千葉 県 知事 台風。 【文春】森田健作何してる?台風翌日に別荘へ?千葉県知事辞任の危機?

【文春】森田健作何してる?台風翌日に別荘へ?千葉県知事辞任の危機?

千葉 県 知事 台風

県内のほとんどの市町村が9日までには災害対策本部の設置を終えたにもかかわらず、県庁に設置されたのは、台風上陸から丸一日が経ってから。 災害救助法の適用や県職員の現地派遣は三日後。 熊谷俊人千葉市長が『県に給水車の派遣を要請したが断られた』と怒りを露わにした。 県庁内でも、秘書を通さないと森田氏と連絡が取れず、災害対応の担当部長が困っていた。 しかも森田知事は、台風被害の翌10日も、15時前に人知れず県庁から姿を消すなど、不可解な行動をとっていたというのです。 【文春】森田健作何してる?台風15号通過後も登庁せず! 気象庁は九月八日の午前中から、緊急会見で台風十五号への警戒を呼び掛けており、危険性は十分認識できたはず。 それにも関わらず、森田健作知事は、台風15号が直撃した9月8日から9日にかけてなにをしていたのでしょう?• 8日の午後には横浜で、支援者の息子の結婚式に参加。 その後は都内の帝国ホテルで姉妹都市である米ウィスコンシン州の知事や関係者を歓迎するレセプションに出席して乾杯。 9日未明の台風通過後、平日にもかかわらず、県庁に一度も登庁しなかったことが問題視されている。 知事は『終日、知事公舎で情報収集をしていた』と苦しい弁明。 元鳥取県知事の片山善博氏によると、これは信じられない行動だそうです。 「本来であれば、八日の明るいうちから幹部会議を招集して、対応を協議するべきです。 市町村との連絡体制の確認など、事前にやるべきことはいくらでもある。 そうした対策も取らずに、九日には公舎で一人で情報収集していたというのは、まったく理解できません」 【文春】森田健作は台風15号翌日に「私的視察」? さらに不可解なのは、翌日10日の森田健作知事の行動でした。 県の秘書課によると、10日の知事の行動は次の通り。 「『知事が被災地を私的に見たいと考え、指示を受けた場所に知事を送り届けた。 コンビニで知事を降ろして県庁に戻り、知事は自分が用意した車で富里市方面を視察して回った』というものでした」 しかし、この「私的な視察」について疑問視する声も。 「もちろん富里市が台風十五号の被害を全く受けていないわけではありません。 停電もしていたし、農業への被害は大きかった。 ただ、十日正午過ぎの段階では、富里市からは人的被害、家屋の被害ともに報告されておらず、県内の多くの市町村で起こっていた断水も、富里市では確認されていなかった」(千葉県議) 文春の記者が富里市議十八人全員に、9月10日の森田知事の視察状況を尋ねたところ、回答を得られた十六人が「森田氏が市内のどこを視察したのか、全く知らない」と話したそう。 富里市長の五十嵐博文氏も視察の事実を把握していませんでした。 【文春】森田健作は台風翌日に別荘に行く無能ぶり?辞任の危機? こうした状況を受けて、県庁関係者の間では、知事は私的視察を建前に別の場所にいったのでは?と囁かれているというのです。 その行き先とは、 富里市ではなく、隣接する芝山町の別荘だと言われています。 文春の記者は、情報公開請求をして公用車のETC記録を入手していました。 〈15:01 穴川西 15:16 酒々井〉 〈15:49 酒々井 16:04 穴川西〉 〈穴川西〉とは県庁から五キロ、〈酒々井〉は森田知事の別荘にほど近いインターチェンジだそう。 さらに、知事のドライバーが克明に記した同日の〈庁用自動車等運転日誌〉も入手。 〈晴 市内 7:35〜17:00 出発時メーター52673 帰庁時メーター52782〉 この日の移動距離は109km。 公表されている会合などへの移動距離を差し引くと、移動距離が約77キロ分。 ちなみに県庁から森田氏別荘までは往復で約七十四キロであり、限りなく近い数字だとされています。 ある町議が匿名を条件にこう証言しています。 「近所の人が『十日は多分(知事が)帰って来てたよ』って言っていた。 知事が来てると、SPみたいな人が家の前にいるからすぐに分かるという。 十日もそれらしき人がいたから、知事も来ていたという話になっていたよ」 記者は森田氏が芝山町内で別荘以外の被災箇所を視察していないか、芝山町議十二人と相川勝重町長に尋ねたが、誰一人、視察を把握していなかったそう。 こうした取材から、浮かびあがる疑惑。 それは、9月10 日に森田知事は富里市内の視察でもなく、芝山町の自分の別荘だけが心配で確認しにいったのでは?ということ。 さらに県の秘書課は「10日は酒々井ICを降りて、コンビニで知事を降ろし、知事は自家用車に乗り換えた」と説明していますが、酒々井IC付近のコンビニを取材しても、10日の森田知事の目撃談は得られませんでした。 つまり、文春では、そもそもクルマを乗り換えた事実がなく、公用車で別荘に直接向かったのではと仮定しています。 大きな台風被害にあった翌日に、公用車で自分の別荘の様子を見に行ったとなれば、問題と言われても仕方ないでしょう。 この件について、森田知事に直撃したところ、ちゃんとした回答は得られなかったようです。

次の

千葉・森田健作知事に批判の声!台風被害対応の遅れの指摘相次ぐ!「(東電は)不眠不休でやってほしい」のコメントに対しても多くの批判!

千葉 県 知事 台風

俳優出身の森田健作氏が千葉県の台風災害の対応で週刊文春の報道により炎上している。 11月7日の知事の定例会見でも釈明したが、世間からは納得がえられていない様子。 さて、責任をとってやめるべきか?続けるべきか?考えてみる。 |千葉県知事を辞めるという視点 森田健作知事は一カ月の給料は139万円。 これは東京都知事の135万円より少し高い報酬。 ボーナスは年間で556万円。 千葉県知事の年収は2224万円。 これを調べて知ってしまった時はビックリしてしまいました。 この事実を知る千葉県民はどれだけいるのでしょうか? 今すぐ辞めろと感情的にはそうなってしまいそうです。 高額な報酬を千葉県民の税金から出ているわけですからね。 いざ、という時に千葉県民の為に働けないのであれば、いらないですからね県民の立場としては。 森田健作氏を今回の炎上が起こる前までは千葉県民のほとんどが有能だと思っていたはずです。 アクアラインのETCの利用料が低く出来るのは森田健作氏あってこそでそれで、投票した人も多かったと思います。 しかし、冷静に考えてみると背後に政府自民党がいたのです。 森田氏は元々、自民党所属の衆議院議員なので、その辺はコネクションがあって、結局、実現したのは自民党のおかげだったのかもしれません。 これはあくまで推測ですが。 話しが逸れたので戻します。 台風災害の当日に千葉県庁で待機せず、それどころか知事公舎にもいないで芝山町の自宅いて、翌日、公用車から乗り換え、プライベートでとなりの富里市などに視察をしたということです。 サラリーマンや通常の公務員と違い、知事は特別職の地方公務員なのです。 どういいうことかと言うと、勤務時間というものが基本的に定められていません。 つまりは公私は区切りは、知事自身が決められますが、任期の間は毎日が知事なのです。 それなのに当日自宅にいたということが問題となっています。 |千葉県民のことより、自分の自宅が心配 会見では副知事や災害担当の責任者もいるから対応には問題ないし、何かあれば電話で報告を受けるから県庁にいなくても問題無いと説明していました。 確かにそれは理解出来なくもないですが、それだと知事はお飾りと言っているように聞こえてしまうのです。 税金で高額と言える報酬も必要なくなります。 千葉県民の事を第一に考えるなら知事であるならせめて、知事公舎にいるべきでした。 最低限の対応が出来ないなら責任を取って知事を辞めるべきという意見になってしまいます。 |千葉県知事を続けるべきという視点 知事を辞めるのは簡単だが、続けるのは大変。 辞めれば責任から全て解放され、退職金も任期の途中と言え、それなりの金額です。 その方が森田氏にとってはメリットかもしれません。 しかし、県民にとってそれは意味デメリットです。 災害処理の際中に辞職となると、副知事が昇格するわけではないので一カ月くらいで知事選挙となり、余計な選挙費用が発生してしまいます。 どちらにしろ2021年には知事選挙になることは変わりませんが、途中の辞職は次の知事が就任するまで災害対応の決済が止まります。 それを考えると、被災した県民にとっては手続が遅れてマイナスになるかもしれません。 それなら、任期満了まで続けて責任をとってもらうという考え方もあります。 |冷静に考えれば知事を続けるしかないと思います。 千葉県の森田知事に台風被害の最中に公用車で別荘に行っていたという疑惑があるらしい。 次の知事選挙は厳しいと思うし、本人も出ないだろう。 危機の時こそリーダーの真価が問われるが、これで結果出た。 ちなみに千葉県知事の月の報酬は東京都知事より高い139万円という事実。 — ゆうた yuta20190501 別荘という疑惑は森田氏の会見により、自宅だということが判明しました。 週刊文春の誤報のようです。 知事を続けるしかないと思うのは、知事を選んだのは有権者県民だからです。 犯罪でない限り任期途中の辞職は、投票した県民にも責任があるということです。 そういう人物を組織票であろうと無かろうと県民の意思で選んだことには変わり無いので。 これは千葉県だけにいえることではなく、他の地方などでも言えます。 それなりの報酬が税金から支払われているので、地方だからと「選挙に行かなくていい」と甘くみてはいけないという教訓になったのではないでしょうか? 面倒くさいですが、国政だけでなく、地方にも興味を持つべきだと思います。 これで、以上です。 ありがとうございました。

次の

森田健作 千葉県知事は台風で不眠不休で何してる?無能っぷりでヤバイことに!

千葉 県 知事 台風

もくじ• 千葉県知事森田健作さんの任期はあとどれくらい? 任期は2021年4月までです。 まだ一年半弱ありますね。 それにしても千葉県知事の森田健作さんはいろいろ問題がありますね。 週間文春では、千葉県がサンミュージックのタレントを地元テレビ局で多用している問題や、森田健作主演ドラマ「おれは男だ!」を地元テレビ局で放映している問題、森田健作の長男へのイベント発注するなどの「県政私物化」などについて特集しているようです。 定例県会議での居眠り問題もYAHOOニュースで取り上げられたりしています。 いつも議会中に居眠り、災害被害に興味なし?もう辞めろ! 森田健作知事「4期目諦めた」台風対応でバレた青春の巨匠の本性 — 新 山本健次 cmaUyNAf6i7Jd2Z ちょっとあり得ないですね。 映画やドラマ観るならがおすすめ! ただいま31日間無料トライアル実施中です。 森田健作千葉県知事はこの件に関しては否定しているようですが… 今回問題となった森田健作さんのラジオ番組「青春スピリッツ」とはいったいどんな番組なのでしょうか? 調べてみたら、千葉県の広報番組ではなく森田健作さんの個人的な芸能活動の一部だということです。 アシスタントはにしおかすみこさんですね。 現在は理由もなく休止状態となっています。 過去には毎週かなり有名なタレントがゲスト出演していました。 ちょっと調べた限りでは石井竜也さん、アルフィーの高見沢さん、須藤元気さん、三浦祐太朗さん、デヴィ夫人などなどです。 歌手が多いですね。 番組はいつか復活するのでしょうか? 台風対策を巡る不適切行動で辞任(辞職)か? 千葉県知事の森田健作さんの台風直撃直後の行動が不適切だと問題となっています。 詳しくまとめてみました。 まず最初に問題となったのは、9月に千葉県に大型台風が上陸した翌日の森田健作千葉県知事の行動です。 なんと森田健作千葉県知事は、災害対策本部を立ち上げたあと、午後には公用車で30キロ離れた芝山町の自宅へ帰ってしまったというのです。 更に自宅で私用車に乗り換え、隣の富里町を「私的視察」していたと説明していました。 そして、その日は県庁に戻らなかったのです。 台風の被害は甚大で、大規模停電が起こってしまうなど早急な対策が必要な状況だったにも関わらず、指揮を執るべきはずの森田健作千葉県知事が不在というのはやはり不適切だとしか思えませんね。 この件に関してはのちに森田健作千葉県知事はみずから不適切だったと自ら陳謝し、給与やボーナスをカットすると表明しています。 これで一件落着かと思われましたが、更に台風直撃の2日後に森田健作都知事が自分のラジオ番組「青春スピリッツ」の収録に出向いていたことが明らかとなり、これまた問題となっています。 さらにさらに、まだ災害対策会議が開かれているさなかにわざわざ東京都中央区まで散髪の為に私的外出していたそうです。 台風15といえば、被害が甚大で大規模停電も生じており連日被害の様子が報道されていましたよね。 私の地元、千葉県南島に安房地域全体が先日の台風15号で甚大な被害を受けました。 現在も停電や断水、食料不足が続いており、 私の実家もまだ停電、断水が続いています。 これを見ていただいた方、少しでも拡散して頂けると幸いです。 よろしくお願いします。 — DAIKI nogi46daiki 拡散希望 【館山市 今までにない災害被害】 市内ほぼ全域の停電が 丸2日めに突入。 電話もネット環境も不安定なため 情報発信も制限され 市民も不安な生活を送っています。 屋根が飛ばされた家 壁が飛ばされた家 窓ガラスが割れた家 雨漏り被害はもう何軒も大多数 — ワラヂマル アオゾラ写真館 warazimaru そんな中、千葉県知事である森田健作氏は自分のラジオ番組の収録や散髪にのんきに出かけていたというのはなんともお粗末としか言いようがありませんね。 森田健作千葉県知事は自らの給与やボーナスの減額を自ら申し出ているそうですが、その額なんとたったの84万円! 安すぎるとの声があがっています。 確かに安すぎですよね! もうこれは辞任(辞職)することになってもおかしくないですよね。 千葉県知事森田健作さんのプロフィール! 最後に森田健作さんのプロフィールをご紹介したいと思います。 本名:鈴木栄治 生年月日:1949年12月16日(70歳) 血液型:O型 森田健作さんと言えば1971年に放送されたドラマ「俺は男だ」で一躍大人気となり、その後も数々のドラマや映画に出演しておりました。 が、1992年からは政界に進出し、2009年にアクアラインの通行料の値下げを公約に掲げ千葉県知事に当選しました。 アクアラインの通行料は1997年の開通当時は普通車で4000円と高額でしたが、森田健作さんの公約通り、2009年からは普通車(ETC利用の場合)で800円と当初の交通量の4分の1の交通量となっています。 アクアラインの値下げが森田健作さんの最大の功績と言っても過言ではありませんね。 それにしても4000円の交通量が800年に値下げできるなんで、どういうことなのか不思議ですね。

次の