横浜 ホテル 新幹線。 横浜旅行・横浜ツアー|新幹線のお得なツアーはJR東海ツアーズ

Hotels near 新横浜駅, 横浜市, 日本

横浜 ホテル 新幹線

最安値はどれ!? 格安チケットの比較 新幹線を格安で利用する方法はいくつもあります。 それぞれ、どれくらい料金に違いがあるかをまとめました。 通常料金は、14,120円でそれに対する差額です。 最新の料金はをご覧ください。 宿泊とセットにはなりますが、ホテルによっては約10,000円も安くなり、実質、宿泊代が無料になるほどのインパクトがあります。 家族旅行はもちろん、出張や学生旅行など、交通費と宿泊代を大幅に節約できますよ。 宿泊予定であれば、最強におすすめです。 「こだま」のため時間がかかるのと、疲れるのがデメリットですが、安く利用したいのであれば、選択の余地はあるでしょう。 公式サイトを見る: このように、料金の安さ以外にもメリットやデメリットもあるので、特長と詳細は次項にまとめました。 料金に関しては、普通に購入すれば通常料金ですが、往復割引や学割、団体割引、回数券などがあります。 詳しくは、JRおでかけネット「」をご覧ください。 ネットでの予約であれば、や次に紹介するエクスプレス予約を利用しましょう。 エクスプレス予約:早めの予約で安い! JR東海とJR西日本が運営する会員制のネット予約サービス。 早特などいくつかのプランがあり、 365日安く買えます。 また、予約変更手数料無料やキャンセル料が310円など、いざというときにも安心です。 料金:こんなに格安! 主なプランは以下です。 土休日はさらにお得な料金になることもあります。 現実的にはEX早特の方が利用しやすいです。 また、利用区間に応じてポイントが貯まり、一定ポイントが貯まるとグリーン車を普通車指定席の料金で利用できます。 料金については、変更になる可能性があるので、をご覧ください。 メリット ・スマートフォンやパソコンで予約可能 ・チケットはICカード ・365日安い ・乗車日当日の予約でも安い ・ポイントが貯まると普通車指定席の料金でグリーン車に乗れる ・予約変更しても手数料無料 ・キャンセル料がいつでも310円 デメリット ・会員制のためクレジットカードの入会が必要 ぷらっとこだま:事前予約でこだまが安い! JR東海ツアーズのプラン。 こだまに限定されますが、東海道新幹線(東京駅、品川駅、新横浜駅、静岡駅、浜松駅、名古屋駅、京都駅、新大阪駅)の新幹線チケット(指定席)を格安料金で購入できます。 また、 1ドリンク引換券がついてくるのもうれしいです。 料金:こんなに格安! おとなは通常期と繁忙期で料金が異なりますが、こどもは同一料金です。 金券ショップ:当日ならお得! 駅の近くや繁華街にある金券ショップでも、新幹線の格安チケットを取り扱っています。 新幹線の回数券をばら売りしているため安くなっている場合が多いです。 自由席、指定席、グリーン車の取り扱いもあります。 料金:こんなに格安! どのくらい安くなるかは、ショップや区間によります。 当日でも購入・使用できるメリットはありますが、割引率は大きくないため、事前に予約購入するのであれば、他の割引方法の方がお得です。 また、利用期間が決まっていたり、年末年始など使えない日もあったりと制限もあるので注意しましょう。 メリット ・当日でも購入して使える ・片道でも購入できる デメリット ・金券ショップが近くにない ・格安チケットが販売されていない区間あり ・利用期間(通常3ヶ月)が決まっている ・GW、お盆、年末年始など使えない日がある ・他の割引サービスの方が安いかも ・クレジットカード払いができない場合が多い 横浜の金券ショップ 新大阪駅近辺には、金券ショップは少ないです。 金券ショップが密集しているのは梅田(大阪駅)周辺。 特に駅前第1~第4ビルには多くの金券ショップが立ち並んでいておすすめです。 よくある旅行会社のツアーではなく、新幹線のチケットと宿泊予約が同時にできる、というだけの便利なサービス。 現地ではずっと自由時間です。 そのため、 出張でも旅行でも利用できます。 「交通手段と宿泊先だけ確保して、好きなように観光地を巡ろう」という人におすすめです。 料金:こんなに格安! 通常であれば、新幹線と宿泊(ホテルや旅館)は別々に予約しますよね。 新幹線のチケットなら当日に駅で購入する人も多いでしょう。 それを、セットで予約することで、新幹線を特別割引運賃で利用できるようになります。 ホテルや発着駅によりますが、ホテル代も含めれば数千円~数万円も安くなりますよ。 割引率なら最も格安。 宿泊を考えているなら、絶対にお得ですよ。 チケットは、前日・当日にJR内の店頭で受けとります。 公式サイトを見る: 乗り換え・アクセス方法 新幹線の駅からの乗り換え、または新幹線の駅までのアクセス方法を紹介します。 複数の交通機関が乗り入れていますので、それらの運賃も考えておきましょう。 新横浜駅 JR在来線:横浜線 横浜市営地下鉄:ブルーライン 横浜の中心部や中華街、みなとみらい方面に向かうなら、新横浜駅からJRか地下鉄に乗り換えましょう。 新大阪駅 大阪市営地下鉄:御堂筋線 JR在来線:東海道本線 梅田、なんば方面へに向かうなら、新大阪駅からJRか地下鉄に乗り換えましょう。 のぞみなら、エクスプレス予約を利用するのもいいでしょう。 新幹線の格安チケットは「割引率」「時間」「予約」を基準に考えると、あなたにとって最良のチケットを見つけることができますよ。 大阪のおでかけ情報 当サイトでは、大阪の遊び場やグルメ情報を豊富に紹介しています。 レジャー施設のレポート記事やお得な情報もありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 スグに使える!断然お得な旅行・宿泊クーポン 当サイトでは、旅行サイトで配布されている旅行・宿泊クーポンをまとめています。 急な旅行でも間に合うように、スグに使えるクーポンを厳選。 用途に応じて選ぶことで格安で旅行ができますよ。 旅行サイト 特徴 最大20,000円分のクーポンが配布されているが開催中です。 国内の宿泊・遊びに強い旅行予約サイト。 最大35,000円分のクーポンが配布されている 開催中です。 楽天ポイントが貯まる・使えるのが強み 国内のホテルがセール価格になるが開催中です。 半額以上の割引あり。 国内旅行やアジア圏(中国、香港、マカオ、台湾)の旅行予約に強い で、クーポンが多数配布されています。 で、多数のクーポンが配布されています。 Tポイントが貯まる・使えます。 dポイントが貯まる、使えるのが強み。 で、現在、配布されているクーポンをチェックできます。 では、割高料金になる土曜日の宿泊をお得に予約できます。 ワンランク上のホテルや旅館に強いです。 が配布されています。 航空券と宿泊がセット。 ANAマイルを貯めたい方におすすめ。 で、ANAトラベラーズ ダイナミックパッケージのクーポンが配布されています。 航空券と宿泊がセット。 JALマイルを貯めたい方におすすめ。 では、対象プランを予約すると、2000円分のお買物クーポンがもらえます。 記念日を祝う国内旅行におすすめ。 も配布されています。 国内・海外のツアーパックに強い旅行代理店の大手です。 では、今だけのお得なバーゲン価格で提供されている国内ツアーが予約できます。 格安の旅行ツアーに強いです。 では、子ども代金半額、幼児代金0円など家族にお得な特典があります。 国内・海外の格安宿泊予約に強いです。 は、新型コロナウイルスの影響で、予定がかわっても安心です。 格安航空券とのセットに強いです。 で、開催中のお得なキャンペンーンをチェックできます。 国内・海外510,000以上のホテルを予約できます。 が配布されています。

次の

新幹線(JR)とホテルのお手頃な宿泊パックで国内旅行・ツアーをネット予約!【JTB】

横浜 ホテル 新幹線

【新横浜-高松】のぞみ・ひかり+JR通常料金は? 新横浜-高松の移動は、岡山駅で新幹線と快速マリンライナーを乗り継ぎます。 この区間の通常きっぷを、券売機や駅の窓口で購入した価格は以下の通りです。 その中でも、最も料金が安いのは? 1.新幹線+ホテルパック まず、新幹線で往復+宿泊する方は、 一番安いのは「 」。 ネットで利用するホテルと、往復の新幹線・JR快速の列車を選んで同時に予約! チケットは出発までに、自宅へ無料宅配またはコンビニ等で受取り可。 これを利用した時、「のぞみ+JR」指定席の片道料金は、実質 11,550円~13,550円。 学割以外で次に安い「EX早特21」より、 往復で3,500円~7,500円以上安くなります。 メリット・デメリット メリット デメリット• 一番安い!• 3日前まで予約OK• 新幹線・JRの両方を予約できる• チケットの受取りが楽• 列車の変更も可• 乗り遅れても後続自由席に乗れる(一部除く)• 直前の変更は不可• キャンセル手数料あり• 指定した列車より前の列車には乗れない 2.EX早特21 新幹線パックが利用できない方は、次にお得なのが「」。 エクスプレス予約とスマートEX会員のみ、空席があれば、21日(3週間)前まで予約できます。 「EX早特21」が利用できるのは新幹線のみで、快速のきっぷは別途購入が必要。 列車は朝6時台と11~15時台出発の「のぞみ」のみ。 年末年始・GW・お盆の期間中は利用できない日があります。 新横浜-高松では、「のぞみ+JR快速マリンライナー」の料金は、全て指定席で 15,320円。 メリット・デメリット メリット デメリット• 新幹線は安い!• 21日より前に予約が必要• 在来線は別途料金• 子供・グリーンの設定なし• 売り切れることもある• 設定除外日がある 【注意点】EX早特21で乗車できるのは、予約の列車・座席のみ。 乗り遅れた場合、後から発車する新幹線に振り替えることができません。 (自由席も含む) 改めて切符を購入する必要があります。 3.EX早特 新幹線パック・EX早特21が利用できない方は、次にお得なのが「」。 エクスプレス予約とスマートEX会員のみ、空席があれば、3日前まで予約できます。 「EX早特21」も安くなるのは新幹線のみで、快速のきっぷは別途購入が必要。 新横浜-高松の「のぞみ+JR」の料金は、指定席が平日 16,750円、土休日 16,340円。 年末年始・GW・お盆の期間中は利用できない日があります。 メリット・デメリット メリット デメリット• 特に土休日が安い• 子供料金も安い• 3日前までは変更可• 払戻しは320円の手数料• 在来線は別途料金• 売り切れることもある• 設定除外日がある 4.学割 学生の場合、新幹線パックや早特が使えなくても、「」を使えばお得。 学校で、学割証を発行してもらうと、JRのみどりの窓口や旅行会社の窓口で学割乗車券が購入できます。 インターネットや発券機で購入できないので、販売窓口を利用してください。 片道101km以上の区間では、学割のみ利用でき乗車券(運賃)が2割引。 片道601km以上の区間では、往復割引と学割が同時に適用されると、乗車券はさらに1割引。 新横浜-高松は601キロ以上なので、 往復割引が適用になり、学割と一緒に使うとお得! 新横浜-高松の料金は、学割のみ利用で「ひかり・のぞみ」の自由席が 14,890円。 「ひかり」指定席が 15,950円「のぞみ」指定席が 16,480円。 学割と往復割引の両方を利用すると、「ひかり・のぞみ」の自由席が 14,890円。 「ひかり」指定席が 15,050円「のぞみ」指定席が 15,580円。 年末年始・GW・お盆も利用できますが、新幹線・JRの指定席料金は400円アップします。 メリット・デメリット メリット デメリット• 年間通して利用可• 当日でも購入可• 往復割引と同時利用OK• 学割証の発行が必要• 購入は窓口のみ 5.エクスプレス予約 新幹線パックや早特が使えない場合、次に安いのは「」。 JR東海・西日本が運用する会員制ネット予約サービスで、PCやアプリから新幹線の予約が可能! エクスプレスカード・J-EWSTカード、または決済用に既に持っているクレジットカードも使えますが、年会費1,100円が別途必要です。 エクスプレス予約で予約できるのは新幹線のみで、在来線のきっぷは別途購入。 新横浜-高松の「新幹線+JR」の料金は、指定席・自由席とも 18,050円。 年末年始・GW・お盆も利用可能で、料金は同じです。 そして、往復分を予約するとお得なのが「」。 新横浜-高松の「新幹線+JR」料金は、指定席・自由席とも 16,810円です。 メリット・デメリット メリット デメリット• 年間通して割引料金• ポイントでグリーン車利用可• 変更は何度でもOK• 「早特」はさらに安い• 安いのは新幹線のみ• 新規はすぐ利用できない• 年会費が1,100円• 払戻しは320円の手数料 6.往復割引 エクスプレス予約の会員以外の方は「」がお得。 同一区間の往復で適用され、片道601km以上の区間で、乗車券(運賃)が1割引になります。 条件は、往復とも同一区間で、乗車券を往復まとめて買うこと。 (注:往復割引は、新幹線の特急料金には適用されません。 ) 片道601km以上の新横浜-高松でも、条件を満たせば適用されます。 往復割引になった料金は、「ひかり・のぞみ」の自由席が 16,010円。 「ひかり」指定席が 17,070円「のぞみ」指定席が 17,600円。 繁忙期は新幹線&JRで指定席は400円アップしますが、年末年始・GW・お盆も利用できます。 メリット・デメリット メリット デメリット• 年間通して利用可• 会員登録の必要なし• 当日でも購入可• 割引は往復でおよそ2,900円• 片道では使えない 7.スマートEX 「」の利用に必要なのは、交通系ICカードと決済用クレジットカード。 ネットでチケットを予約すると、指定席は200円割引(自由席は割引なし)。 当日でも購入できるのは「」と「」。 いずれも、利用できるのは新幹線の区間のみで、在来線のきっぷは別途購入。 新横浜-高松の「新幹線+JR」の料金は、指定席が「ひかり」 18,680円、「のぞみ」 19,210円。 「スマートEXサービス往復割引」は通常きっぷより安くなりますが、片道だけで購入すると高くなります。 メリット・デメリット メリット デメリット• 年会費無料でネット予約• 会員登録後すぐ予約可• 変更は何度でもOK• 「早特」を使うと安い• 通常きっぷの方が安い• 割引は新幹線のみ• 自由席は割引なし• 繁忙期は200円アップ• 払戻しは320円の手数料 新横浜-高松の新幹線&JR料金は、この7つのチケットで安くなります! 料金を【最安値】にするポイント! 【横浜-高松】新幹線&JRの片道・往復料金を比較! 新横浜-高松では、大きく分けて7つのチケットで新幹線料金が安くなります。 しかし、ご紹介したように、料金はさらに細かく分かれますが・・・。 これを全部まとめて比較すると、使えるチケットの片道・往復料金は以下の通り。 チケット名 片道 往復 通常料金 のぞみ・指定席 18,730円 37,460円 通常料金 ひかり・指定席 18,200円 36,400円 通常料金 自由席 17,140円 34,280円 スマートEXのぞみ 19,210円 38,420円 スマートEXひかり 18,680円 37,360円 スマートEX(往復割引)のぞみ 18,170円 36,340円 エクスプレス予約 18,050円 36,100円 スマートEX(往復割引)ひかり 17,640円 35,280円 往復割引のぞみ指定席 17,600円 35,200円 往復割引ひかり指定席 17,070円 34,140円 EX予約サービス(往復割引) 16,810円 33,620円 EX早特(平日) 16,750円 33,500円 学割のぞみ指定席 16,480円 32,960円 EX早特(土休日) 16,340円 32,680円 往復割引自由席 16,010円 32,020円 学割ひかり指定席 15,950円 31,900円 学割+往復割引のぞみ指定席 15,580円 31,160円 EX早特21 15,320円 30,640円 学割+往復割引ひかり指定席 15,050円 30,100円 学割自由席 14,890円 29,780円 学割+往復割引自由席 13,990円 27,980円 学割+往復割引+e特急券 13,960円 27,920円 1人 約 13,350円 26,700円 2人 約 11,350円 22,700円 このように、新幹線の料金は、使うチケットによって変わります。 その中でも、 新横浜-高松で新幹線に 最も格安に乗れるのは新幹線パック。 「 往復+ホテル1泊」で合計料金を比較すると、いかに安いかがわかります! 【のぞみ+快速】往復&ホテル1泊料金を比較! 新横浜-高松の移動は、新横浜~岡山は新幹線、岡山~高松はJR快速マリンライナーを利用します。 「のぞみ」を使って最短でもおよそ4時間10分、往復で8時間以上。 日帰りの往復は困難なので、1泊して往復するのが楽でしょう。 それなら、「 新幹線往復+1泊」の料金を比較しておきたいところです。 では、1泊6,600円で宿泊する場合、上記チケットの往復+ホテル1泊の合計料金は? その中で、新幹線パックはどれぐらいお得なのでしょうか? 新横浜~岡山は「のぞみ」指定席で往復、岡山~高松は快速マリンライナーで往復。 同じホテルに宿泊した料金を、分かりやすく表にまとめました。 往復チケット名 往復+ホテル1泊 差額 通常料金 のぞみ・指定席 44,060円 0円 通常料金 ひかり・指定席 43,000円 -1,060円 通常料金 自由席 40,880円 -3,180円 スマートEXのぞみ 45,020円 960円 スマートEXひかり 43,960円 -100円 スマートEX(往復割引)のぞみ 42,940円 -1,120円 エクスプレス予約 42,700円 -1,360円 スマートEX(往復割引)ひかり 41,880円 -2,180円 往復割引のぞみ指定席 41,800円 -2,260円 往復割引ひかり指定席 40,740円 -3,320円 EX予約サービス(往復割引) 40,220円 -3,840円 EX早特(平日) 40,100円 -3,960円 学割のぞみ指定席 39,560円 -4,500円 EX早特(土休日) 39,280円 -4,780円 往復割引自由席 37,240円 -6,820円 学割ひかり指定席 38,500円 -5,560円 学割+往復割引のぞみ指定席 37,760円 -6,300円 EX早特21 37,240円 -6,820円 学割+往復割引ひかり指定席 36,700円 -7,360円 学割自由席 36,380円 -7,680円 学割+往復割引自由席 34,580円 -9,480円 学割+往復割引+e特急券 34,520円 -9,540円 1人 33,300円 -10,760円 2人 29,300円 -14,760円 新幹線往復+ホテルをネットで一緒に予約できる格安パック。 横浜-高松で利用すると、 1人約10,700円、2人で29,500円以上お得! このパックを利用すると、のぞみ&JR指定席料金は、片道約 11,350円~13,350円。 新幹線&JRで往復+宿泊するなら、合計料金は これが最も格安です! 【新横浜-高松】格安なチケットの選び方! では、ご紹介した7つの格安チケットの中から、一番お得なチケットを選んでいきましょう。 新幹線・JRを利用する期間や条件によって、お得なチケットが変わるので要チェック! 新横浜-高松では、 どんな時にどんなチケットを使うのが一番お得なのか? 以下に詳しく説明していきますね。 年末年始・GW・お盆に安いのは? この期間中に使えないのは、「EX早特21・EX早特」。 年末年始・GW・お盆に最も安いのは「」です。 (学割除く) EX予約サービス往復割引は、片道16,810円、往復33,620円、1泊6,600円で泊まると40,220円。 なお、往復+宿泊する場合、2人以上なら「」は 1人29,300円とさらに安いです。 「早割」で安くなる?いつまで? 新横浜-高松で、21日(3週間)前までに買うとお得なのが「」。 次に安いのは「」と「」。 「EX早特」が購入できるのは、 1ヶ月前~3日前まで。 なお、「新幹線パック」も3日前まで予約でき、2ヶ月以上前から申込み可能です。 当日・前日など、直前に予約して安いのは? 当日・前日など、特に安い「早特」と「新幹線パック」は使えません。 往復を予約するなら、安いのは「」で16,810円。 片道だけの予約なら 「 」の18,050円が安いです。 片道は飛行機、片道は新幹線の場合、安いのは? 新横浜-高松で、21日より前に予約するなら、片道料金が最も安いのは「」。 「のぞみ」指定席限定で片道料金は15,320円。 3日前までなら、次に安いのは「」で、平日なら16,750円、土休日なら16,340円で、 スマートEXならすぐ予約できます。 また、飛行機も、片道のみ利用するなら、早割を利用すると安いです。 自由席も安くなる? 自由席は学割や往復割引で安くなります。 しかし、それよりも、指定席の方が安いチケットが多いです。 学生が「学割・往復割引」を同時に利用すると安いですが、それでも「」や 「」で 指定席に乗った方が安いです。 グリーン車も格安に乗れる! 新横浜-高松では、グリーン車にも安く乗れるのか? この区間で、安くなるのは、スマートEX・往復割引・エクスプレス予約・新幹線パックの4つ。 片道料金と「 往復+1泊6,600円」の合計料金を比較して、分かりやすく表にまとめました。 グリーン車 片道 往復+ホテル1泊 通常料金 のぞみ・指定席 25,270円 57,140円 通常料金 ひかり・指定席 24,740円 56,080円 スマートEX のぞみ・指定席 25,750円 58,100円 スマートEX ひかり・指定席 25,220円 57,040円 エクスプレス予約 24,590円 55,780円 スマートEX 往復割引 のぞみ・指定席 24,710円 56,020円 スマートEX 往復割引 ひかり・指定席 24,180円 54,960円 往復割引 のぞみ・指定席 24,140円 54,880円 往復割引 ひかり・指定席 23,610円 53,820円 EX予約サービス往復割引 23,350円 53,300円 EX早特(平日) 23,290円 53,180円 EX早特(土休日) 21,600円 49,800円 新幹線パック 1人 18,450円 43,500円 新幹線パック 2人 15,150円 36,900円 グリーン車の料金は、片道・往復のみなら最も安いのは「EX早特」です。 しかし、新横浜-高松を往復してホテルに泊まる場合は、「新幹線パック」が最安値! 子供料金も安くなる! 子供料金も利用するチケットによって、料金が異なります。 新横浜-高松の片道・往復料金は以下の通り。 子供料金 片道 往復 通常料金 のぞみ・指定席 9,350円 18,700円 通常料金 ひかり・指定席 9,090円 18,180円 スマートEX のぞみ・指定席 9,590円 19,180円 スマートEX ひかり・指定席 9,330円 18,660円 スマートEX 往復割引 のぞみ・指定席 8,790円 17,580円 エクスプレス予約 9,010円 18,020円 往復割引 のぞみ・指定席 8,790円 17,580円 往復割引 ひかり・指定席 8,530円 17,060円 通常料金 自由席 8,560円 17,120円 スマートEX 往復割引 ひかり・指定席 8,810円 17,620円 EX予約サービス往復割引 8,390円 16,780円 EX早特(平日) 8,360円 16,720円 EX早特(土休日) 8,160円 16,320円 往復割引 自由席 8,000円 16,000円 新幹線パック 5,600円 11,200円 新横浜-高松を、家族で往復してホテルに宿泊するなら、子供料金も最も安いのは新幹線パック。 家族旅行で利用する時には、大人料金との合計も一番安いので、 新幹線パックを使えば 最安値で家族旅行に行くことができます。

次の

【横浜⇔大阪】最強に安い!新幹線の予約と格安チケット

横浜 ホテル 新幹線

Contents• 大阪~横浜を新幹線で格安に! 新大阪~新横浜の正規料金は、のぞみ指定席14,120円、ひかり・こだまは13,810円。 自由席は全列車共通の13,290円。 まずは、これより安くなる割引きっぷの、片道・往復料金を全て紹介! 新大阪~新横浜の新幹線【割引】きっぷ料金一覧 新大阪発・新横浜発とも利用できる方法は同じで、以下の往復方法で安くなる。 指定席・自由席料金 片道 往復 のぞみ指定席 14,120円 28,240円 スマートEX のぞみ指定席 13,920円 27,840円 ひかり・こだま指定席 13,810円 27,620円 スマートEX ひかり・こだま指定席 13,610円 27,220円 自由席 13,290円 26,580円 回数券 13,290円 26,580円 エクスプレス予約 13,040円 26,080円 EXのぞみファミリー早特 12,010円 24,020円 EX早特21 10,900円 21,800円 ぷらっとこだま 10,400円 20,800円 (のぞみ) 約10,100円 20,800円 EXこだまファミリー早特 9,800円 19,600円 (こだま) 約8,500円 19,600円 では、どうすれば格安に新幹線に乗れるのか詳しく! 新幹線の往復料金を安くするには? 新大阪~新横浜間は、のぞみ約2時間10分、ひかり約2時間40分、こだま約3時間45分。 営業キロ数は約524キロで往復割引の適用はない。 飛行機も羽田-伊丹で利用すると便利だが、新幹線を利用した方が乗り継ぎは少なく便利。 新横浜~新大阪間も、「こだま」を除けば安くなる手段はごく限られる。 「のぞみ・ひかり」の指定席が安くなるのは、回数券(金券ショップの格安チケット)、スマートEX・エクスプレス予約(早割あり)と新幹線ホテルパックのみ。 「こだま」には「ぷらっとこだま」という選択肢もあるが、「のぞみ・ひかり」には他に安い割引きっぷはない。 まず、 スマートEXでネット予約すると、片道200円、往復400円は安くなる。 通常の予約ではこれだけしか安くならないが、「 EXのぞみファミリー早特」「 EX早特21」という2つの早割を利用すると安くなる。 また、 回数券を購入すれば片道830円安くなり、1枚あたりの料金は自由席と同じ。 回数券を1枚単位で購入したい方は、金券ショップでも13,400円前後で購入可能。 回数券は利用できない期間や有効期間があるので、購入する際は注意しておきたい。 会員なら エクスプレス予約で新横浜~新大阪の新幹線料金は安くすることができる。 エクスプレス予約は料金も安く当日予約も可能だが、年会費1,080円が必要。 条件に該当すれば、3日前までに予約する「 EXのぞみファミリー早特」、21日前までに予約する「 EX早特21」で「のぞみ」普通車指定席の料金も安くなる。 学生であれば 学割を利用すれば、乗車券が2割引になる。 学割の利用で、のぞみ指定席12,430円、ひかり・こだま12,120円、自由席11,600円。 さらに、エクスプレス予約会員であれば、e特急券を購入すると乗車券・特急券の両方が割引になり11,550円と安くなる。 時間よりも料金重視なら「 こだま」を利用するという選択肢も。 安いのは「 ぷらっとこだま」と「 EXこだまファミリー早特」の2つ。 しかし、いずれも事前に購入しなければならず、所要時間は3時間45分もかかるので、「のぞみ」が停車する新横浜-新大阪間ではあまりおすすめの方法ではない。 新横浜~新大阪では、これらの方法で安く新幹線に乗ることができる。 この中で「のぞみ」指定席が最も安いのは「EX早特21」の10,900円。 「こだま」指定席が最も安いのは「EXこだまファミリー早特」の9,800円。 しかし、 「往復&1泊」するなら、 新幹線ホテルパックは それ以上に安い! 横浜~大阪の往復は新幹線ホテルパックが安い! 片道ではなく「往復&1泊」の合計で比べると が最も安い。 「のぞみ」片道料金は実質10,100円なので、 通常料金14,120円より4,020円安い。 例えば、新横浜を出発し大阪へ行く新幹線ホテルパックを探してみると、往復&1泊で 25,400円というプランがある。 往復に利用する列車は「のぞみ」「ひかり」。 このパックで利用するホテルは1泊5,200円なので、これを引くと片道料金は 10,100円。 さらに、往復「こだま」利用のパック料金は 22,200円なので、片道料金は 8,500円。 「こだま」を利用しても、「ぷらっとこだま」よりも安い。 新横浜~新大阪は「のぞみ」指定席通常料金で往復すると28,420円。 これに宿泊費5,200円を合わせると合計 33,440円かかる。 しかし、新幹線ホテルパックの料金は25,400円なので、 1人 8,040円も安くなる。 新幹線と宿泊をセットで予約する新幹線ホテルパック。 横浜~大阪なら、往復&宿泊の合計は通常きっぷより 1人約8,000円安い。 新大阪~新横浜の新幹線往復料金は「のぞみ」も「こだま」も これが最安値。 出発3日前まで予約可能で、チケットは自宅への無料宅配。 大阪~横浜を飛行機で格安に! 大阪~横浜の飛行機での移動は、伊丹空港~羽田空港で直行便を利用するのが便利。 大阪の出発地・行き先によっては関空~羽田に直行便もある。 伊丹~羽田で運航があるのはJAL・ANAで、正規料金は25,750円(ピーク期28,150円)。 この料金は、ツアー・格安航空券・早割などで安くなる。 飛行機ツアー(往復航空券+宿泊)が安い! 往復JAL・ANAの飛行機を利用するなら、安いのは間違いなくツアー。 1週間前までに予約すると安く、安いツアーは1泊2日で22,000円~23,000円台。 例えば、往復&1泊22,200円のパックから宿泊費6,000円を引くと片道料金は 8,100円。 新幹線との競合もあり、この区間のパック料金は安い! 飛行機パックはこれがおすすめ! JAL・ANAのツアー料金の比較が簡単なサイト。 ホテル選択肢も多く、割引クーポン利用でさらに格安! 1週間前までに予約すると安いです。 JAL・ANAの早割が安い! JAL・ANAの航空券は公式サイトから購入することができる。 この中に、正規料金より安いチケットがいくつか販売されている。 往復割引 伊丹~羽田の往復割引航空券は通常期で23,450円(ピーク期24,550円)。 普通運賃と比べれば、確かに片道2,300円、往復4,600円安い。 当日でも購入できるが、できれば「早割」を早めに購入したい。 早割 航空券のみの購入なら、安いのは「早割」で、購入は早ければ早いほど安い。 JALなら特便割引・先得、ANAならバリュー・スーパーバリューなど種類がある。 例えば、JALの特便割引なら12,000~18,000円台、先得を使うと7,000円~8,000円台でも購入が可能。 ただし、早割は購入後の変更ができないので注意したい。 格安航空券は料金比較が簡単 航空券は格安航空券販売サイトでも購入が可能。 羽田~伊丹・羽田~関空のJAL・ANA航空券の料金をまとめて比較することができる。 航空券の価格は公式サイトと同じくらいだが、料金の比較は簡単。 ただし、航空券の料金は安いが、成田~横浜が遠いため、時間・料金ともかかる。 大阪~横浜で新幹線・飛行機(時間・料金)を比較 大阪~横浜の移動は、新幹線・飛行機のどちらが早くて安いのか? 所要時間と料金を比較! 所要時間を比較 大阪中心部~伊丹空港は鉄道・バス、羽田空港~横浜はバスなどを利用して移動する。 新大阪から伊丹空港までは鉄道で約20分、羽田空港から新横浜まではバスで約50分。 大阪から東京までのフライト時間は約1時間だが、搭乗手続きや空港までのアクセスを含めると、所要時間は3時間30分くらいかかる。 これに対して、新大阪~新横浜は「のぞみ」で約2時間15分、「こだま」約3時間35分。 大阪~横浜の移動は、「のぞみ」に乗れば新幹線が早い。 大阪発~横浜行きも、逆の横浜発~大阪行きも同じ。 料金の比較方法は? 飛行機はツアーを利用すると、飛行機の料金は大幅に安くなる。 しかし、これに羽田空港・伊丹空港との往復アクセス費用を考えなければならない。 このアクセス費用を合計して考える必要がある。 例えば、大阪発~横浜行きで1泊2日22,200円という飛行機パックがある。 これにアクセス費用2,680円を合計すると24,880円。 同じホテルに泊まる新幹線パックの料金は、のぞみ27,000円、こだま22,200円。

次の