マイク スターン。 [インタビュー|OFFSTAGE]マイク・スターン&ビル・エヴァンス

マイクスターン風ソロフレーズの分析 │ ジャズギター初心者のためのレッスンサイト

マイク スターン

代名詞的サウンド クリーン・歪み系でもディレイ・コーラス系が基本のサウンドだと思います。 残響系 残響系はかなりこだわりが強い感じはします。 モジュレーション系 モジュレーション系は、ソロでメジャーデビューした時期から長い間はピッチシフターで微妙にずらした音を混ぜるディチューンが代名詞でした。 最近はコーラス CH-1 も使っているようです。 参考: 、 レコーディングは基本的にステレオアウトしています。 モジュレーション系の出力をステレオにしているのではないでしょうかね。 聴こえ方がステレオ・コーラスっぽいので。 ではSPXでステレオ・アウトしていると言っています。 歪み系 歪みは長らくDS-1が代名詞的でしたが、最近はSD-1やBD-2Wがボードに乗っています。 再現例 YouTubeで見つけた、サウンドの再現例です。 かなりそれっぽいです。 ここでは と リンクは後継機のPS6 を使っています。 ピッチシフターはディレイを短めにするほうがダブリング効果を抑えられます。 ディレイが長めの場合、ぼくとしては、ダブリング効果が少し欝陶しい時があります。 あと個人的にはディチューン・エフェクトは揺れないコーラスな感じですが、コーラスでも良いかもって思う時もあります。 マイルス・バンド時代 We Want Milesなどではたぶんラージヘッドのストラトを使っています。 全体にリア・シングルらしいサウンドですが、トレブリーではなく絶妙にセッティングされています。 これは真似したい。 残響系はディレイがかかりっぱなしです。 要所要所でロングディレイの飛び道具を使っています。 残響系については、この頃にすでに使い方がほぼ固まっているのが分かります。 歪みはオーバードライヴっぽい。 DS-1なのかは分からないですね。 モジュレーション系はかかっていないように聴こえます。 Amazonの情報を掲載しています ソロ・メジャー・デビュー後 ギターはテレキャスターにネック側ピックアップがダンカン ハンバッカー 59、ブリッジにビルローレンスL-250だったような…。 ダニー・ガットンから買ったと言っています。 この頃はSPXを2台つかっていた時期だと思います。 ディチューン系と1オクターブ上の音用なのかもしれません。 1986年頃のボードにはたしかBOSSのオクターバーが乗っていました。 この曲はディレイの使い方も分かりやすいです。 ディレイ・タイムが短めでかなりアナログディレイっぽいサウンドです。 おわりに 一流のプレーヤーは、たいてい一聴して分かる代名詞とも言えるサウンドを持っているものです。 そして一流のプレーヤーのサウンドはフレーズに負けず劣らず魅力的なことが多いと思います。 このマイク・スターンしかり、パットメセニーしかり、アラン・ホールズワースしかり。 自分のサウンドを確立するのは、結構難しさを感じています。 ぼくなんかは、どんどん好みが変わってしまうので、なかなか自分らしいサウンドが定まりません。 エフェクターだけでなく、ギターやピックアップ、そしてなによりタッチの研究が必要です。 マイク・スターンのサウンドを真似するのも良いですが、自分のサウンドを追求する方が大事なんでしょうね。

次の

MIKE STERN

マイク スターン

LAを拠点に活動するスムース・ジャズ〜フュージョンの象徴的キーボード奏者、ジェフ・ローバー。 互いに深くリスペクトしあう両者がジョイント・ツアーの最終地としてアジアを選び、2019年秋にリリースされたコラボレーション・アルバム『イレヴン』の音楽世界をライヴで繰り広げる。 キャッチーなメロディ・ライン、火花を散らす超絶技巧を至近距離で体感したい。 5 thu. , 3. 6 fri. , 3. 7 sat. ブルーノート東京 *3. 5 thu. , 3. 6 fri. [1st]Open5:30pm Start6:30pm [2nd]Open8:15pm Start9:00pm *3. 7 sat. 23 thu. 【一般Web先行】 予約開始日:1. 30 thu. 【一般電話】 予約開始日:2. 2 sun. 詳細は以下のURLのページでご覧になれます。 3 tue. 8 sun. 【神奈川 横浜】モーション・ブルー・ヨコハマ.

次の

マイク・スターン/ジェフ・ローバー・フュージョン 来日公演決定

マイク スターン

まず、ヤマハ ギターを使い始めたきっかけは何でしたか? MS: もうかなり前のことになるけど、マイルス・デイビスとプレイしている頃にヤマハのスタッフと出会い、彼もそのツアーに同行していたんだ。 当時はマイルス・デイビスとダブルビルコンサートというツアーを複数のバンドで行っていて、その時、ヤマハのスタッフに、「プロフェッショナル」という名前のギターをプレゼントされたんだ。 それは、かなり良いギターだったんだけど、そのタイミングではヤマハ ギターに移行するきっかけがなくて、そのまま数年が経ってしまったんだ。 その後、活動を行っていく中でヤマハ ギターをときどき試していたら、年々楽器の完成度が上がっていくのが手に取るように分かってきたから、今度は僕の方からあらためてヤマハにコンタクトをとって、スタッフとミーティングを重ね、結果的に自分のモデルを作ってもらうことになった。 その頃からいろんなヤマハ ギターを手にしているけれど、年々クオリティーが良くなっていったね。 今もなおそのクオリティーの向上には目を見張るものがあるよ。 コラボレーションしながらヤマハとの関係が深まったようですが、それ以前はストラトキャスターを主に使っていましたよね? MS: 確かに昔は、おもにストラトを使っている時期もあった。 あとはテレキャスターもよく使っていたね。 ロイ・ブキャナンやダニー・ギャットンのビンテージ モデルを持っていたんだけれど、ボストン公演中に滞在先で強盗に襲われて、盗まれてしまったんだよ! 相手が拳銃を持っていたから、仕方なくそのまま手渡したんだ…。 盗まれた後、ギター クラフトをしている友人がその2本と同じシェイプのコピーを作ってくれたから、それでしばらく演奏したんだけれど、コピーというよりむしろ似て非なるカスタム メイド ギターという感じだったね。 それらと今ここに持っているギターはかなりシェイプなども似ている。 けれど、音や強度、柔軟性はこのヤマハ ギターの方が断然いいね! たくさんのファンやアマチュア プレイヤーが気になる所だと思うのですが、普段の練習はどのようにしていますか? MS: 音楽は終わりのない練習だよ。 一生涯練習! それと、音楽というのは常に進化し続けているから、いろんなジャンルを聴いて音楽的な視野を広げることも大事だね。 僕の場合は、クリニックなどで教えることもひとつの練習、勉強になっているよ。 まぁ、これはほとんどの人には当てはめにくい練習だけど…。 いわゆるギター練習という点で言うと、やはりスケールやセオリーが中心になるね。 あとは、曲をよく聴いて自分流にアレンジしたりもする。 練習方法は人によってさまざまだけれど、音楽は最終的に魂で弾くということを忘れずにいれば大丈夫だよ! とにかく時間はかかるけどね。 音楽の練習はある意味で無限大ともいえる。 これが出来たら終わりというのはないから、答えはあるようでいて実は存在しないんだ。 僕自身も正解を知っている訳ではないしね。 音楽というのはその答えを見つける旅ともいえるのかもしれない。 それがたまらなく面白い所だと僕は思うよ。 ギタリストとして最も重要と考えている事は何ですか? MS: う~ん、キャリアとしては22歳からギターを始めて今は50歳になるからねぇ 笑 大事なことはいろいろあるよね。 繰り返しになるけれど、やはり練習を欠かさないことと、一ケ所に落ち着かないことかな。 それと、いろいろな人と会ったり影響を受けたり、とにかく可能性を広げるのを大事にしていくことだね。 たとえば、違う国の言葉を話せるように勉強することも音楽の勉強に似ているものがあると思うよ。 外国語を憶えることで行動できる範囲がぐんと増えて、そこからさらに広がる可能性を秘めているわけだから…。 音楽とは終わりなき可能性を秘めたものだと思っていつもプレイしているよ。 MS: 去年「These Times」というアルバムをリリースしたんだ。 前のアルバムにも協力してくれたリチャード・ボナがまた参加してくれて数曲一緒にプレイしている。 それと、シンガーのエリザベス・コントマノー、それとインストルメンタル数曲に参加してくれたサックス プレイヤーのケニー・ギャレット、ドラムのヴィニー・カリウタ、ベースのウィル・リー、もう一人ベースのヴィクター・ウッテン、もちろんリチャード・ボナもベース プレイヤーだよね。 なんか、ベーシストばかりだなぁ 笑 でも、全員が一気に演奏するわけではないからね 笑 大勢参加してくれたのでレコーディングはとても楽しかったよ。 あと、1トラックにベラ・フレックという凄腕のバンジョー プレイヤーが参加しているよ。 バラードで一緒にプレイしたんだけれど、なんとも素晴らしいサウンドだったね。 結果的にこのアルバムは幅広い音、いろいろなミュージシャンたちの人生の臭いも感じるCDになったと思うよ。 他のアーティストへ参加してアルバム、コンサートなどを行ったりはしないのですか? MS: あぁ、そういうのにもよく参加するよ。 最近とくに興味深いライブCDのレコーディングがあったんだ。 それには、ジミー・コッブ、ロン・カーター、ジョージ・コールマン、そして僕という「マイルス4世代」が一緒になってレコーディングしたんだよ。 年代順に言うとジミー・コップ、ロン・カーター、ジョージ・コールマン、そして僕! この4人の中では僕が一番若いんだよ! 笑 どんなレコーディングだったかというと、ライブハウスにお客さんを入れてステージにはマイク1本だけを置いた。 ミキサーやPAはまったくない状態で1本のマイクのみで4人で演奏したんだ。 これはとても楽しかったし、興味深いライブであり、レコーディングだったね。 とくにこの連中とプレイすると面白い。 そういえば、ロン・カーターにはロン・カーター jr. という息子がいて、ベース プレイヤーでもあるんだけど、彼がヤマハのベースが欲しいって言ってたなぁ 笑.

次の