元)は「代圓()」と表記される。 澳門 [ ] 伍圓(5パタカス)銀貨、1971年 にに人が到来してとの交易に乗り出し、マカオに居留地を確保した。 香港がイギリスの植民地となったのに引き続き、にポルトガルも「マカオ自由港」を宣言して、にマカオを植民地化した。 マカオにおいてもメキシコドルを始めとする銀圓が広く流通していたが、にからが発行されることとなった。 独自の貨幣はより発行された。 パタカはスペインペソ銀貨をにおいてアブダカと呼んだことに由来する。 1980年代より貨幣のデザインのポルトガル色は薄れていった。 この「パタカ、Pataca」は「圓」の読みである。 マカオ・パタカは香港ドルに対しとなっている。 マカオ・パタカは「澳門圓()」と表記される。 海峡植民地 [ ] 壹圓銀貨、1903年 より各地にイギリスの植民地が誕生し、と呼ばれて交易が始まり銀圓が流通するようになった。 からイギリスは海峡植民地との交易専用に貿易銀を発行し、従来のイギリス貿易銀やメキシコドルの輸入が禁止された。 表面はの肖像、裏面はイギリス貿易銀と同じく「壹圓」、「ONE DOLLAR」およびで額面が表記され、製造地はのおよびであった。 から発行されたものは416グレーン(26. モンゴル語の「トゥグルク」 [ ] 1トゥグルク銀貨、1925年 や、など、をとする国家では、「圓」 円 と同義の「 , Tukhrik 」が貨幣単位として使用された。 3g 、ロシア・ルーブル、米ドルなどが流通していた。 1トゥグルク銀貨は40万枚発行され、量目19. 翌年1月1日を期して、すべての財政報告、予算、再出入をトゥグルクで算出する決定がなされ、1928年4月1日より、トゥグルクが国内流通する唯一の通貨と定められ、同月13日、トゥグルクの交換価値を強化すべく、金本位制が導入された。 貨幣はので製造され、当初はで表記されていたが、のソ連民族主義否定政策によりのが公用語とされ、からはモンゴルの貨幣もキリル文字表記となった。 の後、から貨幣の表面にモンゴル文字が復活し、裏面にはキリル文字が表記されるようになった。 満州国では、貨幣単位として「圓」が採用されたが、紙幣上には「圓」表示とともにモンゴル文字により「トゥグルク」も表記されている。 満州 [ ] 満州壹圓紙幣、1944年 元年()、満州国建国宣言の3ヵ月後の6月11日に満州国貨幣法が施行され、「純銀ノ量目23. 91グラムヲ以テ貨幣ノ単位ト為シ之ヲ圓ト称ス」と通貨単位として「(Yuan)」が規定された。 当初は形式上、旧来の中国の幣制に倣った銀本位制であったが、2年()から中華民国政府は不換紙幣である法幣を発行し、満州国圓は同年11月から金本位制に基づく日本の通貨に対し固定相場制として等価に定められた。 ただしが発行した紙幣(満州中央銀行券)は不換紙幣であり、当時兌換が停止された日本の通貨と同様、金本位制は名目上のものであった。 満州に入植した当時の日本人は圓を「エン」と呼んだ。 8月、の日本の敗戦により満州国は崩壊し、には約120億圓の満州中央銀行券が回収された。 参考文献 [ ]• 三上隆三 『江戸の貨幣物語』 東洋経済新報社、1996年• Krause and Clofford Mishler, Colin R. Brucell, Standard catalog of WORLD COINS, Krause publications, 1989. 貨幣制度調査会 『貨幣制度調査会報告』 1895年• 明治財政史編纂会編 『明治財政史(第11巻)通貨』 大蔵省編纂、1905年• モンゴル科学アカデミー歴史研究所『モンゴル史』恒文社1988, pp. 245-246• 平石国雄、二橋瑛夫 『世界コイン図鑑』 日本専門図書出版、2002年 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (英語) (ドイツ語) (フランス語)• (英語) (ドイツ語) (フランス語).

次の

日本円を韓国ウォンに両替する一番お得な方法

十万ウォン 日本円

日本円を韓国ウォンに両替するなら、できるだけお得に両替したいですよね。 主人が韓国によく出張で行くのですが、ウォンへの両替手数料は会社は出してくれず自腹なので必死です(泣) 出張に行くほど持ち出しが多くなるなんて、損してる気分。。 ということで、 どこで両替するのが一番お得になるのかを色々調べましたので、まとめていきます。 韓国ウォンの両替手数料 日本円10,000円を韓国ウォンに両替した場合、手元にいくら残るかを計算してみました。 1円で計算した場合 両替するところ 1万円がいくらになるか ウリ銀行、IBK企業銀行(ソウル駅のみ) 9,700円~9,800円 両替所(明洞、南大門など) 9,300円~9,500円 9,620円 韓国の市中銀行 8,750円 韓国の空港 8,700円 日本の銀行 8,200円 日本の空港 7,900円 ウリ銀行、IBK企業銀行 ウリ銀行とIBK企業銀行、この2つの銀行が最安値の手数料両替所を新たにオープンしましたが、ソウル駅まで移動しないとダメです。 ソウル駅まで空港鉄道に乗って移動する電車賃と電車で30分かけて行く時間を考えたら、ソウル駅まで行く用事がなければわざわざ行く必要はないかなと思います。 韓国の両替所 韓国には両替所が数多くありますが、違法両替所もたくさん存在しているのが事実。 両替する金額にもよりますが、わざわざ両替の為に明洞や南大門まで行くなら交通費のほうがもったいないです。 両替所はたくさんありますので競争になってます。 1万円、2万円の両替だったら大した差はないです。 明洞や南大門に観光で行く予定があれば、両替しても良いんじゃないでしょうか。 有名なのは• 明洞(ミョンドン)• 南大門(ナンデムン)• 東大門(トンデムン) にある両替所です。 明洞(ミョンドン)は、日本でいう原宿や渋谷のような町で夜遅くまで若者たちでにぎわっています。 両替所もたくさんあるので競争率が激しいことから、良いレートで両替できます。 ただ、道端でみかける「簡易両替所」と呼ばれるところは、きちんとした認定書をもらっていない 違法両替所が多いので、偽物のお金をつかまされることもあるので注意が必要です。 もちろん他にもありますが。 セブンイレブンは24時間営業なのでいつでも両替ができるのが便利なのと、公認両替所なので安心です。 店長さんは日本語がしゃべれるそうなので、それも安心材料のひとつですね。 この両替所があるのは「明洞店」だけです。 明洞にはセブンイレブンがたくさんあるので他の店舗に行かないように注意してくださいね。 南大門市場の両替おばさん 南大門市場に行くと、両替をしてくれるおばさんたちが有名なようです。 このおばさんたちは公認両替所や銀行よりもレートが良いということで有名になりましたが、許可を得ていません。 日本人観光客がウォンを騙し取られる事件も発生していますし、今では公認両替所と両替おばさんのレートにはほとんど差がないようなので、できれば違法な両替商は利用しないほうが賢明です。 マネパカード マネパカードは、いわゆる 「海外専用プリペイドカード」。 行く前に日本円をチャージしておくと、チャージしたお金で買い物したり、ウォンに換金してATMで引き出せます。 一般的なクレジットカードでもキャッシングができますが、あくまでも「キャッシング」なので金利がかかります。 マネパカードは自分のお金を引き出すだけなので余計な無駄使いの心配もありません。 基本海外はカード払いなんだけど帰って計算したら現金の方がお得だった。。。 07だった。 空港は9. 35だったかな。 カードは現地通貨払いで変換レートは0. 102ってなってた。 日本円を選んだらどうなるんだろ。 — くろぉーばー y82GVSSKVSPW9UX このように、クレジットカードは手数料がバカにならないです。 マスターカードの取り扱いがあるATMだったらどこでも使えるので便利ですね。 マネパカードはプリペイドカードなので現金払いと一緒です。 わざわざレートが良い明洞まで両替に行くのは、何万円、何十万円というお金を両替する必要があるために手数料がバカにならないからで、プリペイドカードで支払えれば多くの日本円を両替する必要はないです。 韓国の銀行 マネパカードを持っていなくて両替所を探すなら銀行が間違いないですかね。 地図にも乗ってますし。 手数料は地域その時のレートによって違いますが、気をつけないといけないのは営業時間ぐらいでしょうか。 両替業務の時間帯は銀行によって違いますが、6時~23時までと日本の銀行よりも長い時間取り扱いがあります。 また、パスポートの提示が必要になります。 韓国の空港 韓国の国内では金浦空港、仁川空港での両替が一番高くなりますが、それでも1万円で数百円の差です。 飛行機を降りたらとりあえず何千円分かをウォンにしておかないと不安な方は空港で両替しておくといいかもしれませんね。 ソウルでは市場のお店や屋台以外は、コンビニでもクレジットカード、デビット、プリペイドカードが使えます。 ただ、空港の銀行カウンターでの両替はいつも長蛇の列ができてます。 混んでる時は40分~50分待ちもザラにあります。 マネパカードを持っていれば、この両替所の列に並ばなくても、ATMの機械で両替できますね。 金浦空港、仁川国際空港には「Global ATM」の機械がたくさんあるのですぐに見つかります。 ATMの画面は韓国の場合、ほとんどが日本語に対応しているので操作も簡単ですよ。 日本の銀行 日本の銀行で韓国ウォンに両替すると、バカ高い手数料をとられます。 ちなみに、今お付き合いしている銀行さんに韓国ウォンの両替の計算をしてもらいました。 現在の銀行レート:1円=0. しかも20万ウォン以下の場合は予約が必要になるとのことです。 日本円でいうと、10万ウォンを購入するのに11,363円が必要になるということですよね。 世界でどの通貨が使われるかという指標をあらわしたものです。 1位 アメリカドル 2位 ユーロ 3位 日本円 4位 ポンド 5位 オーストラリアドル 6位 フラン 7位 カナダドル 8位 中国元 9位 スウェーデンクローナ 10位 ニュージーランドドル 11位 ペソ 12位 シンガポールドル 13位 香港ドル 14位 ノルウェークローナ 15位 韓国ウォン 16位 トルコリラ 17位 ロシアルーブル 18位 インドルピー 19位 ブラジルレアル 20位 南アフリカランド 引用元: 日本円は世界3位のシェアをもつ通過ですが、韓国ウォンは15位(2018年現在)。 世界的シェアでみると日本円は23%、韓国ウォンは1. これだけの差があります。 ということは「日本の企業は韓国ウォンを欲しがっていない」ということであり「韓国の企業は日本円を欲しがっている」ということです。 このため、韓国では競って日本円を欲しがっているので自然と競争になり、手数料率が小さくなります。 韓国で両替したほうがお得になるんですね。 日本の空港 日本円を韓国ウォンに両替するときに日本国内では損することしかないですが、さらに日本の空港での両替は手数料が上乗せされます。 現在の韓国ウォンのレート 一時はウォン安が進んだ時もありましたが、現在(2018年10月)では1ウォン=0. 1円です。 twitterの情報をみつけたので貼っておきます。 レートが日に日に良くなって今日、明洞の両替レートで100円? 1,030ウォンです😍 ちなみに12月中旬頃は100円? 960ウォンくらいでした😅 — こりあんハヌリついったー!! 明洞の両替所で、1万円が103,000ウォンになります。 円をウォンに両替するお得な方法まとめ! 両替手数料をランク付けで紹介しましたが、手数料何百円のために時間を使うなら、私なら便利さを選びます。 私は過去、仕事で2ヶ月間日本と韓国を行ったり来たりしていましたが、結局、小銭ってあまり使わないですね。 韓国の通貨の単位は日本とも違いますし、面倒なので端数もお札で支払うことがしばしば。 すると、どんどん小銭がたまります。 ウォンを少しだけ現金で持っておいて、あとはできるだけマネパカードで買い物や支払いにあてるのが良いと思います。 どっちにしろ、マネパカードはATMさえある場所ならいつでもウォンを引き出せるので便利です。 今では海外旅行の新しい必需品といっても過言ではないでしょう。 海外専用プリペイドカードのマネパカードは、現金の両替だけでなく、コーヒー1杯から支払うことができて現金をあまり持ち歩く必要もないです。 韓国は日本と比べてもカード大国なので、ほとんどのところでカードが使えます。 マネパカードも、クレジットカードが使えるところなら使えます。 それに、必要な分だけ使えばいいというのも助かりますね。 無駄にウォンが余ってしまうと、使いきらなくちゃ!って無駄に使ってしまいますが、マネパカードはそのまま買い物できるので、 無理にウォンを使う必要もありません。 留学説明会でもマネパカードが推薦されている 韓国の大学に留学する親戚がいて一緒に説明会に行ったのですが、 その留学説明会では「マネパカードを作ってください」という指示がありました。 審査がないので学生でも作れるんですね。 現金を持ち歩かなくてもいい安全さと、使いすぎる心配がないことが評価されていました。 お金が不足したら日本で親御さんが入金すれば韓国ですぐ使えるようになること、など色々なメリットがあるということで、みんな作るようにと言われていました。 ちょっと前まではトラベラーズチェックがよく使われていましたが、トラベラーズチェックに代わるものと考えて良いです。 盗まれてもお金がなくならない• 緊急の時、日本の家族から入金してもらえる• 無職でも学生でも15歳以上なら審査なしで作れる• 24時間ATMで引き出しができる• 入金している以上の請求ができないので、信用出来ない加盟店でも使いやすい 学生さんでも簡単に作れるので留学説明会では推奨されているんですね。 クレジットカードとの併用がおすすめ クレジットカードはクレジットカードのメリットがあります。 海外用の保険が付帯しているものもありますし、キャッシングもできます。 ただ、クレジットカードは磁気式なので、スライドさせて読み取らせる機械だとちょっと怖い点もあります。 情報を読み取られて一時的に偽造カードを作られたという事件も多いです。 磁気ストライプは、カードさえ一度手にすれば、情報が全て手に入ってしまうそうです。 全16桁のクレジットカード番号、磁気に組み込まれたフォーマット。 もし何らかに利用された場合、クレジットカードの利用をストップしたとしたら、もうそのカードは使えません。 もし、代わるものがなければ・・どうしていいかわからなくなっちゃいそうです。 また、悪用されるだけでなく、磁気が弱まっていたりすると使えなくなる時は突然きます。 もしもの時のために、クレジットカードとマネパカードを1枚ずつ持っていれば安心だと思います。 マネパカードは盗まれたとしてもチャージしてある分しか使えないので被害も最小限にとどめられます。 無料で作れますので、使わないとしても持っていれば安心ですよ^^.

次の