餃子 の 餡 あまり。 【焼き方まで解説!】餃子の冷凍方法と保存期間、アレンジレシピ

餃子 × 新生活

餃子 の 餡 あまり

餃子のよくある質問 レシピに関連したよくある質問の答えです 中国で餃子とは? 中国では餃子は皮を食べるもの。 シュウマイは中身を食べるものと言われる。 餃子のカロリーは? 一般的な餃子は1個生が30〜50kcal。 焼けば1個50〜75kcalになります。 外食なら1個90kcalにもなります。 このレシピの基本の餃子では、1個生で32kcal、焼きで38kcalです。 エビ入り餃子のカロリーは、1個生で29kcal、焼きで32kcalです。 餃子のコツ、ポイントは?• 野菜の水気をよく切る 餃子をカリッと焼くためには、 野菜の水気をよく切ることです。 キャベツをゆでて使う場合も、みじん切りにして水気を絞りましょう。 もんで水気を絞ります。 肉だけでよく練る 野菜を入れないで、 ミンチだけでよくこねることもポイントです。 粘り気が出て、焼いても野菜の水分をのがさないので、ジューシーな餃子になります。 目安は白っぽくなって粘りが出るまで。 野菜を加えてからは軽く混ぜる 野菜を加えたら、 混ぜすぎないようにしましょう。 混ぜすぎるとまた野菜の水分が出てきて、たねがべちゃべちゃになります。 水ではなく熱湯を入れる 水だと沸騰するまでに時間がかかり、その間に皮にしみ込んでいくので、ふやけて焼き上がりがベチャッとします。 熱湯を入れましょう。 皮がパリパリにならない時は? 少し火力を弱めてじっくり焼いてみて下さい。 焼き色をつけようと強火で一気に焼くよりも、皮がパリパリになって、カリッとした食感も長持ちします。 プロの技を知りたい? 名店レシピに関するテレビの情報を見たのですが、作り方の参考になればと思います。 市販の餃子にはラードやごま油がたっぷり入っていることもわかります。 作り方• 具を一日冷蔵庫で寝かす。 具に胡麻油を入れたり、古い油をつなぎに入れる。 旨みの他、ジューシーになって、たねのパサつきを抑えるため。 焼く時は水をたっぷり入れ、ふたをして5分蒸す。 湯を捨て、ごま油を回しかけてパリッと焼く。 すると外はパリッ、皮はもちもちの餃子ができる。 長く焼くとコシがなくなるので、たっぷりの湯で焼いて捨てるのだそうです。 麺をゆですぎるとコシがなくなるのと同じ理由だとか。 (業務用鍋なので最初に水を入れても温度管理は大丈夫。 ) プロのレシピは? テレビで見た別の名店レシピの情報です。 作り方• 砂糖、塩、胡椒、酒、醤油、ごま油、ラードをミンチに混ぜる。 野菜はおろししょうが、おろしにんにく、長ネギ、キャベツ(ゆでずに生を使用)、ニラ。 たっぷりの湯で蒸し焼きをした後、湯を捨てる。 油をぎょうざにかけ回して焼き上げる。 エビをあんに混ぜ込みたいときは? 包丁のハラで押しつぶしてからたたくと粘りが出ます。 食感も残したい場合は、半分を粗みじんにします。 肉と野菜の割合は? 一般的な餃子を作る場合ですが、肉が多いと固いあんになります。 肉と野菜が 1対2くらいの量にすると、出来上がりが柔らかいおいしい餃子になります。 しかし、ダイエットレシピでは野菜をもっと多く入れましょう。 余ったら冷凍保存できるの? 餃子は冷凍保存できます。 皮どうしがくっつかないように冷凍するのがポイントです。 保存方法• ラップを敷いたバットに、餃子がくっつかないように間隔をあけて並べる。 バットごとチャック付きポリ袋に入れて閉じ、冷凍室に入れる。 完全に凍ったらバットをはずして餃子をバラバラに入れ、そのまま冷凍室で保存。 2週間ほど保存できます。 食べるときは解凍しないで凍ったまま焼きます。 宇都宮餃子レシピを知りたい? テレビの料理番組で見みた宇都宮餃子のニラ餃子のレシピです。 あんを作る時に、まず先に醤油だれを作るそうです。 作り方• 醤油、ごま油、塩、砂糖、ニンニク、生姜、卵を混ぜて醤油だれを作ります。 それに豚のひき肉を加えて混ぜる。 ネギとニラのみじん切りも加えて混ぜる。 包み方は、手前に三角ゾーンを作ってから、ひだを右から左に寄せていく。 ためしてガッテンの餃子情報(1) ギョウザをプロ並みにおいしく焼くワザ (ためしてガッテン暮らしの役立ちワザ事典より) おいしい焼きギョウザのポイントは? プロが焼いたギョウザは、 皮が透き通ってモチモチしているのが特徴。 これは、皮のでんぷんが 大量の水と熱で「 糊化(こか)」するからです。 「焼く」ではなく「ゆでる」ことでモチモチに 家庭でギョウザを焼くときには、先に焼き目をつけてから少量の水で蒸し焼きすることが多いようですが、 最初にたっぷりのお湯でゆでて皮を糊化させるのが、おいしい焼きギョウザのポイントです。 焼き目をパリパリにするにもゆでてから焼くのが鉄則! おいしい焼き餃子のもうひとつの条件は、皮の表面にきれいな焼き目がついてパリッとしていること。 そのためには、ギョウザを ゆでたあとに油を加えて、焼き目がつくまで1分半ほど焼けばいいのです。 糊化がうまく進んでモチモチになっているほど、焼き目はパリッとします。 ふっくらジューシーな具の作り方は? 1、最初に肉に塩だけを加えてよくこねてから調味料を加え、2、野菜を加えたら軽く混ぜるのがポイントです。 ひき肉に塩を加えて よくこねる。 調味料を加える。 全体が白っぽくなって粘りが出てくるまでさらによくこねる。 持ち上げて軽くふっても落ちなくなればOK。 しんなりしたらもんで水気を絞っておく。 3にこのキャベツ、ニラ、長ねぎを加えて全体を 軽く混ぜたら具にラップをかけて 冷蔵庫で2時間冷やす。 具を包んでモチモチにゆでる• ひだを寄せて閉じる 皮のふちに水をつけ、ひだを寄せてくっつけていく。 具は皮の中心より右に寄せて置くと、ひだを作るときに具がずれずに中心におさまる。 熱湯を注いで3分ゆでる 油はひかずに、ギョウザの高さの半分まで熱湯を注ぎ、フタをして強火で3分ゆでる。 (冷凍ものは4分)• 湯を捨てサラダ油を加えて1分半焼く 3分ゆでたらフタのすきまから湯を捨てる。 サラダ油大さじ1を回し入れ、フタをして約1分半、焼き目がついてパリッとするまで焼く。 1分半はあくまで目安。 美味しそうな焼き目がついたら、できあがりです。 ためしてガッテンの餃子情報(2) ためしてガッテン決定版! ギョーザの鉄則 ここからは、ためしてガッテンのホームページからの要約です。 ためしてガッテン流で焼くと、なぜ皮はパリパリ、もちもち、具はジューシーになるのか、その理由を記しておきます。 宇都宮がギョーザの街となったのは何が日本一だから? ギョーザの購入額が日本一。 日本で一番ギョーザを買って食べている市。 名人が焼いた餃子はどんな感じ? 名人が焼いた餃子は、皮はパリッ、もちもち、具はジューシー、具が透けて見える。 主婦が焼いた餃子はどんな感じ? 主婦が焼いた餃子は、皮は硬い、かちかち、具は生焼けっぽい、具が見えない。 名人と主婦の焼き方の違いは? 名人の焼き方 名人はまずお湯を入れて、その後お湯を捨てて、油を入れ焼く。 1度焼き。 主婦の焼き方 主婦は先に油を入れて焼き目をつけ、後で水を入れてなくなったら完成。 2度焼き。 どうしたら皮が透明になるのかスタジオで実験 水がたっぷりの時は、70度Cくらいで皮は 透明になる。 大きさも大きくなった。 水が少ない時は、70度Cを過ぎても白くなるだけで透明にならない。 大きさ変化なし。 糊化(こか)するともちもち&透明になる? でんぷん粒が 大量の水と熱で変化する事を「 糊化(こか)」という。 この糊化を起こしているかどうかが美味しく焼くポイント。 糊化すると もちもちした食感が生まれ 透明になる。 ギョーザの底の温度を測定してみた 名人 すぐに100度Cで十分加熱。 水を入れて急降下。 さらに具の温度変化も測定してみた 名人 すぐに100度Cに。 十分加熱。 主婦 なかなか100度Cに上がらない。 最後にようやく70度Cくらいに。 これが生焼けの原因。 ジューシーさの秘密は? 名人はまず醤油、塩などを入れ、肉だけで よくこねると保水力バッチリ! こね不十分だと保水力弱い。 よくこねるとジューシーさが引き出される。 ミオシンが 編み目構造を作るので、水を保持する力が強くなる。

次の

餃子の冷凍保存の仕方は?手作りの作り置き期間や焼き方・レシピも

餃子 の 餡 あまり

餃子は「特別なことはしない」が大切 自家製の餃子をつくろうとチャレンジしたもののうまくいかず、「冷凍の餃子でいいや」と諦めている人はいませんか?まさに筆者がそうでした。 しかしある日、町中華の大将から「そんなに難しくないからチャレンジすれば?」と言われコツを聞いた結果、うまくできるようになったのです。 まず大前提として言いたいのは、特別なことはしないこと。 たとえば、皮から自分でつくろうとか、餡(あん)を自分なりのものにしようと工夫するのは、工程が多くなり失敗の原因になります。 また皮や餡にこだわるよりは、餡の包みかたや、焼きかたといった点に専念したほうが、おいしい餃子に仕上がるでしょう。 今回は3~4人前の餃子づくりを想定して、焼き餃子をおいしくするコツをご紹介していきます。 コツ1:餡は最初にお肉&調味料だけで混ぜる 餡を混ぜる際、最初からすべての具材を入れてしまう人もいるでしょう。 でもそれはNG。 まずは、お肉にしっかり味をつけることが重要なので、豚ひき肉と調味料だけを入れてよく混ぜます。 全体がひとまとまりになるまで混ぜたら、そのままラップをして置いておきましょう。 と言うのも、町中華のプロは特別な素材を入れるのではなく、シンプルな具材を入れるところが多いからです。 このとき、混ぜ過ぎないように注意。 天地を2~3回ひっくり返して、なじませるくらいで大丈夫です。 しっかり混ぜてしまうと、具材から水分が出てしまい、味が落ちる原因になります。 コツ3:餡を包むときはスプーンではなく平たいヘラで! 餡ができたら、皮に包んでいきましょう。 このとき重要なのが、皮に餡を置くときのアイテム。 家庭でつくる際、スプーンで餡を扱う人は多いと思いますが、町中華のプロは木のヘラを使うことがほとんど。 餡は適度に皮へぎゅっと押しつけて包むほうがいいそうなのですが、スプーンの場合、形状的にどうしてもその押しつけがうまくいかないのです。 木のヘラがなければ平たい形状のもので代替しましょう。 筆者はバターナイフなどを使っています。 包み方は、自分の好きな包み方で大丈夫です。 コツ4:焼きの際は水でなくお湯を入れる いよいよ焼き上げです。 フライパンにサラダオイルを敷き、餃子を並べていきます。 並べ終えたら火をつけてください。 そして、蒸し焼きにする……と、ここでひと工夫。 餃子を蒸し焼きにする際は、水でなくお湯にしましょう。 町中華のプロによれば、お店のコンロは火力があるので、水でもいいのですが、家庭ではお湯を使ったほうが温度の変化が少なく、おいしく焼きあがるとのことでした。 コツ5:最適な焼き時間は…… フライパンの水分がなくなったところで、フタを開け、ごま油をまわしがけします。 皮に焼き目がついたら、できあがりです。 「焼き時間はどれくらい?」と疑問に思った人もいるでしょう。 じつは、町中華のプロに家庭での最適な焼き時間を聞くと、同じような答えが返ってきます。 それは……使っているフライパンや火力によって違うので、一概には言えないというもの(笑)。 つまり、自分が使う調理器具でどのくらいで焼き上げるかは、自分で判断するしかないということです。 あるプロは「何度か失敗すりゃわかるだろ」と話していました。 筆者も焦がしたり、フライパンに皮がくっついたりする経験を経て、自分なりの焼き時間がわかりましたので、みなさまもこの点だけは自分流を見つけ出してください。 まずはシンプルな方法でおいしい餃子を成功させよう 餃子は失敗を恐れず、まずはシンプルな方法で成功させることがポイント。 「最初からうまくできる人はいませんよ」と町中華のプロも言います。 何度か失敗を重ねて、おいしい餃子ができるようになってから、さらなる工夫をしてみましょう。 多くつくり過ぎたら、冷凍してもいいですね。 また、餡があまったらチャーハンに使うとこれまたおいしいですよ。 監修・文/増田剛己 WEBや雑誌などで散歩関係の記事を書いているフリーライター。 主な著書に『歩考力』(ナショナル出版)、『思考・発想にパソコンを使うな』 幻冬舎新書 などがある。

次の

餃子の糖質は一体どれくらいある?栄養素や糖質制限向けの食べ方を優しく解説

餃子 の 餡 あまり

それから余った餡の使い方も少し。。 …が、その前に餃子について小話をちょいとご紹介。 何はともあれ早く作りたい方は 餃子はもともと江戸時代に日本に持ち込まれ、 徳川光圀が日本で初めて口にしたと言われています。 もちろん当時は庶民の手が届くような食べ物ではありませんでした。 現在のように餃子が一般普及したのは第二次世界大戦後だと言われています。 つまり、当時中国 満州 にいた関東軍や開拓団が引き上げた際に餃子も日本に輸入されてきたわけです。 これはおそらく、白米を主食とする日本の食文化が大きく影響を与えていると考えて良いでしょう。 日本において、餃子の餡にほぼ確実に入っているとすらいえる材料といえばニンニクですが….。 実は中国の餃子にはニンニクはいれないのが一般的だそうです。 つまり、餃子にニンニクを入れるのも日本独自の進化だったわけですね。 さて、色々と餃子について書いてきたところで、そろそろ餃子餡の作り方に入っていきましょう。 ニラとか大葉とか。 それから、この分量はややニンニクが多めです。 ニンニクが苦手な方は半量くらいにするといいかもしれません。 ・白菜の水気を絞る ・材料を混ぜる前にひき肉だけでしっかりとこねる ・餡ができたら、冷蔵庫で寝かせる。 以上を守って作ればそうそう失敗することはありません。 では、これらのポイントを踏まえて、実際の調理に入ってみましょう。 干し椎茸は水につけて戻します。 干し椎茸を水で戻すのは数時間単位で時間がかかるので、調理開始に合わせて早い段階で行っておきましょう。 白菜はみじん切りにしてザルに入れます。 その後塩 分量外 を振って軽くかき混ぜて、白菜全体に塩をなじませます。 これは浸透圧で白菜の余分な水気を出すためです。 もしあれば、浅漬けを作るような要領でおもしを乗せておいてください。 白菜はその状態で15分ほど放置しておきます。 白菜の水出しをしているうちに次の作業に入ります。 ニンニク、生姜、ネギ、戻したしいたけはみじん切りにします。 大葉を使う場合は、刻むかそのまま使うかの2種類の方法があります。 豚ひき肉はボウルに入れ、塩小さじ2を加えます。 まず、豚ひき肉を単体でしっかりとこねます。 ただひたすらに粘ばり気が出るまでこねます。 最低でも100回以上は確実ですかね。 とはいうものの、ひき肉は傷みやすいので、体温で痛まないよう手早く行いましょう 手を冷やすのもあり。 これは餡をジューシーに仕上げるコツです。 ひき肉はこねることで粘り気が出て、強くくっつくようになります。 これによって 肉汁を中に閉じ込めることができるわけです。 しかし、初めから他の食材を入れてしまうと、上記のように肉がくっつくのが妨害されるわけです。 特に野菜には水分がありますので、肉の脂との間で弾かれあってしまいます。 なので、肉単体で十分に粘り気を出した後で、他の食材を入れる方がよろしいのです。 十分に粘り気が出たら、まずみじん切りにしたニンニクと生姜を加えて練りこみます。 次に塩を振って置いておいた白菜を両手でぎゅっと絞り、水気を出します。 あんまり絞りすぎてもよろしくないので、力を込めてギュッギュッとやって水が出なくなればそれで十分です。 ギュッギュッと水気を絞るのは、こねている際や、餡を寝かせている間に水が出てこないようにするためです。 水気を絞った白菜、みじん切りにしたネギ、しいたけを加えます。 これらが全体に満遍なく混ざるようにさらにこねていきましょう。 こねているうちに肉と野菜もなじんで餡に一体感が出てきます。 この際、粘りが足りないようでしたら、適宜ラードを加えます。 この段階までいけば、醤油、砂糖、紹興酒、ごま油を加えて混ぜこみ、味をみます 飲み込まないようにした方がいいと思います。 味が足りないようであれば塩や、醤油で調味します。 これで餡は完成です。 餡は寝かせることで水分や油分などが全体に均一に行き渡ります。 大葉を加える場合 2種 の手順はで紹介します。 大葉を餡に入れる方法は2種類あります。 刻んで餡の中に入れてしまう方法と、そのまま茎だけとって皮に重ねて餡を包み込む方法があります。 まず前者の場合ですが、この場合は大葉を細かく刻み、餡に混ぜこみます。 完成した後の餡に入れてもいいですし、白菜などの野菜を入れるのと同じタイミングで加えても良いです。 後者の方法は皮の上に大葉を広げ、その上から餡を乗せて皮を閉じます。 前者の場合は、全体に大葉の香りが漂う印象があります。 一方で、後者の場合は、食感的にも味、香り的にもよりダイレクトに大葉が主張する印象です。 大葉が好きな人は、両者を組み合わせて見るのも面白いです。 餃子の餡が残ったら… さて、最後に餃子の餡が残った場合のレシピを少し紹介しておきましょう。 「即席肉団子スープ」 餃子の餡が残ったら是非スープに!お手軽、即席、美味の三拍子揃った最高の肉団子スープです。 作り方はとっても簡単。 餃子餡のあまりをスープに入れて煮込むだけ。 餃子餡のあまりに蓮根を加えてハンバーグにしたものをご飯にのせたがっつり飯です。

次の