マティーン王子 結婚。 マティーン王子(ブルネイ)の超イケメン画像!結婚に求める条件とは?|ミドルエイジの自分探し

【画像35枚】ブルネイ王国のマティーン王子がイケメンすぎる!トラがペットって本当?!

マティーン王子 結婚

出典:Wikipedia ブルネイ 正式名称は ブルネイ・ダルサラーム国。 首都はバンダルスリブガワンであり、ブルネイで最も大きな都市です。 人口40万人の国なのですが、バンダルスリブガワンを中心とした都市部に半数以上の27万人が暮らしています。 ブルネイは日本と同じく君主の権力を憲法で規制している立憲君主制の国です。 日本において天皇陛下が国家の象徴であることに対し、ブルネイの国王は事実上の絶対君主で、国王の権力があまりにも強い国です。 日本との関係が始まったのは第二次世界大戦の頃。 当時イギリスの植民地だったブルネイを日本軍が占領し、多額を投じてブルネイのインフラと公共設備を整えました。 これが後のブルネイの経済を大きく発展させたため、終戦とともに日本軍が撤退してからも、友好関係を保ってきました。 1984年1月にブルネイがイギリスから独立すると、わずか3か月後の4月には日本と国交を結びました。 それ以来30年来の付き合いとなり、非常に友好的な仲を築いています。 2011年東日本大震災の時には、ブルネイ政府から 100万米ドル(約1億3千万円)の寄付や民間から多数の支援を受けましたが、大きく報じられることはありませんでした。 ブルネイの王族と日本の皇族の関係性 日本皇族とブルネイ王族の関係は国交樹立から35年経った2019年現在でも良好な関係です。 特に在位52年のハサナル・ボルキア国王は国賓として来日しただけでなく、昭和天皇崩御による 大喪の礼(1989年)、明仁天皇(令和の上皇陛下)の 即位の礼(1990年)、そして今上天皇(令和の天皇陛下)の 即位の礼(2019年)にも参列しています。 ちなみにハサナル・ボルキア国王の 在位52年というのは、イギリスのエリザベス女王(93歳)に次ぐ 世界第2位の長期在位君主です。 エリザベス女王の在位はなんと、1952年2月6日。 在位67年という世界ぶっちぎりの記録を持っています。 ブルネイ王族は国王だけでなく、そのほか王族たちが数多く何度も日本を訪れています。 その為、今回の即位の礼(2019年)に登場したのがあのイケメンっぷりで話題を呼んだ マティーン王子です。 ブルネイにおけるマティーン王子の立場 ブルネイはイスラム教の国であり、ハサナル・ボルキア国王もイスラム教のスンナ派に属しています。 イスラム教は4人までの女性との結婚を認める一夫多妻制度で、ハサナル・ボルキア国王も3人の奥さんがいます。 このうち現在も婚姻関係が続いているのは最初に結婚したサレハ第1王妃だけで、第2王妃、第3王妃とはすでに離婚しています。 ・サレハ第1王妃(1946年10月7日~現在73歳、1965年に結婚) ラシーダ王女(1969年7月26日~現在50歳) ムタワキラ王女(1971年10月12日~現在48歳) アルムタデー・ビラ王太子(1974年2月17日~現在45歳) マジーダ王女(1976年3月16日~現在43歳) ハフィザ王女(1980年3月12日~現在39歳) アブドゥル・マリク王子(1983年6月30日~現在36歳) ・マリアム第2王妃(1956年1月29日~現在63歳、1981年に結婚、2003年に離婚) アブドゥル・アジム王子(1982年7月29日~現在37歳) アゼマ王女(1984年9月26日~現在35歳) ファジラ王女(1985年8月23日~現在34歳) アブドゥル・マティーン王子(1991年8月10日~現在28歳) ・アズリナ・マズハル第2王妃(1979年9月23日~現在40歳、2005年に結婚、2010年に離婚) アブドゥル・ワキール王子(2006年6月1日~現在13歳) アミーラ王女(2008年1月28日~現在11歳) ブルネイは1405年の王朝成立以来ずっと男性が国王となり国を治めてきました。 そのため、ハサナル・ボルキア国王も1998年に王位継承順位1位である王太子を立てました。 それがサレハ第1王妃との間に生まれた長男、 アルムタデー・ビラ王太子。 対して マティーン王子は第3王妃との間に生まれた次男、ということになります。 出典:マティーン王子のインスタグラム 画面左のイケメンがマティーン王子。 その右にいるのは父であるハサナル・ボルキア国王です。 マティーン王子の王位継承順位は6位以降、さらに下がる可能性も 第1位がビラ王太子なら、2位は実の弟マリク王子、3位は第2王妃の長男アジム王子、そしてその弟のマティーン王子は第4位…ではありません。 実はマティーン王子の継承順位は 6位以降。 王位継承の可能性が限りなく低い立場にいます。 というのも、ブルネイは一夫多妻制度でハサナル・ボルキア国王には3人の王妃がいます。 その間に生まれた男の子で先に生まれた順番に継承順位がつけられるため。 順位付けが日本とは違います。 まず、サレハ第1王妃の長男であるビラ王太子(45歳)は文句なしの第1位。 では次は37歳のアジム王子…ではなく、 ビラ王太子の息子が優先されます。 それが長男の アブドゥル・ムンタキム王子(207年3月17日生まれの12歳)。 ムンタキム王子が第2位、その弟のムハンマド・エイマン王子(2015年6月7日生まれの4歳)が第3位です。 ちなみに兄弟の間にはムネッラー・マドゥル王女(2011年1月2日生まれの8歳)がいますが、女の子なので王位継承権はありません。 ブルネイでは基本的に 直系の男子に継承していくので、次に年齢の高いアジム王子やビラ王太子の弟であるマリク王子よりも、継承順位第1位のビラ王太子の直系男子であるムンタキム王子の方が順位は上なのです。 第4位になってようやく第2王妃の長男・アジム王子(37歳)が登場します。 第1王妃の次男であるマリク王子は36歳のため、第5位となります。 第1位 ビラ王太子(ハサナル国王の直系男子で最年長)• 第2位 ムンタキム王子(ビラ王太子の直系男子で最年長)• 第3位 エイメン王子(ビラ王太子の直系男子で2番目に生まれた男子)• 第4位 アジム王子(ハサナル国王の直系男子で2番目に生まれた男子)• 第5位 マリク王子(ハサナル国王の直系男子で3番目に生まれた男子)• 第6位 マティーン王子(ハサナル国王の直系男子で4番目に生まれた男子)• 第7位 ワキール王子(ハサナル国王の直系男子で5番目に生まれた男子) 以上のように、マティーン王子の王位継承順位は第6位。 ただ、今後ビラ王太子やアジム王子、マリク王子に男の子が生まれた場合、マティーン王子の継承順位はどんどん下がっていくことになります。 残念ながら、マティーン王子がブルネイの国王となる可能性は限りなくゼロに近いですね。 ちなみにマティーン王子の父であるブルネイのハサナル・ボルキア国王は世界でも知られる超お金もちです。 こちらの記事で保有資産などについてまとめていますので、よければどうぞ。

次の

眞子さまとお似合い? 即位の礼に招かれたブルネイ「イケメン王子」と意気投合

マティーン王子 結婚

経歴 ロンドン大学の東洋アフリカ研究学院で国際外交を学び、修士の学位を持っています。 18歳の時にサンドハースト王立陸軍士官学校で訓練を受け、2016年からはブルネイ国軍の大尉を務めています。 こちらが白い軍服に身を包んだマティーン王子です。 これ女性だったら誰でも憧れるんじゃないでしょうかね。 マティーン王子のインスタがイケメン過ぎだけど結婚してるの?独身?彼女は誰いるのか マティーン王子のインスタがイケメン過ぎだけど、いったい結婚してるの?独身なの?彼女はいるのか? これだけイケメンだと男の私でも気になるところですw 真相は、 まだ結婚はしていませんでした。 独身で良かったですね~!って一応は皆さまにも結婚のチャンスがあると言うことにしておきましょう。 では、恋人はいるのでしょうか? それが色々と調べてみたら、彼女と噂されていた女性を発見しました。 お名前は ウッラサヤー・セパーバン(Urassaya Sperbund)愛称はヤヤさんです。 マティーン王子の彼女と噂のYaya ヤヤ って誰?職業や経歴は? マティーン王子の彼女と噂されていたウッラサヤー・セパーバン(Urassaya Sperbund)愛称をYaya(ヤヤ)さん。 タイ人とノルウェー人のハーフ12歳の時にモデルデビューをました。 これがメチャメチャかわいい女性で、インスタグラム見ながら、画像にくぎ付けですよ。 で、なんで彼女と噂をされたかと言うと、 マティーン王子がurassayas(インスタアカウント)をフォローしたからなんだそうです。 別に誰をフォローしたって良いじゃないかと思いますが、これが色々と噂を呼んだという訳なんですね。 一応経歴(プロフィール)も調べてみました。 名前:ウッラサヤー・セパーバン(Urassaya Sperbund) 愛称:Yaya(ヤヤ) 出身:タイ・チョンブリ県生まれ 誕生日:1993年3月18日 身長:171cm 体重:48kg チュラーロンコーン大学卒業 趣味:乗馬、水泳、バスケ、サッカー、陶器彩色 話せる言語:タイ語、ノルウェー語、英語、フランス語、スペイン語 好きな色:グリーン ノルウェーとタイのハーフ で、気が付いたのですが趣味がマティーン王子と似ているではあーりませんかー!! これでは彼女と疑われてもって感じがしますが、 ウッラサヤー・セパーバンさんがマティーン王子の彼女かどうか、真相は定かではありません。 ただマティーン王子は、ブルネイ・ダルサラーム国(ブルネイ)のハサナル・ボルキア国王の第2王妃、マリアム妃の4番目の王子様というとこで王族の仕来り「うんぬんかんぬん」とかありそうなので、そこらへんは良く分かりませんが… 少し古い記事ですがネットにこんな記事がありました。 マティーン王子は素朴な生活を好み、自分を「スウィート、シンプル、ファニー」と言い、 結婚相手には「質素な人がいい」と話したそうです。 こちらがウッラサヤー・セパーバンさんです。 今まではクアラルンプールや香港の乗り継ぎでアクセスが大変でしたが、今は直行便が就航していて片道6時間半で行けますし便が良くなったことでツアーも多く見かけるようになりました。 王子様にでも会いに行きますかw 場所はここです。 実はブルネイ王国はダイビングスポットとしても有名で、沈没船が好きな人に愛されているポイントが多くあるそうです。 世界的にも有名なダイビングポットなので、インスタグラムのスキューバダイビングもここで潜ったのでしょうね。 いいなぁ~。 日本にも沖縄あたりは世界的にも有名ですけど、どっちが綺麗なんだろう? ついでにお料理のことも。 (何かツアーデスクのようになってきた…)おいし~郷土料理を作ってスタッフが待っててくれてます。 ブルネイの料理は日本人の口に合うと評判なんだそうです。 エビ料理やバンブーチキンが有名らしいですよ。 色々な個性的なスパイスを鶏肉と混ぜて、それを竹に詰め込んで、じっくりと焼くんだそうです。 これは現地に行って食べたいですね。 マティーン王子ペットがトラのカワンならギターもトラなんですよ!どんだけトラが好きなのかww ハワイのコアと言う木を使っていて、自然の風で右往左往するうちに出来る木の模様のことを通称トラ目って呼ぶんです。 でもって、ここまで綺麗にトラ目が出るものは貴重なんですよね。 ペットもトラならギターもトラ目ですよ。 どんだけトラが好きなのか。 日本で「俺トラ飼ってるんだ~」とかって聞いたことありませんからピンとこないですけど、なぜかマティーン王子がトラとじゃれているインスタ画像を見ると筋肉イケメンには、やっぱトラがお似合いだよなぁ~。 って妙に納得してしまいますよ。 筋肉イケメンと言えば、あのインスタ画像のの筋肉にやられてしまう女性も多いのではないでしょうか? 筋肉大好き女子や筋肉フェチの女性なんかは絶対にやられますってw キリッとしたお顔、鍛え上げられた筋肉美、スポーツマンで、スウィート・シンプル・ファニーときてますからね。 何もかもがロイヤルな感じなのですが、いったい誰が王子様のハートを射止めるのでしょうか?かなり気になります。

次の

マティーン王子の結婚/彼女の噂は?インスタ画像がイケメンで話題!【ブルネイ王子】

マティーン王子 結婚

Contents• 文/編集部 解決の兆しの見えない眞子さまご結婚問題 現在、結婚延期状態となっている眞子さまと小室圭さん。 国民の大多数が結婚に反対している状況であるが、眞子さまはいまだ結婚への決意は揺るがないままであると噂されており、また当の小室圭さんもアメリカへの留学生活を続け、問題は棚上げとなったまま一向に解決に兆しは見えていない。 すでに、秋篠宮殿下も紀子さまも小室圭さんとの結婚には大反対されているようで、眞子さまの心変わりさえあればすぐにでも破談を申し入れる準備は整っているとも噂されている。 ブルネイのイケメン王子に注目集まる そんな中、先月行われた「即位礼正殿の儀」にて、ある一人の人物に注目が集まったようだ。 「即位礼正殿の儀にはおよそ2千人が参列し、その中には26カ国の王族がいましたが、 なかでも、ひときわ注目を浴びたのは、ブルネイのマティーン王子でした。 王子は2番目の妻との間の末っ子で国王の四男。 現在28歳で、ネット上ではそのイケメンぶりがもっぱら話題となっており、王子の開設しているインスタグラムは120万人以上ものフォロワーを持つ、世界屈指のロイヤルインフルエンサーでもあります」(皇室ジャーナリスト) 世界的に注目を集めているブルネイのマティーン王子だが、結婚問題でトラブルが発生している眞子さまと同年齢ということもあり、日本のネット上でも、 「(小室圭さんではなく)あのような方に熱をあげてほしかった」「眞子さま、視野に入れてみてはどうか」などといったコメントが数多く書き込まれた。 海の王子よりブルネイのイケメン王子? 即位礼正殿の儀の後に行われた饗宴の儀では眞子さまがマティーン王子と談笑される姿も目撃されている。 「 眞子さまは、大変和やかな雰囲気でマティーン王子とも談笑されていました。 過去には海外留学も経験され、海外訪問も数多く経験されている眞子さま。 国際感覚を養うと共に、今回の出会いをきっかけに、異性選びにも国際的な広い視野を持たれると良いのだが……。

次の