はめふら破滅寸前。 はめふら 絶体絶命!破滅寸前編1巻は無料の漫画村やzip、rarどこにも配信されてない!

破滅寸前に前世の記憶を取り戻したカタリナの日常描く「はめふら」スピンオフ1巻

はめふら破滅寸前

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった… 絶体絶命! 本日は、その本編に対して 大胆な「もしも」を掛け合わせて独自展開する外伝を紹介したい。 その名も『。 破滅寸前とは穏やかでないね。 さあどういう意味か。 まずは、すべての前提となる本筋のおさらいをしておこう。 カタリナ・クラエス。 とあるファンタジー世界の公爵家に生まれ、幼くして国の第3王子と婚約を結んだお嬢様。 幼少期にうっかり転んで頭をぶつけたカタリナは、自分の前世が地球で若くに亡くなったオタク女子高生だったという記憶を取り戻す。 しかも現在の自分が生きる世界は、なんと前世でプレイしていた乙女ゲーム 『FORTUNE・LOVER』の舞台であり、カタリナ・クラエスは どのルートに進んでも破滅するサブキャラの悪役令嬢だと気づいてしまう。 今度はつつがなく年を取って人生をまっとうしたい! そう強烈に願ったカタリナは、ゲーム本編にあたる15歳の学園生時代がくるまでに破滅フラグを回避しようと決意。 ゲームの攻略対象キャラで、破滅の原因となる王子・義理の弟・貴族子弟らとの人間関係を、ゲームとは異なる形に整えていく。 それどころか、貴族としてはあまりにワイルドで常識破りの言動をするカタリナは攻略対象キャラはもちろんその近縁の貴族令嬢、はては本来ゲーム主人公となるはずの少女まで 心の苦しみから救いまくり。 悪役令嬢ポジションでありながら、主人公のお株を奪ってメインキャラ全員、 男女問わず深い好意を抱かれる超ハーレム状況を自覚ゼロのまま築いていくのだった……。 まずはここまでが原作やそれにもとづくコミカライズ、またアニメ版のベースとなる本編の展開である。 全体通してみれば、とにかくカタリナが子供時代に前世の記憶をインストールすることが必要条件なのはお分かりだろう。 で、ここに 「もしも」の余地があるわけだ。 もしも、カタリナが 前世を思い出すタイミングがもっと後にズレこんでいたらどうなるか? 破滅エンドが確定するまでほんの一年ほどしか残っていない、15歳。 主人公キャラ・ マリアをいじめて彼女お手製のお菓子を無情に踏みにじろうという、悪役令嬢ムーブ真っ最中。 そんな、 限りなく詰みに近いシチュエーションでとつじょゲームの今後の展開を思い出してしまったら!? かくして、まさに「絶体絶命! 破滅寸前編」の名にふさわしいルートが幕開けるのだ。 このIF外伝のポイントは、カタリナの努力の種類が本編とは根本的に異なるところだろう。 本編カタリナがやることは「まだやっていないことをやらないよう気を付ける」「まだ起こっていない出来事に備える」という、ゼロベースからプラスに積み上げていく予防や準備だ。 それに対して、破滅寸前編のカタリナは ゲームの設定どおり育った後であり、目の前にはもうイジメはじめていた主人公がいる。 攻略対象キャラたちとの関係も、悪役令嬢に対するものがすでに出来上がってしまっている。 すでにしてしまったことをどう埋め合わせるか。 いきなり価値観ががらっと変わった言動を周囲にどう説明して信じてもらうか。 つまり挽回・償い・帳尻合わせの努力をしなければいけない、 悪人改心劇に寄っているのである。 そして、読み進めていくと、それでも何とかしてしまえるのがカタリナなのだというのが分かってくるのがアツい。 翻って言えば本編のカタリナも決してタイミングに恵まれただけで上手く運んだわけではなく、どんな状況でも彼女は彼女だから活路が拓け、そして周りを魅了するのだという 人物の価値が浮き彫りになるのだ。 他にも、悪役カタリナの取り巻きのモブ令嬢にスポットを当てる回があるなど端々によい着想が光る外伝なので、アニメなり原作や本編コミカライズなりとあわせてチェックしてみてほしい。 一迅社といえば、そう、かの「コミック百合姫」だ。 そこで……ということなのか、百合に特化した公式アンソロジー『』が百合姫コミックのレーベルから6月26日に発売されるそうだ。 そっち方面のツボをついてくれる本になっていることを期待しよう。 関連タグ.

次の

はめふら 絶体絶命!破滅寸前編1巻は無料の漫画村やzip、rarどこにも配信されてない!

はめふら破滅寸前

ヒントが野猿だけでも結構当てられてしまう位に、カタリナにあの呼び名が定着しつつあるってのがジワジワきますね はめふらキース君はオロオロ系だけど、寸前キース君は苦痛に歪むカタリナ様を見下ろしながら、せせら笑う系なんだけど、一人になった時にモヤモヤしてイライラして、また次激しくする悪循環に陥るところとか、ガキっぽくてかっわいぃ~💓(幻覚) 皆の反応 私の推しキャラ上位5人 女 1位 えりり 冴えカノ 2位 千石撫子 物語 3位 星井美希 アイマス765 4位 灰原哀 コナン 5位 相座凪 君嘘 カタリナ・クラエス はめふら アン・シェリー はめふら なかなか決めらないみんなかわいい、、 女の子だけ見て永遠に過ごしたい、、 めっちゃ爆睡してて電話の音で目覚めた。 ニコルとソフィアのうふふシーン絵面がちょっ文字数 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった... 一人のいたいけな少女が不慮の事故で命を散らしているのは確かだからなぁ…娘さんが転生先で健やかに暮らしていること、御家族にも教えてあげたいね。 1年生卒業式のカタリナ様のドレス作画が美しくてびっくり。 ちょっと胸盛ってる?だいぶ巨乳になってることに驚く。 やっぱり野菜束とか作ってきて「面白い女」ってアランに云われてる状態のカタリナ様は面白い はめふら hamehura かぐや様以外では、メキシコのカタリナ1位が目を引くところ。 スペインでも1位だったし、中南米のスペイン語圏ではめふらの人気は強そう…… と思う一方、メキシコ1国だけというのも興味深く。 他の各国は投票したファンの絶対数も少なそうではあるけど。 はめふらの最後はカタリナとジオルドが結ばれて欲しいと思っている。 カタリナの負担を減らす為、王には第二王子のイアンに即位してもらい、アランとメアリも結婚、キースとアン、とも思ったけどアンはカタリナ様についてて欲しい気もする。 プライムビデオ、次何見ようかなー。 カタリナ様、よくぞ前世の記憶を思い出してくださいました💙 はめふら規制は義兄弟関連かもという呟きを見てあーーなるほど、と思った。 キースとカタリナの関係はいとこ以上遠縁なわけで血統的には問題ないが、キースが養子になっちゃってるからか……あくまで予測だけど。 はめふら、なろうで読んで面白いなーって思ったしアニメ化決定した時も嬉しかったけど、映像化した時のカタリナの永遠の5歳児に耐えられなくて2話くらいで切ってしまった。 人気なのはいいことだよね。 はめふらを見た、カタリナについて、辛い時に欲しい言葉や欲しい行動を欲しいだけしてくれる麻薬みたい存在だよ、使えば使うほど依存するって言ってる人がいて、凄く言い得て妙だなと思った。

次の

はめふらで『カタリナ』が話題に!【乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…】

はめふら破滅寸前

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった… 絶体絶命! 本日は、その本編に対して 大胆な「もしも」を掛け合わせて独自展開する外伝を紹介したい。 その名も『。 破滅寸前とは穏やかでないね。 さあどういう意味か。 まずは、すべての前提となる本筋のおさらいをしておこう。 カタリナ・クラエス。 とあるファンタジー世界の公爵家に生まれ、幼くして国の第3王子と婚約を結んだお嬢様。 幼少期にうっかり転んで頭をぶつけたカタリナは、自分の前世が地球で若くに亡くなったオタク女子高生だったという記憶を取り戻す。 しかも現在の自分が生きる世界は、なんと前世でプレイしていた乙女ゲーム 『FORTUNE・LOVER』の舞台であり、カタリナ・クラエスは どのルートに進んでも破滅するサブキャラの悪役令嬢だと気づいてしまう。 今度はつつがなく年を取って人生をまっとうしたい! そう強烈に願ったカタリナは、ゲーム本編にあたる15歳の学園生時代がくるまでに破滅フラグを回避しようと決意。 ゲームの攻略対象キャラで、破滅の原因となる王子・義理の弟・貴族子弟らとの人間関係を、ゲームとは異なる形に整えていく。 それどころか、貴族としてはあまりにワイルドで常識破りの言動をするカタリナは攻略対象キャラはもちろんその近縁の貴族令嬢、はては本来ゲーム主人公となるはずの少女まで 心の苦しみから救いまくり。 悪役令嬢ポジションでありながら、主人公のお株を奪ってメインキャラ全員、 男女問わず深い好意を抱かれる超ハーレム状況を自覚ゼロのまま築いていくのだった……。 まずはここまでが原作やそれにもとづくコミカライズ、またアニメ版のベースとなる本編の展開である。 全体通してみれば、とにかくカタリナが子供時代に前世の記憶をインストールすることが必要条件なのはお分かりだろう。 で、ここに 「もしも」の余地があるわけだ。 もしも、カタリナが 前世を思い出すタイミングがもっと後にズレこんでいたらどうなるか? 破滅エンドが確定するまでほんの一年ほどしか残っていない、15歳。 主人公キャラ・ マリアをいじめて彼女お手製のお菓子を無情に踏みにじろうという、悪役令嬢ムーブ真っ最中。 そんな、 限りなく詰みに近いシチュエーションでとつじょゲームの今後の展開を思い出してしまったら!? かくして、まさに「絶体絶命! 破滅寸前編」の名にふさわしいルートが幕開けるのだ。 このIF外伝のポイントは、カタリナの努力の種類が本編とは根本的に異なるところだろう。 本編カタリナがやることは「まだやっていないことをやらないよう気を付ける」「まだ起こっていない出来事に備える」という、ゼロベースからプラスに積み上げていく予防や準備だ。 それに対して、破滅寸前編のカタリナは ゲームの設定どおり育った後であり、目の前にはもうイジメはじめていた主人公がいる。 攻略対象キャラたちとの関係も、悪役令嬢に対するものがすでに出来上がってしまっている。 すでにしてしまったことをどう埋め合わせるか。 いきなり価値観ががらっと変わった言動を周囲にどう説明して信じてもらうか。 つまり挽回・償い・帳尻合わせの努力をしなければいけない、 悪人改心劇に寄っているのである。 そして、読み進めていくと、それでも何とかしてしまえるのがカタリナなのだというのが分かってくるのがアツい。 翻って言えば本編のカタリナも決してタイミングに恵まれただけで上手く運んだわけではなく、どんな状況でも彼女は彼女だから活路が拓け、そして周りを魅了するのだという 人物の価値が浮き彫りになるのだ。 他にも、悪役カタリナの取り巻きのモブ令嬢にスポットを当てる回があるなど端々によい着想が光る外伝なので、アニメなり原作や本編コミカライズなりとあわせてチェックしてみてほしい。 一迅社といえば、そう、かの「コミック百合姫」だ。 そこで……ということなのか、百合に特化した公式アンソロジー『』が百合姫コミックのレーベルから6月26日に発売されるそうだ。 そっち方面のツボをついてくれる本になっていることを期待しよう。 関連タグ.

次の