牛肉 ピラフ。 焼肉ピラフ【ファミリーマート】

牛肉のレシピ

牛肉 ピラフ

豪勢にサイコロステーキを使ったピラフ この記事では、ニチレイの冷凍ピラフ、「サイコロステーキピラフ」を食べてレビューしています。 「いきなり!ステーキ冷凍ピラフ」と競合する商品 今回食べるのは、ニチレイの「サイコロステーキピラフ」。 豪勢にサイコロステーキが入った冷凍ピラフである。 ステーキの入った冷凍ピラフということで先日レビューしたいきなり!ステーキのピラフと競合する商品と思われる。 「いきなり!ステーキ」のニッスイと今回のニチレイの競合関係は、何度かに分けて紹介した冷凍焼おにぎりと同じ構図。 広く取ると、牛カルビを使用したテーブルマークの「肉めし」やマルハニチロの「焼肉だれの牛カルビめし」あたりもライバル関係と言えよう。 これらもいずれレビューしていきたい。 冷凍ピラフの中では比較的手に入りやすい商品で、それなりに冷食を扱うお店ならば、店頭で見かけることが多い。 だいたい、「いきなり!ステーキ」のピラフと横並びに陳列されている。 まるで両方買えと主張しているかのように。 ニチレイ「サイコロステーキピラフ」はどんな商品? 内容量は430gで脂質が高い 内容量は、一般的な冷凍チャーハンや冷凍ピラフよりやや少なめの430g。 競合商品と思われる「いきなり!ステーキ」の600gと比べるとかなり少ない。 牛ステーキというところはライバルだが、ごはんの量はお付き合いしていない。 430gと600gでどちらが取り回ししやすいかで選ぶ手もあるかもしれない。 栄養成分を見ると、グラムあたりの脂質が「いきなり!ステーキ」のピラフより脂質がかなり多いことがわかる。 今回が4. 6gに対し、「いきなり!」が2. 7gなので、かなりの違いだ。 「いきなり!」も十分な油脂があったので、それより多いとなると、かなりのこってり味が予想できる。 栄養成分表示(100gあたり) 内容量 430g エネルギー 187kcal たんぱく質 5. 0g 脂質 4. 6g 炭水化物 31. 5g 食塩相当量 1. 6g 具がゴロゴロですごいボリューム感 内容物を大皿に開けた状態。 これまで食べてきた冷凍チャーハンやピラフの中で、最も具のボリュームがありそう。 商品名の「サイコロステーキ」そのままのサイコロ状の肉が皿ごと転がっていきそうなレベルでゴロゴロ入っている。 ローリングピラフ状態。 肉だけではなく、赤ピーマンやインゲンもたっぷり入っている。 食べる前から具がディープインパクトばりのグリグリの二重丸なのがわかってしまう。 これは間違いなくリッチだ。 ニチレイ「サイコロステーキピラフ」を食べる とにかく濃い味付けが特徴 ガーリックとスパイスを強く効かせた、しょうゆ味のステーキソース風の味付け。 ガーリックもスパイスも強く、かなりハッキリした味。 それでいて牛脂の強い風味がしっかり感じられる。 こんなに濃くてクレームが来ないのか?と心配してしまうくらい強い味だ。 一般的なステーキソースの味を煮詰めてデフォルメしたような味。 濃い味が好む人にはたまらない味だろう。 私にはちょっと濃すぎのように感じられた。 味付けのパンチ力はライバルの「いきなり!ステーキ」ピラフを大きく上回る。 ガーリックもスパイスもどちらも圧倒的にこちらが強い。 極端な味という点ではこれまで食べた中だとニチレイ「チキンライス」と同じくらいか。 部活後の高校生とかが好みそうなイメージ。 ただ、ちょっと甘みが感じられるのが気になった。 これは好みの問題。 「いきなり!」では感じれなかった甘みだ。 私は欧風カレーのフルーツの甘味とかも気になるたちなので、好みとしては「いきなり!」の方が好み。 でもこのパワー溢れる味付けは素直に称賛したい。 油脂多めでごはんパラパラ ステーキの味を再現したピラフなので、牛脂がたっぷり入っており、ごはんがたくさんの油脂をまとっている。 冷凍チャーハンレベルに多い。 油分が多いため、ごはんがしっかりほぐれ、パラパラしている。 かため食感のごはんがパラパラなのは、ニチレイ商品のお家芸的なところ。 このあたりは「本格炒め炒飯」のニチレイなので、信頼のブランドと言って良いだろう。 ただ、「いきなり!」より脂質が高いのだが、ごはんが纏う油の量は「いきなり!」の方が少し多そうな感じがした。 内容量は430gで、「いきなり!」に比べると少ないが、一般的な冷凍チャーハンや冷凍ピラフの量とそれほど変わらず、一般的な2人前で、1人で食べるなら満腹になる。 ゴロゴロのサイコロステーキと野菜で最強クラスの具のボリューム 商品名通りの「サイコロステーキ」が入っている。 冷凍ピラフとしてはカットが大きくしっかり肉感がある。 さすがにジューシーなやわらかい牛肉とはいかないが、噛み応えのある肉でこれはこれで素晴らしい。 量もかなりたくさん入っており、これだけたくさん入っていたらガッツリ肉を食べた気分になれる。 ちょっと高めの価格設定ではあるが、これだけリッチなら十分に頷けるレベルだろう。 牛肉だけではなく、赤ピーマンとインゲンもたくさん入っている。 赤と緑で彩りも豊か。 それぞれしっかりした食感もあり、食感でもアクセントとして機能していた。 インゲンの風味がしっかり感じられたのも高ポイント。 これでもかとコク味付けされているのと合わせてインパクト大。 ごちそうを食べている気分になれる。 「いきなり!ステーキ」のピラフと競合する商品と思われるが、完成度だけなら今回の商品の方が上に映る。 個人的な好みは「いきなり!」の味の方だが、冷食離れしたリッチさに脱帽。 満足感の大きい商品だった。

次の

絶品ソースがポイント! きのこと牛肉のにんにくたっぷりガーリックピラフ

牛肉 ピラフ

フリーワード• 検索条件をクリア レシピで使用するコンロ機能• 指定なし• タイマー• 温度キープ• 自動炊飯• グリル• マルチグリル• その他グリル 調理機器 料理ジャンル• 指定なし• 各国料理• パン・お菓子 食材ジャンル• 指定なし• 魚介類• 乳製品• 大豆製品• 麺類 調理ジャンル• 指定なし• 焼き物• 炒め物• 蒸し物• 揚げ物• 炙り物• ごはん物• サラダ・和え物• 検索条件をクリア ガスコンロ・便利機能を使うときの注意点 <グリル>• 加熱中や加熱後のグリルは高温になっています。 食材を追加したり、調理物を取り出す際はやけどに注意しましょう。 グリルでグラタンなどの焼き物調理をする場合は直火対応の耐熱性容器をご使用ください。 アルミ箔やグリル用プレートを使用する際は油脂が溜まらないように注意してください。 グリル用調理容器を使用するときは、対象コンロ専用の容器を使用してください。 またその際は取扱説明書をよく読み、正しい方法で機器に設置してください。 同じ名称の容器でも容器のサイズや材質が異なる場合があります。 また、グリル容器調理の火加減・時間はご使用のコンロの機種によって異なります。 レシピの火加減・時間を目安に、様子を見ながら加熱時間をご調整ください。 <温度キープ>機能• 温度キープ機能を使って揚げ物をするときは、食材全体が漬かる程度の油(必ず200ml以上)を入れて行ってください。 <あぶり・高温炒め>機能• 炙り調理時は、「高温炒め」または「あぶり・高温炒め」に設定。 (機種により「センサー解除」「左コンロ高温」と表示しているものがあります)• 炙る時は温度センサーの上に焼き汁などが落ちないように温度センサーの真上は避けて調理をしてください。 センサー解除中でも温度が上がりすぎると安心・安全機能がはたらき自動で弱火・強火に調節しますのでやけどにご注意ください。 あぶり・高温炒めモードを使用するときは、揚げものなどの調理をしないでください。 調理油が発火し、火災の原因になります。 <麺ゆで>機能• 麺ゆでモードを使用する時は点火後すぐ(10秒以内)に鍋底から炎があふれない程度に火力を調整してください。 火力が適正でないとふきこぼれや茹で不足になる場合があります。 麺を茹でる時は、ときどきかき混ぜてください。 ふきこぼれ、飛び散り、焦げつきの原因になります。

次の

ニチレイ「サイコロステーキピラフ」を実食!牛肉ゴロゴロのリッチな冷凍ピラフ

牛肉 ピラフ

ピラフを食べた感想 ビーフガーリックピラフ(ニッスイ) ステーキで有名な「 いきなりステーキ」監修の商品です。 具材はコーン・いんげん・牛肉が入っています。 ニンニクと牛肉の匂いが食欲をそそります。 お米にしっかりと味が染み込んでいて美味しいです。 濃い味が好きな人におすすめな商品です。 内容量 600g カロリー 176kcal(100g当たり) 評価 購入価格 399円 カレーピラフ(ニッスイ) カレーで有名な「 ココ壱番屋」監修の商品です。 匂いと味はピラフというよりドライカレーですね。 あとに残る辛さですが、このスパイシーさがたまりませんね。 内容量 450g カロリー 171kcal(100g当たり) 評価 購入価格 289円 えびピラフ(テーブルマーク) 6種類の具材(えび・たまねぎ・トウモロコシ・にんじん・赤ピーマン・インゲン)が入っています。 バターとブイヨンの風味、アメリケーヌソースの旨みがしっかりとしていて、美味しかったです。 ボリューム満点なので、コスパに優れていると思います。 内容量 700g カロリー 160kcal(100g当たり) 評価 購入価格 398円 えびピラフ(イオン) 6種類の具材(えび・たまねぎ・トウモロコシ・にんじん・ピーマン・インゲン)が入っています。 バターの風味がすごいですね。 アメリケーヌソースがかかっているので、全体的に赤っぽいです。 バターのコクと風味がよく美味しかったです。 ただ、 ニチレイのえびピラフと比べるとエビの量が少ないので、もう少しエビの量が増えると嬉しいですね。 内容量 450g カロリー 146kcal(100g当たり) 評価 購入価格 258円 えびピラフ(ニチレイ) 7種類の具材(えび・たまねぎ・コーン・にんじん・マッシュルーム・ピーマン・インゲン)が入っています。 えびがたっぷり入っているのが嬉しいですね。 バター風味がよくて美味しかったです。 内容量 450g カロリー 165kcal(100g当たり) 評価 購入価格 298円 海老とあさりのバターピラフ(マルハニチロ) バター・ブイヨン・魚介エキスが見事に融合しています。 三位一体とは、このことですね。 濃厚な味付けで、美味しかったです。 商品名の「 王様のソテーピラフ」の名に恥じない味だと思います。 個人的に、冷凍食品のピラフの中ではダントツの1位でしたが、パッケージが変わり味が落ちてしまいました。 内容量 500g カロリー 184kcal(100g当たり) 評価 購入価格 429円 豚めし(マルハニチロ) 豚めしのタレをお米全体にかけた感じの見た目です。 味のほうは少し甘めのタレですが、いい感じの味付けなので、美味しかったです。 つゆだくにした豚丼を食べている感じです。 内容量 400g カロリー 172kcal(100g当たり) 評価 購入価格 298円 高菜ピラフ(マルハニチロ) 九州産の熟成高菜漬けを使用しています。 高菜の量が多いので、高菜好きにはたまらない商品だと思います。 唐辛子が入っているので、少しピリ辛です。 内容量 450g カロリー 159kcal(100g当たり) 評価 購入価格 258円 えびピラフ(ローソン) ローソンとテーブルマークが共同開発した商品です。 ブイヨンの香りが食欲がそそります。 お米にしっかりと味が染み込んでいて、美味しかったです。 欠点は、量が少ないことですね。 内容量 150g カロリー 252kcal 評価 購入価格 108円 海老ピラフ(セブンプレミアム) ライスにブイヨンが染み込んでいるので、味がしっかり付いています。 味は濃い目でおいしかったです。 欠点は、量が少ないことですね。 内容量 170g カロリー 287kcal 評価 購入価格 138円 具だくさんエビピラフ(味の素) ニチレイの「 えびピラフ」と見た目・味がほぼ同じです。 ニチレイより、こちらほうが少し香辛料が強いです。 個人的には、ニチレイのえびピラフのほうが好きですね。 内容量 450g カロリー 322kcal(225g当たり) 評価 購入価格 220円 ドライカレー(ニチレイ) たいめいけん三代目の 「茂出木シェフ」が監修した商品です。 辛さは中辛くらいですね。 味は美味しいのですが、普通のドライカレーとあまり違いを感じませんでしたね。 内容量 430g カロリー 198kcal(100g当たり) 評価 購入価格 238円 ジャンバラヤ(マルハニチロ) スパイシーなにおいが強烈です。 味ももちろんスパイシーです。 辛さはカレーの辛口くらいの辛さだと思います。 辛いのはいいのですが、 あとに残る辛さなので、食べ終わっても辛さが続きますね。 ウインナーが薄すぎるので、もう少し厚切りにしてもらえるとありがたいです。 内容量 600g カロリー 169kcal(100g当たり) 評価 購入価格 298円 サイコロステーキピラフ(ニチレイ) パッケージにガーリックと書いていますが、ニンニクの臭いは気にならないです。 しょうゆベースの味付けで、 牛肉のうま味が利いていて美味しかったです。 内容量 430g カロリー 181kcal(100g当たり) 評価 購入価格 258円 銀座カリーピラフ(明治) 辛さは中辛なので、そこそこ辛いです。 残念なことに ピラフ感は全くないですね。 ピラフというより、ドライカレーです。 内容量 400g カロリー 192kcal(100g当たり) 評価 購入価格 348円 2種のチーズのハンバーグとチキンピラフ(イオン) トップバリューのチキンピラフです。 ハンバーグ・ポテトサラダ・ブロッコリーあえが付いた、10品目入りです。 ブイヨンの風味?がする、あっさりしたピラフですね。 ハンバーグは、チルド食品の3個パックのハンバーグみたいな食感と味でした。 内容量 292g カロリー日 434kcal 評価 購入価格 298円 まとめ 各社のえびピラフに大きな味の違いはなかったので、どの商品を食べても美味しいと思います。 勝手なイメージですが、プライベートブランドは「 まずい」と思っていたんですが、美味しい商品ばかりでした。

次の