負けるオセロ。 オセロ(リバーシ)で最短で全滅させる方法

オセロで4角全部とったのに負けることはあるの?

負けるオセロ

人気MOBAタイトル『Dota 2』のAIチームがプロプレイヤーをなどゲーム業界でたびたび話題になる「AI」。 凄まじい処理速度で圧倒的な力を見せることもある存在ですが、日本のAI会社AVILENは、『オセロ』で逆に負けることが難しい「 最弱AI」を開発しました。 この記事では、同社CTOの吉田拓真氏が本AIを開発するに至った経緯などをメールインタビュー。 本当に負けることが難しいのかも含め、ご紹介します。 Web上でされている「最弱オセロ」は、スマホだけでなくPCでも遊べるオセロゲーム。 記事執筆時点のAI戦績は、21勝5609敗6引分ということでハンパない負けっぷりです。 では、このAI本当に弱いのでしょうか。 自他共に認めるボードゲーム下手の筆者がさっそく挑んでみます。 まずは普通に負けたら恥ずかしいので、真面目にやってみました。 ほ、ほんとに弱い… このあと数回挑んでみたのですが、やはり勝ってしまう……。 というかどうやっても角を4つ取ってしまう……。 というわけではこの戦績に偽り無しのようです。 「AI」というワードからは連想しづらい「最弱」ですが、では、なぜこの「AI」が生まれたのでしょうか。 前述の吉田氏にメールで話を伺ってみました。 吉田拓真氏(以下、吉田氏):このオセロAIは2016年私が東大工学部の学生のときに個人で開発しました。 当時のAlphaGoの影響で、興味本位・勉強も兼ねて始めたのです。 開発自体は5ヶ月ほどで完成して放置しましたが、だれでも楽めるように、AVILENのメンバーの手も借りてwebに公開したところです。 もちろん、強いAIは他にもたくさんあるのですが、ちょうどそのときにYouTubeで負けに来るオセロの動画を見ました。 それは相手が最善を打つ前提で、評価の悪い手を選んでるだけなので、あまり弱くなく、ランダムに勝ってりもしてます。 そこで、私のコードは1行変えれば、とことん弱いAIを学習できることに気づきました。 深層強化学習AIの他の手法にないメリットは2点 1.人間が教えるわけではないので、どんなルールにも対応できる。 2.自己対戦で学習するので、棋譜がいらない(人間の手を全く学習しない) やってみたところ、絶対に相手に勝たせるAIができたのですね。 オセロというゲームが、「少なく取る」で成立するのも成功した一因です。 とても面白いのは、真逆のはずのゲームですが、負けオセロの序盤の動きは勝ちオセロそのものです。 だんだんありえない動きをしていきますが、オセロというゲームのさらに深い一面を見られたような気がします。 Twitterなどで調べると、本当に強い有段者がかれこれ工夫して、まれに負けて(勝って)いるみたいです。 人間はすごいですね。 ただ、いくつかこちらの「手抜き」もあるので、ありえないことではないと思っています。 ・本来12手探索できるところをサーバー負荷や、ユーザー体験のため、6手探索と半分に設定しています。 (AIの計算は0. 1秒) ・ユーザー体験のためランダム性をもたせています。 必ず最善を打つわけではありません。 ・強さを比べる対象がないので、あまり検証をせずに学習を止めています。 ということで、非常に面白いお話を聞くことができました。 相当に頭を凝らせば負けることもできるそうなので、興味のある方はチャレンジしてもよいかもしれませんね。 なお、吉田氏は、7月27日(土)に行われる機械学習 AI・人工知能 に関するカジュアルトークイベント「第38回 Machine Learning 15minutes! 」にする予定。 ここでオセロの話も少しするということです(記事執筆時点で定員50名のうち40名が埋まっています)。 《秋夏》.

次の

オセロの間違った知識を捨てよう。特に序盤から沢山取ると勝てない?

負けるオセロ

どうも、こんにちは。 さて、今回はオセロで勝つ為の簡単なコツをご紹介したいと思います。 オセロって面白いですよね~。 シンプルなルールですし、誰もが遊んだ事があると思います。 そんなオセロで勝つ為には、簡単なコツがあるんです! オセロで勝ちたい人は是非最後までご覧下さいね! スポンサーリンク オセロにはコツがある! オセロって意外と奥が深いゲームなんです。 将棋や囲碁と同じように、非常に頭を使うゲーム。 シンプルながら頭脳を試されるんです。 そんなオセロで勝つ為にはあるコツが存在します。 オセロは将棋や囲碁と違って少し単純ですからね。 あるコツを守るだけで、友達や家族同士なら簡単に勝つ事ができます。 どのコツも簡単なコツばかりなので、是非覚えておいて下さい! スポンサーリンク オセロに勝つ為の簡単なコツ コツその1・置いたらダメな場所を覚える コツその1は 「置いたらダメな場所を覚える」です。 まず最初に覚えておいて欲しいコツはコレ! オセロはいかに四隅を取るかが大事! 四隅は絶対にひっくり返す事ができないので、四隅を抑える事が勝ちに繋がるのです。 逆に言えば、四隅を取られてしまうと負ける確率がグッと上がります。 なので、四隅を取られないように、置いたらダメな場所を覚えておきましょう。 置いたらダメな場所は画像の場所です。 終盤は仕方がありませんが、序盤や中盤では置かないようにして下さいね! コツその2・序盤は石を取り過ぎない コツその2は 「序盤は石を取り過ぎない」です。 ハッキリ言って、このコツを覚えておくだけで全然違います。 大概の人はこのコツを知りませんからね。 オセロは終盤になるとひっくり返る石の数が自ずと多くなります。 なので、序盤や中盤で石を取り過ぎてはいけないんです。 序盤や中盤で石を取り過ぎてしまうと、終盤でひっくり返される確率が跳ね上がります。 また、アナタの石の数が少ないと相手は置く場所を制限されますが、アナタが石を置く場所は多くある状況になります。 なので、相手の石を置く場所を操作する事すら可能。 序盤や中盤はいかに石を取らないかが大事なんです。 できるだけ取る石の数を少なくしましょう。 ただ、全て取られると負けになりますからね。 負けにならないギリギリのラインを攻めて、できるだけ石を取らないのがベストですよ! コツその3・中割り コツその3は 「中割り」です。 コツその1とコツその2は基本中の基本。 ですが、多くの人は知りません。 なので、初心者相手であればコツその1とコツその2を知っておくだけで、かなり勝率が上がります。 しかし、まだ確実に勝てる訳ではありません。 より勝ちを確かなものにする為には、この 「中割り」が重要なんです。 中割りとは何か? 説明していきましょう。 序盤や中盤で自分を有利にするには、自分が石を置ける場所を多くして、相手が石を置ける場所を減らすのが大事なんです。 そして、この状況を作る為には自分の石を相手の石に囲ませる局面を作れば良い訳ですね。 その局面を作るのが中割りです。 よく分からない方は、コチラのサイトを見てみて下さい。 中割りについて詳しく解説しています。 イメージとしては、ドリルで穴を空けていくような感じです。 そのイメージで、相手の石に自分の石を囲ませましょう。 上手く分からない方は下の動画を見てみて下さい。 分かりやすく説明してくれています。 中割りができるようになれば、アナタが石を置ける場所が増え、相手が石を置ける場所が減ります。 なので、序盤から中盤にかけて圧倒的有利に局面を進める事ができるのです。 これを知っていれば、初心者から中級者には負け知らずになれるでしょう。 是非覚えておいて下さい。 まとめ いかがでしたでしょうか? 以上がオセロで勝つ為のコツになります。 これらのコツを覚えておくだけで簡単に勝てるようになりますよ。 まずは置いたらダメな場所を覚えておいて下さい。 これを知らないと負ける確率が跳ね上がります。 次に序盤から中盤は石を取りすぎないようにしましょう。 これを意識するだけで初心者には負け知らずになりますよ。 最後に中割りをすれば、もうアナタは敵なしな存在になるでしょう。 どのコツも簡単なコツばかりなので、是非覚えておいて下さいね! スポンサーリンク コチラの記事もオススメ!.

次の

オセロに勝つ為の簡単なコツ3選!コレを覚えるだけで勝率大幅アップ!

負けるオセロ

このAIオセロ、弱すぎます 弱すぎる「AI(人口知能)オセロ」が話題です。 パソコンやスマートフォンで無料で遊べます。 あえて負けようと手を駆使しても、その先を読まれて勝たせてくれません。 そんな最弱AIに負けるには、相当、オセロの実力がないと無理なようです。 ただ、勝とうが負けようがAIの実力は極端なようで… 弱すぎるAIオセロに負ける人も! ソフトはAI会社「AVILEN」のプログラマー・吉田拓真さんが手掛けました。 「最弱オセロ 『AVILEN』」は以下のURLのリンクからアクセスできます。 ゲームは「最弱オセロ」と「強いオセロ」の2種類。 クリック一つでどちらかを選び、対戦できます。 もちろん話題を呼んでいるのは「最弱」の方です。 これまでの対戦成績はAIの4000勝167万敗です。 確かにAIの惨敗で勝率はわずか0. 2%ですが、「ゼロ」ではありません。 最弱AIでも確率では千回に2回は勝ってしまうのです。 たぶん、勝たせた打ち手は相当の実力の持ち主でしょう。 最弱AIオセロに挑んでみた 「 最弱オセロ」の実力のほどを知ろうと10回、挑んでみました。 参加者は先手の黒から必ず始めるルールです。 最初の5回はあまり考えずに打ってみました。 どれも簡単に勝ってしまいます。 ちなみに、負け方を学ぼうと「強いオセロ」にも挑戦。 5回ほどやってみましたが、4回はすべて白石一色にされてしまいました。 ここまで、打ちのめされると、さすがにへこみます。 (トホホ) 「強いオセロ」のこれまでの対戦成績は48万勝5千敗です。 少しオセロのことを勉強してから再挑戦しようと考えました。 攻略法を教えてくれるサイトは多いですが、私は以下のURLの記事を参考にしました。 「オセロで勝つ方法がある?コツを掴んで上級者に貴女もなる簡単7つのポイント!」 httpsposts 「You Tube」の解説動画も添付されていてなかなか興味深い内容です。 初心者から上級者向けのテクニックまなを学べます。 1時間ほど、You Tubeを中心に勉強しリベンジに燃えました。 さらに5回、最弱オセロに挑戦。 最初の5回より相手に石を取らせられるようにはなりました。 それでも46対18とか48対16など接戦までは持ち込めません。 真剣に学びましたが、にわか勉強では、結果はでませんでした。 (トホホ) AIの勝負は極端な決着のみ 将棋や囲碁、チェスの世界でもAI対決が話題になりました。 どれも一流にプロ棋士らが挑戦してもほとんど歯が立ちません。 勝率0. 2%と言っても、最弱オセロは攻略するチャンスはありそうです。 最強のAIソフトに仕上げる手法は、将棋も囲碁、チェス、オセロも同様です。 AIに次にどう打ったら勝てるかを何百万回も学ばせます。 学習すればするほど賢くなるAI。 だから、逆にどう打ったら負けるかを学ばせるのも可能でした。 そんなAIの実力を知るにつけ興味深いことを思いつきました。 「最弱」だろうが「最強」だろうが、AIは極端な負け方、勝ち方しかできないのでは… 特に強いAIは「適当に勝つ」「ほどよく負ける」ことは苦手だと思えます。 人間の世界には「接待ゴルフ」「接待麻雀」などがあります。 相手を本当に喜ばせるには、わざと負けたんじゃないと思わせることです。 それは相手以上に実力があるだけではできる技ではありません。 プログラミングを駆使すれば、AIはそのレベルまで進化するのでしょうか? 興味はありますが、そうなったらかなり怖いです。 何だか、AIに人類が征服されそうで… (トホホ) トホホの教訓 最弱AIオセロに負けるのは至難のわざ オセロを学べば、目標に届くかも オセロに限らずAIゲームの勝ち方、負け方は極端だ.

次の